マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第43回 : 
展示会に活路を見出す

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 7月 20日更新

第43回 : 展示会に活路を見出す

毎日暑い!今年の夏はメチャメチャ暑いです。日本でも、梅雨が明けないうちから、各所で酷暑に見舞われ、猛暑日を連日記録なんてのも珍しくありません。何だかここ数年は、毎年、年を追うごとに暑くなっているような気がします。また、日本では台風被害もこれまでにないほど拡大し、つい先日の九州北部を襲った台風では、多くの犠牲者を出したばかり。異常気象が叫ばれながらも、地球温暖化の歯止めは効かず。先日も、パリ協定で世界第2位の二酸化炭素排出国である米国が離脱を表明しました。米国経済は続伸するものの、世界に対する環境衛生には逆行する様相を呈しています。人民も肌で感じるほどの異常気象です。これ以上地球を怒らせると、また何か酷い鉄槌が神から振り下ろされそうで怖いですね。経済と環境保護の双方を共存させる方法はないものでしょうか?

輸出がダメなら輸入に転換

昨今では、米国経済が堅調につき、株価が空前の上昇を続ける中、為替においても外国通貨に対するドルが堅調であり、日本円に対しても強く推移しています。ここ数年は、円安傾向に傾いているため、かつてのように盛んであった米国からの輸出にも、大きな影を落としています。以前にも触れましたが、単純なる発想をすれば「輸出がダメなら、そんときゃ輸入だ」ということになります。ただこれも、今まで輸出に精を出していたものを「輸入が良さそうだからそちらに転換する」というほど簡単なものではありませんし、労力、資金、そしてアイデアがどうしても必要になってきます。さて、そのキッカケのようなものをつかむにはどうしたら良いのでしょうか?会社の輸出に対する営業利益が低下する―。そうすると、自ずと経費削減や取引の金額や頻度を縮小させるなどの策を講じるでしょう。 そして、それでも利益低下が止まらない場合、そこが大きな転換期とも言えるかもしれません。その時は状況をよく把握し、莫大なる資金を投じてでも、利益の出る輸入に転換するのではないでしょうか?では、まずは何をするのか?それはマーケティングを行い、市場動向を調査し、一体どのようなモノが世の中に必要とされ、流通しているのを理解することです。そして、ある程度の計画を立てておきます。「よし!この商材なら行ける」というものが決まれば、第1段階終了です。要するに、大切なのはマーケティングで、どのような市場に対してターゲットを定めるかということです。そして「コレだ!」と思える商品を発見した時、作戦は第2段階に移行します。

供給元を探す

商材のアイデアが決まったら、今度はさらに具体的な作戦を練ります。実際に、どれだけの経費がかかり、商品をどれくらいの価格で購入できるのか、また売り先はどうやって探すのかなど、具体案を掘り下げていきます。もしも、特定の商品が既に市場に出回っているのであれば、その商品を購入できるのか、それとも自社ブランドとして製造メーカーに依頼してイチから作るのか、これも重要な要素です。もしも、ある他社ブランドが日本国内で販売展開をしていて、海外への販路を模索しているなどという立場であれば最高で、交渉の余地はもちろんあります。その場合は、海外代理店契約を結ぶか、独占契約に似た形で商品の提供を受ける方法など、製造元と折衝します。仮に製造側はノリノリ、資金もある程度面倒を見てくれるなどということになれば、もうあなたの道は一つ。その商品を米国で売りに売って販路を開拓するのです。火が点けば、全米展開となり、次なる段階への移行になります。しかし現実はそう甘くないもの。コツコツとやって行くのが、ほとんどのケースです。つまり、できるだけ在庫をしないような形で供給を受けるべきです。ただ、商品の供給は必要不可欠ですので、仕入れ元/輸出してくれる供給元とのパイプは強固にしておく必要があります。もしも供給をストップされてしまったら、あなたのビジネスもここで終わってしまうかもしれないので「商品を購入してやっている顧客」という立場から、ここは意識的に「一緒にビジネスを伸ばしていくパートナー」と位置付けて、大切に扱うことが大切です。

より効率よく販路を開拓するなら断然展示会

さて、準備ができて輸入することが確定しました。しかし誰に売る?ということを考えると頭が痛くなりそう。そうなると「インターネットで販売路線を開拓…」と考えますが、効率的に市場に攻めて出るなら、断然「展示会/コンベンション」への出展をお勧めします。確かに、大きなコンベンションに出るには、それなりに経費がかかりますが、集客があり、ピンポイントでターゲットに近づけるという最大の利点があります。展示会の優れているところは、何と言っても「その道のプロが集まる」ということ。インターネットでは、サイトを見に来る人だけを捕まえられる、という完全なる従属的な立場ですが、展示会は、こちらからプロが集まる場所に出向き、商品を説明し興味を持ってもらうように努力ができる絶好の社交場になるのです。各展示会には必ずテーマがあり、その分野に特化した人々が集い、マーケティングや販促活動をする場です。よって、闇雲に通行人にビラを配って顧客獲得を狙う訳ではなく、あくまでも特定市場内の企業に端的にたどりつくことができる機会を得られるのです。そこでは、当然ライバルも大勢集まるので競争も激化しますが、このチャンスを逃す手はありません。しかし、ここで気を付けなければならないのは「展示会はゴールではない」ということ。ここまで漕ぎ着けるにあたり、かなりの努力をされると思いますが、展示会に出展したからと言って商品が売れる訳ではありません。また、市場調査で訪れる企業も多いことから、展示会での反応と市場での反応が異なる可能性があることも覚悟しなければなりません。食品に例えれば、その場で試食をしてもらってその反応が良かったとしても、決して市場に出てその商品が売れるかどうかの保証は一切ありません。現実は厳しいですが、それでも丸腰で飛び込み営業に出るよりは、遥かに顧客獲得の可能性が高いです。仮にその商品がハズレたとしても、展示会に出展し、市場動向を勉強したことは経験上無駄にはならないでしょうし、その結果ですら、今後のビジネスに活かされると大きなビジョンで考えることも必要です。きっと、いろいろな人々と会い話すことで、また大きなビジョンが広がるでしょうし、モチベーションも上がるでしょう。展示会は本当にお勧めの販促活動です。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.29
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
スクワット、やり過ぎ要注意!

「おいおい、前回と言ってること違っちゃってんじゃんかよ!」と思われる方多いと思います。私も日夜、せっせせっせと、スクワットに取り組んでおり、それこそ真剣に毎日追い込みました。多い時は一日に350回以上。来る日も来る日も続けると、それなりに疲労が蓄積し、数日で回復していた筋肉痛も治らなくなったりします。それでも自分を焚き付けて、痛みを堪えながら続けました。そうなると、段々膝の上部が痛くなってきて、膝を曲げてしゃがむのすら辛くなってきたのです。何のこれしき~、と頑張ったのですが、どうも疲労物質が溜まっているのか痛みが引きません。これでは、本番の過重スクワットにも影響してしまうということで、毎日の過激なスクワット運動を止めました。確かに痩せることに関してはとても効果的であり、ここまで良く効く脂肪燃焼方法はないと実感しましたが、やり過ぎで膝を痛めるとは何とも情けない…ということで、最近はちょっとスクワットはお休みしております。回復したとしても、もう一日200回以上などという高い目標をセットせずに、緩やかにやっていこうと思います。私のようにケガをしては元も子もありませんし、痛みで痩身活動ができないなんて健康から逆行してしまうので、みなさんもどうぞご無理のないよう。決して加齢などは関係ないと思いますが、情けないことに今回は挫折。とにかくやりすぎに注意です。

2017年 7月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES