マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年10月 28日更新

第23回 : 騙されない決済方法 ~後編~

ようやく涼しくなってきましたね~。最近は朝夕に秋らしさを感じられる気候になり、心なしかもうあの暑い日が来ないと思うと安堵してしまいます。天気予報にも警戒感に似た思いが込められ、「もうよしてくれよ~」と明日も気温が平年並みでありますように、と感じながら見ているのも恐らく私だけではないでしょう。日本ではとっくに紅葉の季節を迎えているというのに、ここLAは相変わらず季節感がありません。ともあれエルニーニョの影響は思った以上に深刻なのかもしれませんね。涼しくなってきたところで、今日もお勉強しましょう。

輸出信用状とは?

前回のコラムではなかなか難しい決済の折れどころ、タイミングなどについてお話ししました。それでもなかなか公正は図りづらいし、常に騙されるかもしれないリスクはついてまわります。そして文末で、来月の予告として「もっと公正が図れて確実な決済方法があるのです」と豪語しました。今回はこれについてお話していきましょう。

それは第三機関を仲介させることで、さらにビジネスの公正が図れ、安全なる決済を遂行できる方法です。ただこれは第三機関を使うことから有料となります。ここで登場する第三機関は決済のリスクを顧客に成り代わって負う代償として、顧客から手数料を取ります。その費用は安くはありませんが、国際商取引に欠かすことはできない決済方法です。それが今日の本題である「輸出信用状=Letter of Credit」です。昔から交易することは繁栄に繋がったものですが、決済のリスクは常にありました。そして誰かが考えたのでしょうね、この方法を。それは銀行を第三機関として起用することで、決済を円滑に進めるというシステムなのです。言ってみれば、大きな資金を持っている銀行が貸付に関するシステムを構築し、顧客に提供する金融商品の一つです。「輸出信用状」と日本語で言いますが、英語では“Letter of Credit”で、通称はL/Cです。貿易業界や輸送業界に1年も従事している人であれば、恐らくこの言葉を聞いたことくらいはあるでしょう。このL/Cを使って行う決済は、お金をもらう側である売主だけでなく、買主が確実に商品を受け取ることも可能にする、まさにどこまでも公正を期することができる決済方法であります。なのでどちらかに有利に働くものではありませんし、詐欺行為も防げるのです。

買主(輸入者)はまず銀行へ駆け込むべし

ではL/Cを利用したい場合はどうすればよいのでしょうか。まず取引のある銀行へ出向き「L/Cを開設してくれ」と依頼すればすぐに手続きを行ってくれます。ここでは申し込みの段階でその対象となる取引/商売の概要をご説明します。ここで間違いや不正がないようにその取引の概要を記した書類、多くはCommercial Invoice などを提出します。そして決済する金額を伝え、その内容に基づいてL/Cが開設されます。条項に「数回に分けて出荷可能とか、数回に分けて支払い可能」などの条件を入れなければ、今回の決済は全て一括で行われることになります。しかしここで気を付けなければならないのは、その商品代金を自身の銀行口座にしっかり入れておかなければならないということ。銀行からの借り入れでも構いませんが、確実に決済できるであろう十分な金額が入っていないと銀行もL/Cの開設をしないので要注意。そしてそのL/Cができあがったら本状を銀行から発行してもらいます。このL/Cは単なる約束事を遂行させるための確約書類に過ぎないので、有価証券でもなければ手形の役割も果たしません。ただ国際取引を完了する効力は持っているのです。サービスを提供する銀行には、海外のネットワークから本店/支店の繋がりがなくとも、コルレスというグループ分けから他行と即座に業務提携できるシステムが整っているのです。よって片田舎の銀行であっても、大手を経由して相手の取引先の銀行に支払いをすることができます。これは銀行側の難しい話なのでここでは割愛します。

相手がL/Cで決済する際に必要な条件

海外の取引相手がL/Cで決済を希望している場合は、まず本状を送ります。先方はL/Cの内容に沿って「買い取り」をするわけですが、受け取った方が自分たちに不利な条件はないか確認してきます。そこには条件として、これまた第三機関である船会社が発行するBill l of Lading/船荷證券をはじめとして、本当に取引される貨物や金額に間違いがないかを確認するための証明として、何通かの書類の提出を求められます。このBill of Lading (通称B/L)は「有価證券」であるためにウソ、偽りの記述は認められません。たとえば注文の数量が2,000個だった場合、その数字がこのB/Lに記されていなければ、L/Cは買い取られない、すなわち決済はされないということになります。さらにB/Lには細かく「誰から誰へ送られたのか、数量、モノは何なのか」などが記載されているので、他に提出されるCommercial Invoiceなどの内容と合致しなければならないので、ここで詐欺行為がある場合バレてしまうのです。また他にも原産地証明やブランドの証明などを添付することを条項に盛り込めば、より安全な取り引きができるという優れもの。つまり、全てはL/Cに記載されている内容とたがわないようにしなければ商品代金は受け取れない仕組みになっているのです。そして出荷の全てが終わり、銀行に提出した書類に問題がない=公正な出荷が完了した、と見なされてようやく、銀行から商品の代金が支払われます。このように、信用状取引は国際取引を平等に行うため、そして安全な決済を遂行するための画期的なシステムなのです。初めて取引を行う相手や、売買の金額が大きい場合などに用いられることが多い決済方法と言えるでしょう。

そして買う側は…

買う側、つまりL/Cを開設した輸入者は、先方が銀行に提出した全ての書類を、銀行を介して受け取ることになります。そこには前述のB/L本状も含まれています。これは銀行経由で書類を受け取るので大変に安全であるし、間違いがありません。本船到着後、買い手は、そのB/Lを持って船会社に行き、晴れて購入した商品と対面することになります。確かにお金は確かにかかりますが、安全な取引ができ、貨物も無事に間違いがないものが届くのでとても安心できる決済システムです。初めての取引はこのL/Cと決めている企業も多く、未だに盛んに用いられている決済方法ですので、みなさんも利用してみてはいかがでしょうか。ただひとつだけ…脅かすわけではありませんが、それでも巧みに不正を働く連中は実在します。私の知り合いがフランスからワインを輸入しL/Cにて決済し、全てお金を支払い届いたコンテナーを開けてみると、全てワインがケチャップに化けていた、などという事例もあります。この場合、銀行も船会社も取引に対する一切の補償などを負わないので泣き寝入りすることに(本当は事実と異なる内容を記載した證券を発行した船会社にも責任はあります)。L/Cは安全な決済方法ですが、このようなことも起きないとは限らないので100%信用することはできません。そうなるとやはり常に決済にはそれなりのリスクがあり、どんな状況においても確実なる取引などは存在しないということになります。ご注意を…。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.10
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

自分自身は厳しいダイエット敢行のおかげで大分痩せてきました。みなさんはどうでしょう?しかし今回自分を律してやってはみたものの、実際に手応えのある効果が出たか、と言われれば疑問です。そして今回もまた「気付いたこと」があるのです。毎回ダイエットは手探りでやっていますが、その都度何らかの気付きがあります。要するに失敗して学ぶ、って感が強いのですが、それでも確実に前進していると自分を信じてやる、やり抜くしかありません。気の遠くなるような長い作業ではあるものの、気力で乗り切りたいと思っています。ホント辛いけどね。

やっぱり大事なのは食事

ダイエットには運動や栄養摂取もみな大事なファクターであります。しかしやはり突き詰めると最大の課題はやはり食事なのではないでしょうか?食べずに痩せる…これに近い事を私もやってきましたが、どうも効果が薄い。身体はそりゃ細くなってきますけど、それと同時に元気もなくなってくれば顔色も冴えない。お腹周りは細身になってくるものの、他の部位、特に筋肉のヤツれ具合、筋量の低下は否めませんでした。そして疲れていく身体を見ながら、段々この方法は間違っているのではないか?と疑念を抱くようになり文献をあさりました。その結果、正しいダイエット方法ではないということに1か月後に気がついたのです。食べずに我慢して痩せるっていう方法は、ダイエットとしてはかなりキツく、さらにはリバウンドする可能性が高い、長期的な効果が余り期待できない方法であるみたいです。だったらどうすればリバウンドしにくい身体を作れるのか?って話ですけど、要するに太らない程度に食べること、そして筋力をつけていくこと、これこそが真のダイエットの近道であると知りました。しかし、ただ単に食べるだけではダメ。体内に脂肪をできるだけ残さず、余分と思われるエネルギーを溜めない食事、それはまずクリーンなモノを食べるように心がけること。これまでも言ってきましたが、脂分たっぷりの肉や揚げ物など、特に動物性油脂を多く含んだ食品を避ける。肉が悪いと言っている訳ではなく、脂分の少ない部位、牛で言えば赤身部分、鶏で言えばささみや胸肉はタンパク質豊富で低脂肪なので逆にお勧め。これを体内に入れておくだけで元気が格段にアップ。それに副菜として温野菜、大豆製品、発酵食品や海藻類をまんべんなく食べるようにします。そして大事なのは、量をそれ程摂らないようにする、そしてご飯に代表される炭水化物を極力減らすように心がけること。特に夕飯での炭水化物摂取は、食べたらその分だけ体重に表れます。これに有酸素運動を取り入れれば万全、3か月後には大分痩せていることを約束します。要するに、節制しながらも極度の節食をする必要はない。食べながらでも内容を精査すれば、辛くないダイエットをすることができ、リバウンドも防いでくれるのです。決して難しいことではなく、もう少し食べる内容を考えて賢く栄養を摂り入れようと念頭に置いて食事をしていくという単純なことなのです。キーはやっぱりタンパク質の積極的摂取です!

2015年10月 28日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES