マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 6月 22日更新

第30回 : 貿易事件簿 その1

夏ですね。日本では梅雨が始まり、早いところで、沖縄辺りはもう梅雨明けをしたと聞きます。梅雨が明けると、ただひたすら暑くなる酷暑の日本列島。エルニーニョ現象のせいで、ここ数年は度を越した猛暑が各地で報告されています。そう言われてみれば、私がまだ小学生の頃は夏場でもそんなには暑くなかったような気がします。最近では小学校にエアコンがあるのは当たり前になってきているみたいですが、私の少年時代、冷房器具と言えば、断然扇風機が主流。それでも教室全体には風が行き渡らないので、そうなるとそこかしこで、「下敷き」をうちわ代わりにみんな煽いでいました。夕方打ち水をすればいくらかはヒンヤリと過ごせましたが、もう既に時代は変わってしまい、昔ながらの涼み方は影をひそめてしまっています。便利な世の中になり、新しいものに目が行きがちですが、このような温故知新を重んじることも必要なのではないでしょうか?ロサンゼルスでもどんどん暖かくなり、もう本格的な夏は目の前まで来ています。ところ変われば全てが変わる。もしかしたら、暑気払いの方法も変わるのでしょうかね?

今回は「貿易事件簿」と題して、私がこれまでに経験した実際に発生した事件についてお話ししましょう。それをやっちゃおしまいよ的な事例があるんですね~、世の中には。

決済に困った果てに自身で私文書作成

ある貿易取引が行われました。商材はアパレル。当時はバブル崩壊の直前、日本経済もこのバブル景気に乗り、株価は高騰、為替も対米ドルに円が強く反応し、空前の円高傾向に。景気が良く、内需も堅調、そして為替も悪くない、とこれだけ要素が揃うと、アメリカからの輸入品がどんどん売れる時代でありました。しかも贅沢趣向品が飛ぶように売れ、それに伴い、代理店を通さずに中小の貿易商社が行う並行輸入が横行。それでも人気商品は足りなくなり、またどんどんあらゆる商品がアメリカから輸出されました。特定の商品がヒットすればひと財産を稼げるほど利益が出るという、まさに入れ食い状態。商品を輸出すれば売れる、そして次の注文が殺到するということで、アメリカでの日本人経営の商社も増え、多くの貿易従事者がいわゆる「脱サラ」をし、会社経営に勤しんだ時代です。こうして「プロ」とも言えない零細貿易商社が増え、自らの商売を展開しているというある意味閉鎖的ですが、非常に活発なるビジネスが大きく展開されていました。

しかし困ったのはこのシロウトの域を出ない貿易マン達です。商売のこととなれば目の色が変わり、貿易のルールや一般的な物流など一切分からずに、目先のお金のことしか考えていない。もしも分からないことがあれば船会社にやらせればいいなどと、安易に考えがちな人たちです。良く言えば野心家、悪く言えば自信過剰な冒険家と言ったところでしょうか?それでも稼ぎが出て、アメリカで暮らしていけるだけの財産を築いていたのですから、やはり大したものと言えそうです。しかし時にはその傍若無人ぶりが顔を出したりするのです。

この事件簿は、そのアメリカの輸出商社が初めて行う日本の中堅商社との取引時に起こりました。日本の中堅商社は取引先としてはある程度の規模ですので、相手にとって不足なし。代金を取りっぱぐれる心配も要らないようなしっかりした相手です。自身で調べ人脈を辿って知り合った仕入れ先から結構な量の商品提供を受けることが決まり、出荷の準備が整います。しかし商品を購入するその日本の取引先は初めての取引に慎重姿勢を見せ、いきなり送金をしたりはしません。これは商売の常道であり、取引を完了させるまで相手のことを100%信用はしないのです。たとえ多少経費がかかり、面倒な思いをしたとしても、銀行を介在させて決済を完了させる「信用状取引」に持って行きます。これは第三者でありながら信用できる金融機関でもある銀行を決済に介在させることで、公正かつ確実な取引を遂行できる大変に有用な方法です。もしも不正や怪しい部分があった場合、売り手に対しての決済は完了せず詐欺行為を防ぐことができるという優れた金融商品の一つ。

この決済にはさまざまな決済条件が課せられ、全ての書類が揃い、全てにおいて不正などなく遂行された場合に、銀行が売り手に支払いを完了させるという画期的なシステムです。現代の決済方法に置き換えるとPaypalに近いものがあります。この信用状の条項を全て満たすには、あらゆる書類を揃えなければなりません。それには確実に出荷したことを証明すべく、船会社の船荷證券、いわゆるB/Lが含まれています(ちなみに弊社はまさにこの書類を発行する側です)。前出の書類は、国から正式なるライセンスを受けた海運業者のみが取り扱えることができます。これにサインが入れば、書面に記入されている全ての事柄が事実として証明され、それが揚げ地(貨物の目的地)で貨物を引き取れる私文書となります。これは有価証券として用いられ、その価値は現金同様という大変重要な役割になります。事実に基づいてこの書類は発行されるため、商品を積載した本船が出航しなければ発行されません。

しかしこの売主は決済を急いでいました。恐らく仕入れ先への支払期限が迫っており、無理な約束をしたのではないでしょうか?しかしこのビジネスにおける決済の権限は銀行が握っており、いかなる理由においても早めの支払いがされる、もしくは前倒しされるということはありません。なぜなら銀行は公正な立場に身を置いているため、売主と買主のどちらか一方に優位になるように動くことはできないからです。この厳しい決済制限のお蔭で、商品を売ってすぐに入金されるような決済と異なり、貨物を積載した船がこの地を出なければ決済はされないということになります。さて焦ったのは、この売主です。ここで最終手段に出ます。恐らくこうすることに違法性があるかどうかも定かではなかったのでしょう。こともあろうか、その売主はこの船社が発行する有価証券である船荷証券を自分で作成。起用船会社の定型フォームではない形の様式を自身で作成してしまったのです。いくら急いでいるからと言っても、やることが余りにも大胆不敵。このフォームを他の書類とひと揃えにして早速銀行 に持ち込み決済を試みるも、あっさり突き返されました。そりゃ銀行だってそのインチキフォームを見れば、船会社が発行しているものでないことは一目瞭然。結局決済は先延ばしされたのです。

しかしここで売主がある意味ラッキーであったのは、文書を自身で作成した事由で罪に問われなかったこと。本来中間で常識的立場に立つ銀行が、この行為を通報したとしてもおかしくはないはずです。これは立派な有印私文書偽造行為です。本来であれば、詐欺罪の適応で逮捕、収監されるでしょう。罪の意識がなく、このような大それたことをやってしまうのもまた素人同然。その会社が仕入れ先に対する決済が遅れたことで、どれだけの被害を蒙ったかは分かりませんが、他所の会社の文書を勝手に作って金融機関に提出してしまうとは…。貿易云々を語る前に、人間的な常識がこの人には必要だったのかもしれません。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.16
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

いよいよ夏が近付いてきました。ダイエットは進んでいますか?夏ボディにするべく急激に体型を変える必要がある、でももう遅いかも…。ん~、確かに遅いかもしれません。でも努力次第では何とかなるかも。時間が限られているのであれば、効率的に痩せることを念頭に置きましょう。もちろん強烈な食事制限も求められますが、まずは運動。これが手っ取り早い痩身術の第一歩です。

「朝やる」重要性

朝は早く起きられない。朝からの運動はダルい。本気で痩せたいと思う人は、これら一切の言い訳を捨てましょう。人間は必ず慣れます。仮に始めたばかりの時は辛くて仕方ない、朝から体は動かないと感じていても、それは思い過ごし。朝から運動している人はたくさんいます。今日は朝から動く重要性についてお話ししします。なぜ朝がいいの?ってことですが、朝というのは一番ダイエットするのに適しているからです。普段人間は、自身が食したものをエネルギーに変えて体を動かしています。その燃料が燃えるからこそ生活ができるのです。その体内のカロリー燃焼を朝に持ってくるのが効果的なのです。起きてすぐだと人間の代謝は下がっています。そして朝食を摂ってそれをエネルギーに変え、体がようやく動き出します。しかし体に燃料が入っていない場合はどうなるでしょう?面白いことに、朝一番で体にエネルギーが蓄積されていない状態であると、脳は勝手に「あれ?燃料が無い。困ったなぁ~、体を動かすのにエネルギーは必要だ。よし!ならば脂肪から燃やしていこう」と考えるのです。要するに何もお腹に無い状態、燃料が無い状態では燃やすモノがなく、発熱ができない。だったら体内に蓄積されている脂肪を仕方なくエネルギーとして燃やしていこうとするのです。この原理から、朝一番、朝食を摂る前の運動は脂肪燃焼効果が高く、一日で最も脂肪燃焼を促せる時間帯と言えます。運動しても「燃やすモノがないので」と、体が勝手に脂肪を燃料として使ってくれるなんてまさに理想的。燃やしたかった脂肪を優先的に消費してくれる。こんな素敵な話ってあるでしょうか?ということで、脂肪燃焼には朝一番が効果的。これを読んだら、明日から早起きをして早速ジムや屋外で走ってみましょう。それと、身体作りは神経伝達により行われると言われています。つまり鍛えたい箇所を意識しながら行うと効果が上がります。この原理を生かして、お腹周りが気になる人なら走りながら「今、お腹周りの脂肪が燃えている」ということを過剰なまでに意識してみるのも良いかもしれません。ポイントは神経伝達であることをお忘れなく。

2016年 6月 22日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES