クオリティライフの向上に美しい笑顔を…

歯列矯正であなたの人生が素晴らしくなりますように。

2020年 2月 5日更新

第3回 : 歯列矯正のメリットは?

Q

歯並びがとても悪く、うまく噛むこともできません。歯列矯正を勧められたのですが、どんなメリットがあるのでしょうか。

A

歯列矯正には、審美的および医学的なメリットがあります。審美的な大きなメリットは、何といっても歯並びが良くなり見た目が格段に美しくなること。出っ歯や八重歯、受け口では、ひどいコンプレックスを抱えてしまうこともあります。口元のラインが整うことで、こういったコンプレックスを払拭できるのもメリットの1つでしょう。私が担当した患者さんで、噛み合わせが悪いため、歯を閉じると下の歯が全て隠れてしまう患者さんがいました。しかし、矯正後は下の歯が完全に見えるようになり、自信を持って笑顔になることができたそうです。

一方、医学的なメリットは、不正咬合を矯正できることです。いわゆる噛み合わせですが、これに問題があると、ご質問のように、うまく噛めないをはじめ、食べ物が歯に挟まる、前歯で食べ物をかみ切ることができないだけでなく、顎の発達に問題が起こり、出っ歯、受け口、額変形症、顎関節症などになってしまうこともあります。

人間の身体とは不思議なもので、特に大人の歯は、矯正前の歯並びの悪い状態でも、噛めるように自然と摩耗し、歯の表面だけは噛み合うようになります。つまり、矯正治療を行うと、一時的に噛み合わせが悪くなるのですが、歯を正しい位置に動かしてから、最後に噛み合わせを調整するので安心です。

また、歯列矯正のため来院した患者さんに、永久歯が骨の中に埋まってしまう“埋没歯”を発見したことがありました。このまま放っておくと、歯や歯茎、顎などにいろんな問題が生じる可能性があったため、口腔外科医と連携し、切開手術で歯を取り出し、矯正を行ったケースがあります。このように、歯列矯正を機に、将来起こりえる問題を未然に防ぐこともできるのです。

見た目だけでなく、歯や顎などに何かしら不安を抱えている人や問題がある人は、ぜひ一度ご相談ください。

※コラムの内容は一般的な情報です。治療の詳細等については、専門医にお問い合わせください。

2020年 2月 5日更新

皆さんのご意見、ご相談等ございましたら以下までご連絡ください。

dr@noguchiortho.com

Columnist's Profile

院長Brian S. Noguchi DDS, MS(Noguchi Orthodontics)

1985年ロマ・リンダ大学歯学部卒業後、同大学で補綴学のインストラクターとして1年間教鞭を執る。その後、矯正歯科専門コース」2年コース修了。1990年、日本歯科医免許取得。

American Dental Association、California Dental Association、American Association of Orthodontics、Pacific Coast Society of Orthodontists、Japanese Orthodontic Society、Japanese American Dental Society 正会員

私は日本の長野県で生まれ育ちましたが、学生の頃学生の頃からずっとアメリカの大学に進学したいと考えていました。大学に通っているとき、近所でなかなか手に入らなかった日本食を買うためにサウスベイを訪れていました。当時からこの場所が気に入ってしまい、それがきっかけで、1990年にトーランスに歯列矯正専門医院をオープンしました。独特の融合文化を持つサウスベイは、私の妻マーガレット、そして子供のアレックスとエリカにとっても、心が休まるすばらしい環境だと思っています。

Noguchi Orthodontics

4201 Torrance Blvd., Ste. 430, Torrance, CA, 90503 US
TEL:
310-540-2113
EMAIL:
dr@noguchiortho.com

Noguchi Orthodontics について詳しくはこちらをご覧ください。