マスターオブトレーディング
Hiro Ezawa Western Shipping America, Inc. TEL: 310-834-7899 x25
hiro@westshipus.com

最新コラム

第59回 : update
ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(後篇)

バックナンバー

第1回 : 
貿易って何? 実は普通の商取引です
第2回 : 
自分が貿易? 一体オレに何が出来る?
第3回 : 
これだけは知っておきたい貿易実務用語
第4回 : 
インターネット取引の可能性
第5回 : 
自分一人で輸出入?
第6回 : 
航空便?船便?船便ばかりが安いわけじゃない!
第7回 : 
利益の取れる値付け
第8回 : 
ノッてけ、ノッてけ、時代の波に乗る重要性
第9回 : 
インターネット取引の障害とは?
第10回 : 
輸送会社、実は情報の宝庫
第11回 : 
日々勉強、商品知識
第12回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い - 第1章 野望編
第13回 : 
VS 正規代理店、並行貿易業者の仁義なき戦い 第二章 せめぎ合い
第14回 : 
成功の秘訣-供給先は神様なり
第15回 : 
緊急報告!米国西海岸における港湾労使交渉に物申す!
第16回 : 
知識を侮るな、先入観を捨てろ!
第17回 : 
『FOB』 - どこまでが本当の『FOB』か
第18回 : 
輸入って手もアリ?
第19回 : 
緊急企画! 加速する円安 その1
第20回 : 
緊急企画! 加速する円安 その2
第21回 : 
在庫は持つことはリスクが高いか
第22回 : 
騙されない決済方法 ~前編~
第23回 : 
騙されない決済方法 ~後編~
第24回 : 
さぁ、どうする?方向転換を決断!
第25回 : 
2016新年特別企画 「成功するダイエットはこれだ!」
第26回 : 
成功を掴んだ人―ケーススタディーその1
第27回 : 
税関検査とそのリスク
第28回 : 
新規顧客開拓に効果的な方法
第29回 : 
輸送保険のはなし
第30回 : 
貿易事件簿 その1
第31回 : 
貿易事件簿 その2
第32回 : 
アメリカからの車輛輸出の現状
第33回 : 
HANJIN SHIPPINGの経営破綻に思う
第34回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」前編
第35回 : 
「乙仲」と「フォワーダー」後編
第36回 : 
総括2016年“Hiro Ezawa’s Choice”ビジネス10大ニュース
第37回 : 
どうなる2017年、米国貿易大胆予想
第38回 : 
成功を掴んだ人 ~ケーススタディーその2~
第39回 : 
英語ができなきゃビジネスは成り立たない?
第40回 : 
ビジネスの達人に学ぶ、経営哲学
第41回 : 
並行貿易バンザイ!代理店に負けない取引術
第42回 : 
インターネット大活用で情報戦を制す
第43回 : 
展示会に活路を見出す
第44回 : 
新規顧客開拓にはこれ!
第45回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「スタートアップ」
第46回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「ファンを作る」
第47回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「起業へのツール」
第48回 : 
起業への道!~はじめの一歩~「自分自身を売る」
第49回 : 
2018年は、こんな1年になる
第50回 : 
「さぁ、貿易 始めてみよう!」
第51回 : 
「愛される取引先になるには」
第52回 : 
「商品売れた!さて、その次のステップは?」
第53回 : 
自分勝手と言われようが有利に進めるビジネス
第54回 : 
あなたは読めますか?「L/C」読めなきゃ貿易のプロじゃない!
第55回 : 
緊急事態発生!米中貿易戦争激化の様相
第56回 : 
ビジネス戦略特集Vol.1「E-bayを攻略せよ!」
第57回 : 
ビジネス戦略特集Vol.2「Amazonを攻略せよ!」
第58回 : 
ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(前篇)
第59回 : 
ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(後篇)

あなたにも出来る!貿易ビジネス -ヒロ江澤の貿易ビジネス講座-

海外との取引って難しい。でもせっかくアメリカにいるから私も何か出来るかも!という志の高いあなたへ。マスターオブトレーディング:ヒロ江澤の貿易ビジネス講座。あなたも貿易のプロになれる、さあ始めてみよう!

2019年 6月 13日更新

第59回 : ビジネス戦略特集Vol.3 E-Bayを攻略せよ!(後篇)

見事に落札。さて次の一手は?

E-bayで落札する=仕入れが完了したということになります。商品の送り先は、自宅や勤務先、借りている倉庫スペースでもいいでしょう。そして、いよいよ現物と初めて対面することになります。一旦手に入れてしまえば、商品はもうあなたの所有物。煮て食おうが焼いて食おうがあなたのご随意です。さて、次なる過程は、この商品をどうやって世の中で売っていくかということ。最近流行りの転売ビジネス大いに結構!それだけの価値がある商品であれば、右から左に振っても高値で売れるはず。となると、再度E-bayで、今度はあなたが売り主として出品することになります。売り先を日本に絞るならば、ヤフオクが最も手っ取り早いでしょう。しかし、ヤフオクに参加するためには、売り手として事前登録が必要です。それには、日本での銀行口座が必要となります。もし、日本に信用できるビジネスフレンドがいるのであれば、その人に口座を貸してもらう、管理してもらうなどの業務委託が可能になります。ご友人も自分に実入りがあって、面倒がなければ、きっと引き受けてくれるでしょう。また、最近のトレンドではメルカリという手もあります。これも、ヤフオク同様に事前登録が必要です。あるいは、その製品を取り扱っているであろう会社をインターネットで検索し、その会社のウェブサイトを通じて売り込む、なんて手もあります。その会社が商品に興味を示せば、あなたを米国に拠点を持つ供給先として取引してくれるでしょう。こうなると、商売はどんどん広がり、次なる商材を求められるようになるでしょう。駆け足で追いましたが、このように販売する方法はいくらでもあるのです。

転売って違法行為なの?

マナーの悪い中国人が、日本でも所かまわずセール品を漁って、我先に買い物をする光景は、もう今の社会では珍しくなくなりました。また、転売目的で購入した商品を巡って、顧客との間でトラブルになり事件に発展する、なんてニュースもたまにあります。転売するために、商品を買占め、モラルや常識を無視して強引にビジネスを展開する。今、日本でのこのようなビジネスモデルが問題になっていますよね?ならば、果たしてその転売行為というのは違法なのか?と言われれば、はっきり申しましょう。法規には一切触れないまっとうなビジネスです。ただ、その手口があからさまだったり、常識を欠いていたりするから目を付けられるだけです。安いものを購入して、自分の利益を乗せて他方に販売するという商売の大原則が満たされている方法であり、転売しているからと、決して引け目に感じることはありません。ただ、買い占めるとか他人を蹴落としてまで手に入れるといった感情をむき出しにしてことにあたると、購入先に白い目で見られたり、他人に迷惑をかけたりなどということになり兼ねません。転売大いに結構、しかし節度を持って取り扱うことが、ビジネスを細く長く継続していく基本になります。決して人の道を外さないようにしてください。

王道はやはりE-Bayからヤフオク

見出しの通り、王道はヤフオクです。ただし、あくまでも日本で「ヤフオク」の口座を持っていることが大前提になります。これがなければ、なかなかこの商売はしづらいでしょう。日本人でもE-Bayで物品を海外から購入している人もたくさんいます。しかし、英語ができて取引をスムーズにする人ばかりではありません。日本では、明らかにこのヤフオクがオークション市場におけるスタンダードであり、多くの人が利用しています。E-Bayで購入した物品を、素早く的確に売りたいのであれば、ヤフオクを利用するのが一番手っ取り早く、また安全な取引ができるでしょう。自動車部品にしても、米国では日本よりも遥かに安価なる価格で購入することができる商品もたくさんあります。入手困難な部品を探し出して、それをヤフオクに出店してかなりの高価な金額で売る、などは、日常茶飯であり、またそれができる黄金のルートがここにはあります。しかし、まず認識しなければならないのは、日本と米国では市場が異なるということ。傾向は似ているかもしれませんが、米国ではガラクタと思われているモノが、日本では案外お宝だったりするかもしれません。その傾向を知るには、日々の勉強、市場調査以外にないのです。誰も教えてくれないし、どこにも参考文献がない。だったら、自分で身を持って体験するか、念入りに調査するしかありません。しかし、ビジネスはいつでも手探りを繰り返すもの。どのような需要があるのか、傾向を常に知ることが勝利への近道でしょう。

コラム江澤ビジネスダイエット塾 Vol.46
「健全な精神は健全なる肉体に宿る―ビジネスダイエット塾」
プロテインの活用

筋肉系サプリメントの代表と言えば、みなさんよくご存知の「プロテイン」が挙げられるでしょう。このサプリメントの特徴は、簡単にタンパク質が補えるところ、それに尽きます。体を鍛えている人ならば、理想的なタンパク質摂取量は、毎回の食事から40グラム。しかし、なかなかその40グラムを揃えるのが難しいのです。鶏のささみ適量と卵2個に納豆という超ヘルシーかつタンパク質たっぷりの食事でも、40グラムの壁は超えられません。その点、このプロテインパウダーを水に溶かして飲むだけで、多くは25~30グラムのタンパク質を摂取できるのです。さらには、甘いのに低カロリーで、体内への吸収も抜群であるということで、体を鍛えている人以外にも多く愛されている機能的サプリメントなのです。これを活用しない手はありませんよ。例えば、カレーライスを食べちゃった。ちょっとタンパク質が足りないなと思ったら、プロテインを飲んでも構いません。よくプロテインを飲むと太るなどと神話のような話をしている女性を見かけますが、そんなことは全くない!プロテインドリンク1杯のカロリーなど、茶碗半分の白米にも満ちません。甘いから太るかもというのは、まるっきりのデタラメです。タンパク質は、生き物の体の血、骨、肉を作り出す重要な栄養素。それを無視した食生活に明日はありません。今すぐにでもプロテインを効果的に活用していきましょう。

2019年 6月 13日更新

読者の皆様のご意見やご感想などどしどしお聞かせ下さい。
またこのような内容について話して欲しいなど、リクエストがあれば是非お寄せ下さい。
そのテーマでガッツリ書かせて頂きます。
いつも多くのみなさんにご愛読頂いていますことを、心から感謝しています。

hiro@westshipus.com

Columnist's Profile

マスターオブトレーディングHiro Ezawa(Western Shipping America, Inc.)

東京都品川区出身。日本で商社勤務時代に貿易に触れる。数年の勤務の後、一念発起し兼ねてから憧れの地であった北カリフォルニアで大学を卒業。その後LAで輸送会社に就職し、以来米国物流業界一筋に19年のキャリア。仕事柄、オートバイ、車輛の輸出に関してはLAで一番の経験と幅広い知識を誇る。Western Shipping Americaは8年前仲間と設立、順調に業績を延ばし現在東京、香港、上海と支店を持つグループ企業に発展。

趣味は毎朝体を鍛えることと三度の飯より好きなフットボール観戦。小学生の息子たちにはやや厳しくスポーツの大切さを熱血指導中。在米22年もまるで他の都市へ行ったことなし。座右の銘は 「努力に勝る天才なし」、「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

Western Shipping America, Inc.

1515 West Wardlow Road, Long Beach, CA 90810
TEL:
310-834-7899 x25
FAX:
310-834-2015
EMAIL:
hiro@westshipus.com

Western Shipping America, Inc. について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES