マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2017年 2月 21日更新

第38回 : 成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~

みなさん口々におっしゃっていますが、ホント月日が経つのは早いですね~。ついこの間クリスマスを迎えたと思ったら、その1週間後にはもうカウントダウンから正月を迎え、気が付いた時にはもう2月です!まだまだ雨季ではありますが、木々は芽生え春の訪れも感じられる季節になってきました。MLBもキャンプインし、花粉の季節ももうすぐ。このままアッと言う間に春が来て夏が来て、と息つく暇もないまま2017年も終わっていくのでしょうか?こうして、年々一年が過ぎるのが、はやく感じるのは歳だからでしょうか?今年こそは、自分の人生で納得のいく結果に結びつくような1年にしたいものです。

さて、今年の第2回目は、好評を博した第26回「成功を掴んだ人」 の「ケーススタディーその2」をお届けします。小さなチャンスを逃さずにビジネスを始め、大成した先人の有難い実話です。ぜひ、ご自分のケースを重ねあわせてご覧ください。

バブル後の日本。町工場からの悲鳴

Gは京浜工業地帯の出身です。ここは、戦後の復興から高度成長期を支えるべく、日本の重工業を展開させていった、日本でも有数の工業製品の生産場所でした。この特異な地域で育てば、自ずと学校の仲間たちもまた、中小や零細企業の経営者を父に持つ友達が自然と多くなります。事実、彼の地元の友人は、自宅の半分が工場で、何らかの工業製品を製造している「町工場」の家の子供が多かったそうです。さて、Gが青年になるにつれて、時代はバブル景気となり、日本製の工業製品も国内外で高値で取引されるようになっていました。日本人は、その勤勉さと仕事に対する情熱で「モノづくり国家」を支え、良質な商品を世界に普及させていったのです。もはや、Made in Japanはブランド化し、街は大いに賑わうようになっていました。そんな最中、Gの家もまた、世代交代の時期に差し掛かり、彼も先代の跡目を継いで会社を引き継ぐことになったのです。2代目となった彼は、父親である先代の下で修業し、30代で会社を引き継ぐことに。その頃の日本は、いわゆるバブルがはじけて景気が鈍化していました。段々モノが売れなくなり、そのしわ寄せで生産者である町工場は追い込まれていきました。中には倒産も辞さない、といった状況の会社があったものの、Gの会社は特別な技術を必要とする分野だったので、どうにか生き残っていたのでした。それでも、会社経営は局面に差し掛かっていることは間違いありません。売り上げを伸ばすことは至上命題であるものの、会社の運命を左右する経費削減も視野に入れなければならず、若き経営者は重たい腰を上げ、徹底的なコストカットに走りました。そんな時、商品製造に必要不可欠な原料が、アメリカで生産されていることを突き止めたのです。それは溶接などに必要な金属粉でした。もともとアメリカで生産されたものですが、国内にある同様の商品では、その微妙な輝きが出ませんでした。よって、高価であることは分かっていながらも、品質重視でその製品を使っていたのです。しかし、この材料だけは他のサプライに比べて、一段と値が張ります。とは言え、使わなくては他社に負けない製品は作れません。一体どうやって経費を削っていけるのでしょうか。そんな時、Gは瞬時に友人がアメリカに暮らしていることを思い出しました。「奴に頼んで何とか直輸入はできないものだろうか?」

製造メーカーとの折衝

Gの友人とは、アメリカに移民し、サラリーマンとして働くMでした。特に自分で事業を興している訳でもないものの、Gはその友人Mに現状を伝え、アメリカで生産されているその製品をどうにか入手できないだろうか、と相談をしてみたのです。Mは彼の申し出に興味を示したのか「オッケー、ならばその製造元に連絡して入手可能か訊いてみる」とGの依頼を快諾し、早速その製造メーカーに電話を入れたのです。しかし、もしもその企業が既に日本に進出しており、代理店などがある場合、この計画は簡単に頓挫してしまいます。製品自体は既に日本国内でも販売されていたので、その可能性も高かったのですが、理由を正直に話してみたところ、意外にも良い感触を得たのでした。その製造メーカー曰く、確かに、現在日本に代理店契約しているパートナーは存在するものの、その製品が爆発的に売れているモノでないことから直接販売してもいいと言うのです。これは大チャンス!そこでMは畳みかけるように少量購入から、ある程度のロットを買った場合までの見積もりを取ってみたのです。日本にいるGはすかさずそれを分析し、自身で輸入した場合、一体どのくらいの経費削減に繋がるのか徹底的に調べてみました。その結果、なんと国内代理店から入手するよりも、最大で5分の1程度の価格で購入できることが判明したのです。これは自社で購入しない手はありません。もう製品の良さは十分に分かっているので、価格さえ合うならコンテナーで輸入することを決意したのです。その結果、価格的には、メーカーの出した最安値で購入でき、さらにはVolume Discountも得たことで、運賃その他を含めても、十分に賄える仕入れ金額となったのです。Gはメーカーの気が変わらないうちに、早速契約締結し輸入に成功しました。ただし、それなりの数量を輸入してしまったために、自社での在庫が気になる所ではあったのですが、それはすぐ杞憂に終わることになります。

経費削減の果てに、思わぬ利益が生まれた

Gは安価に材料を入手したことで生産のピッチを上げていきました。これが取引先に受けてさらなる注文が舞い込んだのです。同時にこの製品を求める同業他社が口コミで増えていきました。同業他社にとっても、製品がアメリカから安く購入され、Gが在庫管理を行っているため、製品の納期を待たずに入手できるという好条件が喜ばれ、このムーブメントはさらに業界外にも膨らんでいったのです。自社で消費するためだけに輸入した商品がどんどん売れ、意外な副産物が利益を上げている事実。となると「もっと輸入しよう!」と企業として貪欲になっていきました。度重なる注文に「買ってくれるのであれば」とメーカーも、もう代理店云々は口に出さなくなっていきました。こうして、この購入はビジネスとして確立し、Gの会社に大きな利益をもたらすこととなりました。そしてアメリカでGを助けていたMは、出荷の実績でコミッションを貰い、彼もまたサイドビジネスから余りある利益を手にしたのです。Mにしてみれば、失うものは何もないし、友人を助けることができた達成感もまたひとしおだったのです。

ビジネスの世界は暗澹冥濛(あんたんめいもう)、明日のことは誰にもわかりません。しかし目の前に転がる千載一遇のチャンスをものにすれば、未来は途端に拓けます。嗅覚を鋭く、常にその機会を伺っていれば、いつかは花開く日がくるかもしれませんね。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.24
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

以前に「1月はフィットネスクラブの入会者が最大に増える月」、しかし「2月はその新会員の8割がジムから遠ざかる月」という話をしました。あなたはいかがですか?私は初志貫徹、1月はめちゃめちゃジムに通いました。2月に入り、確かに1月初旬に比べると、会員が少なくなったような気もしますが…。

睡眠の大切さ

一見、ダイエットには関係なさそうな睡眠時間。下手すると「夜更かしすると痩せるらしい」ってな俗説もあるくらい。しかし、痩身と睡眠時間は実は結構関係があるのですよ。何となく、もう回答が分かってしまうと思いますが、当然十分な睡眠を取った方が痩せやすい身体を作るのです。体の活性化とも言えますが、実は睡眠を取ることは、結構重要。それは新陳代謝に影響するからです。寝不足でいると、昼間眠くてフラフラになりますよね?その状態は体が疲労して休養をしたがっているということ。食べるのと同様に、休養は体作りの大きな要素です。例えばフィジークを意識している人、ボディビルダーなどは、体を作るために十分な睡眠、さらには昼寝を取りいれている人も多いのです。これは代謝機能を高めるだけでなく、成長ホルモンの分泌を促す要素もあるのです。そうなると、体は十分な休養を得て活性化し、代謝がどんどん良くなるという仕組み。その上でワークアウトすれば集中力が増し、トレーニングにおいて最大のパフォーマンスができることに繋がります。筋力強化には「超回復」と言われる重要なファクターがあります。それは身体作りに欠かせない3要素である「運動」「食事」それとこの超回復=「休息」なのです。この休息がなければ筋肉は付かないのです。ダイエットにおいても同じことが言え、休養無くして代謝アップは望めません。つまり日々健康でいるためにも、規則正しい生活を送る。これに十分な睡眠と早起きは欠かせないものです。どうぞこの3要素を常に念頭に置いてダイエットと身体作りに励んでください。絶対に変われますから。

2017年 2月 21日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES