マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 8月 29日更新

第32回 : アメリカからの車輛輸出の現状

先月4年振りに日本に帰国しました。まだ梅雨の最中であったので暑かったものの、残暑に見舞われている現在の日本列島とは雲泥の差。日差しがきつく、陽が照れば容赦のない蒸し暑さに襲われますが、曇っていればそれなりに快適に過ごせました。しかし時折、今流行りのゲリラ豪雨というやつに遭遇し、ズブ濡れになることもありました。日本の夏は風流で季節感が楽しめますが、こちらに戻ってくると、やはりこのドライな空気は最高であると改めて感じます。最近では、朝夕はすっかり涼しくなり、日照時間も段々短くなってきています。日本は台風の季節ですが、これを過ぎると途端に秋が加速してやってくるのでしょう。ここロサンゼルスでは、まだまだ10月位まで強い日差しが続くのでしょうね。それはそれで有難いのかもしれませんけど、季節感がないってのはちょっとダラけますよね?

今回は、何かとご質問やご意見を頂く車輛の輸出に関してお話しします。円高が加速する今、果たして自動車の輸出市場はどうなっているのか?と言うことを、現場の視点を織り交ぜてお話しします。

急激な円高、買うなら今!

お客様からこのような内容のメールを頂くことも増えてきました。確かに何年振りなんだ?と思える程円高水準で為替が動いています。一昨年の消費増税の時期とほぼ同時に、アベノミクスの経済再生プログラムによる政策で日銀が動き、世界の為替水準を徐々に円安にしていきました。この操作のおかげで、しばらくは1ドル/120円くらいで推移が続き、日本では輸入品が随分と求めやすくなりました。また日本製品の海外輸出も頻繁に行われ、日本の内需拡大、株価やGDPも上昇。一件アベノミクスの経済政策三本の矢が功を奏した形になりました。しかしこの政府の政策により、アメリカからの輸出は激減。特に贅沢趣向品であるアメリカ産自動車の輸入市場は一気に冷え込みました。ここロサンゼルスでも、行き場を無くす自動車輸出取り扱いの日系企業が増え、廃業する者、別業者に参入する者など多くの企業がその煽りを喰っていました。しかし今年に入ってから一転。きっかけとなったのは、イギリスのEU離脱宣言。この頃から急激に円高に転じ、もはや歯止めが効かない状態に突入。とうとう8月中旬には1ドル/100円を割る円高に。そして今まで買い控えていた日本の輸入自動車業界が一気に色めいてきました。一時は1ドル/120円だった為替が、2割も円高に動けば日本の輸入者としては利益も2割増し。そして消費者にそれも還元されるとなれば、市場は一気に沸き立つでしょう。これまで散々苦しい思いをしてきた輸入自動車取り扱い業者が復活、この時とばかりに買い付けを始めています。ロサンゼルスから出帆されている自動車専用船にも、多くの車輛が積み込まれ活況を呈しており、まるで今までの劣勢を取り戻すかのような勢いで輸出されています。ここに来て、一気に出荷数も爆発的に伸びており、先行きが不安になるほど。いつまでこの円高傾向が続くかは分かりませんが、今のうちという駆け込み需要のような気がしないでもありません。その背景には、やはり輸出企業が抱える円安への不安があるからでしょう。ある時期がくればピタッと消費者が購入を控えてしまうのですから、貿易従事者はいつもヒヤヒヤもんです。

アメリカ産中古車市場動向

中古車輛を西海岸で買い付けるのは業界内では常識。これ、知っていますか?もちろんクルマ大国ですから、どこへ行っても車は溢れています。しかし買い付けて諸外国へ送るとなると、沿岸あるいは国境に近い場所の方が国内陸送費用が軽減されます。ここ西海岸は、もちろん全米最大の商港であるLos Angeles / Long Beach港があり、日々1,000台単位で輸出入が繰り返されている、言わば車輛輸送の要衝とも言える場所。しかし実際に取引されて外国に輸出される車輛の程度は西海岸の方が遥かに良いらしいのです。なぜか?それは東海岸の寒冷地域、いわゆるニューヨークなどの大都市では、冬場に凍結防止のために塩を道路に撒きます。これで地面は凍結を起こし辛くなりますが、一方車輛の方には大きなダメージが。当然普通の水分よりもグッと錆びやすい成分が含まれていることになります。 よって、優良中古車は西海岸で買えというのは、業界の常らしいです。中古車の動向はと言うと、過去に対米ドル円が強かった頃などは、日本では大き過ぎると思われるような「アメリカのSUV、リクリエーション型多目的車」が数多く出荷されていました。それこそ、毎日のように搬入や出荷があり、当時不況と言われていた日本もまだまだ底堅い、という印象を持っていました。しかし2年ほど前から、その需要にも影を落とし、段々出荷数が減少していました。その現象が徐々に進行、今年に入ってからは目に見えて少なくなってきました。やはり2年前に実施された消費増税と急激な円安が原因でしょう。それに対抗できるほど、日本国民の懐も温かくはなかったのか、その落ち込み様は顕著でそれが原因でアメリカ支社を撤退した商社、身売りや転居を余儀なくされた輸送会社など自動車産業に携わる多くの人々が、職や食い扶持を失い路頭に迷う憂き目に遭いました。やはり財布の紐が固くなると贅沢趣向品である輸入車などは特に売れなくなってしまう。こうして大型のSUVの時代は去って行きました。さて、ここ最近の動向はどうでしょう?最近で根強く出荷されているのが多目的トラックです。Pick upトラックの大きめのモノが、今でも息が長く輸出されています。またビンテージと言われる50年代の車輛も数は出ていないものの、細く長く続いていますね。傾向としては、あまりこれらの高価でない車輛を早い取引で動かすのがとてもポピュラーな売買となっています。 

だったら新車は?

ちょうど4年半前にアメリカの税関(Customs & Boarder Protection:通称CBP)が、突然新車の輸出ルールを改正し、新車の輸出が困難な状況になりました。詳細は割愛しますが、これはとても複雑なルールの下、それまであった新車の輸出を阻む内容となっています。 それまではうるさいことは一切言わなかった税関ですが、この時を境に、急に輸出の内容が厳しくなり、ほとんどの輸出業者が新車の取り扱いができなくなりました。私見ですが、これはアメリカ自動車業界が政府に働きかけ、新車の並行輸出を食い止めようとする動きが見て取れます。もちろん独占禁止法に守られているので、企業も新車の取り扱い、輸出もには何も問題はありません。しかし無理難題を吹っかけて輸出自体を阻もうという意図が隠されているような気がしてなりません。それとほぼ同時期に、国内の自動車取り扱い代理店、いわゆるカー・ディーラーでは、これまで平気で売っていた新車を「輸出である」と分かった場合販売してくれなくなっています。これはもちろんメーカーからの締め付け。その意図は、ズバリ「正規販売ルートを逸する並行輸出を食い止めるため」です。 販売代理店を締めつけて統制を計れば、自ずと外部からの新車輸出は減っていくという算段でしょう。しかし、このメーカー各社による厳しい措置のおかげで、見事新車の輸出は大幅に減少。そりゃそうです、政府が輸出を差せない様な法規を作っているんですから。 以来新車の輸出はなかなかに難しい状況となっており、それは現在まで続いています。しかし世の中、出る杭を打とうとする者もいれば、それに逆らってこの逆境を切り抜けようとする猛者もいます。一体入手ルートはどうなっているのか? と思えるくらい巧妙に新車輸出を継続されている方もいるのです。蛇の道はヘビ、これもまた人脈でしょう。個人的にはそんな状況でも企業努力を重ね、ルールの重圧に縛られず頑張って新車輸出を続けている勇気ある業者さんを応援してしまいます。自動車の輸出の規制やルールについてご質問やご意見がございましたらいつでもお聞かせ下さい。私が適切かつ親切なる解説をいたします。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.18
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

夏ももう終わりですね。あなたの夏ボディは完成しましたか?まだまだ肌の露出が多い時期であることに変わりはありません。せめて人の目につく部分は絞っておきましょうね。 ダイエットとは継続してこそ意味があるもの。一長一短にはうまくいかないものです。また戦略が大事ですので、計画を立てて無理なく健康的に痩せていくことを考えましょう。

誰もが心配、リバウンド対策

まずリバウンドの訳を考えてみましょう。「あんなに痩せたのに、どうしてまた以前よりも太ってしまったのだろう? あのダイエットに意味はあったのだろうか?こんなはずではなかった…」と言うのがリバンウンドしてしまった人たちの嘆きでしょう。そもそもリバンウンドしてしまうということは、痩せた反動を受けて、さらに太ってしまうという悪循環なのです。だったら何が原因なのか?それは無理なダイエットです。要するに「食べない」あるいは「急激なる食事制限」をした場合、その反応が乾ききった身体に出てきます。いわゆる厳しい食事制限に体が拒絶反応を起こし、ある一定の我慢を超えた時に過食傾向に転じそのまま食べ過ぎてしまう。それはあたかも、乾いたスポンジが水を含んだかのように。食べなかった反動が大きく出て、過去の体型を超える程過食してしまう傾向を差します。このダイエット方法はまさに失敗なのです。その理由は簡単、「我慢し過ぎた」ことにあります。確かにダイエットは楽ではないし、ある程度の自制は必要。そりゃ食事を減らすことはとても辛いし、並行して行わなければならない運動もキツい。しかしそれを継続してやり続けることで、効果が出てくるというものです。食べずにいれば、短期間の効果は必ず出てきますし、見た目にもスッキリして痩せたことを認識できます。しかしそこには無理が生じており、空腹を抑えきれなくなる時がきっとやってきます。そうなるとリバンウンドしてしまうという体のメカニズムです。これを避けるには「戦略的ダイエット」を行うことが大切。ただ我慢するだけではなく、段階を経て計画性を持たせること。今日ダイエットを志して明日に結果は絶対に出ません。ダイエットは長いスパンで日々の努力を繰り返すモノ。急激に痩せようとするから、その反動に耐えられないのです。 まずは計画を立てること。食事は内容を重視し、炭水化物を意識的に減らす。糖質を抑えれば脂肪は体に蓄積されづらくなります。そして定期的な運動。これも継続することが大切なので、急にキツいメニューを組まないこと。緩やかに運動量を増やしていけばいいのです。それと代謝がカギとなりますので、代謝に良いとされるものを積極的に摂取。脂質を抑えることもまた大事です。この要素を守り長く続けることができたら「必ず」痩せます。それで結果が出ないことはあり得ない。この方法しか健康的に痩せる術はないのですから。 

2016年 8月 29日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES