心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2015年 1月 28日更新

第40回 : 自律神経失調症とは

アメリカには「自律神経失調症」という診断はありません。

日本では現在も比較的多く用いられる診断ですが、一体これは何でしょう?

統合「失調症」というように、つまり自律神経がうまく作動していない状態のようです。ただし、もう一度申し上げますが、自律神経失調症の医学的診断基準はありませんし、確定診断のための検査はありません。

我々が時にいうところの、「ゴミ箱的診断」というものです。

つまり「きちんとした診断基準には当てはまらない病態で、困ったからこの診断をつくって入れてしまおう」ということです。

「適応障害」というのもお聞きになったことがあるかもしれませんが(こちらは医学的診断ですが)、やはり他の診断にも当てはまらない場合に用いられます。

※ちなみに自律神経失調症に医学的診断カテゴリーはないといいましたが、ICD-9あるいはICD-10とよばれる国際診断基準では、「Unspecified Disorder of Autonomic Nervous System」あるいは「Disorders of Autonomic Nervous System」などという診断に属すと考えられています。いずれにしても曖昧模糊とした概念であって、その概念に嫌疑的な医者も多いとされます。ウィキペディアによりますと、1961年ごろに東邦大学の阿部達夫が定義したものだそうです。

実体は定かではないけれども 、この「自律神経失調症」という診断は非常に多くみられます。

自律神経というのは、交感神経と副交感神経を指し、我々の意志ではなく「自律」して活動することからこのような命名になっています。心臓はもちろん、胃、腸、皮膚など身体のいたる所に脊髄から(あるいは脳から)分布しています。交感神経は興奮時に作動し、副交感神経はリラックス時に作動するというのが、非常に平たく言った定義です。例えば心臓は交感神経により拍動を活発にし、副交感神経により拍動が穏やかになるわけです。丁度、車のアクセル(交感)とブレーキ(副交感)のような関係です。

では「自律神経失調症」は具体的にはどのような状態なのでしょうか。

例えば「胃がしくしくする。胃カメラをのんでも異常はない。最近ストレスが多い。ストレスがかかると特に症状が悪化する。そして、胃以外にもどうも体調が悪く、同じようにストレスがらみである」。日本人は「胃」が命(つまり、ストレスが胃に表れやすい)ですから、このような状態は多くみられます。「ストレス性胃炎」「心臓神経症」などわかるようでわからない診断も、この「自律神経失調症」という診断と紙一重のところがあります。自律神経は全身に張り巡らされていますから、不定愁訴とよばれるように身体の複数の場所に、確立された疾患では説明しにくい状態があるといったものです。

アメリカではどうでしょうか。

上記のICD-9やICD-10の「ゴミ箱的診断」を使う人は少ないと思いますし、精神科/心療内科独自の診断基準では該当するものがありません。他の確立された診断の「身体表現性障害(ストレスなどが身体の症状として表れる場合)」や「パニック障害」「うつ病」「適応障害」などで表現される場合が多いかと思います。ところで「自律神経失調症」という診断がはびこったひとつの理由に、例えば「うつ病」という診断だと偏見があるため、対外的診断としてソフトなものを用意したという経緯もあるようです。

私はこの診断名に決して否定的ではありませんが、なぜなら、日本人の曖昧さとクリエイティビティがよく表れているからです。ですが、国際的には非常に独特であり、不用意にはびこっている嫌いがあります。ですから、日本から患者さんがこの診断で紹介されてきたときは、ニュアンスはわかりますが、正確さを避けている嫌いがあり困ることもあります。

さて、診断の歴史と概念についてはこれ位にします。なにより、自律神経失調症という状態が非常に頻繁にみられ、その治療に困っている方がたくさんいます。

まず大事なことは、「自律神経失調症」という不正確な診断で、実は存在する原疾患(「うつ病」など、診断が確立されたものですね)を看過していないかということです。それが見逃がされなければ、その原疾患に対するより確立した治療を受けることができるからです。

診断的には、注意深い問診、アセスメント、関連疾患の除外、などとともに、いくつか興味深い方法があります。例えば、HRV (Heart Rate Variability)といって、心拍のばらつきを「交感神経」と「副交感神経」のバランス、ひいては自律神経のバランスの評価に用いるものです。科学的、医学的に根拠がしっかりしたものかといいますと若干弱い部分がありますが、限られた手で曖昧模糊なものを何とかしようとする臨床の現場ではひとつの選択肢になります。その他、ストレスホルモン(コルチゾール、CRFなど)を血液中、尿中などで計る、皮膚のコンダクタンスなどを用いるなど様々な補助的診断方法の可能性があります。医師ではない専門職で、それぞれのバックグランドを生かして、ユニークな評価法を持ってらっしゃる場合もあります。

さて、はっきりした他の診断に収まらず、つらい症状が続く場合にどう治療を行うか。ストレス性の疾患(うつ病、パニックなど)にならった治療をアレンジして行うことが多いようです。実際その治療効果は良好です。「自律神経失調症」を十分に治療しないことで、うつ病などに発展することもありますから、これは理にかなった面もあります。ただ、ストレス性の疾患に万能薬的なところのある「抗うつ薬」を用いるには気が引ける場合もあります。他にカウンセリング、行動療法など様々な選択肢があります。

しかしそれがベストではない場合もあります。ここからがさらにクリエイティビティが必要なところですが、代替療法的なアプローチは比較的試みられます。つまり、鍼、漢方、カイロ、マッサージなどです。日本人、アジア人の方々にとってこういった文化があるのは幸いなことです。ただ、もちろんそれでも十分に改善しない場合は少なくありません。

「自律神経失調症」は身体とこころの交差点で発生します。それにそぐった一つの有力なアプローチがあります。バイオフィードバックです。

これには長い歴史があり、医療の現場で確立した部分があります。バイオフィードバックとは、身体の働きを示す何らかの数値などを指標に、身体のバランス状態をよりよい方向に自分の意志でもっていくという治療です。

具体例をあげます。

心臓の鼓動をモニターをつけることで、心拍数を目に見える指標とします。先に触れたように心臓の鼓動は「交感神経」と「副交感神経」のバランスの産物ですから、リアルタイムでモニターしながら、これを下げる(副交感神経が優位な状態)ように自分で努めるのです。それには呼吸法を用いる場合もあれば、ポジティブな考えをイメージする場合もあります。「自律」神経は、普段は勝手に活動してくれていますので、その働き具合を我々は知りません。しかし、こうやって数値化してみること(フィードバック)でそれを認識し、意志による取り組みで調整しようとする、のです。トレーニングを続けることでこのスキルは改善します。心臓の鼓動(心拍)をさらに発展させたものがHRV (Heart Rate Variability)で、「交感神経」と「副交感神経」のバランスをよりよく表すのがわかってきて、これを用いたバイオフィードバックもでてきたわけです。身体からの指標でなく、脳波や脳の活動を用いると、ニューロフィードバックといいます。近未来の話ですが、脳の活動(酸素代謝、血流など)をfMRIなどという高価な機械で計ることにより、それをよりよい方向に自分でもっていくというタイプのフィードバックも考えられてきています。

アジア人はストレスが身体の症状に表れやすいというデータがあります。逆に言えば、身体に警告サインがでるまで我慢をする、あるいは偏見が邪魔をして受診しないという見方もあるようです。心身のつながりをことのほか重視してきた歴史をもつ我々ですから、こういった健康問題には敏感でありたいですね。

2015年 1月 28日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES