マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 5月 20日更新

第18回 : 輸入って手もアリ?

2015年もあっという間にもう半ばです。気が付けばもう半年でまた新しい年を迎えるのです。信じられませんね。こりゃホントに歳取る訳です。昨年の今頃、対米ドル円為替が急激に変動し円安状態に入りました。それから既に1年。当時は$1=¥150まで行くぞ、などといろんな憶測が飛び交いましたが、実際には$1=¥120で落ち着いて半年ほどが経過します。この1年でどれほど多くの企業がこの為替相場の影響を受けたことでしょう。米国から輸出をしている企業には本当に辛い1年であったと思われます。円が安いならどうすれば?輸入?そいつもアリかも…。今回はこの話題で盛り上がってみましょう。

残酷な為替相場

世の中、いつもこのような罪作りな状態に陥る事があります。平成不況や非正規雇用問題など日本でも多くの社会問題に苛まれています。また米国でも景気回復の鈍化、失業率の低下から脱する事が出来ないなど経済的な問題は山積。これに似ている経済社会の潮流、どうする事も出来ない川の流れのようなものに「株価」と「為替」があります。これは世界経済のさまざまな要素があって起こる事であり、日本や米国の政府が躍起になってもどうする事も出来ない状況も多々あります。これまで日本経済は90年代初頭から円高の恩恵を受け、輸入品市場が活況を呈しました。その時代がしばらく続いたので、人々もこの円高の状況に慣れてきていました。しかし神のいたずらか、ここ1年で形勢は逆転、円安傾向が続きました。もちろん日本の農家や生産者、製造業には大きな恩恵が待ち受けています。しかし一方で輸入品に頼っていた企業には、仕入れ値の高騰や相場の変動での支払いに不利が生じたりと苦しい時代となりました。また米国内で商売をされている日系企業にも暗い影を落としています。これまで$1=¥100時代には飛ぶように売れていた米国産の製品がパッタリと売れなくなったり、取扱量が急に減ったりと悪影響を受けている人が少なくはないでしょう。これも社会現象の一つであり、ビジネス界にとってもこれまでと違う「現実」として受け止めなければなりません。

円高から円安へ、情け容赦ない円為替変動の歴史

私が勤務する国際物流業では「世相」が良く見えます。貿易市場において、どのような動きがあるのか、どのような傾向にあるのか、現場を通じて世の中のトレンドが手に取るように見えるのです。円高の時代から円安時代へ。この様変わりによって多くの人々の泣き笑いがありました。90年代半ばに米国から日本への輸出は大変に盛んになり、米国の日系企業はこの恩恵を大きく受け栄華を極めました。米国ブランドの贅沢趣向品は飛ぶように売れ、売れ筋の商品はもちろん取り合いになりました。売れて売れて仕方ない、と経営者は高らかに笑い、それぞれの暮らしもまた贅沢を極めたのです。当時最高値は$1=¥80と今では考えられない高水準。とにかく米国ブランドの商品は売れ、同時に「これならオレにも出来る」と多くの若者が会社を辞めて独立していきました。我々輸送業界も猫の手を借りたいほどの忙しさとなり、これに伴い相当な利益を得たのです。しかし…そんな時代は長くは続きませんでした。これまでそんなご時世、利益、生活が当たり前だった世界から徐々に状況は変わってきたのです。日本のバブル経済が完全に崩壊し、それに伴い円高が進んだためでした。そうなると立場は一転、多くの輸出に依存していた米国内の日系企業が破たんしだしたのです。これまで売れた商品が同じ価格では売れなくなり、無理をすれば在庫を増やしてしまい、自らの首を絞めつけ始めました。しかし円安は残酷にも進行し、日本をそして米国在住の日本人をも取り巻く不況時代に突入していったのです。それでもまっとうなビジネスを展開し、利ザヤを減らしてまでも顧客を大切にしていった企業は生き残ったものの、以前の活況は市場にはなくなっていきました。そのうち日本にも不況の波が押し寄せて国民を呑み込んでいったのです。そして$1=¥100程度の為替に安定し数年が過ぎました。

米国からの輸出は頭打ち

そんな安定した円為替になってからどの程度の時間が経過したでしょう?人々の間で$1=¥100という安定した為替相場が常識化し、その間紆余曲折を経てはいるものの、日本経済は徐々に立ち直りを見せていました。ビジネスの世界でもそれは同様で、ある程度安定した経済観念が生まれ、ある意味平穏な日々が流れていました。しかし昨年の初頭、円安が急伸し日本円の価値が音を立てて崩れていったのです。日ごとに円は値下がりし、日本政府が介入するも、世界の為替情勢を動かすことも出来ずに、円安は続伸、評論家のなかには、このまま一気に$1=¥200まで駆け上がると言い出す者も出てきて、経営者を震え上がらせたのです。そして政府の思惑も空しく、円安は続き、とうとう$1=¥120まで登り詰めました。こうなると輸出は立ち行かず、多くの輸出関連企業は路頭に迷いました。我々輸送業者も対岸の火事とはいかず、輸出に特化する日系輸送業は大打撃を蒙ったのです。しかしそんな中でも「どうしても喰わなければ」と奮起するガッツある企業も少なくありませんでした。その多くは日本への輸出がダメなら、と日本以外の外国へ触手を伸ばす者、一方ではこれまでの栄光やビジネススタイルをかなぐり捨てて「これこそがチャンス」とばかり輸入業に転身する者も出てきたのです。確かにこれまでやってきた仕事全てを捨て、新しい何かを一からを始めるのは大変面倒であるし、不安でもあります。しかし喰っていかなければならないという執念から覚悟を決めた者もいたのです。果たして輸出畑にいた人間が思いつくままに輸入業に手を染めることは可能なのでしょうか?果たしてそれで成功に導く事ができるのでしょうか?

退路はナシ、輸入で勝負

このような社会情勢から輸入に転身する事を覚悟するのは、並大抵ではないはず。しかしこれまでの貿易の知識と経験さえあれば、全く新しい分野に出て勝負するよりも成功への近道ではないでしょうか?確かに輸出と輸入では天と地ほど違う分野であると言っても決して言い過ぎではありません。なにしろこれまで固定化していた仕入れ先から販売先までのビジネス経路を全て取り壊し、新たなルートを開拓して行かなければならないのですから。あなたが米国にいるのであれば、まず何を海外から仕入れて、一体誰に売るのか?その市場を開拓して行かなければ喰ってはいけません。そのためには周りにいる身近な人やこれまで仕入れ先だった会社が、何か情報を持っているかもしれないので、片っ端から当って情報を収集し、さらにインターネットも活用、米国のトレンドを勉強して、どんなものが必要とされているのか、需要と供給のバランスは取れているのか、市場価格はどうなのか?そしてその商品をどうやって海外から輸入してくるのか?などについて調べる必要があります。確かに大変な労力ですが、しかしそれはかつて輸出の仕事を志した時もそうだったはずなのです。新しい事をするのだから勉強も致し方ありません。今こそ喰って行くために必死にならなければならないのです。

日本からの商品の場合、今度は円安の恩恵を受けられる

つまり逆転の発想です。輸出に対する風当たりが強いのであれば、当然その逆の追い風に乗ろうという事。それは簡単な道ではないでしょうが、今度は自分の生活を台無しにした憎き円安様が自分のビジネスを後押しし、助けてくれるかもしれません。時代の流れに身を任せ、逆らわずに自然とその流れに従う。むしろまともな考え方かもしれないですね。 前途洋々とは言えないかもしれませんが、今度はこの為替を利用して有利なビジネスに転ずる。日本でも東南アジアにあった生産工場を国内に移転する企業があったり、日本の卓越したモノ作り技術そのものを輸出しようという動きもあります。窮地をチャンスに変えるのです。為替は残酷ではあるけれど、風向きが変われば、逆の方向に帆を張って快速船を繰り出すことができます。日本にはあなたの有力なる知り合いがたくさん存在するはず。日本のビジネスマナー、環境、トレンドなどが分かれば、あなたには非常に有利なはずなのです。これをチャンスと捉える事も、考えようによっては可能なのではないでしょうか?自分の殻を破って大海原に船を出してみてはいかがでしょうか?

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.5
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」

みなさん、ダイエットはどうですか?これを読んでいらっしゃる方はきっと自分を律してダイエットに励んでいる事と思います。いいや、そうに違いありません!「○○パウンドまで落とす!」という明確な目標がない場合は、なかなか成功に結び付けるのは難しいですが、今までの自分とは違うという所を見せて頑張りましょう。ダイエットなんかそんなに難しい事ではない、という苦手意識を排除していきましょう。

タンパク質の摂取こそ勝利への道

代謝については前回(第17回)前々回(第16回)の講義でもう十分にその重要性を分かって頂いたと思います。また体に脂分を入れない、食べない、摂取しないという努力が大切だという事ももう分かりました。じゃあ何を食えばいいんだよ?という事になります。ダイエット=食べないという図式が頭に浮かびますが、これは失敗するダイエット方法なのをご存知ですか?例えば食べる量を減らせば、自ずと体重は下がり痩せていくと思っている人は多いです。これは確かに正論なのですが、実際に生き物は食事をしないと生きていけません。つまり何かしら食物を摂らないといけないということ。どうせ食べなきゃいけないのならクリーンなモノを食す、これがとても重要なのです。痩せそうだからという理由で野菜しか食べない女性を見かけますが、残念ながらこれでは栄養が不足し、体が別の食物を欲します。これを続けた末路はリバウンドとなります。人間どうしても欲が強く、それが食欲ともなればかなり貪欲であり「ちょっとならいいか…」でダイエットの後退が始まるというのが最も良くあるケースです。よってどうせ食べるなら栄養価が高く、ダイエット効果のあるモノを選ばなくてはなりません。それこそが栄養三大要素のひとつであるタンパク質なのです。

ご存知の通り、タンパク質は生き物の血となり骨となるべく栄養素です。ご飯やパン、粉ものから出来ている炭水化物はエネルギーにはなりますが、ボディーを作る事は出来ません。タンパク質を摂取する必要性は、とにかく体を作る栄養を摂る事なのです。そして筋肉が少しでも大きく強くなれば、ダイエット効果があり、筋肥大によって脂肪燃焼を助ける働きがあるのです。簡単に言うと「最近お尻が垂れてきた」という場合、確かに脂肪を燃焼させることも必要なのですが、重力には逆らえない。ならばお尻の筋肉を付けて内側からヒップアップするというダイエット方法の方が、遥かに節食して痩せていくよりも効率が良く、成功しやすいのです。一旦付いた筋肉はそう簡単に無くなりません。尻の筋肉が付けばたるんだ皮が筋肉によって持ち上げられるばかりか、脂肪燃焼もよくしてくれます。これがダイエットの相乗効果、Win x Winとなるのです。

一般的に例に挙げられるタンパク質が多く含まれている食品は、鶏の胸肉、ささみ、卵、納豆、油の無い牛や豚のフィレ肉、魚介類などがあります。これを正しい調理法である程度の量を食べれば、腹持ちも良く、筋量を増やす事にも繋がります。

キーワードはタンパク質、これしかありません。

2015年 5月 20日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES