マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年10月 17日更新

第11回 : 日々勉強、商品知識

すっかりここLAも夏が終わった感じになってきました。 季節感が余りない場所ですので紅葉を見て秋の風情を感じるような事はないですが、暑かった時期からはようやく解放されたかな、って感じですね。 あれだけ夏は暑かった時期もあるのに、最近吹く風は本当に季節の流れを感じさせます。 これからハロウィンを過ぎるとあっという間にサンクスギビングがあり、クリスマス、年末へと走り出すのでしょう。 毎年の事ですが本当に一年が過ぎ去るのが早いです。 それはそうと、涼しくなってくると風邪やインフルエンザが流行ってきます。 予防接種はもちろん、帰宅後の手洗い15秒、うがいなどはみなさん是非励行して下さい。 風邪は万病の元ですから。 体調管理も出来ることがビジネスマンの条件のひとつとも言えますので。

もう学校は卒業したが…

「また勉強~っ?」と聞こえてきそうですが、そう、その通り常に勉強が必要です。 世の中誰でも自分が得意としている分野、知識のある分野、または自分が興味を覚える何かでメシを食っていければ最高です。 しかしそうは問屋が卸さない。 世の中の殆どの人は、自分の興味や特技とは一切関連性を持たない分野で仕事をして生計を立てているのではないでしょうか? もちろん好きな事で食えりゃその方が手っ取り早く、楽しいかも知れませんね。 しかし現実はそう甘くない。 学校を卒業し、勉強し学位を取った分野に進みたい。 皆それぞれそう思っていても、実際にその分野の会社に就職し、勉強をしてきた分野にいざ進みたいと頑張ったものの、実際に配属されたのは営業だった、などというのは大変よく聞く話です。 しかしもう既にこの段階で「その道における」新たな一歩を踏み出しているのです。 企業の多くはまず新入社員を現場へと派遣し、商材の流れやサービスの内容などを学ばせます。 例えば今をときめくIT企業に入社するとします。 しかし新入社員君はまず販売店に出向し、販売という現場で商品動向を学ぶという下積みを経験をします。 マクドナルドなどの外食産業チェーン店などはどうでしょう? こちらはサービス業ですが、大卒の幹部候補でも入社後すぐに向かわされるのは現場、要するに店頭です。 そこでアルバイトくんたちと肩を並べて、接客から自社の商品管理までありとあらゆる「接客業に必要なもの」を徹底的に教え込まれます。 これらの行動は一件全く幹部候補生には関係のない事のようにも取れますが、ご存じの通り、実際に現場がどのように動いているのかを知らずして企業の幹部などにはなり得ないからです。 学校を卒業したのにまた勉強。 社会に出たはずがまた勉強。 勉強勉強の人生ですが、何かにチャレンジする時は必ずこの「勉強」がどこの世界にも顔を出してきます。

外部で自身を高める

「オレの家は自営業だし、オレは家業を継ぐことに決めている。 仕事なんか習う前に慣れればいいのさ、習うより慣れろってよく言うじゃん」などと若者の軽口が聞こえてきそうです。 実家が自営業を営んでいる。 これはその経営者の子孫にはこの上ないありがたいプレゼントと言えるでしょう。 いいですね~、親が自分の行く道にレールを敷いてくれている。 仮にその分野、家業に興味がなくとも、経営的に問題がなければ、よっぽどの理由でもない限りその子孫も後継者として名乗りを上げるでしょう。 そんな場合、父親である社長さんが、息子に業界の話から実務まで、全て手取り足取り解説して習わせるでしょうか? 日本では文化的背景から「外飯を食わす」という風習があります。 要するに「かわいい子供には旅をさせろ」という発想であり、それが意味するものは「世間の風はこれだけ冷たいんだぞ」という現実を身を持って経験させる事。 社長の息子という肩書を捨て一介の新入社員として会社に勤め、業界をそして社会を一から学ぶ。 そこで数年学んだ後に父親の経営する会社に帰参し、今度は経営哲学を父親から習得する。 そして父親が引退の花道を飾る頃には立派な後継者として育ち、新社長に就任し何人もの従業員を束ね、今度は自身が、誰の力も借りずに父親が残した会社を経営する立場となる、という図式です。 これこそが代位継承のための経営の王道とも言える「獅子の子落とし」です。 多くの有能な経営者は、自身の息子をすぐに傘下に入れて楽をさせるのではなく、あえて自身の会社に入れる前に人生を学ばせる。 言わば、千尋の谷底に愛息子を突き落とすのです。 そして取り扱い商品の知識だけでなく、商品の流れ、お金の流れ、商売の在り方から経営指針までを他社で学ばせています。 息子にとっては人生最大の試練とも言えますが、経営者になるには大変貴重で尊い経験と言えそうです。 他社で自身のビジネスを、そして己の人生をも学んでくるという訳ですね。 これは大変に尊い学びであり、身を持って体験した事、知識や教養まで自信を高めることが出来る。 これもまた勉強です。 そして今度は会社経営と言う檜舞台に立って自身の才覚で会社の舵を取っていく。 学習をしないととてもここまでは辿り着けない、言ってみれば勉強なしでは避けては通れない道なのです。

市場を学ぶ、これもまた貴重な勉強

たまたま何かのキッカケでその業界に入ったとしましょう。 例えば日本にいる友人から頼まれてある機械のパーツを米国から送ってくれと依頼されます。 最初は友人の言う通り、まずはインターネットを通じて発売元を探し当てます。 そして米国にあるメーカーや問屋から物品を小売で購入して日本へ送る。 そんなある日その数量もグッと増して、その友人からビジネスとしての本格参入を持ちかけられる。 例えあなたが学生であったとしても、利益が生まれる仕事であれば「多少の生活の足しにでもなれば」と考えてその仕事を引き受けるでしょう。 しかしそこに何の努力もなかったらどうでしょう? これまでは友人から言われるがままに取り扱いのある会社に連絡し、そこから小売で物品を購入していた。 しかしこれからは、自分自身のために利益を少しでも残したいと感じてくる。 そのための努力であればきっと行うでしょう。 まずは市場調査から初めて、一体その物品はどこでどのような価格帯で売られているのか? 一社に供給先を絞らずに他の企業や店舗での取り扱いはないだろうか? 純正品だけではなくOEMなども市場に出回ってはいないだろうか? などなど多角的に調べる事でしょう。 そしてより良い仕入れを展開して、少しでも手元に利益を残す。 それこそがビジネスの神髄であり本物のビジネスなのです。 頼まれた物品をただ右から左に動かして僅かな駄賃を稼ぐ。 そこには限界があり、本来のビジネスのある姿ではありません。 それはあくまでも「お小遣い」を友人にもらっているだけで、自身で道を切り開いたのではない。 もしもその仕事で一本立ちしたい、元手を増やして会社を興したい、この仕事を自身の生業としたい、などという野心がある場合は、当然の事としてこのような市場調査や商品がどういうものであるかという学習が必要になります。 取り扱っている製品の説明もろくに出来ないようでは経営も手詰まりするでしょう。 つまり商品知識がないと「この会社はチョロい」などとナメられて高値での取引を迫られたり、引いては取引先や顧客に対しての信用問題にも発展しかねません。 ビジネスをしっかり行う事こそ信頼構築の基本ですが、それだけではなくプロとして恥ずかしくない知識や教養もまた求められます。 本来の学校で習う勉強とはかけ離れている事かも知れません。 しかしビジネスの世界もまた日々勉強が必要です。 新しいものに対応する能力がどんどん求められてくるでしょう。

「知らない」とは悲劇なり

私の失敗談をお話ししましょう。 以前にサラリーマンをしていた頃、副業で今まで全く経験のない分野、現在では大分多様化してきている「通信系」のビジネスをしていた事があります。 これまでの自身の人生においてもまるで無縁、そして大した興味もなかったのに「儲かりそうだから」と始めたのがキッカケです。 そして起業にあたり私も一念発起、自分を叱咤し、この世界に飛び込むべく一生懸命勉強をしました。 来る日も来る日も勉強、しかしその業界で生きてきている人たちにはかないませんので、時にはそれらの人に助言を求めたり有料のサービスを用いたりして何とか開業。 初めはなかなか火が付きませんでしたが、その後も営業的努力を続け段々と利益が上がってきました。 しかし私はその頃密かに不安に思っていたことがあったのです。 「こんなに薄っぺらい知識では今に淘汰される」という事を…そこで決心したのは「その時は必ず来る。 ならばその時が来るまで出来るだけ利益を上げ続けよう」という事。 そして短期間で結構な利益が上がり、そこそこの業績を上げたことは上げたのですが、恐れていた事態は否応なしに訪れます。 それは技術的な問題でした。 私が自分なりに勉強し得た知識―その業界に従事する人に比べたら雲泥の差、単なる付け焼刃、一夜漬けの理解がそんなに長く続くわけはありません。 時代はその潮流に押し流されるように通信事業の革新はどんどん進み、私の知識や技術ではもうどうにもならなくなってきました。 その時他社はこれでもか、と新しい手法で世間にアピールしてきますが、私は昔のままのサービスしか出来ない。 まるで新規投入されたリニアモーターカーと鈍行列車のように。 その技術の差をまざまざと見せつけられた時に、こちらも将来を察し、それと同時にその事業に対するやる気もどんどんと失せていきました。 程なくして経費が嵩み商売として利益を上げづらくなったことをキッカケに、同業種を廃業しました。 赤字が出なかったお蔭でキレイサッパリ全てを終えることが出来ましたが、その時はやはり空しい気持ちにはなりました。 だってその技術革新について行けるほどの知識があれば、事業は何とかなったどころか業績も更にうなぎ上りに上昇したかも知れないのですから。 確かに勉強はしてきましたが、まず土台となるベースが異なるという動かし難い事実がそこにあったのです。 後悔などは一切ありませんが、あの状況下で他社の新システムと戦う事すらできなかったのは悔しかったですね。 それもこれもやはり知識に欠けていた、引いて言えば「勉強が足りなかった」からそうなったのではないでしょうか。 物事を知り過ぎていて困る事はありません。 「芸は身を助く」-知識が自身を救ってくれることは世の中ではたくさんあるのです。 そう思うと日々の勉強をすることによって体内の血、肉、骨を強化する事。 やはりビジネスにおいても勉強は常に必要である、という事を身を持って実感しました。 「知らない」という事はビジネスにおいては致命的であり、大きな悲劇をもたらす事もあり得るという事を認識しましょう。 勉強し過ぎることでマイナスを生む事など一切ありませんから。

今回の内容はいかがでしたでしょうか? 最後はすっかりお恥ずかしいダメダメな私をお見せすることになりましたが、それだけ日々の勉強は重要。 「ローマは一日にしてならず」です。 積み重ねこそが大切。 学生時代や苦しかった受験勉強を今一度思い出して、とりあえず机に向かってみましょう。 意外と新しい分野に興味が沸いてくるかも知れませんよ。 そうなればしめたものです。

次回は「VS 正規代理店、並行貿易の仁義なき戦い」と題し、並行貿易を行う大小の商社とそれを阻止しようという各メーカー代理店の対決に対してお話していきます。 これは余り本には載っていないお話ですので結構面白いかも。 お楽しみに~。

2014年10月 17日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES