マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2014年 2月 21日更新

第3回 : これだけは知っておきたい貿易実務用語

前回のコラムは、これまた精神論に終始し、やる気のある読者からは「おいおい、一体いつ本題に入るんだよ!」とお叱りを受けそうです。 そう、先月の内容までは単なる貿易講座の序章に過ぎません。 そして今回からいよいよ本当の貿易のお勉強となりますよ。 とは言え、今回のお題にある「貿易用語」とは、プロなら知っていて当たり前、ごくごくベーシックな内容です。 もっともこれが分からないと、ダイナミックな貿易ビジネスは出来ないのでしっかり学習して下さい。

トレードターム:取引前に交わす商業条件

米国に暮らす日系人の間での隠語として 「 FOB = (F)船から (O)降りた (B)ばっかり 」 があります。 渡米して間がない日本人を指して笑う皮肉的な表現です。 要するに船から降りたばっかりでアメリカの事なんか何も知らないだろう、という「おのぼりさん」を指した表現です。 確かにこれもFOBですが、本来の意味は当然異なります。

FOBとは、貿易商用語でその責任の範疇を示す言葉です。 そしてそのFOBの後には必ず地名が来ます。 例えばLos Angelesから東京に荷物を送る場合、そのトレードタームはFOB Los Angelesとなり、“Los Angelesから商品を発送するまでの全ての責任はShipper/Exporterが持ちます”、という意味になります。 そして「責任」の言葉の中には「Los Angelesから貨物が出荷される段階までの全ての経費は、Shipper/Exporterの負担になりますよ」という意味もあります。

本来のFOBの意味は”Free On Board”で、イディオムを調べると難しいのですが、意味としては「商品が船や飛行機に無事積まれて輸送される段階までの全ての費用(例えば内陸のトラック料金や倉庫の保管料金)、更には盗難や事故に遭った時の補償までが含まれる」という認識です。 しかし商売相手の輸入者側から見れば、商品が無事に発送されてからの一切の責任は、自分たちに託されるという事も言えます。 これはビジネスにおけるトレードターム/Trade Termと言って、取引前に交わす商業条件の一部です。 つまりLAで商品が出荷されるまでの全ての責任と経費の支払いは、全て送る側が負担するものである、という商売の取り決めです。

また「FOB Los Angeles」とは日本の輸入者が海上運賃を負担するという意味」だと思っている方が意外に多いのですが(もちろんこれでも間違いではありませんが)、この場合正しくは運賃だけではなく「責任もまた日本側持ち」という意味です。 よって出荷前に当地Los Angelesで破損や盗難被害に遭ってしまった場合は、ExporterであるShipper側に責任があるので商品を弁償をしなければならない、という事になります。 しかし仮に商品を乗せた大型貨物船が航行中に沈没し商品が台無しに…と不幸にもこの様な事態に至った場合でも、FOBであれば航行中、すなわちLos Angelesを出てしまえば、Shipper/Exporter側に補償の責任は生じません。

じゃあFOBの逆って?

当然商売ですからいろんな取引方法があるでしょう。 いつもいつもFOBでの取引ばかりとは限りません。 仮に「商品を輸入者の手元まで届けた場合」という事を考えると、もともとFOBで算出した金額に、運賃や輸送中の保険などを加えて再度値付けをしなければなりませんよね? もちろんこれもアリです。 では商品を東京にいる取引先に送るまでを全てShipper/Exporterが行う事が条件としましょう。 この場合FOB Los Angelesに代り、“C&F Tokyo”あるいは、保険が付く場合は”CIF Tokyo”という表現になります。 C&Fとは単にCost&Freightで、Costとは商品を、Freightとは輸送の事をそれぞれ指します。 その応用でCIFとはCost, Insurance, and FreightとC&Fに保険が付保される状態を言います。 つまりこれを見れば一目瞭然。 東京までの商品に対する全ての責任、そして運賃や輸送保険に対する支払い義務もShipper/Exporterにあるという事になります。 しかし経費増大を心配する必要はありません。 そのShipper/Exporterにとっての経費とも言える運賃や保険を負担することで、そのコストを商品代金に添加することが可能です。 よって決してビジネスとして決して不利ではなく、そこから更なるコストカットを実践して、それを利益にすることもまた可能なのです。

これには輸出入の取引する双方の思惑が絡んで来ますので、取引を開始する前にハッキリさせておかなければならない大事な事であると言えます。 またこの取り決めなしに取引を始めてしまうのは騒動の種を産むようなもの。 必ずこの取り決めは取引を行う前に決定し、双方納得の上で商品を購入するなどしましょう。

フレートターム:輸送に関する条件

Trade Termとは取引上の条件の一部である、と解説しましたが、今度はFreight Term-輸送に関する条件のお話です。 基本的には運賃が元払いなのか、それとも着払いなのかという単純な事です。

  • “Freight Prepaid” = 元払い(すなわち売買契約はC&F目的地となる)
  • “Freight Collect” = 着払い(すなわち売買契約はFOB出荷地となる)

Freight Prepaidであれば、運賃は送り出した方“Shipper”が全額負担します。 そしてその逆がFreight Collectです。 これは輸送方法にかかわらずこの様に分類され、一見しただけでその意味が伝わります。 よってPrepaidなのにFOB Los Angeles、またはCollectなのにCIF Tokyoという表記はあり得ません。

輸送方法で出てくる言葉、覚えておかなければいけない事項

以下に、日常で良く使われる言葉を集めました。 これを知らないと、満足な取引が出来ない事はおろか、騙される可能性も高いです。 公正で納得の行く取引をするには、この程度の知識は最低でも必要になるでしょう。

  • Ocean Freight: 海上貨物輸送 vs Airfreight: 航空貨物輸送
  • FCL: フルコンテナー起用の大型輸送 vs LCL: 小口貨物輸送(俗に言う海上混載便)
  • CY: コンテナーヤード、港のコンテナーターミナル vs CFS: 貨物の積み下ろしをする倉庫
  • Door to Door : 文字通りドアからドアへの一貫輸送、輸出入の通関や配送も料金に含まれる
  • Ex-Works : Supplierや生産元での引き渡しの意味。運賃やその他経費は一切含まれていない
  • L/C取引 : 信用状取引。銀行や船会社など、第3機関を介在させ円滑に商売を進める方法

これらをどの様に理解し、円滑なる取引を実現させていくか。 それにはまずこれらの言葉の意味を正確に理解し使いこなせるようにならなければなりません。 そして常にお金の流れ、そして物流を正確に把握することが最重要です。 どこに今商品があるのか、そして支払いや入金はどうなっているのか、更には次の商売に結び付けるためにどのようなサービスを取引相手にしたら喜ばれるか、などを多岐に渡って考え実践する事。 これが成功の秘訣であり、今後の商売を伸ばせるかどうかのポイントにも繋がります。

これだけ綴っただけでも随分のスペースを取ってしまう程、貿易の用語、理解、知識は幅広いのですが、実践していけばすぐに慣れるはずです。

さて今後は、いよいよ本格的に始めるにあたり、手っ取り早い「ネット世界においての貿易」に焦点を当てていきましょう。 自身で商売を始めようと思ったときに、みなさんまず思い浮かべるのがインターネットを使った取引ではないでしょうか。 自分の時間を有意義に使って、電話などでの直接の折衝をせずとも、ある程度リサーチが出来、言葉や時差の問題も余りありません。 しかし相手が見えない商売だからこその盲点もあります。

次回は、ネット取引での良い点・悪い点についてお話しします。乞うご期待!

2014年 2月 21日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES