マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年12月 22日更新

第36回 : 総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース

年末の雰囲気も大分高まり、街のあちらこちらでクリスマスソングが流れ、夜になればきらびやかなイルミネーションが雰囲気を盛り上げます。毎年歳を取るのが早く感じますが、今年もこうしてあっという間に過ぎていきます。ちょっと前に2016年が始まったような気がしますが「1年は短い」と思う反面、今になって考えれば今年もいろんな事件や出来事がありました。貿易事業は世相を反映し、世界経済が透けて見えるほど明確に、そしてある意味残酷に現実を映し出します。ビジネスを通して人々の泣き笑いが見える―。それこそが国際貿易です。みなさんの1年はどうだったでしょう?いろいろあった2016年。最後に今年の出来事を私の独断と偏見で選ぶ10大ニュースと銘打って思い出し、1年を締めくくってみましょう。

第1位 HANJIN SHIPPING倒産

本当に驚きました。世界で第7位のシェアを誇る韓国最大の大手船舶輸送会社であったHanjin Shippingが経営破綻からまさかの倒産。多くの爪痕を世界中に残したまま消え去りました。倒産によって放置された多くの貨物がなかなか手を付けられず、世の中に大混乱を招きました。こんなことは滅多にないためダントツの1位に輝きました。

第2位 円安ドル高傾向、さらに続伸

安倍政権発足。2年前の消費増税に端を発し、昨年下がりに下がった円安ドル高傾向がそのまま続伸し、アメリカから日本への輸出の足が鈍ったものの、もうその状況も日常的に感じられるようになりました。また消費増税の影響も未だに尾を引いています。日本の経済は持ち直したように報道されていますが、実際のアメリカからの輸出は、結局頭打ちの状態が1年間にわたり継続的に続きました。

第3位 ドナルド・トランプ次期大統領誕生で株式市場、為替相場に大きな影響

トランプ氏のアメリカ次期大統領選当選直後から世界経済の期待感が高まり、株価が世界で急上昇。対米ドル円相場も円を売る動きが顕著に出て、さらなる円安で世界経済の大きな影響を与えました。実際に同氏が政治で辣腕を振うのか今後が注目されます。

第4位 英国の欧州連合離脱

残留派と離脱推進派が真っ向から対立。国民選挙によってEuro 離脱が決定し、これまた経済に大きな打撃を与えました。離脱宣言を行った直後英ポンドは急落し、また一方で英国民は今後社会負担増を迫られる可能性もあり、政治的事態は混沌としています。

第5位 TPP撤回の可能性高まる

これまで度重なる会合と各国の折衝を重ねていたTPP(環太平洋経済連携協定)がアメリカのトランプ新大統領の新政策のおかげで、なし崩しになる可能性が出てきました。予てから氏は、内需拡大や自由貿易を推進するという文言を選挙公約に記しており、大統領就任の暁にはこれらの交渉が全て凍結されると予想されています。これにより最大の貿易国である日本もその方針に追随しなければならない事態に。トランプ氏の影響力が世界中を揺るがす事になっています。

第6位 日本の家電大手Sharp、台湾籍「鴻海(ホンハイ)」社に買収される

以前より経営難であることを露呈していた同社も経営に行き詰まり、とうとう買収の憂き目に。しかも買収したのは日本の企業ではなく台湾の工業大手。一時は薄型TVや結晶版などで技術の高さを評されていた日本有数の企業が予想外の末路を辿り、モノ作り日本の伝統に影を落とす結果になりました。

第7位 中国経済鈍化傾向を見せる

近年では飛ぶ鳥を落とす勢いのあった中国経済。日本にも多くの観光客が押し寄せ「爆買い」がブームに。そんな中国も、昨年、今年とGDPが伸び悩み、25年来の低水準に推移しています。さらにアメリカのトランプ大統領誕生で、中国からの輸出は矢面に立たされる可能性も出てきています。

第8位 新大統領誕生で経済拡大に期待感

まさかのトランプ大統領誕生を受け、ビジネスマンである彼の政治手腕に期待が高まっています。ビジネスで得た成功への戦略、そして人脈が「Make America Great Again」に大きな変革をもたらすのでしょうか?移民問題、外交問題など難問も多いものの、国民の経済的な成功への期待は大きいでしょう。

第9位 アメリカ西海岸での物流量増加

アジア諸国との貿易の拠点、アメリカ西海岸における輸出入貨物の取扱量が、前年比で7.3%上昇。中国からの輸入品に依存している現状は否めないものの、輸出入ともに高水準を維持。2017年にも期待されています。

第10位 輸送に対する燃料コスト安定

これまで消費者や企業を悩ませてきた各キャリアによる燃料費徴収も、原油価格の安定を受けて、昨年に続き低水準を維持。これにより、燃料費徴収を取りやめる機関が続出し、現在は撤廃されています。貨物輸送や旅客に置いてもこの安定は嬉しい限りですが、今後は代替え燃料の投入にも注目が集まっています。 こうやって振り返ってみると、何とトランプ新大統領の影響が大きいのでしょうか。ニュースの多くは彼絡みのトピックがとても多いです。政治経験はないものの、未知の部分を多く持っている成功者。新しい何かを実現してくれるのではという期待は果てしないでしょう。世界経済が好転することを私も期待しています。 来年もまた、みなさんのビジネスにとって良き1年になりますように。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.22
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

本格的に食べるシーズンがやって来ました。クリスマスと年末年始、家族揃ってご馳走を楽しく頂く時期ですね~。私を含め、万年ダイエットの方には、1年で一番の難所、鬼門とも言えるイベントが続きます。でもそこまでストイックにならずとも、食べたらいいんです。我慢ばかりでは1年を健康に過ごすことはできません。ここはひとつ羽目を外して大いに食べて飲みましょう。今日はそんな時のメンタルをどこに持って行くべきか、についてお話しします。

食べてもいいんです。量を質を考えれば

年末年始の楽しい時期にまで禁欲を貫き、ご馳走に手を付けないのは体に悪いと言えます。しかも、一緒に過ごす家族や仲間たちにも気を遣わせてしまいます。そんな時は、我慢せずに盛大に頂きましょう。普段から節制している体であれば、多少飲み食いが過ぎても、すぐに太る、脂肪が付くというようなことはありません。なぜならあなたの体は、既に燃焼体質になっており、多少熱量を蓄えたとしても脂肪として残さないようになっています。しかし、運動不足な方はもちろん食べ過ぎに注意するに越したことはありません。ここで気を付けることは「惰性で食べない」ということ。美味しいものを頂くと、ついついもっと手が伸びてしまいがちですが、くれぐれも適量を過ぎないようにして下さい。また可能であれば、できるだけ油で揚げたもの、そして牛脂が多いものは避けるべきです。例えば、鶏肉なら脂の少ない部位である胸肉を食べる。皮も剥いだ方がいいでしょう。牛肉も脂の少ない部位。こうして、ちょっとした心がけでも、体に摂取するしつこい脂肪を少しつづ抑制することに効果を発揮します。そしてぜひ「このシーズンが終わったら、きちんと運動する」ということを誓って下さい。その精神的な意欲こそが、ダイエットに大きく繋がります。モチベーションを高めるという意味だけではなく、脳内から制御、ダイエットの精神を忘れないということが大事なのです。多少食べても後で絶対に取り返す!この精神です。ダイエットも肉体改造も脳が司っているのですから。これを読んで気が楽になったところで、さぁ、お楽しみのホリデーシーズンを満喫しましょう。 では良いお年を。

2016年12月 22日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES