マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 8月 26日更新

第21回 : 在庫は持つことはリスクが高いか

先月、先々月とお話してきました円安ですが、どうもここ2か月くらいは下げ止まり、低い推移で安定してきていますね。大体123円~125円くらいの取引が続いていますが、相変わらずアメリカにいる我々には輸出しづらい環境が続いています。およそ8年前の為替水準ということですが、早く日本の人たちに、この円安やレートに慣れて欲しいものです。あまり時間はかからずにジワジワと浸透してくるとは思いますが…。では今日も勉強していきましょう。

在庫ってそもそも

在庫とは、自社で取り扱っている商品を、すぐに取引が可能になるように手元に置いておくこと。しかし商品を手元に置いておくには、製造元からその製品を買い取らなければなりません。顧客がその商品を欲している場合、自社で製品を持ってさえいればすぐにもさばけます。顧客側も「アンタの所へ来れば欲しいもんがすぐに手に入る」と、次回以降のビジネスに期待を持つので信頼度も高まります。それが市場で手薄な商品やあまり出回っていないような商品であれば尚更です。ビジネスを円滑に進めるためにも在庫は持っていた方が良い、と考えるのは不思議ではありません。しかし在庫のためには商品の購入をしなければならず、これこそが厄介の種になる可能性が高いのです。

在庫のリスクいろいろ
  1. まず商品を買い取らなければならないので、潤沢な資金が必要になる。それなりのマネーパワーがないと、これから売っていこうという商品を大量購入して手元に置くことなどまず無理であろう。

  2. 製造元への発注は売れるであろう予測を立てて行われるが、あいにくその予想が外れてしまった場合、多くの商品を抱えることになり、会社の財政を逼迫させてしまう可能性がある。企業として一番恐れることはこの点であろう。

  3. 在庫をそれなりに持つ覚悟はできても、その商品を置く場所が必要。オフィススペースで賄えるような小物であれば問題はないが、もしも物量が多くなるならば、更に資金を投入し、倉庫などの物件を購入、もしくは引っ越すことも検討しなければならなくなってくる。

  4. 経営者にとって頭の痛い問題として常に挙げられるのが、不良在庫の問題。仕入れの数やタイミングを見誤った商品、いわゆる「売れ残り商品」を指す。これらは時代のニーズに遅れを取ったり、ロットの見込みを上回ってしまい「今更売れない」商品になってしまう。こうなると「売れないのに場所だけを取る」という厄介者的な存在になってきてしまう。企業はどうにかさばこうと躍起になるが、大安売りなど赤字覚悟の処分に出なければ、状況はもっと悪くなる可能性を秘める。

  5. 在庫=お金の流動が止まる、ということを認識しなければならない。商品は売れてこそ初めて会社の利益に繋がるものであり、在庫は単なる備蓄に過ぎないので売り上げではない。在庫は金利の足しにもならず、他所に流動不動な財産である。よって在庫に対する資金は寝てしまっていることになり何も生まない。

だったら在庫は不利なの?

上記のように、確かに在庫はリスクは高いですが、手元にあるとビジネスにとっては大きなアドバンテージとなり得ます。手元に商品が売るほどあればビジネスのチャンスは逃しません。そして顧客の絶対的な安心を勝ち取ることができるのです。例えば大型チェーンストアへ行ったとしましょう。自分の欲しい商品が見当たらず、係の人にその商品はないのか調べてもらいます。しかしあいにくその商品は在庫がないので、受注での取り扱いになる、と言われるとします。もしもその商品をすぐに欲しいのであれば、その店を諦めて他店に行きますよね?次の店に在庫があるかどうかは分からなくても、その商品のないその店にはもう用はありません。このストアは、この時点でもうビジネスを逃しているのです。リスクは大きいけれど、大型チェーンストアなどは品切れを起こすと商売にならないことを知っているので、大量に発注し品切れだけは避けるように動きます。大型店であれば、可能な資金注入で大量発注、そして顧客のニーズに応えているのです。大型店舗へ行けばまずこの商品は見つかるだろう、という我々の学習能力が、誰に教えられるともなく働き、人々の足は大型量販店に向かうのです。また商売によっては、在庫は必須、在庫がないと商売にならない、という業態は数多く存在します。

経験がモノを言うギリギリの在庫を持つ仕入れ感覚

足りないと顧客に迷惑をかけて、店舗としての信頼は失墜。しかし過剰に仕入れてしまった場合、売り切れないことに対しての不安や保管料も嵩んできます。そう、在庫とはあくまでも必要な経費なのです。会社の運転資金となる「種銭」がある程度必要なように、この在庫もまた、小売りや卸売販売業には欠かすことのできない重要な要素です。しかし、その仕入れの見極めは大変に難しく、業態に寄っても多種多様。例えば鮮魚や野菜、日配品は、鮮度が命であり、売れ残りは全て廃棄しなければならないというリスクが高いです。しかし仕入れなければ商売は成り立ちません。そこで必要なのは過去の経験です。ある程度の経験があれば、同じ失敗を繰り返さないように仕入れをできる知恵があるはず。経験があれば、時勢や季節、タイミング、トレンドや市場の勢いなどから微妙な変化を感じとり、それを仕入れに生かすことができるのです。昨年同じ時期に同じ商品を50個購入して失敗したとしたら、今年も同じ時期に同じ商品を同じ数量だけ注文する人はいないでしょう。これはもはや習うより慣れろ、経験と感性で乗り切るしかない所です。つまり在庫は必要ではあるものの、それなりのリスクを負わなければならないということです。だとすると、大胆な賭けには出れないのが常道。ちょうど在庫がなくなるような仕入れができれば最高です。それにはやはり買い過ぎないことです。気持ちが大きくなって「何とかなるだろう」という観点から購買をしないようにお勧めします。在庫はお金が寝てしまうことにも繋がりますし、モノが残ればその処分も大変な上に保管する経費も日額で必要になります。資金的な余裕があるなら別ですが、できるだけ在庫はしないですむような状態に常に持っていきましょう。保管する倉庫が必要になる場合は、在庫があっても採算が取れるのか、倉庫のレントを払ってまでも在庫する利点が見込めるかなどを多角的に考えていくことが必要です。基本的には在庫はしない、そして自転車操業でも商品をできるだけ寝かさないようにするのが商売の王道、それこそがスタンダードです。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.8
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

毎日暑いですね。最近ようやく涼しくなり秋の足音を感じることも出来ますが、2週間くらい前まではホントに暑かった。今年は珍しく湿気のある日が多く、まるで日本のようだと感じた人も多いのでは?でもこの程度の蒸し暑さで「暑い~っ」と唸っているようでは、日本の人々に申し訳ない。日本は列島全土が酷暑で、まさにヒートアップしたみたいですからね。カリフォルニアに暮らすことを本当に幸せに感じられる季節でもあります。

ヒップアップって出来るの?ええ、出来ますとも!

一回たるんでしまったお尻。地球上に生きている限り、この重力には勝てず、年齢と共に押し寄せる肌のたるみに悩んでいる人も多いでしょう。そして「歳だからしょーがない!」と諦めきっている人もまた多いのでは?しかしタイトルのごとく、ヒップアップは可能なのです。まずは体のメカニズムから考えましょう。どうして肌が老化と共にたるんで来るのか?どうして太ると脂肪が増えて尻っぺたがたるんで来るのか?それは簡単な理由です。老化、あるいは肥満に共通して言えることは「筋力が落ちている」からなのです。そりゃ確かに今までなかったはずの脂肪が付けば、それだけ身体が重くなるわけで、その脂肪が臀部に付く、そしてその重みに耐えられず柔らかい部分であるお尻の脂肪がたるんで下がって来る。そうなんです。脂肪だから重いんですよ、基本的には。それに重力が働くのでその重みは直下する。そうすると今までたるんでいなかった素敵なお尻がダラ~っとなってくるわけです。ならどうするか?この事実を知らない人も多いのですが、こうなってしまうのには、筋力が減り、締まっているハズのお尻が筋肉と共に垂れ下がる結果に繋がっているのです。そう、お気づきですね。ならばヒップの筋力を上げてお尻全体を締めていきます。するとヒップが引き締まるだけでなく、脂肪も燃焼するのでお尻が引き締まり小さくなってくるのです。

これに効果的なのがスクワット運動です。と言っても、重いバーベルを担いでやる必要はありません。最初は過重なしで直立に立ち、足は肩幅程度に開きます。そして両手を後頭部で組んで膝を太ももが地面と平行になるまで曲げます。その部分まで来たら一気に身体を起こし、曲がっていた膝を再び伸ばして元のポジションに戻します。この動きがスクワットの基本となります。決して両腕をブラリと下ろして反動を付けてはいけません。この方法で30回を1セットとして3セットくらいやりましょう。恐らく休憩時間を入れても5分もあれば終わる運動です。そして慣れてきて苦も無くできるようになったら各セットで回数を増やします。それもまた慣れてきたら、軽めのダンベルを手に持ってやってみましょう。それを3か月も続けると自分でも驚くくらいヒップアップします。これは私の経験やインターネットの投稿でも保証されている程、確実なお尻のたるみを矯正する方法です。まずは30回できるかやってみて下さい。そして3か月頑張って理想のヒップラインを手にするか、それとも諦めてしまうかは、あなたの努力次第です。

2015年 8月 26日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES