マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年10月 27日更新

第46回 : 起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」

それにしても暑い!一体いつまでこうダラダラとした暑さが続くのでしょう?暦ではもう10月の半ばを過ぎ、もう今年もあと残すところ○○日などという言葉が聞こえてきてもいい時期なのにもかかわらず、この天候はなんだ!ここLAでは華氏90度を超える猛烈なる残暑が、そして南部を中心とした米国各地でもとんでもない気温上昇が続いています。一体本当に冬はやって来るのかと心配になるほど。それにひきかえ、日本では暑さと寒さを交互に繰り返し、夏日を記録する日があると思えば、その翌日は12月上旬の寒い気候に早変わり。世界各地で異常な天候が続く現象が発生しており、確実に地球の環境が蝕まれています。地球温暖化対策の枠組みでもある「パリ協定」を、トランプ大統領率いる米国は経済的に不公平という理由から離脱。一体、この環境悪化はどこまで突き進むのでしょう。次なる天変地異が発生し、大きな被害が出ないとも限りません。世界情勢が不安定な今こそ、環境破壊を食い止める作業は掛け値なしで協調して行ってもらいたいものです。

シアワセですか?

最近、あらゆるビジネスセミナーで「ファンを作る」ということがテーマとして用いられ、SNSなどでもたくさん目にするようになりました。要するに、どれだけ自分の商売を魅力的に捉えてもらうか、ということがコンセプトなのでしょう。つまり魅力ある経営や店舗、効果的なウェブサイトなど、いかに効率よくそして確実に顧客を獲得するか、などの重大なる要素があるということ。それには、まず自分のビジネス、そしてあなた自身の経営理念を気に入ってもらわなければなりません。だったら、どうやってその道を築くのか、どうやったらそれを世間一般に知らしめることができるのでしょうか?とても重要かつ仕事の基本となる本筋は「あなたが自身のビジネスに対して、どれだけ愛情をつぎ込んでいるか」そして「あなたがシアワセでいるか」につきます。この道は違うんじゃないかなと自信を持てなくなったり、人を欺く行為をしてお金を稼いでいるなら、きっと毎日が猜疑心との戦いで、自分自身が幸せな気持ちではいられないでしょう。ですから、まず自分が仕事に心血を注ぐこと。その情熱こそがまず第一歩です。自分が好きになれないような事業に未来はありません。そして、会社を伸ばすために心底努力をするというような自分磨きこそが、ご自身の魅力を最大限に引き出す秘訣。あなたがお客様のために頑張る姿勢、そういうものは案外見られているものです。

自分の「得意」を知る

世の中にはモノや情報が氾濫しています。いいなと思えるビジネスモデルを見つけたとしても、もう既に誰かが先にやっている。いいなと思える商品があっても、調べてみるともうどこかで安く出回っているなどということがほとんどではないでしょうか?しかし画期的なアイデアは、得てして日常から生まれるものです。みんなが知っているものでも、ちょっとした考え方の相違や逆転の発想から、とんでもないモンスターに変身する場合もあります。奇抜なアイデアはなかなか出てきませんが、どのようにしたら他社に負けない競争力を得られるのでしょう?その近道は、まず己の得意分野を理解すること、そしてそれを掛けあわせることです。みなさんもある分野において「これが大好き。この知識なら誰にも負けない」という「得意」をお持ちでしょう。それらの強みをいくつか掛けあわせることによって、新たなる道が生まれるかもしれません。例えば、あなたが日本にいる頃に通っていた大学で経済学を学んでいた、そして今でも経済には興味がある。これで得意分野がひとつ。次に、自分は今外国に生活しており、日常的に用いる英語が結構得意。これで2つ目。そして会社勤めではなく、何か起業したいという野望を持つ。これを3つ目に数えてもいいでしょう。これらの得意を合わせると、自ずと「ビジネス対して意識の高い米国の証券アナリストになる」などと思い浮かべることができるかもしれません。他にも、子供が好き×勉強も好き×成功を分かち合いたい=学校の先生/塾の講師とか、旅行好き×物怖じしない性格×この景色をいろんな人に見てもらいたいという想い=旅行会社など、こじつけでもいいのです。とにかく、自分が自信が持てる分野を掛けあわせることで、とんでもないパワーが生まれます。「好きこそものの上手なれ」。好きになれないようなことに手を染めるよりも、自分が得意と思えることに熱意を注いだ方が楽しいに決まっています。そしてそれは成功へと導いてくれるきっかけとなることでしょう。

猛烈なるファンをいかに増やすか

例えば、あなたがAmazon Market Placeで新しく何かを売り始めたとしましょう。その商品が市場に出て、安定なる軌道に辿り着くまでどれくらいかかるでしょう?世の中は広く趣味趣向が違う人たちが多く存在しています。ですから、きっとあなたの販売する商品の虜となる人はどこかにいるはず。そんな人たちがあなたの商品を気にいれば、きっと親類縁者、お友達にもその商品がいかに優れているかということを話しまくるでしょう。そしてそれが別の誰か、違う人たちに伝わっていけば、きっとビジネスはさらなる発展を遂げるでしょう。そうなるまでは辛抱ですが、とにかく少数でも構わない、あなたの商品を好きになってくれる大ファンを獲得しましょう。それはウェブサイト上であったり、どこかの媒体での宣伝活動であったり、あるいは人の紹介などさまざまな方法があるでしょう。しかし大切なのは「この人ならファンになってくれる」という層を逃さないこと。問い合わせがあったりしたら大チャンス。あなたの商品、そしてあなたのビジネスに対する真摯な態度を見てもらい、ぜひファンになってもらいましょう。その際に、丁寧な対応と顧客の立場に立った接客を忘れないこと。多少面倒な質問が来ても、きちんと時間をかけて対応しましょう。そういうところからあなた自身の魅力がどんどん溢れてきますよ。種まきには無駄はありません。じっくり方向性を見据えブレないように。そして何より、成功する自分を描き、自身を信じて突き進むことです。

今回のテーマは奥が深いですね。次回は、もっと掘り下げて具体的な内容についても解説していきましょう。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.32
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
停滞を打ち破れ

ジム通いやエクササイズをやり続けていると、必ずこの「停滞」という壁にぶち当たります。これは誰でも通る道ですし、誰でも同じことを感じてイヤになる時期が必ずあります。これは、ダイエットや運動に対する飽き飽きした気持ちや辛さから解放されたい感情が、精神を蝕んでいる状態。確かに、過度のストレスのかかるダイエットや筋トレはキツイし、終わりが見えない焦燥感にかられます。

「一体オレは、何のためにこんなに歯を食いしばって頑張っているんだろう?」
「ビールが飲めない生活なんて…」
「来年こそはしっかりやるから」
「いつまでこの生活が続くんだ…」
「一体こんなことをして何の意味があるのか」

などなど、皆さんも感じることがあるでしょう。ダイエットに成功して痩身した自身をイメージするよりも、出口の見えない現状に苛立ち、全てを投げ出したくなる気持ちの表れ、いわゆる現実逃避です。これは、自分自身の弱い気持ちが出てきているだけで、本心ではありません。ちょっとした休憩が欲しいだけなのです。こんな時に筋トレしても、気持ちがすり減るだけで筋力アップなど図れません。ではそんな時はどうすればいいのか?ちょっとだけ脱力して好きなものを食べたり、ジムを一週間休むなど、これまでの緊張を解いてやるのも、停滞をやり過ごすひとつの方法です。勉強や仕事同様で、根を詰めても良い結果が出ないように、ダイエットや筋力作りにも同じことが言えます。そんなに辛いならいっそ休む。そしてまたフツフツとやる気が沸いてきたら、また自分を奮い立たせればいいのです。精神的に追い詰められた状態では、結果がついてこず逆効果になる可能性も。たまには精神を解放して休んでみることは、そんなに悪いことではありませんから。

2017年10月 27日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES