マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2016年 2月 19日更新

第26回 : 成功を掴んだ人―ケーススタディーその1

年末年始の喧騒も一体どこへ?と思うほど世の中が静かになりました。みなさんももうすっかり正月気分が抜けて、さぞやお仕事に身が入るでしょう(?)。小売業を中心として年始は毎年消費が滞り「ヒマだぁ~」とつぶやく人や企業が多くなる時です。実質的な売り上げは減少しても、この時期に撒いた種が今年の後半に実る事を見越して、このヒマな時期に普段できないような種まきをしておくことが大切です。今それをやっておかないと、もしかするとこのヒマな状態が慢性化し、いつになっても仕事が舞い込んでこない…なんてことがないようにするためにも、今の時期に努力をしておきましょう。まさに「アリとキリギリス」の世界です。さて、今回は私の知り合いや顧客の中から「過去に成功を収めた人たち」をテーマに、その人たちはどうやってビジネスを軌道に乗せたのか、ということを分かりやすくケーススタディーしてみましょう。他人の言動から何かが分かるかもしれませんよ。

パッとしない状況に終止符を、と志す

とある若き会社経営者が、独自の手法で貿易ビジネスを行っていました。この業種に手を染めたのは、よくありがちな「日本の友達から頼まれて」というのがことの始まり。最初は頼まれた商品だけを送り、そこから関連商品も徐々に売れるようになっていったのです。しかし顧客はその友人である1社だけであったために、企業としての大きな飛躍はなく、時代の波には完全に乗り遅れていると感じていました。一人が食べて行くにはやっと、という稼ぎであり、とても自分の才覚でビジネスを展開しているとは言い難い業務内容。本人もこれではいけない…と経営者として焦りを感じていました。商材は工業製品で、特殊な機械部品を取り扱っていたために一般向けではありませんでした。いわゆるニッチなマーケットだったのです。しかしこれがある意味の専門性を与え、ビジネスを大きく転換させる可能性を秘めていました。若き経営者は、商売の行き詰まりを感じ一念発起し、さらなる販路を求めて日本以外の海外諸国へ食指を伸ばしたい。しかしどのようにマーケティングをすればよいものか?と考えていました。そんなある日、ハッとひらめいて製品の供給元に相談してみたのです。すると幸運なことに、その会社から数件の取引可能であろう海外の会社のリストを入手することができ、リストに載っていた海外拠点のある会社に積極的にアプローチしてみたのです。しかし、話は皆聞いてくれるものの、どこの誰かも分からない、実績の知れない会社を相手にしない企業がほとんどでした。ところが、そのうちの一件が、意外にもある特定な商品を仕入れることはできないか?と言ってきたのです。それはなかなか入手するのが困難な部品でしたが、高額商品であったために売れれば利益は大きくなる予感がありました。

難攻不落、メーカーのオリジナル商品を引き出すには

しかしメーカーが抱えているその商品の入手は難しい。さてどうしたものか…と悩んだ挙句、その若き経営者は、この取引先候補を紹介してくれた供給元に相談してみたのです。しかしその返答は、やはりそこからの供給は難しいというものでした。普通に考えても、まず入手できないであろうことは安易に想像できたのですが、何とかこの商材を確保しビジネスを軌道に乗せたい。もちろん他の供給可能な企業にも片っ端から訪ねてみましたが、高価でかつ希少な部品であるためにOEMやReplacement partsと呼ばれる、言わば「社外品」を作成している製造元はありませんでした。しかし考えられるのは、そんな部品でも「作成している所はある」と言うこと。そう、それはその機械を製造販売している製造元、すなわちメーカーでした。このメーカーは、この産業界ではメジャーと言われる大企業であり、全世界規模でたくさんの商品を出荷し、海外にも幅広く展開していました。その販売規模はすさまじく、流通経路が確立されているために、やすやすと外部には商品が出ないようになっていたのです。また支店がある先進国向けはもちろん、その他の国々にも代理店契約をした企業とガッチリと結びついているためにとりつく島がありませんでした。この牙城を崩すには、一体どうすればいいのか?取引先候補であるその海外の会社には、メーカーからの純正品が一番欲しい、と無茶を言われています。恐らく他の多くの取引先にも依頼してみたものの、どこからも供給ができないと断られまくっているため、苦し紛れにダメ元でこちらに依頼して来たのでしょう。しかし需要があるなら何とか手に入れたい。そしてその供給を続けられるのであれば、ほぼ独占的にこの商権を取れる可能性は高いのです。何とかモノにはできないものだろうか?若き経営者は思案に暮れたのです。

キッカケは小さな思い付きだった

そこで若き経営者は、まずメーカーにコンタクトしてみました。当然メーカーは、各国に展開している支店や代理店を守るべく、外部へは直接商品の供給はしません。一旦それをしてしまえば、ここまで作り上げてきた流通経路は滅茶苦茶になり、並行貿易で商品が外部に安価で出てしまう可能性が高いため、外部の人間には冷たいのです。そんなある日、彼は現場でその機械を目にします。そしてその部品が実際にその機械に使われているのを目の当たりにして「国内では普通に流通しているモノ」であるということに気づいたのです。しかしメーカーは、米国内では取引先や彼らの顧客でもあるライセンス契約をした国内代理店には独占的に商品を提供しています。そうしないと国内での販売が立ち行かないからです。と言うことは、国内ではごくごく普通に流通しているはずですから、海外に輸出するということさえ分からなければ、購入は可能ではないか?どうにかしてこれらの同社国内代理店を説き伏せて商品を横流ししてもらえないだろうか?と思いついたのです。そして国内の代理店にアプローチを開始しました。簡単に断られることも多いけれど、話を聞いてくれる場合も少なくない。そのうち、段々要領をつかんでとにかく「輸出である」ということは一切匂わさず、国内で消費するのでその部品が欲しい、と言い方を変えていったのです。それでも堅い扉を開くのは至難の業でした。そこでまたひらめいたのです。海外に輸出する、と言ったとしても、その向け先にメーカーの代理店がないような場所を選べば、あるいは考慮してくれるかもしれない。要するにウソをついて商品を引き出そうという悪知恵でした。そこでいろいろと調べてみると、仮にメーカーに偽って商品を引き出したとしても、独占禁止法に守られているため、問題がないことが判明したのです。メーカー側は、販売権利を守るために独自のルールを敷き、その販売網を確立しています。経路を順守するように各国内代理店に言い渡し、外部に商品を流出させないようにしているだけなのです。よって、国内で商品を入手して海外に輸出したとしても、法を犯したことにはなりません。「そうか、この手が有効だったのか」と若き経営者はつぶきました。

ウソも方便で商品獲得

同時に、若き経営者は代理店側の気持ちも慮りました。彼らも「売り上げを上げたいハズだ」と。仮にそのウソが代理店にバレたとしても、供給を止められるだけで非合法な行為をしているわけではありません。そこで「売りたい」という心理も利用して「実は南太平洋に浮かぶ小国に機械本体があるので、その補修用にパーツが欲しい」とアプローチしてみたところ、これが効いたのです。もちろんメーカーに問い合わせたのでしょう。その小国にはメーカーの代理店は存在しないのがわかり、ならばと言うことで、すんなり見積もりが出たのです。つまりウソはついたものの、とうとう供給可能な道に辿り着いた格好になったのでした。若き経営者は代理店から見積もりを受けとると、3割もの大きな利益を商品代金に乗せ、その海外の会社に見積もりを出したところ、すぐにでも欲しいと即答があったため、再度代理店に戻り、供給までの道を整えました。もしかしたら、この新しい取引先であるこの若き経営者を代理店は疑っていたかもしれません。本当に孤島に出荷するのかどうかも不確かだったけれど、ただ恐らくそこで「売りたい!」という売り手側の欲望が出たのでしょう。意外にも供給元からのうるさい追及はなく、出荷後の船荷証券提出も言い渡されませんでした。これで、メーカーおよび代理店の手を離れたこの商品は、どこに運ばれたかは知る由もありません。そしてこの商売は、一度や二度の単発に終わらず、しばらくの間継続し、この若き経営者のビッグビジネスに発展したのでした。ウソをつくのは悪いことかもしれません。しかしメーカーも代理店もそこまで追求しませんでした。もしかするとこのウソはバレているのかもしれません。しかし彼らも、売り上げ向上のために目をつむっている可能性もあるのです。

その後、この若き経営者はいろんな事にチャレンジし、人との関係を築いていきました。そして最終的には、新しい取引先ばかりか、新しい供給元、そしてその販売ルートも確立し、ひとつの時代を築いたのです。積極性とチャレンジ精神が彼を大きくし、成功に導いたと言えるでしょう。まずは行動力、これがビジネスには大事ですね。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.12
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

年末年始で存分にエネルギーを蓄えた体―みなさんその後のダイエットはいかがですか?きっと足しげくジムに通われていることと思います。しかし年始はみんなやる気が出て、ジム通いをせっせとします。問題はその後。長続きせずに、春までにジム通いを止めてしまう人が多いのも現実です。きっとそんな人たちは自分なりの理由をつけて、運動することから遠ざかっていくのでしょう。ダイエットに言い訳は無用。継続しとことんやり抜く人にこそ神様が微笑んでくれます。ここはひとつ踏ん張って続けていきましょう。今回は少しでもダイエットが楽になるTipをお知らせします。

身体作りに一番重要なモノ、それは効果的な食事

これまで散々「○○は食べるな、運動しろ!」と、ことある毎に口うるさく言ってきましたが、どれも我慢が必要なことばかり。相当な根性がないと長期的なダイエットは難しいのです。しかし食べれば太る、太りたくないからできるだけ食べない、ということを考えがち。しかしこれは誤った考え方であり、効果的なダイエットとは言えません。ダイエットのコツは長期的に行うこと。長期的に行うには極度の無理は避けるべきです。これも何度も言ってきていますが、要するに食べてもいいんです。問題は食べる量と質を整えるということ。当然人間は食べなければエネルギーがなくなりどんどん弱ってきます。これではダイエットどころか健康さえ保てません。ですから、まず食べることは「悪」ではないという認識を持つこと。そして効果的に食べていけば、それほどの空腹に悩まされることもなくなります。ダイエットのプロであるボディービルダーが、一番大事にしているモノは何でしょう?「日々のトレーニング」が頭に浮かびますが、そうではありません。彼らが一番重要視しているのは実は食事なんです。質の良いモノを適時に摂取する。それが身体作りの全てと言ってもいいでしょう。では具体的にどうすればよいのか?連載を最初から読まれている読者の方はもうご存知ですね。そう「脂モノを避ける」「タンパク質を多く摂取する」「炭水化物をとにかく減らす」です。この3つを守ること。これが意外と大きいのです。ご飯は糖質に変わります。ということは太る要素がいっぱいなんです。だったらご飯を止めて豆類を食べましょう。豆類はカロリーは控えめでお腹にも溜まりやすく、満腹感を簡単に得られる食材です。ボディービルダーはこうして、鍛えてはタンパク質を摂取する、を繰り返し体を作っていきます。この考え方はダイエットにも精通するので、ご飯を止めて、その代わり豆類を食べ続ければ、確実に痩せていきます。要するに「腹が減らないようにする」ことが肝心なのです。空腹感さえなければ、ダイエットはそれほど辛いモノにはならず、多少の運動をこの食生活に加えれば、効果絶大なのは言うまでもありません。炭水化物抜きは厳し過ぎるという方は、お茶碗1杯食べていたお米を半分にして、その穴埋めとして豆類を食してもいいでしょう。これね、本当に簡単で効果的なダイエット方法なのです。私もこの方法で体を作っています。ぜひお試しあれ。

2016年 2月 19日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES