マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第40回 : update
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 4月 18日更新

第40回 : ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学

とうとう今回で連載40回を迎えます。「びびなび」でコラムを始めて早3年が経過し、今までさまざまな内容を通して、貿易という昔から存在するビジネスの手法を「米国から」という側面から捉えてきました。今の世の中、3年もすればもう現代では使われていないモノ、既に風化しているモノなど、あらゆるものが進化を遂げ、また古くなってしまったモノはもう陽の目を見ないことも多い状況下にあります。こうなってくると、ますます近未来に何が起きるのか、何がトレンドになって行くのかを予測するのはとても難しいこととなってきます。予想が困難である近未来であるからこそ、今を大切に生きることが数年後の糧となるのかもしれません。人生は日進月歩、何もかもが勉強だと捉え、素直になることこそが、変化に対しての対応能力をつけるのではないでしょうか。しかし3年なんてあっと言う間ですね。

時代の寵児ホリエモン

今回はあるビジネスパーソンにスポットを当てていきます。皆さんもご存知、ホリエモンこと堀江貴文氏。言わずと知れた有名な実業家で、福岡の有名進学校から東京大学に進み、在学中にベンチャー企業を設立。インターネットの普及と共に時代の波に乗り、ホームページ作成事業やその管理運営を手掛け、後に世界を席巻する大企業となるライブドアを買収しました。マスコミにも多く取り上げられ、失敗はしたものの、プロ野球球団買収、ニッポン放送買収画策や衆議院選挙出馬など、話題に事欠かない攻めの姿勢を崩さない若者でした。しかしそんな勢いの止まらなかった時代の寵児も、證券取締法違反であえなく逮捕、起訴されて収監されました。そして罪を償い出所してからも、各方面で積極的に活躍し、最近では宇宙開発事業に尽力するなど、未だに衰えるところを見せずに邁進しており、彼の活躍ぶりは知らずもがなであります。もちろん年齢はまだまだ若いですが、何とも波瀾万丈の人生を辿っています。私は彼が割と好きであり、彼の書物やネットでも雑言も聞いたりしています。そこで思うのは、彼は偉大なるビジネスマンであるということ。賛否両論はもちろんあるでしょうが、仮にも彼はビジネスで大成功を収め、巨額の資産を稼ぎ出したということ。これは彼の才覚がそうさせたものであり、誰が何と言おうがれっきとした事実であります。その成功を素直に認めるならば、何と優れたビジネスマンなのでしょう、と感服せずにはいられません。そんな彼が思うことや、世間に発信する言葉は決して伊達ではなく、成功者ならではの持論であると考えられるのです。そんな人をビジネスの師匠と捉え、彼をいち成功者として見てみると、意外に自己向上につながるかもしれません。何せ彼は成功者ですから。

初めの一歩。これから新たな道を築いていくなら 

「まずやりたい事をやりなさい!トコトン自分が惚れぬくことのできる事業を始めなさい」。彼は、ビジネスを志す人々、新たに会社を興そうとしている人に、このような助言をしています。世の中余りに「これが儲かりそうだから」という意識でビジネスを展開する人が多過ぎる。そのビジネスのテーマが好きで好きで仕方がない。だからこれを生業にしたい、と心から思っているならその道を極めなさい。損得勘定だけでなく、好きだからこそ自身のたぎる情熱を惜しみなく注げる道でいきなさい、ということですね。大変に重い言葉です。目先の金を追いかけると失敗が待っている。自身が興味を持てず、心底愛せないビジネスに手を出すのは止めておきましょう、失敗しますよ、という啓示にも聞こえます。彼は周りの人から「凄いですね~。一代で巨万の富を築けるなんて」とよく言われるそうです。しかしそれは彼にビジネスの才能があったからではない、と彼は言います。彼は若いころから「自分がやりたいと思うことだけをやっていただけ」とサラリと言ってのけます。曰く社会の歯車の一部にはなりたくない。人に指図される人生を送りたくない、という気持ちも手伝い、ただ自分がやりたいことをやっていただけ。「自分が好きなことをやっていたらそれに没頭できるんです。没頭すれば周りが見えなくなる。これが意外にいいんです。没頭していれば余計な雑念を捨てその事だけに集中できる。これこそがビジネスの原動力なのです」。なるほど~。確かに学校の勉強でも、試験や成績のために自分が興味のない授業を受けるのは退屈ですよね。堀江氏が力説するのは「好きな分野で思い切りやれ。その方が自分を生かせる」ということです。起業するのであれば「自分が好きだからこれに賭けたい」という情熱こそが、まずは第一歩であると伝えています。これは真にその通りですね。

インターネット関連事業も貿易も根っこは同じビジネス

堀江氏が発信するビジネスに対する考え方、取り組み方は、何もライブドアのようなネット関連事業だけを指しているのではありません。彼は「どんな仕事でも同じ」と言っています。前述の「情熱」がまず一番に来るでしょうが、あとはやり方だけが異なってくるということです。貿易ももちろん相通づる部分が多々あります。その具体的なるメソッドとして、堀江氏曰く、理想的なビジネスモデルとは下記の4項目が基本条件である、と謳っています。

理想的なビジネスモデル
  1. 利益率の良い商売
  2. 在庫をなるべく持たない商売
  3. 定期収入の見込める商売
  4. 大資本の要らない商売

どうでしょう?どれもあらゆる商売、ビジネスに共通していると思いませんか?例えばこのコラムで解説している貿易や海外との商取引はどうでしょう?全てが関係してきますね。 特に2番手に挙げられた「在庫を持たない」ということは、貿易ビジネスにとっての生命線であるとも言えます。これまでも、できるだけ在庫を持たないビジネスの方がリスクが少ないということをお話してきましたが、まさにその通り。過剰在庫が経営を圧迫することは十分に考えられるからです。貿易に限らず、ビジネスとはいかにリスクを少なく、多くの利益を得られるかが最大の焦点であり、このバランスが極端に崩れると、失敗する可能性が高くなります。しかしビジネスのビジョンとしては、とても参考になる4項目であり、どのようなビジネスにもピタリと当てはまるのではないでしょうか? あくまでも「理想的なビジネス」の構想ではありますが、この概要を外さずに経営管理、あるいは営業方針を考えれば失敗する可能性は極めて低くなるでしょう。やはり成功した人の話はそれなりの重みがありますね。真似しろ、とは言いませんが、成功者の発言に耳を傾けてみることは非常に重要で、また自信を高める起爆剤になるかもしれません。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.26
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
糖質制限ダイエット実践体験 ~ようやく見つけた、効果的な痩身術~

前回、減量期に入ったことを機に「低糖質にこだわったダイエット」を勧めてきました。あれから1か月経過しましたが、私自身体調はすこぶる良く、このダイエット方法も功を奏して大分絞れてきました。しかし年々衰え続ける「代謝改善」については、まるで答えが見つからず、苦戦しているここ数年。それにある一定の答えが見つかりました。これまでは走る、泳ぐなど、激しい有酸素運動を取りいれて脂肪燃焼に努めてきましたが、正直思ったような成果が得られずに、決して満足いくようなものではなかったこと。しかし脂肪燃焼にはこれが一番、と筋トレと並行して続けていました。どうやらここに誤りがあったようです。筋トレを最優先と考えた場合、過激な有酸素運動はむしろ逆効果であり、せっかく鍛えた筋肉を失う行為であったみたいです。そしてさらに調べていくと、もっと効果的に痩身していく方法が見つかりました。今回はこのネタをシェアします。それは「スクワット」を取りいれることです。これまでも、重量を持ち挙げるスクワットは筋トレの一環としてやっておりましたが、これに加えて、日々の運動として何も持たないスクワットを行えば痩身できることをしったのです。人間の筋肉で一番大きな部位は大腿部です。この大きな部位に刺激を与えることで、体全体の代謝を促進し、痩せやすい身体を作るのです。その効果は絶大で、何と僅か15回のスクワットは、腹筋運動300回に相当する運動量であるとか。早速毎日やってみました。私の場合は、1セット/15回で、初めは4セットからスタートしました。そこから徐々に増やしていきましたが、開始してから1週間でもう既に効果が現れ始め、自覚できるほど、お腹周りの脂肪がどんどん取れていきます。最近ではそれもエスカレートし、かなりの回数をこなすのが日課になりました。いきなり始めるのは難しいでしょうから、まずは15回を3セットを目指しましょう。ポイントは前かがみになり過ぎないこと。そしてご自身が「もう無理」と思える場所まで屈伸すること。決して無理する必要はありません。そのうちどんどんできるようになってきますから。しかし、本当にこのスクワット効果には驚かされています。有酸素運動に変わる、いやさらに効果的なダイエット方法が見つかったと、大変に喜ばしい気持ちでいっぱいです。確かに慣れるまでは時間がかかるし、やればそれなりにキツいですが、その効果が見えているからこそ頑張れる。どうぞみなさんもウソだと思って試して下さい。もちろん個人の意見ですので、あくまでもご参考までに。でも実際にやってみてこれで痩せない訳がない!と実感しています!

2017年 4月 18日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES