マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 4月 15日更新

第5回 : 自分一人で輸出入?

みなさん、こんにちは。 すっかりLos Angelesも暖かくなってきましたね。 春の到来が日本よりも1か月半から2か月ほど早いここ西海岸は、今がまさに一年で一番良い気候かもしれませんね。 多くの移民が自国からこの地に移り住んでいく現実も、この素晴らしい気候が拍車をかけているのかもしれません。 だって本当に素晴らしいですもんねぇ。 多くの日本人駐在員から 「帰りたくないな~」 という声を聞きますが、それもなるほど納得。 この気候での生活を一度体験してしまったらもう離れられません。 例え日本がどんなに好きでも、と感じるのは私だけではないと思いますが…。

さて、今回の講座はズバリ 「こんな能力も知識も何もないオレが、貿易なんかできんの?」 とみなさんが密かに抱いている不安と向き合っていこうと思います。 実際にこれから貿易を始めよう!と鼻息も荒くこの世界に飛び込んだとしましょう。 「オッケー!モチベーションはあるし、知識も江澤の講座を読んである程度得てきたし。 よーし、やったろう!」 と思う反面、 「そうは言ったものの、本当に大丈夫なんだろうか? オレに出来るのかなぁ…」 と弱気になるのもまた仕方のないこと。 貿易において会社の規模は全く関係ありません。 個人である事の利点もまたあるのです、というお話を一席…。

個人レベルで一体何を…

前回の講座でお伝えした通り、E-bayでの取引は個人でやることが多いです。 ご自身が購入した商品を日本の知り合いに個人レベルで売った。 これはもうまさに貿易です。 確かに規模は小さく 「個人レベル」 の域を脱していませんが、これも立派に貿易、立派なビジネスでございます。 まずは始めの一歩、その歩幅は小さくとも前進したのです。 みなそこから始まりますし、あなたは貿易マンとして輝ける第一歩を踏み出したのです。 自身の生計を立てるにはまだまだ足りないかもしれませんが、これを日常続けて、誰にも負けない自身のビジネスとして一本化する。 その日を夢見て突き進みましょう。 まあ精神論はそんなところですが、実際、貿易は一人でもできます。 会社に属していなければできない、などは迷信です。 小さな取引でもその数を増やす努力をしていけば、いつかは大きな魚を捕まえられるまでに成長できます。 日本の財閥系商社も、19世紀の先人が荷を積んだ大八車を引き回し、丁寧な言葉と斬新なアイディアでその道を築いていったのです。 そして時代は移り変わり、とても過ごしやすい快適な社会に変わりました。 ビジネスのチャンスは更に拡大する反面、同じことを考えるライバルも多く出現します。 そこで更にそれらの強豪相手を追い抜く奇策と誠実さで更にビジネスを伸ばす。 そうやって多くの会社が巨大化し、今日の社会生活を支えてきています。 しかし誰もが初めは一人で、少ない資産を捻出し、苦労をしてきたのです。 時代は変わりましたが、基本的には誰にでも平等にチャンスがあり、アイディアひとつでビジネスを伸ばす事ができる。 可能性は誰にでもあるということ、そしてそれはあなたにもチャンスがあるという事なのです。 それはある日突然、もしかすると明日、あなたにもたらされるかもしれません。

一度で終わらせない努力

例えば前回のように、E-bayを通じて初めての取引を成功させ、曲がりなりにも 「貿易」 を実現させたとしましょう。 次のステップとして、その 「初めての取引」 を通じて次のビジネスに結び付けなければなりません。 とっかかりは出来たので、その1回きりで終わらせるのはもったいない。 「どうか次回も買って下さい。 私が更に良い商品を安価で提供できるように努力しますから」 という姿勢を押し出して、貿易のパートナーとして商品を購入いただくお客様に自分をアピールしましょう。 相手はそんなあなたの姿勢を見て、今後のビジネス展開を考えるでしょう。 そこに会社の規模は関係ありません。 あなたがビジネスに対して、その取引先に対して真摯な姿勢を見せる事、それが大事です。 そしてお客様に対して 「次回の取引も問題ない」 という自信を全面的に押し出しましょう。 お客様はあなたのパフォーマンスを見ているという事を常に自覚して下さい。 そして唯一無二である 「固い絆」 で結ばれた顧客を確保しましょう。 お互いにこの人でなきゃダメ、という関係になれることが理想です。 その調子でビジネスが走り出せば、これからのビジネスはお互いの信用で成り立っていきます。 そして自信が得られるほど利益も気が付けば増えています。 その様な 「固い」 顧客が2件、3件と増えれば、それだけあなたのビジネスは成長し 『立身出世』。 つまり自身のビジネスだけで生計を立てていけるようになることでしょう。

小さいがための悩みも

個人事業主だったりすると、それなりにビジネスの規模にも影響が出てくることがあります。 その最右翼としてはやはり資金不足があるでしょう。 輸出入を始めるにしても、第一回目の物品購入は恐らく顧客から満額の代金を受け取り、その資金から買い付けるというママゴトみたいな方法になるでしょう。 しかしそれは仕方のないこと。 無い袖は振れないし、実際に現金がなければ買い付けすらおぼつかないのですから。 しかしその自転車操業も、続けてさえいけばきっと資金的には安定期を迎え、ビジネスとして成り立つレベルに辿り着くでしょう。 また会社が小さいと取引先に軽くみられる、というネガティブな部分もあるでしょう。 日本人は特にその傾向が強いですが、長いものに巻かれろ的な発想から 「ある程度の大きな企業しか信用しない精神」 が存在するのは事実です。 また米国でも、どこの馬の骨か分からないお兄ちゃんと取引するなら 『ISO (国際標準化機構 International Organization for Standardization)』 に登録されている企業と付き合いたいと思うのは当然でしょう。 しかしそこはやはりあなたの人柄がモノを言います。 企業と言えど、相手も人間です。 人間対人間、裸の付き合いにより、だんだんその相手が信用できる人物かどうかが判断出来てきます。 また個人事業主には限度があり、必要な時のマンパワー不足だったり、資金不足に至った際に銀行がお金を融資してくれないなど、大きな企業に比べて不利な点も多く存在します。 どれもこれも現実であり、変えようもないので歯痒いですよね。 でもこれは社会の大きな川のような動きであり、その動きを誰も止められないのが現実なのです。 社会は厳しいですな。 また一人ではとても心細い。 自分が今やっていることが正しいのかどうかすら分からなくなってしまいそう。 そう、個人がやるビジネスは孤独との戦いでもあるのです。

でも一人だから良い事もたくさん

実は会社組織なんぞ持たずとも一人でも十分出来る、と思っている個人事業主の方も案外少なくないのをご存知でしょうか? その理由は様々ですが、下記のような事が挙げられます。

1. 気楽

全ての責任は自分にあります。 例えビジネスで騙されても…。 その反面、誰に時間を縛られるでもなく、自分の才覚だけでビジネスを展開できます。 責任はそれなりに重いですが、思いのまま、なすがままに自身のビジネスを推し進めることができます。

2. 身軽

個人事業主の中には、自ら仕事に立ち向かうスタイルを好む人が多いです。 企業に就職してやりたくない仕事をやるよりは断然いい。 オレはオレのために自身の時間を使う、そういうタイプには、この“一匹狼的”個人事業主のスタイルはまさに合致します。 仮に今取り組んでいるプロジェクトが失敗しても、すぐそれを諦めて次のチャンスを探ることも可能。 誰を不幸にするわけでもなく、自分が責任ある行動を取っていく。 これが個人レベルでのビジネスの神髄でしょう。

3. 利益は全て返ってくる

会社組織に所属している場合、その事業に従事し大きな利益を生んだとしてもそれは会社にもたらされる利益であり、個人の活躍は収入に直結しません。 もちろんボーナスの支給などいくらかは還元されるとしても、実際には会社の利益となります。 しかし個人でのビジネスの場合、リスクも自己負担ですが利益があった場合は全て自身に返ります。 もしかするとそれはサラリーマンの給与よりもずっと魅力的である場合もあるでしょう。 ただ全てのリスクも同時にのしかかるという所が個人でやるかやらないか、という大きな判断材料にもなり得ます。

4. 経費負担軽減

インターネットで物品を購入し、更に販売する。 大きなオフィスも要らなければ倉庫も要らない。 要するに在宅で出来る仕事です。 かかり得る経費は何か、と言えばパソコンと携帯電話くらい…という貿易従事者はたくさんいます。 設備投資も要らないので、とにかく経費が軽減できる。 在庫も持たないのでそこでのリスクは生じない。 家がオフィス代わりになるなら、出来るだけ経費を抑えるために動かない方がいいかも…。

5. 無限に成功の可能性がある

会社勤めをしている人の場合、そこには仕事をしたらしただけの給与取得があり、定期的な収入は安定した生活をもたらします。 レイオフになるなど予期せぬことで、その安定が揺るぐことも時にはあるでしょうが、その安定した生活の糧を得るために人々は会社に勤めます。 しかし前述の通り、仕事を通して大きな売り上げを達成したとしても、それは会社の利益となり名誉となります。 もしも空前の利益を計上したとしても、その利益の一部しか社員には還元されません。 例え成功を収めたとしても会社員である以上、あなたは自身のために収入を上げる事には直接的な関与は出来ません。 要するにどんなにあなたが結果を出しても会社のトップにはなれないという事です。 しかし個人でやっている人はとんでもない利益を上げれば、その収入は自身の生活水準を上げる事に直結します。 そしてビジネスには無限の可能性があり、更なる高見を目指すことも許されます。

どうでしょう? そう考えると 「会社員なんか、やってられっか!」 とも思えてしまいますねぇ。 でも成功と失敗は表裏一体。 成功の裏には、誰の目にも留まらない努力や涙ぐましい苦労も多いことでしょう。 サラリーマンであれば安定した給与がもらえ、ある程度の時間を我慢して一日を終えれば役目は終わる。 失敗をしても自身には大きな悪影響をもたらさない。 そのような思考をネガティブに捉えるつもりは毛頭ありませんが、安定を求めるならばそれも良し、でも自身が大きくなる可能性もまた摘み取ってしまう事になります。 一念発起して独り立ちを志したならもう迷わない、とにかく自分の才覚でビジネスをしてみよう、という意気盛んな若者も大勢います。 その人が置かれている社会環境ももちろん影響するでしょうが、要は自分がどうしたいのか? ということです。 独立する人、しない人、ひとそれぞれいろんな考え方はありますし、どれが正しいのかも正直分かりません。 しかし 「向き」 「不向き」 はビジネスにおいても存在すると思います。 まずは自分が一体どうしたいのか、という本質と向き合う事です。 自分がやりたいと思う生き方が実現できるのか、それともリスクを伴う生き方は自身の意志に反するのか。 そこも是非見極めて欲しい部分です。

そう考えると一人でやっていくってのも楽ではありませんね。 これまで事業を興してきた大企業のトップもまたこの様に自身のビジネス、そのありかたから自身の人生まで、悩みに悩んで会社を大きくしてきたのでしょうね。 トップに立つとは楽しいことばかりではなく、リスクも背負い込み、いろんなものに怯え、葛藤の日々を過ごしていかなければならないという覚悟を決めなければなりません。 そう思うと大企業の創業者、そして上層部の方々にも尊敬の念を禁じ得ません。 みなさんもそんな企業家としての第一歩を踏み出すのです。 もしかすると将来は社員を何人も抱える大会社に成長するかもしれません。 己の可能性を信じて頑張りましょうね。

次回は私自身が 「輸送のプロ」 であることから、もっとも身近な話である 「輸送方法」のあれこれについてお話しします。 プロの視点から様々な輸送方法を紹介します。 適材適所という要素を使い分けてこそ、真のロジスティックが実現するのです。

次回もまたお楽しみに。

2014年 4月 15日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES