マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 7月 21日更新

第31回 : 貿易事件簿 その2

この頃、大分気温が高くなってきました。“もう夏バテだ”なんて言っている方もそろそろいらっしゃるのではないかという季節です。今年は、随分と早い段階で熱波がやってきたので夏が長いようにも感じます。アメリカ各地で大雨やハリケーン被害が相次ぐ中、ここ南カリフォルニアは相変わらずの水不足で、干上がったダムが無残にも地表を晒しています。これももはや夏の風物詩と言えるでしょうが、近年はエルニーニョ現象の影響で、慢性的な水不足から渇水状態が深刻に。そのせいで水をやる目的なのか止まらないスプリンクラーが社会問題になっています。毎年節水制限が発表されるものの、改善されずにまた年を越す。さらに近年は、冬場の雨季でさえ雨が降らずに渇水しています。つまりダムは潤うことなく夏を迎えてしまいます。地球温暖化がもたらしたこととはいえ、最近市民生活にも悪影響を与えるこのような現象は何とか解消されないものでしょうかね?

さて、今回のコラムは、前回に引き続き「貿易事件簿第2弾」。今回もまた犯罪が関係してきます。まるで物語のようですが、本当の本物の体験談です。

大取りもの勃発

とある貿易会社を営む男性のお話。商材はこれも繊維、つまりアパレルでした。彼のもとに展示会で知り合った取引先から、誰もが知っている優良スポーツブランドの靴下の引き合いが来たのです。市場価格から比べると、とても安価に仕入れられるということで、早速海外の取引先にこの商売を打診しました。すると、その輸入先も大変乗り気で注文をすることに決定しました。ここまでは良かったのですが、余りに安価なので、そこにはやや厳しい条件が付けられていました。それは販売個数で「この価格にするのだから、ある程度購入量をまとめて欲しい」というのが絶対条件だったのです。確かに大量の物品を購入するから安く買えるというのは商売の鉄則でもあり、それができる資金的余裕があればあるほど、有利な取引に持っていけるでしょう。しかしそれを買い先である海外の取引先に打診したところ、万単位の購入に賛同し、早速発注となりました。納期は一か月以内。決済は初めてなので、現金振り込みでというのが契約条件でした。

しかし納期が近づくにつれて、だんだん売主がおかしなことを言いはじめました。「納期の30日は問題ない。しかしおたくとの取引は初めてなので、決済はぜひ現金でお願いしたい」というのです。まぁ、それなりの事情も考慮して決済条件については了承することにしました。ほどなくして、輸入者から代金が商社に振り込まれました。するとまた供給元から連絡があり「商品の受け渡しは○○で。民間の倉庫だが、弊社が借りているスペースがあるので、そこで受け渡しをしたい。ただし部外者立ち入り禁止の場所なので、ここに来ることは口外しないように」とのこと。ちょっと怪しいなという思いもあったようですが、取引を円滑に終了させるのが命題なので多少のことには目をつむりたいというのが心情です。

そして迎えた引き渡しの日。約束通り片手には大枚を持って、先方が指定する倉庫へ出向きました。倉庫に案内されて入ると、売り手の男性は大変親切に話をしてくれますが、どことなく落ち着きがないようにも取れました。関係者の中には、最近その会社同様に、同じ供給元から商品を購入するという、いってみれば彼らとは別の販売側にとっての新規顧客もいました。どうやらお披露目のごとく商品を発表するという目的で、彼ら以外の顧客も呼ばれたような感じでした。そしてうず高く積まれた商品の一箱から「これがその商品だ」と取り出したのは、紛れもない有名スポーツブランドの靴下でした。ラベルもしっかり貼ってありバーコードもあります。数量を改めるのにいちいち検品できるような数ではなく、それはもうトレーラーで運ばなければならないほどの物量でした。そして決済に進み、用意してきた現金を数え、その取引先の男性に手渡した瞬間…建物の周りが騒然として来て、取引先の社員と思われていた女性が「ハイ、今商品を手渡し、現金を受け取りましたね。あなたをマガイモノ取引の容疑で逮捕します」と厳しい顔を見せるではありませんか。「えっ~~~?もしかしてPolice!?」どうやらそれらの商品は全てニセモノだったようなのです。話を聞くと予てから怪しいと思っていた警察は、取引先の悪者に扮し内偵を行っていた模様。そして取引成立の現場を押さえ、一味の逮捕に踏み切ったという訳です。

しかし何だって警察がこの建物の中に?一瞬何が何なのか事態がのみ込めずに唖然とする男性。供給主、そしてその買主もその事実を一切知らずに、一同ビックリ仰天です。しかし、だんだん頭の中で整理ができ、そこで結びついたのは、彼らが新規顧客として商品を見せるべく招いた顧客、それこそが内偵捜査にあたっていたオトリ警官だったということが分かりました。彼らは恐らくニセモノ販売摘発のためのチームで、どうにかして彼ら供給元と知り合い、仲間や取引を迫る相手として近づき内情を調べていたのでしょう。アメリカ当局によるオトリ捜査の話はドキュメンタリーやドラマで見たことはありましたが、実際に目の当たりにしたのは初めて。しかもその場で現場を押さえられて逮捕など、まるでドラマさながらだったようです。

当然、その買主や倉庫会社も関連を調べるために警察に同行を求められ、取り調べを受けたものの無罪放免。しかし巻き込まれた割には随分と入念に調べられたようです。こうしてニセモノの取引を未然に防いだ警察の勝利となった事件を、彼らはその目で目撃。さらには一味かどうかも疑われるなんて…。ビジネスとしても散々な目に遭ってしまいました。当局に痛くない腹を探られたばかりか、その売り主は商品が目の前から消え去りガックリ。しかし取引しようとしていた代金は、そっくりそのまま返って来たので経済的ダメージは間逃れたそうです。それにしても、このようなニセモノの取引って実際に存在するんですねぇ。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.17
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

ダイエットするとお腹が減る。そりゃ確かにその通り。ダイエットとは、食事制限して痩身すること。よって楽をして痩せられるということはないと考えてもいいです。今日は、日本で大反響を起こしている会員制ジムに学ぶ噂のダイエット方法について解説します。大金だけ巻きあげて痩せない…という言葉を一切聞かない某有名ジムです。入会した人の多くは、その厳しい指導方法に必死でくらいつき、多くのクライアントが継続し理想のボディーを手に入れています。指導は厳しくも、あくまでも自主性に任せたプログラムの謎を解きます。

人気ジムに学ぶ「低糖質ダイエット」とは

今はやりの某有名ジムは、その目覚ましい効果と実績から、多くの著名人がダイエットに成功し、その宣伝効果も手伝ってかなりの知名度があります。ここLAにも進出したようで、日本式のダイエットが、痩身ビジネス大国であるアメリカで通用するのか?という点においても注目が集まっています。正直、この企業には賛否両論ありますが、結果を出しているという観点においては素晴らしい実績であると感じます。公に彼らが宣言している「低糖質ダイエット」。言葉だけを見ると一体何のことやら?と思う方も多いでしょう。簡単に言うと「甘い物だけにあらず、体内で糖質に変わる物質を全て排除する」ダイエット方法です。体は糖を必要としています。これは体内で簡単にエネルギーとして用いられるもの。しかし摂取をし過ぎれば脂肪として吸収されてしまいます。体内で糖質に変わる食物としてよく知られているのが、米や粉類など普段我々が主食として用いている食材です。某ジム方式では、これらの主食の一切をカット、それには当然甘いものも含まれます。さらには糖質を徹底的に取り除くので、その性質のある果物さえ制限するという厳しいものです。何もそこまでしなくても…と思う方もたくさんいることでしょうが、科学的に考えるとこれが実に理に叶っているのです。三大栄養素の脂質を摂取しないようにするのは、ダイエットの基本中の基本と言えますが、さらに糖質に変わり得る炭水化物をも避けるのです。しかしそうすることで徹底的に体内に入ってくる糖質が減り、体は必死にエネルギーを取りこもうとして、手近にある脂肪をその代わりに燃焼しようとしてくれます。これが燃焼のサイクルであり、習慣づけられるようになればどんどん痩せていくしくみです。ただ糖が体内から減ると、疲れやすくなったりすることも十分に考えられるので、決意も新たに今日からいきなり節食生活に入るのではなく、段階的に行う事が理想的。さらにはこの摂食制限に運動も定期的に加えれば、もうそのジムに入会する必要はありません。筋力トレーニングを行いながらダイエットするのは、肉体的にも大きな負担になるのでお腹は普段より減るかもしれません。そんな時は、これまで一貫してお伝えしている「タンパク質」を多めに摂取すること。これで空腹感が紛れるばかりか、筋肉がついて、さらに体内脂肪の燃焼を促すことでしょう。巷では経済的負担も多いと言われる某有名ジムですが、そこにはきっちりとした痩せるためのメソッドが存在したのですね。

2016年 7月 21日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES