マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第53回 : update
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2013年12月 23日更新

第1回 : 貿易って何? 実は普通の商取引です

みなさんこんにちは。 初めてお目にかかります。
私、今回からこの 「暮らしのサポーターズ」 のコーナーで 「貿易について」 書かせて頂きますヒロ・エザワと申します。

日本で暮らしておりました頃から、ずっと貿易・海外取引の舞台一筋で、貿易や物流の分野に携わってきました。 このコラムでは、そんな私のこれまでの職務で得た海外取引や海外物流の知識や経験を元に 「これから自分も貿易で世界を股にかけた仕事をしていきたい」 と思っている方々の道標の一部となるべく、幅広い分野において “貿易とは” そして “成功する取引とは何か” という事を、熱く、ひたすら熱く解説していきたいと思います。

このコラムが、これからトレーディングと言う手段で道を切り開いて行こうと熱い志を持った人々のお役に立てれば大変に光栄です。 私の持つべきもの全てを賭け、全力投球してまいりますので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。

ズバリ、貿易って何なの?

さて、第一回目のお題はズバリ、貿易って何なの? という単純かつ、大きな意味を持った言葉の解説です。 貿易と言う言葉はすでにみなさんご存知であり、今さら解説をする必要もないでしょう。 ようするに商売を海外の人と行うという事です。 世界中にはいろんな国があり、それぞれの国が、別個の国民性や習慣、独自の考え方を持っています。 またそれぞれに歴史があり、その背景を色濃く残した文化を築いています。 これは商売においてもその個性的な文化や習慣はいろんな所で垣間見ることができます。

日本を一歩出てみれば… 「お客様は神様」 じゃない!?

海外旅行をして、初めてその国特有の顧客に対する態度や扱いを経験したことがある人も少なくないでしょう。 日本では 「お客様は神様です」 と言った風潮があり、また顧客である消費者もまた 「私たちはお客様なので多少の無理は利く」 と上から見たような態度に出る人も多い傾向にあると言えるでしょう。 しかし一旦海外に出てみるとどうでしょう? 日本では 「お客様扱いされていた」 人たちが、まるでその様な扱いは受けずにゾンザイな態度で接してくる店員にビックリ。 さらにオレたちは長い間友達だったのか? と疑いたくなるようなフレンドリーな店員。 日本のマクドナルドなどで 「スマイル¥0」 と謳われるマニュアル通りのニコニコ顔の店員に比べて、今自分の注文を取っているファストフード店スタッフの無表情でやる気のなさそうな態度! 海外に出て様々な人と出会って、その商習慣や顧客に対する接し方など、まるで異なるものであることを実感し驚いた人は多いはず。 そうなんです、その国の持つ風俗、習慣、そして育った環境などが、人の意識や態度を変えてしまっています。 おそらく海外から日本に来た外国人旅行者たちは、逆にその 「スマイル¥0」 に代表されるにこやかで非常に優しい接客に、さぞや驚いている人も大勢いるでしょう。

“日本人との取引は安心”。 国際的に確立した立場

日本人の場合、相手を不快にさせないような独特の文化があるからこそ、商売においてもお客様を崇め、尽くすことをみんなが実践しています。 戦後の混乱の中、高度成長期を経て、今日日本がこれ程の経済大国になり、先進国の中でも日本人の誠実さは突出していると好感触を抱いている外国人が多いのも、日本人の持つきめ細かさと丁寧な言葉、そして物事を最後まで一生懸命やり遂げようとする勤勉な精神が世界的に認められたからであると感じます。 そして国際貿易においても、日本はその地位を確立し、日本人との取引は安心である、と取引先から評判が良いこともまた頷けます。

「国際貿易」 の原理は、八百屋で大根を買うのと同じ

貿易というと、海外との取引を示すので当然 「難しい」 「大変そう」 「めんどくせー」 と思われがち。 確かに見ず知らずの、そして風俗、習慣も異なる外国の人々が、その取引先となれば足がすくんでくる人、イッパツで嫌気が差す人も大勢いるでしょう。 しかし風俗、習慣、生活様式そのものは異なっていても基本的な生活はどうでしょう? 人が生活するうえで商売は欠かせないもの。 生活をするために街の商人たちから食材を買ったり、衣服を買ったり、そして生活するためにまた商人たちも一生懸命仕入れをして一つでも多くの商品を販売するように努力する。 これはどこの場所、どこの国、そしていつナンドキにおいても不変のものです。 人の生活に商売は必ずなければならないものであるし、みんなそれにどこか携わって生活しているのです。 つまり商売はどこの国にも同じようにあり、基本的に “お金を支払って商品を手に入れる” という手法は不変のものです。 貿易という海外との取引もまた同様で、商品を購入する代わりに代金を支払う。 夕飯に使う野菜を八百屋さんにおつかいに行くのと全く同じ原理なのです。 その商売の法則がたまたま海外との取引で、見えない相手とのやり取りになっているだけ。

要は難しく考えられがちな貿易というのものも、基本的には八百屋で野菜を買う行為と何ら変わりはないのです。 そう思うとちょっと肩の荷が下りてきますね。 小銭を持って八百屋さんに大根を買いに行くのと同じなんですから。 しかしそこにはプロセスがあり、大根を買いに行くものの手持ちは僅か200円しかない。 そして10数本もあろう大根の中から出来るだけ新鮮なもの、出来るだけおいしそうなものを選んで買う、しかも200円以内で! これはおつかいという小さな世界の物語かも知れませんが、貿易と言う商売も、大根を200円で購入するプロジェクトと同様の行為なのです。 商売を成立させるため、より利益を上げるため、この様に努力をしていくという事は、貿易に限らず全ての商業の大原則なのです。

この基本原則が頭に入ってさえいれば、売る側に立っても、買う側になってもきっとそれなりの利益を上げられるでしょう。 売ったら代金は必ず回収する。 商品を買う場合、お金を支払う限りは絶対に商品だけは手に入れる。 そして利益を出すために最大限の努力をする。 これがまさに貿易、いや商取引の当たり前すぎる原則なのです。 この当たり前すぎる知識を常に念頭に入れておくこと。 この考え方が貿易への入り口です。 やっていること、そして基本的な考え方は “おつかい” と何ら変わりはないのですから。

次回のコラムでは、どんどんと実践に入って行きます。「どの様に商売を始めるか?」 「何がキッカケになるのか?」 「一体何から始めたらいいのか?」などの心積もりや、より具体的な内容をお伝えします。 どうぞご期待下さい。

2013年12月 23日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES