マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第53回 : update
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 4月 22日更新

第28回 : 新規顧客開拓に効果的な方法

春ですね~。日本ではもう桜の季節も過ぎ去り、まだまだ寒い日があるものの、もう冬とは言えない陽気です。ここLAはまさに今が初夏。朝夕の冷え込みがキツイ日もありますが、日中はポカポカと温かい陽が差し、木々は新しい葉を付けているという、まさに新緑の季節を迎えています。寒くもなく、まだまだ暑いわけでもない。一年で一番過ごしやすい季節と言えるかもしれませんね。そして今年ももう既に第2四半期に入り、ビジネスにもより一層熱が入るというものです。TPP交渉、不安定な為替、全体的な株安、それに消費増税の行方など、産業界も大きなニュースが多い時期でもあります。世界的な動向を見据えながら、健全なるビジネスを行い、どんどん収入を増やしていきましょう。

現状のビジネスで満足なのか?

ビジネスは立ち上げから努力を重ね、徐々に実になっていくもの。どこの企業でもその会社における大きな柱である「太い顧客」がいるものです。この顧客とは信頼関係もバッチリ、今後もビジネスが期待できる/約束されている、といった状態でしょうか。こうなればもうビジネス自体は安泰。この上顧客さえいれば、限りなく会社は安定の道を突き進むことができます。ただし、それでもいつ何が起こるか分からないのがビジネスの世界。全てが、一事が万事と肝に銘じることが大事です。そしてあってはならないその「何か」が起きてしまった時、あなたの会社は運命共同体となり破滅の道を歩まざるを得ないかもしれません。そうならないためにも、そしてさらなる企業としての飛躍のためにも別の柱も当然必要になってきます。日本語で大黒柱とか太い屋台骨とかの表現にも例えられるように、ビジネスの世界もまた「建造物」のようなモノ。会社というビルが大きくなればなるほど1本の柱では支えられなくなってきます。どうしても複数の柱が必要となり、それが太ければ太いほど建物は頑丈になり、多少の地震などではビクともしない強固な巨大建造物と化します。もちろん1本の太い柱は中心に据え、とにかく大切に育てていかなければなりませんが、それとは別にも大きく太い柱は必要。太い柱の数が多ければ多いほど建物も安定します。そうなれば仮に中央の柱が弱っていったとしても、まだ対処の方法があるでしょう。気持ちの余裕も含めて、複数の取引先とのビジネスを同時進行させ、ビジネスを、そして自身の会社を安定した軌道に導いていくことは将来的にとても重要と言えます。

新規の顧客開拓、一体どうやって?

現代ではインターネット通信もすっかり盛んになり、世界中の多くの見ず知らずの人々とも接することができる世の中になりました。その昔、昭和の時代ではもっぱら顧客開拓というと、もっともっと原始的な方法で、地域の電話帳からシラミ潰しに電話をかけまくったり、DMを郵送したりという方法が主流でした。しかしそれでは信憑性に欠け「数撃ちゃ当たる」的な古典的な方法であり命中率も格段に低いです。そればかりではなく、あくまでも「飛び込み営業/Cold Call」なので、対応してくれる相手の反応も迷惑そうだったり、単調な営業活動ですっかり電話をする営業マンが疲れてやる気を無くすという状況も少なくありません。よって、このような方法は現代においても効率的ではなく、時間と労力の無駄と考えられます。次に考えられる方法は何かの「リスト」です。最近では裏社会から闇の名簿を購入して営業に役立てる、なんて方法もあるみたいですが、これをまともな方法で入手するのは困難を極めます。そんな時はその地区の商工会議所に向かい、広報や官報などでデータ化されている閲覧可能な情報を用いるとか、違法ではない顧客リストをしかるべき機関から購入して営業活動に充てるといった方法があります。これは飛び込みの電話営業よりも数倍の効果を発揮します。なぜなら自社の取り扱い製品に関連する企業や売り込み可能と思われる団体などにターゲットを絞れるので、飛び込み営業でろくに話を聞いてくれないようなケースよりもよっぽど相手の心を掴みやすい。そりゃそうです、共通項がそこには存在するのですから。しかしこれもまた、営業を受けるそのターゲットにしてみれば「どこの誰かも分からない人から電話がかかってきた」に過ぎないので、営業の必勝ツールとまでは言えないでしょう。そして現代であれば、やはりインターネットを駆使して営業活動に結び付けるのが良いでしょう。誰でも閲覧可能なこの便利なシステムには、各企業とも宣伝を兼ねて多くの企業情報を盛り込んでいるので、これから営業をかけようと思っている企業が、一体どのような会社であるのかの情報は活動前から丸分かり。タフな仕入れ担当も、あなたの話術としっかりしたアプローチがあればきっと食いついてくるでしょう。

プロの意見を取り入れてみるのも手

インターネットでの営業はとっかかりが早く、相手に「読ませる」ことで無下に断ったりするチャンスを与えません。仮にそれがその企業のニーズに叶うものであれば、一転してチャンス到来。そんな時は先方から商品に関すること、取引に関することなど質問な寄せられてくるでしょう。しかし勝負はそこからです。せっかく先方が「私、興味あります」とカモがネギを背負って来ても、こちらの反応が遅かったり、言葉が不足していてはせっかくのチャンスを生かしきることはできません。ここは千載一遇のチャンスと捉え、全神経を集中させて「この顧客だけは逃さない」という気迫で対応すべきです。素早い返答にあなたの真摯なる応対が見て取れれば、先方も好印象を抱く可能性あり。しかしここで認識しておきたいのは、相手は見ず知らずの他人であることに変わりはないということ。ある程度親しくなったからと言って、油断は禁物。また甘い誘惑から詐欺に遭うなんてこともあるかもしれません。この程度のことでビジネスか成就したかのように舞い上がってはいけません。この段階では、まだ相手との取引の入り口に立っているのと何ら変わりはないのですから。リストが入手できず、インターネットでも一体どうやっていいのか分からない…こういう人は、一度プロのビジネスコンサルタントのマーケティング講座などを受けてみると良いかもしれません。これまで自分の知識では雲を掴むような話であり、新規顧客営業のキッカケさえ掴めない。その糸口さえ見つけられない。そんな方はぜひこのようなプロの意見も取りいれてみましょう。マーケティングとは人が入り込めない隙間まで覗き込み、いかに効率よく営業を展開していくかということが趣旨になります。プロでもない自分がマーティングをやってみたところで所詮真似事であり、効果が上がらないことも十分に考えられます。ここは他人にある程度の費用を支払ってでも、この知識やメゾッドを覚えるべき。プロは端的にあらゆる角度から分析し作戦を練ってくれます。ちょっと他力本願的な部分もありますが、無駄な時間を過ごす方がもったいない。確かにお金がかかりますので、それこそそれを無駄にしないように有意義なものにしていかなければなりません。これはとても有用な方法であり、他人の意見も聞けることから別の視点から考えられるようになる、視野を広げるチャンスにも繋がるでしょう。

最もビジネスに結びつきやすい出会い、それは「人からの紹介」

いろいろなとっかかりの方法を記してきましたが、やはり堅いビジネスのキッカケとなる王道といえば「人からの紹介/Referral」の右に出るものはいないでしょう。紹介される方の立場になってみれば「自分が信用するXXさんの紹介であれば、まず問題のある取引先ではないだろう」と障壁になるべく妙な先入観がなくなり、さらに話も聞いてくれることでしょう。これこそが最高で究極の新規顧客獲得方法です。ただそんな機会は滅多にある訳ではありません。そんな時はまず取引先や仲の良い同業他社に相談してみましょう。既存の取引先に「実はXXという別の商品も取り扱おうと考えているが販路を求めている」と相談を持ちかけるだけで、意外にも他社に話を通してくれるかもしれません。もちろんその既存のビジネスを侵害しない程度に。なぜ自分の会社でもないのにその取引先はあなたのためにそこまで協力してくれるのでしょう?それはビジネスを通じてあなたが構築してきた絆、人間関係を大切にするからです。自分が信用している人が新たな道を模索していると聞けば、誰もが手を貸してやりたい心情に駆られるでしょう。これこそがビジネスにおいての「宝」なのです。その信用はあなた自身への評価でもあるのです。またその他にもビジネスの会合に自ら出向いてみるというのも良いアイディアです。展示会で人と知り合ったり、ビジネスの交流会に参加したりすれば出会いの場ができ、新たなる人脈も、新しい発想も生まれます。そこには共通の目的や理念が集まるので、顧客や新規仕入れ先など、これまで会えなかったパートナー探しには持ってこいの場所でもあり、業界に関しての知識や意見交換などの交流の場にもなります。そこで積極的に交流し名刺交換をする。そして後日自身のビジネスを全面に押し出して営業展開してもいいのです。とにかく「人と出会う」ということが大切であり、今後それがご自身のビジネスに結びつくかもしれないチャンスなのですから。そして人と人との繋がりを通じて新しいビジネスに発展していけば、もう願ったり叶ったりではないでしょうか?多くの仲間に協力を要請するのは決して恥ずかしいことではありません。これはあなたが築いた財産でもあるのですから。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.14
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

気持ちの良い季節ですね。肌を露出する機会も段々多くなってきました。街を歩いても気の早い人はもうノースリーブで闊歩しています。そんな人のほとんどがシェイプアップなどできておらず、醜い脂肪の塊も露出されちゃったりしています。そうかと思うと、自分磨きをしてしっかり体型をキープし、見た目にもカッコいい人が中にはいます。少数ではありますが、そのような人を見習って「イケてるボディー」を目指しましょう。

夏はもうすぐそこ。今から始めなければ夏には間に合わない

「オレはやろうと思えばすぐにでも痩せられる」。そう思っている人も多いのではないでしょうか?でもきっとそう思っているご本人も「やればできる」とは言うものの、実行に移すのは、それに伴う強い気持ちが必要だってこともご存知のはず。確かになかなか重い腰は上がらずに「オレはいつでもできるから」と言い訳をしてしまいがち。ダイエットするのは大変だし面倒だし、ついついその気になれなかったりします。そして「夏までにはまだ時間があるから大丈夫」と余裕を見せているかもしれません。しかし…もう夏はすぐそこ。一か月程度で痩せられるはずがありません。試合間近のボクサーなら厳しい減量も厭わず猛練習をした後に食べない、など意識が無理を乗り越えることもあるでしょう。しかし、一般人がそこまでタフな精神を持ち合わせることが果たして簡単と言えるでしょうか?もしもそれを自身の意地にかけてもやり遂げる、という悲壮なまでの覚悟があれば可能かもしれない。しかしそこには大変な無理が生じ、仮にその無理をやり遂げたとしても、それは不健康に痩せているとしか言いようがありません。不健康な痩せ方をするとリバウンドする可能性が高いばかりか、体に異変を来す可能性も大変に高いです。要するに、1か月かそこらの減量で極限まで痩せることは自殺行為であり、真のダイエットの本質はそこにはありません。そんな無理なダイエットを敢行するのであれば、初めからもう少し余裕を持って、長いスパンで取り組む方がどんなに楽で理想的なダイエットになるか分かりません。「短期間で勝負、夏までに絶対痩せるのでダイエットは6月からにしよう」という思考ではなく「今すぐ初めて夏に間に合わせる」という考えに改めましょう。キツいダイエットは不健康ですし、効果も薄い。そして長続きせず、夏前に挫折する可能性も極めて高いです。それなら重たい腰を今すぐ上げて今日から取り組みましょう。今すぐに始めれば、夏までに夏ボディーの完成に辿り着くかもしれません。そこはあなたの努力次第。明日始めるのではなく、今すぐに始めましょう。

毎回言っていることですが、正しいアプローチをすれば必ず痩せてきます。短期間で結果を出そうと焦らずに、じっくりと時間をかけて無理なくやることが本当に大切なのです。そしてそうと決めたら今動き出しましょう。その決断力こそが、これから辛いダイエットを乗り越えていくモチベーションとなるのですから。

2016年 4月 22日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES