マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第48回 : update
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年11月 21日更新

第47回 : 起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」

この気候はどうしたことでしょう?Santa Ana Wind(熱く強い風)が吹き荒れた10月末、各地で記録になるような猛暑に見舞われたこの南カリフォルニア一帯。しかしその翌週から涼しい風が吹いて突然秋がやってきました。もう暑くなることはありませんが、どうしてこう突然なのでしょう?周りでは寒暖の差にやられて風邪を引いている人もチラホラ。そうしているうちに、もう11月も下旬となり、日本では大晦日の紅白歌合戦出場歌手が発表される時期となりました。年齢を重ねる度に、どんどん月日が経過するのが早く感じますが、このLAには「秋」という季節は訪れず、シーズンはもうまさに冬に突入。日本のように四季がなく、ただダラダラとこう暑いのが続くと、気持ち的にもメリハリがなく、どこか心地が悪いのは私だけではないはず。これもまた異常気象なんでしょうかね?ということで、今年ももう終わろうとしていますが、ビジネスにおける一年の締めくくりとして、来たるべき新年のためにきっちり種まきをしておきましょう。

魅力ある商品の共通項

第45回からここまで、自分の得意な分野で勝負する、そして消費者である多くのファンを獲得する努力について書いてきました。ここからは、さらに突っ込んでそのファン層を広めていきましょう。いかにして自分の商品をヒットさせるかということが最大の焦点となりますが、そもそも、一体人目に多く触れるにはどうしたら良いのでしょうか?口コミやSNSなどで噂が広まれば宣伝効果はバッチリ、でもそこまで辿り着くにはどんな作戦を立てるのかということが重要になってきます。街中に溢れるいわゆる「魅力的なモノ」を生むためには、いくつかの原則があり、優れた商品には、下記のような要素が必ず盛り込まれています。

  1. 社会に対する影響力。消費者が珍しいものや便利なものに惹かれる心理を突いている。
  2. キッカケ。人々に「あっ、これだ!」と思い出させるものや発想力。
  3. 商品そのものの物語やエピソード。モノ作りのストーリーに人は共感を得ます。
  4. 実用的価値観。必要に迫られるものや「あったらいいのに」と思わせる価値観。
  5. 消費者の感情を揺さぶるモノ。「スゲぇ!カッコいい!楽しそう!」という前向きな感情。
  6. 視覚的なインパクト。コピー、ロゴ、などアイキャッチングなアイコン。

商品を作り出す段階で、さまざまな話し合いが持たれ、紆余曲折を経て、商品は店頭に販売されます。よって店頭に並んでいる商品は、皆優れた要素を盛り込んでいる場合がとても多く、どれを見てもなるほど納得。これらの特性から商品を理解し、自分のビジネスに繋げます。さぁ、今度はあなたがこの商品の魅力を消費者に伝える番です。

業務効率化と人脈の確保

起業すると、まさに喰う喰われるという勝負の毎日。やるべきことも多いでしょう。ただ体はひとつしかありません。会社員であれば、自分が不在でもバックアップが存在し、どうにか仕事を前進させることができるでしょう。ただ今度は経営する立場。何から何まで一人での行動、一人での判断と、まさにその才覚を試される時です。そうなると業務の効率化や時間の管理が重要になってきます。最近は、タブレットがスケジュール管理をしてくれますが、このような有用なものはどんどん利用しましょう。仕事に優先順位を付けて日々の業務にメリハリを付けます。こうすることでどんどん仕事の効率化が図られ、無駄な時間を省いてくれるでしょう。また、取引先や情報発信基地となり得る人物や友人など人間関係も大切にする必要があります。実際に会わずにメールのやり取りだけでも、その人の人間性が見えてきたりします。人には常に誠実に。また顧客に対しても、あまりに売り気満々なる対応をするよりも、自分の熱意や好奇心を理解してもらった方が仕事がうまくいくケースもあります。商売の前に人間であること、人との付き合いをないがしろにしないことを肝に銘じるべし。そして素直であること。そうすれば、多少間違いが生じた時でも周りの人が助けてくれますから。相手の顔を見ずともビジネスのできる時代だからこそ、人と人とのぬくもりは大切にしていきたいですね。

ビジネスプランの重要性

学生の頃は、今とは違って学習した内容は全てノートに書き写す、というのが定番でした。しかしこの「書く」という行為は、実は脳みそを活性化させ、自分の中にぼんやりと眠っている可能性やアイデアを表現できるきっかけとなるものであり、書くという行為は決して無駄にはならないものです。読者のみなさんも、書き写すことで新しい何かを感じ取ったり、斬新的なアイデアが突如芽生えたり、またさまざまなことを思い返したりという経験があるでしょう。そう、ノートを取るということは実に大切であり、実生活でも多くの意味をもたらします。あなたが起業する前に、このビジネスプランを自ら書き出すことをお勧めします。頭の中では「もう既に構想はある」「これからやろうとしていることは全て理解している」などとついつい慢心してしまいますが、実際に自分の計画を書面に残すべく書いていくと、意外と「あれ?」とか「そうだ、これもやっておこうか」などと思ってもいなかったアイデアとの出会いがあったりします。私の場合、チャート式にして流通経路を実際に確認してみました。これがこの後に大きく役立ったのです。書くという行為を備忘録程度にしか思っていなかったチャートも、指から伝わってどんどん頭に入っていきます。そしてビジネスの段階が進むにつれて、いつもそのチャートが頭をよぎったものです。「おぼろげながらの計画」が、書き記すことでより鮮明になり、何かある度に、その都度蘇ってくる。これこそ失敗しないためのノートや書き写しなのです。また書くことで意外にも設定した目標などが思い出され、それがモチベーションに繋がったりもします。ビジネスがうまくいかない時、元気が出ない時に、それを見れば初心に返り、自分を見つめ直すことだってできます。さらにはどんな顧客が欲しいのか、顧客の理想や掲げる問題点などを書いておくと、軸がブレにくくなります。とにかく、ビジネス脳の活性化のためにもビジネスプランを文書にすることは大変有益です。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.33
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
時には休む、という勇気

体力作りやジム通い、ダイエットと、それぞれ成果を出すには長い時間がかかり、また精神的にも肉体的にも大きな負担がかかる作業ばかり。また、何とか長い間その気持ちを持続して歯を食いしばってやってきたとしても、人間には好不調の波があり、張りつめていた緊張が解けてしまうこともあります。そう、時にはジムに行くのが億劫でしょうがない、ダイエットなんかいつまでもやってられるかい!と自暴自棄な考えに走る場合もあります。でも諦めたくない、私には描いた理想がある…という心の葛藤もまた常にあるものです。確かに「やってやる!」という強い気持ちが持続できればその方が良いのですが、なかなか精神的にそこまで追いつかない時もあるでしょう。だって人間なのですから。たまにはおいしいご飯をたらふく食べたい、たまにはビールを浴びるほど飲みたい、もうジムへは行きたくない!などなど、欲望を挙げればキリがありません。ただ成功の裏にあるこれらの欲求を抑えるばかりが良いかとは限りません。たまには、魂の解放をしてあげるのも良いでしょう。そうなると今度は「休む」という行為に罪悪感を覚え「いや、これじゃいかん」と立ち上がる。そしてこれを何度も繰り返す。私はそれでいいんじゃないかと思います。もっと「休養する」ということをポジティブに捉え、勇気と決意を持って休んでみるのも大切なのでは。休むことで溜まったフラストレーションや奮い立つ気持ちを呼び起こすことができるのならそれで良いのでは?休むことは休みますが、あくまでも次へのステップのため、また辛い毎日に戻るための布石である、という大前提があるのであれば休むことも決して無駄ではないはず。精神的に疲れたらどうぞ休みましょう。そしてリフレッシュしてまた辛いフィールドに戻りましょう。キツいけど頑張れる、それくらい気持ちに余裕がある方が感情をコントロールしやすくなるはずです。

2017年11月 21日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES