マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年11月 22日更新

第35回 : 「乙仲」と「フォワーダー」後編

いざ実践!どうやって付き合っていくのか?

街角のいたるところでクリスマスソングが聞こえてきました。もうそんな時期なんですね~。ところが肝心の気候の方は、まるで冬という季節が追いついてこないこの南カリフォルニア。9月に暑い日々が続くのはわかります。しかし今年の10月はそれを上回る記録となるほどの暑い日々が続きました。たまに涼しくなって「もうとうとう秋だな」なんて思っていると、また記録的な猛暑が。11月になって、それもいい加減穏やかになったと思えば、またもや真夏日を記録!一体何なんでしょうねぇ?世界的な異常気象とは聞いていますが、毎年秋や冬が来るのが随分と遅い気がします。そう言えば、昨年のサンクスギビングもTシャツで過ごしたことを思い出しました。街中に彩られたクリスマスデコレーションには白い雪が積もっていますが、雪が降るような情景ではありません。季節感がなく気候にメリハリもない秋。環境破壊が深刻なのでしょうか?

では今回もまたお勉強を始めましょう。前回では「乙仲とフォワーダーとは何者か?」ということについてお話ししました。今回は実用編です。どうやってこれらの業者と賢く付き合っていくのか?ということが焦点です。

プロとは言え、業者が全てを請け負う訳じゃない

乙仲もフォワーダーも、利用者にとっては大変便利で、豊富な知識や経験からあなたの輸出入を手助けし、複雑な国際貿易を円滑に成功の道へと導いてくれる、大変頼りになるプロ集団です。しかしたまに心無い声を聞くことがあります。「そんなめんどくさいことなんか、乙仲にやらせりゃいいんだよ」などと…。実際に貿易をする企業側が雇い入れるわけですが、何でも頼めば必ずやってくれるというわけではありません。彼らは専門家ではあるものの、誰でも同じように得意の分野や不得意な案件もありますし、専門分野も異なります。「やらせる」という乱暴な言葉には大きな誤解があり、そのような主従関係を押し出すのではなく「共に戦う」気持ちが大切でしょう。特に専門性が強い商材である場合、彼らの持つ知識や経験がとても重要になってきます。しかし、乙仲によっては、ある特定の貨物に対する通関を手掛けた経験がない場合もあります。従って、これらの業者選定は迅速かつ慎重に行い、もしも「この乙仲にはこの商品に対する造詣がない」とわかったら、早い段階で見限り、別の会社を探した方がいいでしょう。乙仲はあなたのビジネスにおける頼れるパートナーです。長い付き合いをしたければ、それなりに自分の業態に合った業者探しが必要だと考えます。例えば、よくある例としては、乙仲は全体的に車輛の取り扱いを嫌う傾向にあります。車輛の輸入通関は、複雑かつ多くの専門性を含み、提出する書類も膨大になります。そして輸入通関が長引けば、それなりの責任を問われる可能性が高くなってしまうのです。それなら、あえてイバラの道である車輛に手を付けなくても、一般貨物でも十分に採算が合うという考えに落ち着いてしまいます。このような経緯から車輛は取り扱わないということを、会社の方針として掲げている乙仲も少なくありません。 成功の道としては、まず乙仲に、その商材を取り扱えるのかどうかを確認してから輸出入を開始することです。輸入が禁止されている物品はもちろんですが、このように、得手、不得手も踏まえて業者を選定しなければ、後で泣きを見ることになり兼ねないと肝に銘じておきましょう。乙仲と言えど一般企業です。取り扱いが不可能な場合や、嫌いな商材もきっとあるはずですから。フォワーダーの関しても同じことが言えます。知識や経験がないなと感じたら、すぐに別のフォワーダーを探しましょう。仕事を断ったとしても、キャンセル料など一切発生しません。好きになれない、ソリが合わないなどの理由があったとしても遠慮は無用。すぐに別の会社を探して下さい。その方がお互いに時間とお金の無駄を生みません。

業者起用 VS 費用

非情に難しい問題です。前述の通り、輸入通関も輸出におけるフォワーディング手続きも頑張れば自分でもできちゃいます。しかし、彼らを起用するメリットは何か?と考えればやはり時間の短縮、面倒と不安を取り除くためということになるでしょう。輸入時に乙仲を使わないのであれば、自身で輸入通関と向き合わなければならないのは必至。その場合は、貨物到着時に自身で税関に出向き、加えて税関検査官から質問があれば受け答え、資料を求められれば速やかに提出。何度も出向かなければならない場合も考えられるでしょう。さらに時間的な制約もあり、コンテナーの無料保管が許されている時間内に輸入通関を終えなければならないプレッシャーもかかります。専門家ではないため、関税が一体この商材にはいくらかかるのかも分からず、ただでさえ自分自身で行えば時間はそれなりにかかることが予想されます。またフォワーディングも同様で、雇わなければ輸出に対する通関は自身で行わなければなりません。これもまた自身で税関に出向くばかりではなく、海上便のBooking手配や管理、そして貨物積載のお膳立ても全て自分で行わなければなりません。その際には、もちろん時間の制約もあるのでとても忙しくなるでしょう。しかし、これまでの貿易実務で得た知識と経験があり、これらの作業さえこなせれば、それぞれの業者に支払うはずの費用は全て浮きます。当然その費用は利益にも繋がるでしょう。乙仲やフォワーダーを雇うメリットとは、まさに時間の短縮と輸出入の簡素化に尽きます。費用を支払えばそれに見合ったサービスが施され、ほぼ取りこぼしが無く、時間通りに輸出入が成功に導かれるでしょう。これを決めるのは、輸出入を行う当事者、すなわちあなた次第なのです。費用を支払ってでも時間短縮と簡素化を取るのか、それとも費用を極限までセーブするのか。総じて言えることは、適材適所ではあるものの、これらの専門業者を雇い入れることで、より面倒は省けプロの仕事ができるということです。これらの業者は、プロであるが故、顧客の不安を取り除き、その分本来の貿易に対する自身の仕事に向き合える時間を増やしてくれます。その点を考えると、料金を支払えば、本来の目的である貿易は滞りなく遂行されるでしょう。うまくいかないで頭を抱えているよりは、プロのサービスを受けた方が、精神的負担はグッと軽くなるのではないでしょうか?

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.21
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

ホリデーシーズンはもうすぐそこに。「やっぱり食べちゃうだろうな~」とか「春からダイエット始めればいいや」と、もう既にシーズン到来を前に諦めている人はいないでしょうか?この季節のカロリー摂取、そりゃある程度は仕方ないのは理解できます。でも何もやらないで春を迎えるよりも、ちょっとでも無駄な抵抗をしておいた方がいいのです。それは決して「無駄な抵抗」ではなくなりますから。

かいた汗の量、カロリー消費と同等にあらず

ちまたに氾濫しているよくありがちな誤った考え方に「あれだけ汗をかいたんだから、絶対に痩せたはず」というものがあります。もう現代の科学をもってすれば、この夢みたいな話が都市伝説の一部であることはお分かりになるでしょうが、汗をかいたからそれだけ運動した、それだけ脂肪を燃焼したということには繋がりません。これが正論であれば、夏場は何もせずともみんな痩せるでしょう。さらにはオジサン族にありがちな「サウナ=健康=痩身」という誤った考え方です。サウナで汗をかくこと、新陳代謝を促進するのに効果があると思います。しかしカロリーの消費はどうでしょうか?結果としては、汗をかいたからと言って、熱量を消費する訳ではないので痩身には繋がりません。もちろん汗をかけば、体内から水分を放出するので、その分体重はいくらか減るでしょう。しかし運動もしないで脂肪が燃焼するほど、生き物の体は都合よくできていません。それに、サウナの後に「この一杯が止められない」とビールをくぅ~っと一気すれば、もう摂取カロリーは、サウナに入る前の数値を上回ってしまいます。要は、いくら汗をかいたかではなく、どれだけ運動をしたかです。脂肪燃焼はジワジワとしていくモノです。例えばランニングによって脂肪燃焼効果を狙えば、走り始めてから20分経ってようやく体内の脂肪が燃え始めます。それはまるで家のローンを返済するのに、ローンを組んだ最初の数年は利息ばかりを支払っていく構造と似ています。汗の量は単なる運動した際のバロメーターに過ぎないのです。それよりも、体を動かした分の運動量、それに運動をした時間の長さが問題なのです。脂肪は長い時間をかけてゆっくり燃えるので、瞬発力を競うような無酸素運動よりは、ジョギングを自分のペースで1時間行う有酸素運動の方がもっと効果的なのです。運動に時間費やすのは日々の生活でも難しいものですが、効果的な運動こそ、より一層の脂肪燃焼効果があることを覚えておいて下さい。

2016年11月 22日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES