マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 5月 18日更新

第29回 : 輸送保険のはなし

日本では熊本や大分が大きな震災に見舞われ、多くの方々が被害に遭われました。政府も緊急に被災者への支援を発表し、1か月が経過した今、避難所を去った方も多いようです。復興が徐々に進んでいますね。しかしそれでも、家や家族、仕事を失った被災者も未だに多いのが現実です。被災されたすべての方々に早く平穏な生活が戻るよう、願って止みません。日本経済に目を向けてみると、景気は上昇、日経株価も堅調と見られていますが、その陰では雇用問題、経済格差、待機児童問題など、さまざまなる切実な問題から「完全なる不景気からの脱却」とは言えないような気がします。ここに来て円が強くなり、また輸出が堅調になるのでは?と思われていますが、日銀はこの円高傾向を「日本経済にとって好ましい材料ではない」と声明を発表。これを受けて政府も介入し、相場を操作することでしょう。一時的な円高転換も、日本経済や輸出入を脅かすような材料としては乏しいみたいです。さて、今日は知られているようで意外にみなさんが知らない“貿易の死角”とも言える貨物の保険についてお話ししてみましょう。

船が沈んだ。でも大丈夫、補償されてるから…は本当か?

多くの人が間違った認識を持っているのがこの問題。タイトルの通り「例えば船が沈んでも大丈夫。船会社が補償するから全然大丈夫。あいつらに出させりゃいいんだよ」という考え方の人がほとんどです。しかし実際にはまるでその逆。船が転覆、沈没、座礁したとしても、貨物を預かっている船会社は一切の補償をしません。仮に散々ネゴをしてどうにか補償を得られたとしても、それは微々たる金額になります。なぜなら…その理由は「輸送約款」に書かれている条項にあります。約款とは、船荷證券の裏面に細かく小さい字で書かれている「誰も読まない注意書き」のこと。ここに小さな字で、このような事故が発生してもその理由の如何を問わず補償はしない、と記されています。その被害が天災によるものであっても同じことです。これを簡単に補償してしまうこと、そして補償を要求されること自体、輸送する側にとっては不公平なことです。物流はいつの世にも必要であり、キャリア側にとっては旅客と並んでその責任も非常に大きいものです。しかし事故が発生した際に、インボイス金額をそのまま補償することなど到底できません。これは万国共通の認識であり、被害額にかかわらず補償は受け辛いのが現実。例えばUPSなどクーリエサービスの事情はどうでしょう?彼らは予め取り扱う物量で、事故、破損などの補償額を制定しています。取り扱いの物量が尋常ではない数になるので、こうでもしないと統制が取れないのです。これは貨物のVALUEにかかわらず、一定の補償しかしない強気な姿勢にも見えます。しかし輸送側としては、VALUEの対価に補償を要求されることなどビジネスとしてとても不釣り合いであり、輸送側にとって不公平感が否めません。このような考え方や慣例から、輸送上どんな事故や破損に遭ったとしても、補償を得られることはまずないと認識することが大事です。貨物の破損や紛失は確かに輸送側の責任とは言えますが、その責任の範疇はとても小さく、社会的に見ても金銭的補償は得られないと考えるのが妥当でしょう。

みんな保険をかけてるの? 海上保険付保の現実

では、輸出入をしている企業のうち、どれくらいこの海上保険を購入しているでしょう?解説した通り、任意で貨物輸送保険を購入しなければ補償は得られません。それを100%承知した上で、一体どこれくらいの人々が保険を購入しているのでしょうか?これは意外かもしれませんが、実際に保険を購入して貿易を行っている人は全体の1割にも満たないという実情があります。貨物輸送は旅客と一緒。電車やバスと同様に「無事に到着して当たり前」の世界なのです。そしてその実ほとんどの貨物が、目的地まで何の問題もなく到着しています。その場合、掛け捨てで用立てた保険料は安全と引き換えに捨てることになります。無駄になることこそ平和であり、誰もが納得するのですが、それを後から考えてみると「やっぱり必要なかったかな?」と考えてしまいがち。どうせそのほとんどが無事に着くのなら、もうハナっから保険なんか買わなくてもいいんじゃないだろうか?そう思う人間の弱い心が保険から遠ざけます。どうせ何も起こらないだろう、という考え方が趨勢(すうせい)となり、ほとんどの人が保険を購入せずに出荷、そのリスクを全面に被っています。任意で保険に入らないということは、あくまでも個人の選択であり、輸送のリスクを負ってでもここは経費を抑えたいという方は意外に多いように思えます。保険料も安くありませんから、その気持ちは十分に理解できますが…。しかし世の中広いです。万が一の事態、いわゆる事故が発生して貨物が全損の憂き目に遭ったという実話もあります。それは氷山の一角だとしても、もしも被害を受ける立場だったらと考えると背筋が寒くなりますが…。ともあれ貨物保険加入はあくまで任意。決めるのは貨物のオーナーです。

保険の効力、本当に必要なのか

自身の貨物を載せた船、あるいは飛行機が沈没したとかコンテナーが海底に落下した、あるいは爆発炎上、このような場合保険に入っていればカバーされますが、ではこの他の不測の事態はどうでしょう?例えば南洋の海上で頻発している「海賊被害」。未だにそんなものあるのか?と疑いたくなりますが、実は結構な大きな世界的問題となっています。海賊の正体、そのほとんどは生活ができなくなってきている漁師です。アフリカや中東といった貧しい値域での漁師は、先進国社会からの遠洋漁業の発展により、その漁獲量や売値などに大きな打撃を蒙っており、廃業や失業に追い込まれている人が後を絶ちません。彼らは食い扶持を求めて職探しに奔走するよりも、自分たちが所有する船で沖に出て、大型船籍を武装して洋上で襲った方が手っ取り早く稼げるのです。ときには船ごと乗っ取られることもあるのです。また現代社会の歪が生み出した戦争も、また不可抗力の対象に入ります。例えば中東などの紛争地域で操業している本船に、たまたま魚雷が命中して沈没し、コンテナーはおろか、船ごと失ってしまった場合など、保険の適応範囲内と見なされます。しかしこれらの例を考えてみても、そう頻繁に起こることではありません。また海上保険の落とし穴は「全損の貨物に対して補償される」という点です。仮に高級車を出荷したとします。車輛が目的地に到着するとどこかにぶつけたような跡を発見。しかし海上保険は輸送航海上のダメージに対して補償されるので、この場合「一体この破損はどの時点で発生したのか?」ということを特定できなければ、保険会社は“YES”とは言いません。例えば積載した際に発生したダメージなどは、航海上ではないという理由で反故にされますし、貨物が到着後コンテナーからの搬出作業で破損が生じても、これもまた同じ扱い。そのダメージがどこで発生したのかを特定、証明できない限り、せっかくかけた保険は適応されません。一体何のための保険だ!という声が聞こえてきそうですが、これが現実です。もしもそのような状況を予期し、積載作業から開梱作業までの全てカバーされる保険をかけたい!という場合は、自身で保険会社の指定するサーベイヤー(検査官)を自費で雇い入れ、現場検証を受けなければなりません。さらには、それと同等の作業を着地でも行わなければならず、大変に面倒で労力、時間、そして予想外の費用がかかります。またこのような保険をかけるために多くの犠牲を払うほどの対価が輸送保険ではとても薄いため、実際にそこまでされる方はほとんどいません。それほど、この方法は現実的ではないと考えられています。

詰まる所、輸送保険は有用なの?

大きなリスクを軽減するのに輸送保険は大変に有効でしょう。それは船や飛行機が爆発炎上するような全損するリスクに対してのもので、全損被害を防ぐためには大変有益と言えます。また決済がL/Cなどの信用状取引を用いる場合は、L/Cの条項に輸送保険に必ず加入しなければならないと謳っている場合がほとんどですので、その場合は否応なしに加入するしかありません。その他の一般的な貨物輸送の場合は…ここからは私見ですが、私は輸送保険とは有名無実、保険本来の目的を果たしていないと感じます。保険金額は決して安くはないのに補償の幅はとても少ないのです。本来全損するリスクを避けるために保険をかけよう、という人がどれだけいるでしょうか?みなさん保険に期待することは「破損や紛失に対しての補償」であるにもかかわらず、そのようなケースではほとんど補償はされないのです。例えばコンテナーが船の揺れで水浸しになっており、商品が塩水に漬かってしまったなどという場合、その貨物が本当に船の航行中にそのような被害にあったのかどうかを実証しなければなりません。そんなことどうやって実証できるのでしょうか?保険会社を悪く言うつもりはありませんが、このような場合、保険会社の調書において、のらりくらり多くのクレームをかわしながら、最低の補償あるいは補償を反故にされるケースが目立ちます。せっかく保険に入ったのに、ろくな補償も得られない。一体輸送保険とは何だったの?何のための保険なの?ということになりがち。世の中の不条理を感じずにはいられませんが、これこそが輸送保険の実態です。もしもあなたが輸送保険に入ろうか迷っているのであれば、止めることをお勧めします。その代り、リスクも自分持ちです。しかし私ならそのリスクは全て背負い、保険に支払うはずだった代金を別の仕入れに回します。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.15
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

すっかり初夏ですね。最近では日中の日差しがきつく、昼間から長袖を着て外出することがめっきり減りました。夏が近いということは薄着になるチャンスが多くなり、薄着になれば、必然的にボディーのラインや肌の露出が目立ちます。夏を目の前にして、もう既に臨戦態勢を整えている人もいるでしょうが、多くの人は「どうしよう、もうこんな季節だ」と、しきりに痩せる努力をするのではなく、着痩せする服を探している人の方が多いのではないでしょうか?美容とは美しく見せるだけではなく、健康的に生きるという意味もあります。健康的な生活をしていれば、自ずと体型も整ってくると私は感じます。今日は食べ物に関するお話です。

「代謝」がカギ。 代謝を良くする食品とは。

以前から「代謝を整えましょう」というお話をしています。この代謝こそが、英語で言うメタボリズムです。代謝とは、外部から摂った栄養をエネルギーとして発散させるもの、そして体内で利用し、体を形成してゆくモノを差します。良い代謝とは、体に必要なモノを食し、それをできるだけエネルギーとして体外に放出。そして残った良質の栄養素だけを溜め込み体を形成していくというのが理想です。しかし、外部から摂る食事が脂肪過多だったり、食事量が代謝リズムよりも多過ぎる場合、体外にエネルギーとして消費され切れず体内に残ってしまいます。それが脂肪を作り、体付きがどんどん緩んでくる原因になります。まずは身体に残りそうな物質を口にしないことが大切な要素ではありますが、それができないのであれば、可能な限りエネルギーとして体外に放出、発散させる必要が出てきます。これには運動によって放出するのが一番手っ取り早いです。しかしそれもなかなかできない…という人の場合、それならせめて代謝が良くなる体作りの手助けとして、代謝を促す食品を摂るようにしましょう。簡単に入手できるのは発酵食品です。これらに含まれる成分は、代謝を良くする働きが強いのです。その他には「スーパーフード」と呼ばれる流行の食材を試してみるのも良いでしょう。例えばチアシードやキノア、アサイといった自然食。これらはビタミンやミネラルが豊富であり、人間の生理機能を活性化する働きがあります。他にはアミノ酸、ビタミンB、天然はちみつ、オメガ3脂肪酸など多くの栄養素も、食事もしくはサプリメントで簡単に摂ることができます。もちろん本人の努力は必要ですが、これらを上手く利用すれば、代謝を高めるのはもちろん、痩身にも繋がります。食事を工夫して、体に良いとされる栄養素を積極的に摂ってみてはいかがでしょうか?

ダイエットは正しいアプローチが大切です。食べ物を気にすることはとても重要ですが、運動や節食などの「努力」も必要です。たとえ栄養を摂っていたとしても、生活習慣を見直さなければ効果は半減してしまいます。早寝早起きに始まり、きちんとした食生活、適切な食事量、適度な運動、そして十分な休養と睡眠。これら全ての要素が揃えば、健康的に痩せていくこと間違いなしです。

2016年 5月 18日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES