マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 3月 13日更新

第4回 : インターネット取引の可能性

今回からいよいよ実践に入っていきます。 もしかするといきなり取引が始まってしまうかもしれません。 そう、インターネットです。 現代人であれば毎日インターネットのお世話にならない人はいませんね。 メールにしてもブログにしても、そしてSNSにしても毎日誰かと通信をしていたり、何かを調べたりしています。 もう今の世の中、ネットの利便性無くしてはビジネスは成り立たないと言っても決して過言ではなく、ネットに頼らざるを得ない社会の現実もあります。 そんな身近なインターネットの世界では、簡単で誰にでも手軽に操作できる故、ビジネスも簡単に出来てしまいます。 実際にネット世界を通じて何かを購入したり、また販売したりした経験を持つ方も多いでしょう。 外に出ず、商店に行かず、そして誰にも会う事すらなく商品が購入できる時代。 これをビジネスに活用しない手はないでしょう。 身近なネット世界を利用して、あなたも今日からこのインターネットを通じて物品の売買ができます。

例えばAMAZON

言ってみればネット市場において最も品揃えが多く、最安値なショッピングサイトとして世界一有名なネット型小売店はAMAZONでしょう。 最近では送料がやや上がりましたが、大変に有用でありまた信用もおけます。 ちょっと前までは売上税すら取られませんでしたから。 しかしここでの買い物は所詮小売ですので、誰でも簡単に購入できます。 更にサービスは拡充し、昨今では商品を低価格の輸送料で海外にまで発送してくれるようになりました。こ れは一旦小売で市場に出ているものを購入して、自身で梱包をして日本に郵送するよりも遥かに安価な料金で送ってくれる画期的なサービスです。 ただ難点は既に日本に正規代理店、あるいは直営店があるブランド商品は配送サービスを受けられません。 これはAMAZONに出品している、または卸している企業のブランドイメージをむやみな並行輸出で傷つけてしまう事を避けるため、そして商品や市場の値崩れを避ける目的です。 この縛りは結構厳しく、余り有名でないブランドでも、他国で代理店契約がある商品は一切輸出の道を絶たれます。 また小売である故、誰でも購入できるという点で 「独自に開拓したルート」 でなくなってしまうため、余りビジネスには向かないと言えるでしょう。 ただ小売商品の流通価格を知るには大変有用なツールであるという側面もあります。

やはりE-Bayが代表格

みなさんが物品を売ったり買ったりする場所、と考えると真っ先にこのE-bayを思い浮かべるでしょう。 同じネット店舗でも、AMAZONの様に一方的に企業が物品を販売するだけでなく、E-bayは個人でも出店可能で、中古の不用品すら販売することが出来るのが最大の特色でしょう。 まさに自由取引の象徴とも言うべき画期的な買い物サイトであります。 ビジネスを始めようと思った場合、AMAZONでの物品購入よりも遥かに可能性が広がります。 米国にいて米国人が出展する商品を購入するならなおさらのこと、ぐっとビジネスのチャンスは広がります。 AMAZON同様にインターネット上での取引ですので、言ってみれば誰でもどこからでもその競売に参加できます。 一見 「世界各国どこからでもアクセスし競売に参加できるならビジネスのチャンスなどそうはないだろう、日本でも買えるのだから…」 と思われがち。 確かにそうです。 日本でも同じサイトを見て、同じ商品の購入は可能です。 しかし海外からの取引には大きな障害があるという事実は余り知られていません。 米国で暮らしているみなさんがE-bayでビジネスを展開しよう、日本にいる顧客に商品を売ろうと考えた場合、米国での取引には大きな利点があるのです。 まずはその日本居住の利用者には大きな障壁となるものが何なのかを知りましょう。

「E-bay」 海外からの取引における大きな障壁とは?

そうなんです、いつでもどこでも競売には参加できる。 でもそこには大きなディスアドバンテージがついてまわります。 これらの障壁により、取引を断念せざるを得ない場合も多くあるのが実情なんです。

1. 時差

如何ともしがたい現実です。 PCに朝から晩までデイトレーダーのように張り付いている人なら常に競売参加も可能でしょうが、半日以上の時差は大きな障害になります。 その点、米国居住の売主を相手にする我々在米の人間であれば、夜中に競売締切時間が設定されていることは殆どないと言ってもいいでしょう。 時差があっても東海岸と西海岸の3時間ほど。 この程度の時差であれば、時間差の壁は乗り越えられるでしょう。

2. 英語

「私ですか? 英語? できますよ」。 この様に英語での取引に 「何とかなる」 と思ってチャレンジしている日本人は多いでしょう。 しかし実際の取引において、たとえメールでの通信であっても満足なコミニュケーションを取れる人はそう多くないのが実情です。 そして売主である米国人は即答を好みます。 ここでも時差が大きくビジネスを左右します。 堪能でなくとも、ある程度日常会話以上の英語力を持ち、時差の問題もなくすぐに返答が来る。 米国内にある商品の競合相手がいて、日本からの別の競合相手がいる。 しかし一方の日本人は、メールでのやり取りから余り言葉が上手でない事が判明。 その場合、売主の立場から考えて 「どちらと契約締結したいか」 それを考えれば答えは明白です。

3. 決済方法

多くの米国人出品者は海外との取引を好意的に感じません。 それには上記の時差やコミニュケーション能力の他に実際の現金取引の現実があります。 多くの出品者はE-bay併設の仲介金融サービスであるPaypal, あるいは銀行からのCasher's Checkを好みます。 日本では銀行振り込み、いわゆるWire Transferを用いますが、米国人は多くの不正や詐欺を怖がり、必要以上に銀行口座、Social Security#などの個人情報を他人に与えようとしません。 よって更に公正を高める方法としてこの様な決済方法を指定してきます。 海外からの送金は非常に評判が悪く、E-bayを利用した 「新手の詐欺」 と疑う人も少なくないのです。 そうなるとPaypalの登場ですが、この決済方法は大変公正であり簡単なのですが、多額の手数料を売る主側が負担しなければならないので敬遠されがちです。 それがダメだとなるといよいよ 「Casher's Checkを送ってくれ」 となります。 これは海外からは一切操作ができないので、決済において最大の 「肝」 とも言える要素となります。

どうでしょう? E-bayにおける海外からの取引は、その実とても大変である事がお分かりいただけましたか? もちろん寛容な売主の場合、これらの要素を全て受け入れてくれるかも知れません。 ただ一般的には、海外との取引は一切しない事を掲げている売主が非常に多いのが現状であり、そこに目を付けて我々米国に暮らす者が 「国内取引」 にしてから海外に販売するという手もあるのです。 これはビジネスにおいて大きなアドバンテージであり、日本に物品を販売したいという人には絶好のビジネスチャンスであると捉えることが出来るでしょう。 米国内にこの手法で生計を立てているビジネスマンは大勢おり、商売として有用なツールである事はもはや間違いない事実です。 E-bayでのビジネスを始めてみると言うのは、貿易ビジネスの簡単なとっかかりとなるかも知れませんね。

インターネットだからこそ可能な有力な供給元探し

日本で貿易に従事している多くの企業や人々にとって、E-bayは大きな情報の宝庫そして供給元発掘の源泉となっています。 出展者には個人の他、多くの企業も参戦。 中には実際の小売店舗を持たず、このE-bay上で店舗展開をしている企業もたくさんあります。 ネット上での出展にはリスクマネージメントにおいて大きな意義があり、経費を抑える働きがあります。 その分商品価格は非常に競争力が高く、当然その辺にある一般小売店よりも価格を抑えて販売を強いられたりしています。 昨今では急ぎでない買い物であれば、じっくりネット検索をして価格の動向を調べてから購入した方が、小売店よりも安価に商品を買える可能性が高くなってきています。 商売を展開している企業を含め、消費者はとても賢く買い物をする方法を心得ており、価格が少しでも他社よりも高ければ商品はたちまち売れなくなります。 大変厳しい市場の原理ではありますが、購入する側からすれば、この企業間の競争は大変に嬉しいものですし、またビジネスにおいても供給元の開拓にも役立ちます。 ある程度価格が安価で安定している企業にこちらから連絡するもよし、一回でも購入した出展者に再度連絡し別の商品の動向を探ったり、更に大量購入による価格交渉なども可能です。 とにかく電話帳を開いてより良い供給先を闇雲に探す、などという時代は過ぎ去っています。 E-bayのみならず、ネットでの取引はこの様な可能性を無限大に引き出します。 調査に時間を費やせば費やすほどより優良なビジネスパートナーに巡り合えるチャンスがあると言ってもいいでしょう。 そして最終的にはどこにも負けない価格や最高のサービスを提供する取引先に恵まれるかもしれません。 その日を目指して日夜精進、粘り強く供給先を探す努力をするべきです。 Solidな供給元は誰もが求めるパートナーですし、将来のビジネスを左右する重要な要素となります。

ホント、そう考えるともう今日からでも始められそうですよね。 例えばあなたの日本のご友人が日本では高価な米国産商品を探している、もしもそんな依頼があれば大チャンス。 先ほどの3つの障壁が高ければ高いほど、米国にいるあなたにチャンスが回ってきます。 「米国にいる」 という事実を最大の利点としてビジネスしてみて下さい。 ここからスタートする人はとても多いです。 取引先であるお友達は、米国で発生するリスクよりもあなたに多少でも支払って全てを任せた方が安心なのです。 あなたも努力次第で、この仕事で生計を立てることが出来るかもしれませんよ~。

今回はネットビジネスの本には書かれていない現状、海外から取引の難しさ、そしてその可能性について話してみました。 実践貿易にはかなり有力な情報だったと思います。 「これらのファクターがあるからビジネスが成り立つ」 「自分がいなければ商品が動かない」 という意識で取り組んでみて下さい。 在米邦人である利点を生かせばチャンスは大きくなりますよ。

次回は、全くの個人、そうあなた自身が会社もないのにビジネスを展開できるのか? ということについてお話しします。 貿易において会社の規模は全く関係ありません。 もちろん日本の大手商社との取引量には大きな差があるでしょうが、個人の利点もまたあるという事を解説します。

どうぞお楽しみに。

2014年 3月 13日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES