マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第40回 : update
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 3月 21日更新

第39回 : 英語ができなきゃビジネスは成り立たない?

もう“春になりました”と言ってもいいでしょう。ここLAでは雨季もそろそろ終わり、いよいよ暖かい日々が戻ってきました。3月と言えば、日本はまだ「寒波襲来」などと、聞いただけでも身震いするような気候でしょうが、こちらはもう完全に春が来たと言える陽気です。先日はDaylight Saving Time = 夏時間を迎え、人々の頭にも春到来の認識が生まれています。しかしその暖かい陽気に先立ち、今年のアタマから鼻先がムズムズ。そう、アレルギー症状が発症する辛い季節の始まりでもあります。日本では圧倒的にスギ花粉が有名ですが、こちらでは何なんでしょう?私の場合、日本では一切発症しませんが、こちらではこの季節になると、鼻は乾いてくしゃみが絶えず、さらには喉の気管も腫れ出して発作的症状が加速します。抗ヒスタミン剤はもう必需品。暖かくなるのは大変に喜ばしいのですが、毎年この数か月がとても憂鬱です。

さて今回は、当たり前のようでそうでもない、みんなが知りたい国際公用語である「英語」についてお話しします。英語ができなかったらビジネスもできないの?みなさんの本音にお答えします。

英語ができないとどうなるの?貿易ビジネスは英語必須の世界

日本で生まれ育った我々は、第2外国語ということで、中学校から義務教育で英語を学習します。しかし日本の教育方法では、英語の読み書き、あるいはテストに出る英語は解けても英会話にはてんで弱い。聞き取りはまだ訓練すれば何とかなるかもしれませんが、しゃべるのはなかなか大変。これは、日本で英語教育を受けてきたのであれば、ある程度仕方のない運命と言えるでしょう。文科省のガイドラインでは「中学英語が完璧にマスターできていれば、英語が不自由なく話せるレベルに到達する」ということ。しかし、現実問題、皆さん中学校を卒業されているのにもかかわらず「英語ができる」というレベルに達している人はごくごく僅か。日本人の奥ゆかしさから外国人に道を聞かれても、聞こえていないフリをして逃げていく人も大勢います。それはひとえに「冷たい行為」ではなく、みなさん余りにも英語でのコミニケーションに自信がないからでしょう。外国語、外人、というだけで、敬遠する人もいますよね。ただ、第2外国語として英語の定着、それに国際公用語としての英語の地位はもはや無視できません。当然、海外との取引がある場合は、特定の言語を用いていないほとんどのケースで、英語でのやり取りが必要となるでしょう。例えば、台湾人との取引で、あなたが中国語を使えない場合、当然公用語は英語になります。

単刀直入に「英語が全く分からなくても国際貿易できるの?」と訊かれれば、答えは完全に“NO !”です。でもその「できない」にもレベルがあります。英語が古代象形文字に見えてしまう人はいざ知らず、日本に暮らしているのであれば、少なくとも外来語として入ってきている「カタカナ」に精通している人がほとんどです。ということは、皆知らない間にみなさん英語を使って生活しているのです。よって、日本人の場合、英語の理解度はそう低くはなく「全くできない」というレベルからはほど遠いと感じます。その「できないレベル」がどれくらいか、というのは永遠のテーマでしょうが、一般的な日本人の感覚からすれば「英語ができない」のではなく、「英語によるコミニケーション能力がない」というのが、実のところではないでしょうか?思っているよりも英語に対する知識は低くないはずです。

多少の英語はもちろん必要。それはインターネットの取引においても同じ

仮にも、言語が異なる外国の人とビジネスをする場合、そりゃ英語は絶対に必要です。そもそも言語は、コミニケーションツールの最たるものとしてどうしても不可欠なのです。そして今の時代は、やはりインターネットでの通信が主流です。百歩譲って、満足に会話ができないという人でも、文字での通信は最低のラインでしょう。では、海外の人たちと貿易をしている人たちは、全ての人々がもれなく英語ができるのでしょうか?その実態はそうではありません。ではどうやって?今の時代ならではの方法があります。それは、このインターネットの普及で、誰でも海外とのやり取りが簡単にできるようになったこと。行動力さえあれば「ちょっとやってみようかな」という好奇心が背中を押してくれます。

実際に、私の顧客でも、日本からeBayやその他の個人売買サイトを通じて、商品の仕入れをしている人が大勢います。そして驚いたことに、それらの人々のほとんどは、英語ができない部類に属します。そんな方たちでも、熱き志が「英語もできない自分」を突き動かしているのです。やる気があれば英語ぐらい!ということで、思い切って飛び込むと言った心境でしょうか。そしてつたないながらも、海外でビジネスを展開しています。もちろん、そこには甘い罠やコミニケーション不足で面倒なケースに巻き込まれることもあるでしょう。しかし、それは貿易をしているのであれば、覚悟しておかなければならないリスク、言わば想定内の出来事です。例え言語が達者でも、トラブルに巻き込まれる場合はあるでしょう。しかし、英語が不得手であることを理由に、チャレンジもしないのであれば、道は切り開くことができません。英語を駆使して、新しくビジネスの輪を広げていくのは、自分自身の新たなる挑戦。そう思って取り組みましょう。そのうち慣れてくれば、英語に対する苦手意識などどこかへ消えてなくなるはず。その時には、もう立派に国際ビジネスを自分が動かしているということを実感できるでしょう。案ずるより産むが易し。思いあぐねているよりも、自らを大海原に投げてみるのもいいかもしれません。

いい大人が一体どうやって、今更英語を学ぶの?大丈夫!いい方法がありますよ

確かに「今から英語のお勉強」を始めるには、敷居が高く面倒ですよね。巷で言われる「今更訊けない英会話」です。確かに、専属教師に付いてもらって、一から勉強するのが一番良いでしょうが、我々社会人には他にもやらなければならないことがたくさん。それと並行して勉強をしていくのは困難です。そんな時、誰に訊く訳でなく、独自でしかも安価に英語を学ぶ方法があります。「今更の中学生英語」を学ぶなら、懐かしの“NHK 英語講座”を教材として用いることです。これは、私も日本にいる頃に実際にやっていました。中学レベルができない者に、上級英語は無理ということで、ベーシックな「基礎英語」から始めました。ラジオ放送が基本ですが、録音すれば何度でも聴けて、反復練習できるほか、テキストもあるので理解も深くなります。

海外に居住する我々にだって、強い味方“You Tube”があります。ここには、無数のNHKの英語/英会話プログラムが存在しています。そして、それらは結構有用で、現代に即した表現などが用いられている“生きた英語”を教えてくれます。あるフレーズをいくつか覚えているだけでも、きっといつかは役に立つのです。テキストがなくても問題なし。何度でも反復して下さい。そしてこの中学程度の、一見幼稚だと思われる英語ができるようになれば、もうビジネスで困ることはないでしょう。あとは実践と飛び込む勇気だけ。

それともうひとつ、忘れてはならないことがあります。英語という言語も、実際には自分の意志を伝えるためのコミニケーションツールに過ぎません。よって、相手とのやり取りで、お互いを理解さえすればいいのです。試験に出る英語には正解がありますが、実践のビジネスの世界では相互理解ができればそれが正解です。決して英語に誤りがあっても問題なし。それよりも円滑なるコミニュケーションを図る努力がよっぽど大切。だから英語なんか全く怖くはないのです。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.25
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
糖質制限ダイエット、実践体験- ビジネスダイエット塾

日本ではここ数年、TVに出ている芸能人を使って「こんなに効果がある」をという触れ込みのダイエットプログラムが有名です。広告塔である彼らは、実際にそのプログラムを体験し、事実その効果を結果に結びつけています。それはそれは結構な痩せっぷりで、見ていて驚きますよね。今回は、そのプログラムのメソッドである「効果的なダイエット」の肝についてお話しします。

体内で糖質を作らない「低糖質ダイエット」の効果

私は今、減量期に入っており、トレーニングによって筋力を付けると同時に、ダイエットによって体内の脂肪を取るという作業をしています。もしも減量をしようと思った時、カギとなるのは食事と運動。特に、食事は栄養摂取でもあるのでとても重要です。ただダイエットだからと言って、食事量を闇雲に減らすのは、ただ辛いだけの誤ったダイエットです。これを無理に行うと、リバウンドを引き起こし、逆効果になりかねません。そこで、この注目の痩身方法である「低糖質ダイエット」です。これは体内で糖質に変わるであろう食品を摂取しないことで、糖から脂肪を作り出す要素を阻害しようという方法です。

これは“ケトジェニック・ダイエット”とも言われており、ここ米国でも評価されている科学的なダイエット法です。具体的には、甘い食品はもちろんのこと、食後体内で糖に変わる「炭水化物」の摂取を極端に減らします。お菓子や脂もののほか、我々が主食とする白色の食品、つまりご飯、パン、麺類、粉ものなど摂らないようにすることで、糖質が脂肪にならないようにします。また糖がきつい果物や野菜も一部あるので、厳格な設定が必要です。私は現在、このケトジェニック・ダイエットを身を持って実践しています。これが意外と簡単で、ルールさえ守れば誰にでもできそうです。このダイエットの特徴は「いけない」と目されているものを食べなければ良いので、言ってみれば「ごはんは食べちゃだめだけど、肉は食べてもいい」というルールなのです。なので、私の主食は目下ご飯ではなく「大豆」です。このような簡単な努力をしていけばいいのです。これなら炭水化物を摂らないというだけなので、極度の空腹に苦しむこともなく結果が出そうです。このダイエット法についての進行状況や結果については、追ってお知らせします。お楽しみに!

2017年 3月 21日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES