心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第69回 : update
醜形恐怖

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2017年 8月 8日更新

第69回 : 醜形恐怖

「醜形恐怖」とは、外見に対する過度の不安を表します。それを打ち消すための行動、例えば形成術とか、回避、つまり外出しないなどを伴うことがあります。

アカデミー賞の前夜、あるカウンセラーが呼ばれて行ったのは女優さんの家。世界中からのファッション・コーディネーターたちがその場に居合わせるも、授賞式で身にまとう衣装が決まらないとのこと。もちろん美しい方ですし、衣装は8000万円のものもあるようです。しかし、ご本人は「どの衣装を身につけても自分が美しく見えない」と苦悩し連絡してきたのです。この場合、人が実際この人をどう見ているかは関係ありません。ご自分がどう見られていると受けとめるかが問題なのです。治療としては、「十分綺麗じゃないですか」と安っぽい気休めを言うことは、ご本人が信じていることに反する訳で、解決になりません。むしろ、ご本人の苦悩に寄り添うことがスタートになります。その上で、目を閉じ、自分の心に耳を傾け、どの衣装が一番心地よいか、自分らしいか、と自問するよう促します。

醜形恐怖により、セルフィーをたくさん撮ったりという確認行為が起こることがあります。気になる身体の部分がどのように見えているか確認したいためです。一日に数千枚撮る方もいらっしゃいます。最近の診断基準では、醜形恐怖は強迫性障害(汚れが気になって手を何度も洗うなど)のカテゴリーに組み込まれました。強迫的に外見を気にし、それを打ち消す、あるいは確認するための行為を盛んに行うという点で、類似したメカニズムだとわかったのです。治療の一つは、暴露反応妨害法(Exposure Response PreventionまたはERP)と呼ばれます。醜形恐怖の場合、例えば化粧をして隠していた部分があるとすると、あえて化粧をせずに外出をするのです。あるいは、鏡を見るのを控える。つまり恐怖へと自らを暴露するのです。すると、いかんともし難い衝動が襲ってきます。つまり「あー、化粧をして隠したい!」「鏡を見て確認したい!」という強い渇望です。この治療では、平たくいいますと、この衝動をさまざまなスキルを使って我慢します。そして、打ち消す行動をとりません。この衝動と帯同して、その変化を観察するのです。辛い作業です。しかし、徐々に耐性が生まれ、辛さが和らいでくるのです。

外見という価値が偏重される現代です。どんなに綺麗な人にも、この恐怖は起こりえます。自尊心のなさ、他者との競争、社会の固定観念、承認欲求、褒められること=愛情という考え。これらが源流なのです。それを突き止め、自分の恐怖が過剰で不適切であることを気づけるようになると改善へと近づきます。

外見以外にも、私たちはさまざまな恐怖心、コンプレックスを持っていないでしょうか?体重、年齢、多様化の中で、自己と違うものへの抵抗心などなど。それは世相、社会環境、社会の価値観などと密接に関係しています。恐怖に突き動かされ、逃げ、恐怖の排除に躍起になるか、それとも向き合って違った行動を起こすか。醜形恐怖への対応は一つの示唆を与えます。

8月6日、原爆の日、広島市長による「慈愛」「敬意」「共感」という言葉が、一定の価値観に基づいて違いを排除する現代への警鐘に聞こえます。

2017年 8月 8日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼クリニックホームページが新しくなりました。

www.THmedical.org

「思いやりとケアのこころ」をスローガンにかかげ、サービスを必要としている方が気軽にアクセス・ご連絡いただけるようにご用意しました。

これからもご期待に添えるサービス・情報を提供できるよう改善し続けます。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
こころとからだ ・ プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
こころのトラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
ADHD
そううつ
睡眠改善
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES