マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 3月 23日更新

第27回 : 税関検査とそのリスク

気が付くともう3月。ここLAも春の陽気に包まれています。やはり温暖な気候から木々が芽吹くのが早く、それに伴いアレルギー症状も早く表れます。私の場合は、もう1月半ばから鼻がムズムズ。2月に入ると本格的に症状は加速し、眠っていても知らない間に鼻水が垂れて目が覚める、なんてことも数回ありました。私は日本では全く何のアレルギー症状もなく過ごしてきましたが、アメリカに来た途端に症状が出てきました。検査をしたものの、その原因を特定できずに今まで来ています。どっちにしても予防すらできないのであれば、これを季節の風物詩と考えて、大きな気持ちを持ってやり過ごすしかありません。しかし辛いですよね~、あの症状は。春になれば気分もハイになりますが、このアレルギー症状だけは歓迎できない現実もございます。

税関検査ってなに?

日本人であれば、この言葉を聞いただけで大体これがどういうものなのか、想像ができるでしょう。要するに警察やCBP (Customs and Border Protection)/税関と言った「国家警備」に当たる機関が、輸出入される貨物や海を渡って往来しようとする荷物を、強制的に検査することです。これは国境を通り抜ける全ての貨物がその対象となり、輸送手段やその場所を問わず実施されます。よくTVのドキュメンタリー映像で「麻薬検査官」がすんでのところでコカインが輸入されるのを食い止めた、なんてやっていますよね。まさにソレです。しかし全ての貨物が対象になっていると言っても、税関が全ての輸出入貨物を点検するのかと言えばそうではありません。毎日何千、何万という単位で貨物が輸出入されている現状からも、その全てを検査するということは事実上無理があります。よって検査官は、特定の貨物のみを選定して検査を実施します。簡単に言えば、海外を渡航する際に入国管理局の審査を受けますね。そこではパスポートを提出し本人であること、渡航の目的など確認されます。まさにその審査の貨物版と言ってもいいでしょう。例えば、LAXでパスポートを片手に行列に並び、厳しい審査を受けてようやく外に出られる。これが貨物においても同じことがされている訳です。実際にはその先に税関があり、今度は貨物の審査がありますが、人間が携行する貨物に関しては完全に自己申告です。関税が発生する可能性のある貨物を持っている人は自身で申告、そうでなければ素通りしますが、常に係官が目を光らせていて「怪しい」と思われれば、その場で呼び止められ検査が実施されます。これこそが税関検査です。

検査実施の場所とタイミング

簡単に想像できる場所と言えば、貨物が輸入される空港や港が挙げられます。しかし大陸が続いているアメリカではそればかりではありません。北・南アメリカ大陸は数か国の別々の国家から形成されており、陸続きであっても国外であることは間違いありません。よって、当然陸路からの出入国も税関に管理されており、検査の対象となります。アメリカの場合、陸続きの隣国が、北はカナダから、そして南はメキシコ側の要所(道が繋がっている地域)には入国管理局はもちろん、税関も常時取り締まりを行っています。特にメキシコからは、中南米一帯に広がる麻薬カルテルからの薬物輸入を警戒し、さまざまなハイテク機器を用いて取り締まりを強化し、そして毎日相当量の薬物が押収されています。検査が実施されるのは入国しようとされる全ての人物や車輛/乗り物です。例えば、荷物しか積載していないであろう大型商業用トラックでさえ念入りに調べられます。これはさまざまな方法を駆使して、違法薬物や武器、弾薬を海外からアメリカ国内に持ち込もうとする犯罪行為を未然に防ぐため。時には貨物を開梱したり、トラックの装備を解体するなど手荒な方法で検査におよぶ場合もあるのです。そして検査を断ることなどもちろん到底不可能です。これは国家権力で実力行使され、国境を超えるモノや人など全てを対象に行われ、それに該当する人々は皆協力しなければいけないとされています。これを拒否したり、ウソをついたりすると「怪しき者」と判断され当局から拘束されます。要するに検査とは「否応なきもの」なのです。

実は輸入の時ばかりではない、輸出の税関検査も存在

ここまでは輸入される貨物に対して話をしてきましたが、実は輸出する際にも検査は行われるのです。まず輸出すべく貨物を出荷する場合は、必ず税関申告をしなければなりません。送り主である貨物の所有者はShipperとしてCommercial Invoiceという輸出の詳細を記した書類を提出しなければなりません。それをもとに、船会社やフレイトフォワーダーが輸出申告を施します。これは貨物自体を全て税関に公開する訳ではなく、あくまでも書類提出やインターネットで申告し輸出承認を得るためです。現在は、このような簡易通関制度で、税関当局も迅速で的確な判断ができるようになりました。しかしここまではまだ検査には至っていません。では米国税関当局は何を警戒しているのか?これは前出のマリファナや覚醒剤等の違法薬物、武器、弾薬、国家機密、そして一般的に多いのが盗難品の輸出です。これを検査することで、海外に流出するのを水際で未然に防ぐという意図があるのです。実際にこれらの違法性のある貨物が一旦国外に出てしまっては、取り戻すことは簡単ではありません。よって、多少無理矢理にでも検査を実施してそれらの物品を海外に出さないような努力がそこにあります。ではそれをどうやって見分けるのか?それは税関当局に訊いた訳ではないので分かりません。あくまでも推測ですが、考えられるのはまず提出された書類です。これである程度見分けを付けるのでしょう。またそれが車輛やライセンスを必要とする物品であるなら、出荷前にその番号などを警察と連携しているであろう独自のシステムで調査します。少しでも疑わしきものが発見されれば、すぐにコンテナーを引っ張ります。検査は秘密裏にコンテナーターミナルで実施される場合もありますが、多くは税関在住の民間倉庫にて保税状態で行われます。そうなると一般人の立会いなどは不可能です。また怪しい貨物に該当するモノが無かったとしても、時として抜き打ちの査察が行われます。その対象となる貨物はどんなものかは判断がつきませんが、あくまでも怪しいと思われるモノ、あとは担当検査官の「勘」によるものが多いでしょう。もしも不幸にも検査に遭ってしまったら、出荷貨物から何も怪しいモノが検出されくても莫大なる検査費用を請求されます。これは税関が徴収するものではなく、あくまで税関の起用倉庫からの請求です。民間の会社ですので、作業料金を徴収するのは至極当然のことですが、何も該当するものもなく、心当たりもないShipperさんはこの高い費用を支払わなければならず、貨物の出荷は遅れ、さらには莫大な費用請求がありと、まさに弱り目に祟り目です。かと言って、防犯目的で警察や税関が権力を行使してでも社会的治安を維持してくれると考えれば、納得もできなくありませんが、ビジネスにおいてそれだけの経費が突然掛かってしまうのはまさに計算外と言えるでしょう。

実は輸入の時ばかりではない、輸出の税関検査も存在

検査は誰にでも起こり得ります。もちろん心当たりがなければ何も予見できませんし、防御策などあろうはずもありません。しかし実際に検査は行われます。ランダムの検査の場合「一体オレが何をしたって言うんだ。何もしていないのに莫大な費用を請求されるのは理不尽極まりない!」とお怒りの貴兄もいます。確かに理不尽であり、不条理であることを禁じ得ません。しかしこれは、避けては通れない貿易上のリスク、交通事故のようなものです。確かに、不幸にも検査の憂き目に遭った当事者が恨みつらみを吐き出す場所はありませんが、貿易とはこのようなリスクとは常に背中合わせであり、最悪の場合は出荷毎の検査が行われるかもしれません。このようなリスクがあることは、貿易を仕事としてされている方なら当たり前の知識であり、金儲けにおける盲点とも言えます。私も自身の経験から、お客様がこのような謂れのない査察を受けることになり、恨み節を聞く機会があります。お怒りのお客様の心情もよ~く理解できますが、その矛先を第三者に向けるのは間違っています。酷い人になると「お前たちが操作しているのか?」とか「お前たちがキチンと仕事しないからだ!」などと困ったことを言いだす人もいます。こんなことを言ってくるのは、まさに貿易の素人、勉強不足も甚だしい。頭に入れておかなくてはならないのは、このような貿易のリスクは何時なんどきでも発生するということ。そしてビジネスにおける信用性の問題、費用的なリスクなど想定外な事態に陥った時の覚悟も必要です。脅かすわけではありませんが、これはロサンゼルスの港でも実際に頻繁に起こっていることです。常にこのようなリスクと背中合わせであることを認識し、有事に備えておくことも時には必要です。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.13
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

春になりました。年始から始めたダイエットはいかがですか?1月は張りきってやるつもりでいた気力も、ここ最近ではどこかへ行ってしまった…という人もいるのでは?世の中の統計では、1月がもっともフィットネスクラブへの申込者が増え、また3月が一番退会する人が多いというデータが出ています。やってもなかなか成果が見た目に表れない。そうなるとやる気が半減、もうやめよっかなぁ~、となってもおかしくありません。しかしダイエットとは、今日スタートして明日に結果が出るというものではないのです。長い間継続することによって、少しづつ芽が出てくるものです。諦めずに続けていきましょう。小生も「夏ボディー」を作るべく、3月から本気のダイエットを開始しました。さぁ、一緒に頑張りましょう!

痩身は長期戦が必至。短期間で激やせなどあり得ない

しかしダイエットとは長き道。なかなか思うように痩せてくれません。でもそれこそが体のメカニズムであり、やや脂肪の乗った体でもそれなりの理由があり、その役目を果たしてくれているのです。よって今日ダイエットを志して遮二無二運動したとしても「来月には痩せている」とか「このTVのインフォマーシャルでやっていた腹筋マシーンを使ったら1か月で腹の脂肪が取れ、腹筋が6つに割れた」などと言うのは、夢物語であることを認識しましょう。脂肪は服ではないのでそう簡単に取り除けません。そんなに簡単に誰でも痩せられるのであれば、健康食品やダイエットサプリ、ダイエット器具など存在しなくなります。ダイエットとは長期間の計画で細く長くやって行くものです。すぐに結果を出したいので「食べない」で減量する。これも一つの方法でしょうが、生き物は食事をすることで生命を維持しています。食べ物は生き物の活力源であり、これなしではいられませんよね?その行為を減少させて、食べずに痩せるはまさに自殺行為。そしてとても辛い思いをするでしょう。ということは、自然の摂理に反しているので「体には良くない」とも言えます。極度のダイエットは、体にダメージを多く与えることから、健康をも脅かす危険があります。健康的に無理なく痩せたいと思えば、まずこの「絶食」という考えは捨てましょう。そして「節食」を目指すのです。ただ食べるのを我慢して痩せる、というのはこれまた困難な道です。これはみなさん経験があるでしょう?食べたい時にその衝動を抑えてひたすら我慢。これはホントに辛い。そこでお勧めなのは、節食しながら適度に運動もするということ。栄養価が高く効果的な食事にプラスして、運動による脂肪の燃焼を促していく。そして節食と運動量の幅を少しづつ広げていく。人間は学習能力が備わっているので、そういう生活をしていると段々体が慣れてきて、徐々に節食も辛くなくなってきます。食べたい衝動も、それほどひどいものでもなくなるでしょう。そうなってきたらダイエットはどんどん加速し、見た目にも細くなっていきます。そしてその細くなってきた体に自分自身が魅力を感じさらに加速。これまで思い描いていた理想的な自分に近づきます。その快感を覚えたらもうあなたは後戻りしないでしょう。食べないだけのダイエットはリバウンドを引き起こす可能性が高いです。なぜなら食べたいという衝動は、そんなに長い間抑えられないからです。そうなる前に、ちょっと食事を控えて長いスパンで戦っていく。その気持ちがとても大切なんです。

いかがでしたか?ダイエットとは科学です。闇雲に食事を抜く方法は危険ですし、その後のツケが廻ってきます。効果的に痩せるには食べ物を控えながら運動していく。この王道は不変であり、この道なしでは成功には導くことができません。正しいアプローチさえすればそれ程我慢など必要ないのですから。

2016年 3月 23日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES