マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第50回 : update
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年11月 27日更新

第24回 : さぁ、どうする?方向転換を決断!

今回はまたドキドキするようなタイトルにしてしまいました。人生とは波乱万丈な出来事の連続。人間良い時ばかりではない。照る日もあれば曇る日もある。そんな荒波に呑まれても逞しく生き続けるのが経営者です。しかし多少の犠牲を払ってでも、自身のビジネスが形になればそれも良いですが、ある日予期せぬ不幸が訪れ、いよいよ今回ばかりは踏ん張れないと思った時、あなたならどうしますか?今回はビジネスにおける華麗なる転身はすべきなのか、それとも止めるべきなのか?という切実なるテーマでお送りします。

世界情勢が常に背景に

日本を相手に商売をしている方にはもう痛い程経験されていることと思いますが、現在は為替が円安傾向にあり、それに伴い自動車に代表される米国への輸入は堅調です。一方で、これまで盛んだった米国からの輸出は大打撃を受け減少傾向。日本の企業も米国から為替が悪くなってまでも高い製品を買う必要はないということで、無理に仕入れをしない傾向にあります。特に贅沢趣向品はその動きが顕著であり、これまで輸出で巨額な利益を出していた企業には完全な逆風状態に突入。しばらくこの状態を静観し、為替が元に戻るのを期待してた企業も多かったのです。しかし日本から進出しているような大きな企業の中には、既に米国撤退をしている会社もあります。為替に左右される貿易業、常にその風をモロに受ける立場にあるのがまさに輸出入なのです。為替だけではなく各国の情勢にも大きく影響を受けます。例えば燃料はどうでしょう?米国は自国で石油が取れるので自給分だけで何とかやって行ける国であります。しかしここに来て、新しい代替えエネルギーが注目を集めつつあり、シェールガスなどはその代表格の燃料と言えるでしょう。供給に制限がない、安価に入手できる、さらにはガス燃料よりも遥かに環境に優しいとくれば、この代替え燃料に注目が集まるのは妥当です。日本ではほぼ100%近く燃料を輸入に頼っていますが、海底からの燃料調達やバイオ系、エタノール系燃料の開発が進むにつれて、これまでのような燃料需給の構図が変わってくるでしょう。こうした背景もビジネスには大きく影響してくるため全く無視できません。貿易という仕事は、それらの要素を全て呑み込み、自分に不利益を及ぼす社会情勢などのリスクを、常に背負って商売をしているということを認識すべきでしょう。

負けたくない、でも赤字続き…

経営者の立場であれば、これらの言わば「自然現象」に対しても逞しく対処し、どうにか難局を乗り切りたいものです。しかしどうにも状況が悪過ぎる。先月まで飛ぶように売れていた商品が、ある日を境にその足が鈍り売れなくなってくる。その背景に円安。とは言え、明日になれば円安に歯止めがかかるかもしれない。明日になれば為替が安定し来週には持ち直すかもしれない。先が見えないだけにそんな淡い期待ももちろんあるでしょう。しかしその実態はどんどん悪い方向へ。しかし諦められない。「きっと来月には良くなるだろうから、楽天的に考えもうしばらく様子を見よう」と粘り強く、マイナスが出ても商売を続ける。経営者であれば当然皆が考えることであり、事実多少の赤字が出ても何とか耐え忍んでみせるという意気込みがあることでしょう。しかし今回の円安は下げ止まらずに輸出は減る一方。それに伴い売り上げもじり貧に。赤字が出ていることは明白だけれど、その明るい未来あるかもしれない。明日に賭け何とか耐え忍んでやってきた。それでも毎月従業員には給料を支払わなければならず、社屋の家賃も滞納できない。こんな窮地に立たされた際にあなたならどうしますか?会社を処分して再びサラリーマンになる。新しい商材を見つけてそれを売り込む。それとも輸出がダメなら輸入に転嫁する?方法はいくつか思いつくでしょう。しかし一旦乗ってしまった船です。何とか自力で何とか難局を乗り越えて行きましょうよ。ここでは一念発起、ビジネスを立て直す逞しい決断をしたという場合について触れていきます。

新しいビジネスを開拓したい、しかしどうすればいいの?

輸出がダメなら輸入と、人は安易に考えがちです。しかしそれはまるで別分野の市場に進出するようなもので、過去の輸出での経験で役立つものは貿易のシステムを把握しているという知識と人脈。それと同じ商材で勝負するなら製品に関する情報でしょう。そう考えると「儲かるかもしれない」という思い付きだけで動くにはリスクが大きい。やはり同じ商材、もしくは関連のあるモノをを取り扱うようにすれば、これまでの知識や経験は生かせますし、さらには輸出の時に築き上げた人脈も役に立つかもしれません。一から勉強し知識を高めて行く時間的余裕もないでしょうから、やはりできるだけ同じ分野で、自分が得意である土俵で戦うべきと感じます。そう決めたら、まずは今までこの仕事でかかわってきた人たち、例えば日本のお客様、米国内の供給元などに積極的に話をし、市場調査を行いましょう。意外にも日本の顧客が供給元に大変身するかもしれません。またこれまでの仕入れ先が新たな商材を欲しがっているかもしれません。こればかりは話してみないと何も分かりません。ここは機会を無駄にしないよう、日常会話からまず始めてみて下さい。次に、良いチャンスを得られそうなネタを探しに「展示会」に出向きましょう。あなたが取り扱おうと思っている商材を取り扱う展示会/コンベンションへ行き、多くの人と知り合いましょう。こうすることで人脈が傷けるほか、新しい商品を見ることによって新たなアイデアが確立されることでしょう。また日本の取引先が、ある商材を輸出したいなどと聞いたら、彼らを米国に招き、一緒に展示会に参加してもらうのも良い案です。こうして人脈を繋ぎ、仲介役としてコミッションを稼ぐだけでも立派なビジネスになります。展示会とは業界の人々を一堂に会し、それぞれの人脈を広げることでその分野のビジネスを拡大しよう、売り上げを伸ばして行こうという政府や企業によるビジネスの活性要素です。これを利用しない手はないでしょう。これまで多くのベンチャー企業も、このような展示会に参加し、新しい発想や商品販路の開発をし大きくなった団体もたくさんあります。未だ業界で、日の目を見ず埋もれている優れた商品はたくさんあるはずです。

ヒントはここにあるかも、JETROのウエブサイトを利用

日本貿易振興機構、通称JETRO。日本政府が貿易の発展を目的に設立した行政法人です。米国に暮らす我々なら知らない者はいないでしょう。このJETROのウエブサイトはとても親切なのです。「貿易のアイデアはあるのに、何から始めていいのかまるで分からない」という貴兄にはピッタリ。どこで、どんなものが、どれくらい流通しているのかを教えてくれています。それもその目的、産業別、地域別に見れるという何とも有難いシステムに。これを見れば、すぐにどこでどのようなモノが生産され、輸出されているのかが分かります。また海外への企業進出も強烈に後押ししてくれています。それぞれの国の商習慣や現地法人設立に関する法規まで分かりやすく掲載されているのです。これらJETROサイトを足掛かりに計画してみてはどうでしょう。さすがは日本政府、全てが親切に驚くほど細かく、そして丁寧に報告されています。また海外のニュースなども掲載しており、まさに我々外国に暮らす者たちにはありがたい内容です。とても良い参考になりますので、眺めるだけでもきっと得るものがあるはず。ただ日本政府が作っている団体ですので、やはり中心は日本からの製品輸出に特化しています。世界情勢やトレンドなどは見て取れますが、なかなか米国からの輸出を後押ししてくれるような内容にはなっていませんのでご注意を。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.11
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

外は大分寒くなってきました。この季節が訪れると外へ出るのが億劫になる上、ジムから足が遠のきがちです。さらにはパーティシーズンということもあり「太る要素」がいっぱい。Thanksgivingから正月にかけて太ったという経験がみなさんあるでしょう。現に毎年1月がフィットネスジムへの入会者が一番多いとされています。どうしてもパーティは避けられないという人でも、日々の運動だけは欠かさないように心がけたいもの。多少食べてもいいんです。その代わり運動はしなさいということです。

ダイエット成功の秘訣は長期的計画にある

私が考える一番辛いと思われるダイエットの方法はズバリ、食事コントロールのみで行う節食法です。食べたいものも食べずにとにかく我慢に我慢を重ねる。栄養やスタミナ無視でとにかく食べないというダイエット方法です。恐らくこれに勝るキツさのダイエットはないでしょう。短期間であればきっとその効果はすぐに体重に表れるはず。しかし健康的に生活できるかといえば、必ずともそうとは言い切れません。生き物の身体は食物を摂り、それをエネルギーとして消費しながら生命を維持する。食事は生命維持の基本であり、これを制限するのは自身の体にもダメージを与え続けることに値します。「空腹でどうしようもない。でも痩せるための我慢だ」。その気持ちも良く分かりますが、極端な食事制限をすれば、人間の体は生きるために何とかエネルギーを燃焼しようと、脂肪以外の部分も吸収していきます。確かに脂肪は燃えていきますが、筋肉も確実に減っていきます。もしもご自身が寝たきりの病気を患ったことを想像して下さい。病気が進行して気分が悪いので食べられない。そうなると体はどんどん痩せ細り、終いには病魔と闘うのに必要とされるエネルギーも奪い取られ、結局は体力がなくなり命尽きる。過度の節食をするのは体を破壊することと同じです。よって、食事制限だけのダイエットは一番キツく不健康な方法であると言えます。体力を維持するのなら食事は必要な要素となる。また時期を決めて行っても、その時期を超えると今度は逆に過食に走り「リバウンド」してしまうことは有名です。ダイエットのコツとは、短期間で結果を出そうとするのではなく、長い計画でコツコツ行うことが大切です。例えば1年と期間を決めて目標を設定する。例えばどんな体型になりたい、とか何パウンドまで落とすかなど具体的な計画です。それに向かって無理なく行うこと。当然運動もそこに絡めればそれだけ効果は大きいでしょう。そして一番大事なのは途中でリタイアしないこと。継続は力なりです。それ程厳しくないメニューから始め徐々に体を慣らしていく。しかし途中で決して止めない、諦めない。コツコツと1年続けるとどうなるでしょう?急激に痩せたわけではないので、体は自身の体型やダイエットの生活習慣に完全に馴染み、その時にできたボディがあなたのモノとして今後も継続して維持できることでしょう。理想の体型は決して数か月でできるものではありません。ダイエットとは先が見えず、そしてダルい作業の繰り返しでできるもの。しかし結果は裏切りません。その先には必ず見違える姿をしたあなたがいるはずです。

2015年11月 27日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES