マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 7月 28日更新

第20回 : 緊急企画! 加速する円安 その2

前回は、円安に転ずると日本の経済はどう動くのか、具体的に一般社会への影響はあるのか、どうして円安減少が起こるのか、そして円安の日本経済や国民に対しての位置づけなどをお話してきました。今回は更に踏み込んで、円安が巻き起こすさまざまな現象や、米国に暮らす我々在米邦人がこの局面をどう打開するか、円安である状況をどのように好転させるかについて解説していきます。

世界経済も大いに関係

日本の対ドル相場が落ち込み円安に転じてしばらくが経ちますが、現在世界経済は大きな転換期に来ているのかもしれません。今ニュースでよく目にしていると思いますが、ギリシャ国家が経済破たんでEUが救済措置に出ています。要するに国の経済が悪化し破産してしまったという事です。欧州連合にとって、その加盟国が破たんするという事は、経済的に大きな損失を蒙る、その不況が欧州に蔓延するのではないかという危惧から大型なテコ入れ、すなわち資金を投入するなどしての再建策が打ち出されています。しかしそれはギリシャだけではなく、南米プエルトリコでも同様に多額の債務負担が嵩み、金融破たんが発生しているのです。米国自治領ではあるものの、金融などは別ものという事で、米国は手を貸さず、現在債務不履行の危機に瀕しているのです。もちろん日本は平成不況、長引く不景気が叫ばれてはいますが、ここまで酷い状態ではありません。しかしこの円安が影響し食品を中心に値上げが止まりません。輸入に頼らざるを得ない原料の高騰から、経営側も値上げして対応するしか策がなくなっています。逆に中国などは、バブルは弾けたと囁かれ続けるも、富裕層の消費活動には暇がありません。実際に日本を訪れる中国人富裕層観光客の帰国直前の「爆買い」が大々的に報道され、今や社会現象となっています。このように貧困にあえぐ国もあれば、裕福な国民が多い国もあるのです。中国は自国通貨人民元の流通が弱くなったと言われているものの、底堅い保有資産で世界経済を引っ張っていると言っても過言ではありません。ちょっと前までは誰も人民元など交換したがらなかった通貨だったでしょうが、国政の成功で景気が上昇。中国と取引しよう、中国の外貨や国債を買おう、という動きが出て世界金融のトップに躍り出ました。このように経済もまた、浮き沈みがあるのです。どこか為替相場に似ていませんか?ちょっとした出来事や政治家の発言で敏感に反応する為替も株も同じ要因があるようです。

どうして対米円は安くなっちゃったの?

円安に動いた大きな要因の一つに、日米貿易赤字が挙げられます。自民党の掲げる経済政策、いわゆるアベノミクスによって作為的に12年末に円安への大転換が起きて以降、輸出関連業種を中心に日本企業の業績が大幅に改善された一方で、輸出数量はほとんど増えていません。反対に原発の代替エネルギー燃料などの輸入量が増えたことで貿易赤字が定着。その貿易赤字が円安要因のひとつとなり、さらに円安が進むという状況が過去2年ほど継続しています。つまり4年前に発生した東日本大震災における福島で発生した原発稼動停止に伴い、原油や液化天然ガスの輸入が増えている一方、内需の縮小や長らく続いた円高を背景に日本企業はこれまで海外への生産移管を積極的に進めているのです。その結果、電気機器などを中心に、いわゆる「逆輸入」が増え、製品の魅力など国際競争力の低下も重なって、円安が進むなかでも輸出が増えにくくなった背景があります。これまで「モノづくり」では世界各国を圧倒し「日本製品」を売り口上にしていた日本の産業が、国外に生産拠点を移す動きに出たために、国際競争力に影響を与えた格好です。また日米による金融政策の方向感が異なり、日銀が掲げるインフレ目標に、FRBは非現実的という見方を強め「米国金利の上昇→日米金利差の拡大→円売り・ドル買いの増加→円安」という動きを加速させたのです。また米国の雇用統計も、FRBの金利引き上げ時期に影響するので、日本の内需ばかりではなく米国の経済動向も円安を招いた大きな要因であると言えます。日銀による追加金融緩和や米国の景気回復は大いに影響を与え、米国に暮らす我々にとっては、米国の景気回復傾向は市民生活を安定させています。ですから一口に円安になったと言っても、この通りにさまざまな要因が上げられるのです。日本政府も予想できなかった貿易赤字があったとは言え、ある程度意図的に円が安くなるような政府の誘導がなかったとは言い切れないでしょう。

日本から見た円安

7月中旬の為替レートでは、1ドルあたり124円程度を付けて安定基調にあります。日本政府からすると、安倍政権発足後、この3年余りで対ドルで30%程度も円が下がったと言えます。「円安による輸入製品の価格上昇→消費者物価の上昇→脱デフレ→インフレ化」という安倍政権の狙いは、僅かながら達成したと言えるでしょう。しかし消費者価格は僅か1程%程度しか上昇しておらず、本来の狙いを逸しています。一方では、日本全体の国益から考えると「円安」の経済効果を唱える専門家もいます。例えばこの円安のお蔭で海産物の輸出は大きな恩恵を受けています。日本食ブームの追い風を背景に、マグロなどの鮮魚を海外に輸出。過去にも例を見ない利益が計上されているのです。そしてここ数か月の円安のお蔭で、日本の貿易赤字は黒字に転嫁。貿易での収支に留まらず、海外での投資収入も増えており、2008年の水準に戻ってきているというのです。庶民の目線では、食品を中心とした物品が値上がり、消費者の財布のひもを固くしていると思われがちですが、日本経済全体を見た大きな画では、経常収支は黒字となり、日本経済復活の兆しを見せているのです。まだまだ課題は残すものの、この円安は日本全体には好影響であることは間違いなさそうです。

自ら歩く、そして小さな穴を見つける努力

ではここ米国に暮らす我々在米日本人に目を向けてみましょう。日系企業にお勤めの方は、その業種によっては大きく対応が変わるため、レイオフや転職を強いられる憂き目に遭う人も多いでしょう。何せ日本への輸出が頭打ちである現在、業務を縮小したり事務所を閉鎖する日系企業も出てきています。逆に輸入主体の業態にとっては、20年来の大きなチャンスと言えます。至って当たり前の事ではありますが、輸出がダメなら輸入にシフト。 それが可能であればこの潮流に身を任せて舵を切るのが得策です。では輸出に特化している企業は自らが倒れるのを待つしかないのか?という事ですが、もちろんこのまま円高に動くようになるまで手をこまねいて見ている余裕などないはず。だったら動きましょう。実は先日、この円安を逆にチャンスと捉えて「誰もやっていないこと」に目を向けている若き起業家たちに会いました。彼らは、これまであった産業でたった一つあるかないかの小さな穴を見つけて奮闘していました。それは米国の優れた製品を見抜き、日本の企業に販売する事。まず彼らは、各地で行われる展示会/コンベンションに足しげく通い、自らの足で歩き、新たな人々と出会い人脈を作り、新しい製品やビジネススタイルを日々勉強し、その小さな穴を見つけたのです。そしてその商品を日本の大手メーカーに売り込み、販売経路構築に成功しています。円安でダメだ、と下ばかりを向いていないで外に出た結果、このような商材やアイデアに巡り会ったのです。また別の企業では、輸出でのメリットが出ないと知るやいなや、今度は内需の拡大に乗り出しました。これまでとは異なり、今まで輸出していた商品やサービスを米国内で流通させる努力をし始めたのです。それは発想の転換であり、こっちがダメならあっちでという背水の陣で挑んだ結果、良いアイデアが産まれたとの事。案ずるより産むが易しと、現状にクヨクヨせずに一歩踏み出し、新たな発想に巡り会う。このような事はビジネスでなくともあり得るはずです。確かに、今回の円安は貿易をやっている人にとっては天災のようなものですが、喰っていくために必死になるのであれば、他の方法を模索して逞しく生きていくのも一つの手です。今の現状に悲観ばかりしていないで、多くの場所に出向き、多くの人々と話をしましょう。「小さな穴」はこの5分後に見つかるかもしれませんよ。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.7
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

夏ですね~。人前で肌を晒す機会も増えてきました。例え服を着ていても、夏は必然的に薄着になるので、体型が分かってしまう状況も避けられません。人々はいわゆる「夏痩せ」を目指して春頃から動き出しますが、あなたはいかがですか?若い時に比べて年齢を重ねれば、それだけ体も言う事を聞かなくなってきます。しかし意識をちょっとだけ変えて節制し努力をすれば、ご高齢の人でも体型は変わってきます。気になるお腹の膨らみや二の腕のたるみですが、痩せるというよりも太らないようにする意識を持ってみましょう。

有酸素運動の大切さ

有酸素運動―この文字が目に入っただけで嫌悪感を示す人も多いでしょう。みなさん有酸素運動は体に良い、有酸素運動をすれば痩せられるという事は、もう耳にタコが出来るほど聞いているはず。その通り、確かにこの有酸素運動は脂肪燃焼に最適で、これこそが体から脂肪を除去するので、痩せるために必要な要素であると言えます。しかし有酸素運動はキツいのも事実。みなさんも経験があるでしょうが、ある日ダイエットを志して一念発起、朝のジョギングを始めた。しかし辛いだけでなかなか結果が見えてこない。「一体オレは何のために走っているんだ…」と焦燥感に駆られる。確かにこの有酸素運動ってやつは脂肪燃焼に効くのですが、大変に疲れるし、息も苦しくなるので長続きさせるのが難しいという側面があります。やると決めた日は痩せた自分を想像して、その緊張感や使命感から運動を開始するのですが、いやはや始めてみるとキツイ。そして段々、公園やジムから足が遠のく。これは誰にも起こり得ることであり、有酸素運動はキツイのが当たり前なのです。なので長続きしない。ダイエットで一番重要なのは「継続する事」です。始めてからすぐに結果は付いてきません。結果がなかなか見えない闇の中でも、自分を信じてやるしかない。自分で決めたのだから最後までやり抜くという辛抱が大事なのです。志を持ったらまず無理な目標を立てない事。そして徐々に始めていくのです。運動経験者ならば、始めた当初は何だか量的に物足りず、こんな運動で効き目があるのか?と疑問を抱くくらいでいいでしょう。ジョギングや水泳、これが辛ければ早歩きの散歩でもいいのです。コツはとにかく長い時間持続して運動を行う事。一般的には体を動かし始めて20分後から脂肪燃焼は始まると言います。よってダッシュ走を20分継続してやるのは無酸素運動となりダイエットになりません。ゆっくり呼吸をし、面倒でも30分以上続けることが大事。散歩も20分で帰るのではなく、40分、1時間と歩いてみて下さい。体に多くの酸素を取り入れることがこの有酸素運動のコツです。急がずにゆっくり、しかし長く継続させながら運動するように心がけて下さい。これを毎日続ければ2週間後には自分でも成果が分かるほど進化します。1時間の努力で毎日の食事も格段に楽しくなるし、痩せていく自分も実感できるはず。まずは信じて行動する事。「本当に痩せるのか?」という疑問は一切捨てて、まずは何も言わずやってみましょう。身体に変化をもたらす事は私が保証しますから。

2015年 7月 28日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES