マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 5月 24日更新

第41回 : 並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術

つい最近、このコラムの読者であるという方からご連絡を頂きました。聞けば、現在ご自身の会社のビジネスが行き詰まり、活路を見出すにはどうすればよいのか?というようなご質問を賜りました。このように、頑張るビジネスパーソンからご連絡を頂けることは大変に嬉しく励みにもなります。その後、その方とさまざまなお話をし、僭越ながらアドバイスもさせて頂き、私としても、とても有益な時間を過ごすことができました。私はプロのビジネスコンサルタントではないので、私の勝手な意見が参考になったのかどうか分かりませんが、このように奮闘されている方がいるのであれば、精一杯私にできることをさせて頂きたいと感じました。コンサルテーションなどと偉そうなものは何もありませんが、みなさんもビジネスでお困りのことなどあればいつでもご連絡下さい。もしかするとお役に立てることがあるかもしれません。

決して悪者ではない!並行貿易業者

並行貿易業者—過去にもこのテーマについてお話してきました。並行輸入/並行輸出は、ちまたでは「よろしくない行為」と捉えられがちですが、合法性のある、れっきとしたビジネスであり、逃げ隠れする必要は一切ありません。実際に、この並行貿易にて生計を立てている会社などゴマンとあります。大体世の中で物流革命などと言われて、ある有名な製品が安価に市場に出回る時には、この並行貿易の影が見え隠れします。競争社会ですから、賢く立ち回り、消費者の心をいち早く捉えて安価に物販をして利益を得る。製品が安く買えるのであれば、消費者は何も文句は言いません。言わば、庶民の味方であるのかもしれません。例えば、車輛の輸出入ではどうでしょう?日本で売られている多くの外国中古車は、並行貿易によって日本に輸入されたモノがほとんどです。なにも、わざわざ正規代理店で高い物品を購入せずとも、身近にもっと安くて優れたシステムがあれば、それを利用するのは至極当然。こうして、正規代理店や直営店がその国にあったとしても商品は入ってきます。これは、製造元や正規代理店の締め付けが弱かったから商品が他に漏れた、ということを意味します。そう考えると、製造元や代理店の「脇が甘かったため」に商品が流出してしまったとも考えられます。しかし、それが国際法で認められているのであれば、製造元も何も言えませんよね。ここには、製造元+代理店、そして並行貿易業者との間に暗黙の了解もあり、現実を踏まえるならば、製造側も多少の流出は目をつむるしかありませんし、現にそういう世の中になっています。

製造元や正規代理店の目をくらませ!

以前に、業者同士の「仁義なき戦い」という表現をしたことがありますが、まさにその通り。例え正直に米国の製造元や販売店に行って「輸出するので商品を購入したい」と言っても、仕向地に代理店や直営店を抱えている場合断られるのが関の山。しかしここで諦めては商売にすらなりません。そこで並行貿易に従事する者は善意的なウソをつきます。これは他人を陥れて利益を獲得する、などという類の「不正につながるウソ」ではありません。例えば、商品の仕向地を変えて見積もりを取る、日本に輸出することをあえて告げずに製品を購入するなどに留まります。ここでのウソは、もちろん法に触れるようなものではありませんし、製造元を怒らせたり裁判沙汰になるような軋轢は避けるべく、誠意を持って行うことが肝心。決して人を欺こうとしてはいけません。あくまでも、製造元に疑いをかけられない程度に事実と異なることを伝えたり、あるいは一切の情報を開示せずに取引することです。ただ「言わない」と言うだけであれば、もちろんウソを付いていることに該当しません。ここでは、情報操作と言うよりは、製造元や代理店の目をくらますという手法です。現に、並行貿易の場合、ある程度ここを乗り越えないと商品の入手はできなくなりますので非常に重要です。ただし気を付けなければならないのは、製造元などから訴えられないようにしておくというのも、防御戦略の一つと考えるべきです。重大なるウソをついて、それが事実と異なると発覚するような場合、企業は大きな力でその障壁を排除しようと攻勢をかけてくるかもしれません。そうならないようにするためにも、決して度を超えたウソをつかないように。

Amazonでのビジネスも可能。これも立派な「並行貿易」

最近このAmazonを通じてビジネスを行っている若い方も多いみたいです。Amazonもしっかりしており、Amazon経由で製品を購入し日本へ送ろうとしてもブランドによっては「日本にはこの製造元の販売代理店があるので日本には発送できません」と購入すらできない現状があります。これは、いかに販売代理店が正規のルートを辿らないと商品を買えないようなプロテクションに走っていることが分かります。要するに、Amazonを通して海外で購入したいと思っても「各国に販売代理店があるならその国内で買って下さい」という「締め付け」以外の何ものでもありません。個人であれば“諦める”という選択もあるでしょうが、ビジネスであればそんなお人好しではいけません。よくある手法としては、米国内で安価に購入し、そしてその物品をAmazonではなく、ほかのオークションサイトで販売する方法です。こうすると、代理店などの縛りもなく、誰に対していくらで売っても誰からも文句を言われません。しかし、これをするには、使用可能な日本の銀行口座の保有やその管理、さらにはオークションサイトにもアカウントを持たなければなりません。また時差の壁が大きく、取り扱いも困難を極めるでしょう。これを乗り越えるには、まさにあなたのビジネスに対する情熱とガッツが必要不可欠。あなたが、この世界で成功を収めたい、どんな努力でもできるという覚悟があれば、実際に利益を生むことができるでしょう。ほかにも、このAmazonやその他のオンライン購入、物販サイトでは、抜け穴を縫って利益を得る方法があるみたいです。その道の専門家の方もいらっしゃいますので、興味のある方は話を聞いてみてもいいと思います。今の時代にマッチしたビジネスモデルと言えますし、努力次第で成り上がれる秀逸な手段であるとも感じられます。自分で興すビジネスの初めの一歩としても適している方法ではないでしょうか。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.27
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
低糖質「ケトジェニックダイエット」―その後

毎日の食事から、できるだけ糖質を抜くダイエット方法をこのコーナーで紹介してきました。もちろん、ここで偉そうに講釈するには、筆者自身が動かなければ説得力なしってことで、この私が実践しています。私は以前から声高に「食べないで痩せるダイエットはただ辛いだけ」と伝え続けてきました。そう、このダイエットの特色は「食べながら痩せる」ということ。要するに、我慢に我慢を重ねるダイエットとは一線を画すということなのです。念頭に置くべきことは非常に単純。とにかく低糖質に徹する。甘いモノのみならず、日本人が主食とする米をはじめ、パン、うどん、ラーメン、お好み焼きなど粉から作られている食品、つまり炭水化物を徹底的に避けること。確かに、我々の主食であるご飯を食べないということに対する精神的ダメージは計り知れませんが、一旦慣れてしまえば、正直どうってことないのです。しかし、主食を食べなければ空腹を乗り切れないと思うことなかれ。その炭水化物に代り、タンパク質となるものをたくさん食べましょう。タンパク質の代表は、肉、魚、豆類など。もちろん、油をくぐらせる揚げ物や脂身がたっぷりの肉は避けた方がいいですが、基本的には炭水化物を摂らないダイエット方法なので、そこまで制限はキツくありません。そして私が身を持ってこの2か月このダイエット法を実践してみたところ、効果はアリアリ。これに先月紹介したスクワット運動を加えることで代謝に拍車をかけ、脂肪燃焼効果が上がり、みるみる痩せてきています。私の場合、ウエイトトレーニングと並行して行っているので、筋力は増し、さらに脂肪が削られていくという理想の状態になってきています。自身でこの方法を紹介しておきながら、自分でもこの効果には驚いている次第です。無理なく痩せたいなら、このケトジェニックダイエット法+スクワットを毎日実践してみて下さい。本当に効きますから。

2017年 5月 24日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES