マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2015年 1月 27日更新

第14回 : 成功の秘訣-供給先は神様なり

みなさん、こんにちは。昨年は「お勉強しなくては!」という意識が高く、多くの内容を取り込み過ぎてしまったため、ついつい文章が長くなってしまっていました。これではみなさんも疲れてしまうので、今回から内容を一新し、お勉強のコーナーとちょっと私的な部分も織り交ぜてお伝えしようと思います。今年もどうぞよろしくお願い致します。

売るのが大事か、それとも買う事?

みなさんは商売において、一番大切なものは何だと思いますか?人によってその感じ方、また考え方はさまざまであると思います。成功した人の意見が必ずしも正論でないように、多種多様な考え方があってしかりですし、それぞれの思惑の中で利益を追求していくのがビジネスです。他人の意見を参考にする事は大いに意義があると思いますが、全てを鵜呑みにしたり真似したりするとケガをする可能性もあります。ではもっと具体的に考えてみましょう。あなたは自身のビジネスにおいて「購入してくれる人-いわゆるお客様を探すのが一番大事」と思いますか?それとも「商品提供をしてくれる供給先が一番大切」と考えますか?商売においてはどちらももちろん大切ですし、どちらかが不足していても成り立ちません。ビジネスは、ある意味他社そして他人との競争です。消費者は少しでも安くて、優れた商品を欲しがります。しかしそれを見つけるのは至難の業です。既存のお客様を保護する、または新規獲得に精を出す、という努力はもちろん続けなければなりません。 しかし競合他社に差を付けるのであれば、やはりよりよい供給先を見つけることではないでしょうか?そこでグッと差が出てくるはずです。今日はその話をしていきましょう。

買うのは簡単、でもどこから買うかが問題

世の中に出回っているほとんどの商品のうち、付加価値があるようなもの以外は、まず手に入ると考えてもいいでしょう。特に今の世の中は、インターネットが普及しているお蔭で、世界中どこにいても誰とでも取引が出来る便利なシステムが出来上がっています。これまでも話をしてきた通り、別にそこの場所に行かずとも、その土地で生産しているものが買える時代です。言ってみれば、東京駅に行けば各地域の名産品を土産物として購入する事が可能なのと似ています。ある人気の商品があったとしましょう。それが欲しければ商店へ行って買う事が出来ます。それがビジネスであっても同じことであり、リテイルで購入すれば何の問題もなく購入できます。しかしそれでは商売にはなりません。あくまでも、そこには競争があるので、小売で買ってのんびりやっていたら途端にお客さんはいなくなります。元々小売店に並んでいるものを売って利益を得ている人などいないでしょうし、ましてや貿易はそんな甘い世界ではありません。市場でのバトルに勝つためにあらゆるリサーチをして、より安価に、そして一定の物量を安定供給できる仕入れ先を見つけなければなりません。価格競争は売値だけではなく、仕入れ値で決まる場合がほとんどです。ここでハッキリと言えることは「優良な仕入れ先を持っている人は成功する確率が高い」という事です。

市場調査から値付けまで

では具体的な売値設定までを順を追って解説します。

  1. まず自身の仕入れ値が、市場価格に対してどの範囲にいるのか、安いのか、それとも他所より高めに購入しているのかを知りましょう。仕入れ値が安い方がより利益を得られやすいという原理から、市場価格を見て、どの程度の価格でその商品が巷に出回っているのか、どの程度のプライスレンジで人々が購入しているのか、それを知る事から始めましょう。
  2. 次に、自分がいくらでその商品を仕入れることが出来るのか?現在の仕入れ状況を考えてみて下さい。
  3. 市場価格と仕入れ値が分かったところで、かかり得る経費を仕入れ値に上乗せし、最後に利益を考えます。しかしここではあなたの利益を乗せた暫定的な金額、いわゆる売値と市場で出回っている価格の間に、ある程度の幅を持たせてやる事が大事です。要するにこの「幅の部分」は、あなたが販売しようとしている購入者の利益になるところなのです。
  4. 本当の純利益はここで決まります。仕入れ値 + 経費 + 純利益 + 購入者の利益 = 市場価格という構図です。

簡単に言うと、自身の利益をどこまで下げられるか、というのがポイントになります。 出来るだけ利益を削れば、それなりに魅力的な価格になる事は間違いありませんが、本当にそれで赤字にならないのかを見極める目が必要になります。商売を繋げようと極限まで下げるのではなく、ある程度余力を残した値付けが望まれます。そうしなければ、何か想定外の事態に出くわした時に対処ができなくなりますので。

ひとつの仕入れ先だけで満足かい?

安定供給があり価格も競争力がある。このような仕入れ先を見つけられればしめたものです。しかしいつ何時、予測不能な事態に巻き込まれるかも知れません。仕入れ先が突然の方針転換で供給が難しくなる、急にこれまでと異なる無理な支払いを要求してきた、ひいては仕入れ先が倒産!などという事も無きにしもあらず。確かに安定供給してくれる仕入れ先がひとつでもあればまず安心はできます。ただそれがコケた場合、どうするのか? そういう時に慌てないためにも、ある程度ソリッドな別の仕入れ先を見つけておくべきです。これは万が一に備えてだけではなく、他の仕入れ先の価格を知っているので競争を煽り、更に良い価格、良い取引条件を引き出すカードも持っていることになります。これをうまく使って、こちらが優位に立てるような条件を引き出せれば、二重の安心を得られるでしょう。また仮に何かが発生しても、供給を止めることなく商売は続きます。ただその第2の仕入れ先からの連絡をぼんやり待っているだけでは、なかなかそのような新たなソースを開拓する事は出来ません。仕入れ先の開拓、これもまた売り先である新規顧客と同様に、非常に大切な分野であると位置づけられるでしょう。よってここでも日々努力。常にアンテナを張り巡らせて、新たな供給先を探し続けましょう。

古い定義に振り回されるな。現代の仕入れはもっとシビア

一般的に「商店が問屋から商品を仕入れた場合、仕入れ価格の倍が市場価格」などと言われています。しかしこれはもう大昔の話であり、昨今のビジネスにおいてこのような旧態依然とした考え方では、ライバルをいつまでたっても追い抜けません。戦後まだ問屋を介してでないと流通が滞ってしまっていた時代にこの考え方が台頭し、各層の業者がそれなりの利益を得ることが出来ました。しかし昭和30年代に米国からのスーパーマーケットというシステムが進出したことなどで流通革命が起こって以来、このような図式は崩れ去り、生産者により近い場所で仕入れをし、それを巨額な資金と新たなる独自の流通経路によって経費を削減、大量に市場に商品を安価に提供する事で利益を得るという手法が盛んになりました。今でもこの図式は崩れておらず、やはり資金的に優遇されている所はいつの時代にも強いです。しかし「安定した供給」はこれに付随した事でもあり、このツールを持っている人は、大変有意に立つことが出来ます。安定した価格、そして安定した物量を常に確保できる、そういう意識を買主が持てば、あなたの会社を「真の仕入れ先」と考えてくれるようになるでしょう。このように、顧客開拓と同様に仕入れ先の選定はビジネスにおいての肝であり、大変に重要な要素なのです。誰にも負けないビジネスを目指すのであれば、この部分の強化は不可欠と言えます。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.1
「健全な精神は健全なる肉体に宿る」
「脂分を摂らない努力をする」

「健全な精神は健全なる肉体に宿る」と豪語する江澤の新コーナー「ビジネスダイエット塾」を今回からスタートさせます。これはやはりビジネスマンたるもの、日々健康にも気をつけていきたい、という思いから「とにかく痩せよう、運動しよう、健康になろうよ」という趣旨のもと、ビジネスの観点から見た健康についての一口メモとして書いていこうと思います。単なる“運動バカのたわごと”と思って気軽に読んでみて下さい。

ダイエットの基本は食にあり

これね、嘘だと思わないで読んで下さい。簡単に苦しくなく痩せられるダイエットのコツをお知らせします。確かに「喰わない」がキーになるわけですが、それではあまりにもキツ過ぎる。そりゃ激しく運動すれば確かに成果は出て痩せていきます。でもいきなりダイエットで食事制限したり、過激に走れる人ばかりじゃないですよね?そんな人の方が圧倒的に多いはず。今回は私の実体験を基にお話ししますが、劇的には痩せないけれど徐々に効果を発揮する方法、それは「脂分を摂らない努力をする」って事です。そんなこと、分かってるって?いや、実はそこまで意識して実践している人は少ないはず。だったらみなさんもう痩せてるし、米国も肥満の問題なんか抱えてないですって。要は「脂質を抑えた食事を心がける」って事です。これを実践するだけで実は大分痩せてくるんですよ。知っていました?脂肪分ってのはたんぱく質の4倍のカロリーなんです。日頃あまり脂分なんか摂ってない、と言う方でも考えてみて下さい。普段の食事って結構脂質に溢れているのです。このちょっとの努力をするだけで体は正直に反応します。具体的に言うと、お昼ご飯にハンバーガーやPizzaを食べるのを止めて「和食」に切り替えるだけ。揚げ物や油を通したものには手を出さない。ステーキをたらふく食らうなら、それをチキンにして(胸肉が本当は効果的)その分ご飯を2杯食べた方が遥かに痩せます。要は「量ではなく質を重視する」って事です。私はまずそこから始めたのですが、意識して脂質を摂らないようにしていると、普段の食生活、特に外食ではいかにその脂質を知らないうちにたくさん摂っているかを気づかされます。この生活を一か月続けてみて下さい。食事の量も減らさずに、更には運動も全くせずとも、これを実行するだけで見違えるほど効果が出ますよ。これでも効果が出ない人は、是非私に連絡下さい。ダイエットは努力が必要ですが、ただ食べないという辛いダイエットよりも、科学的にそして効果的に痩せていくのが、実は一番の近道だったりしますよ。

2015年 1月 27日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES