心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2011年12月 6日更新

第3回 : 被災地の「こころ」 3

被災された方々と同様、震災支援に赴いた人々もこころのトラウマ (心理的ショック、苦痛) を経験します。
支援者は、ボランティア、自衛隊、警察官、医療者など様々です。

ところで、被災地へ直接赴かなくても、YouTubeやメディアの発達した現代、多くの方が間接的にトラウマを受けうることもわかっています。

6月の派遣地での日記からです。

6月12日 Day 9

災害時派遣について国境なき医師団などで経験豊富な医療者との対話から。
生死に関わる状況で寝食をともにするチームは非常に 「Deep」 な関係を築くことになる。
いわば、お互いが、「こころのライフライン」 である。 国際的なチームだと激しいやりあいもある。
お互いの良い部分、悪い部分を知っていく 「Extreme Self Journey/Discovery」。
また、自己の限界も知ることになる。 チームあるいはMission に溶け込めず、任期よりはやくかえる人も。
Flexibilityが大事。 行く時期、急性期、慢性期でも違う。
帰国すると、社会にしばらく Fitできない (ランボーやイラク帰還兵をイメージしてください)。
人間関係に影響。 人によっては、支援活動に依存してしまい、また行きたくなる。
この彼女はこのような機会がもてる自分を 「幸運な人生」。 Missionがないときは旅行へいく。
「いつかやろうと思っているのなら、一生できない。」
Mission前に遺書、身辺整理を (私も含めて) 考える人はいる。
到着するまでは未知数で、不安と興奮は高い。 現地にはいってから臨機応変にすること。
あとは自分の普段の能力でできることをやるだけ。

ニューヨークで起きた 911では、支援者のトラウマ、中でも強いトラウマを指す、PTSD (Posttraumatic Stress Disorder) といわれる状態の頻度が報告されています。

つまり、全体の支援者で12%程度が PTSDと呼ばれる強いトラウマの状態を呈していたということです。 これは 2-3年後での頻度です。 それ以前には、おそらく、より多くの方々がトラウマに苦しまれたことは間違いないでしょう。 多層的に、被災者そして直接支援者、間接的に影響を受けた人々と、こころのケアを提供する視点が必要になります。

こころのケアには様々な方法があります。 基本的な考え方については、こちらを参考にして下さい。
被災地こころのケア 7原則 (ビデオを見る

その一つ、こころのトラウマの治療法、EMDR (Eye Movement Desensitization and Reprocessing) を紹介します。 帰還兵、災害時、虐待など様々な形、そして様々な程度のトラウマに対して、その効果が科学的に立証され、広く用いられているものです。 一種のカウンセリングですが、方法は比較的シンプルです。 治療者の指を左右に目で追いかけるというものです (催眠ではありません。 膝をタッピングする場合もあります)。 これにより脳の左右の切り替えが繰り返され、前々回に触れた辛い記憶がストックされている脳の深いところへ達することができ、そこにある記憶を風化させる、あるいはポジティブなものへ変換するというものです。 多くの方は最初、その効果に懐疑的ですが、私も含めて、実際に体験するとそれが起きうることを実感し、驚きます。

私のトラウマは、被災地派遣での経験でした。 上記で触れた支援者の例に洩れず、派遣後、かつての自分になぜか戻れない自分に戸惑っていました (後からそれが派遣によるトラウマのためと気づきました)。 私がトラウマとしてこころにストックしていたイメージは以下のようでした。

以下は、EMDRが進むと同時に、この映像が私のこころの中で変化していった経過です。

1.被災地、市街地、海の近く、大きな建物が崩壊している。 人は見あたらない。 恐怖。

2.高く、黒い津波が近づいてくる。 逃げ惑う人々。 私は内面で震撼している。

3.避難所で、ある女性から聞いた体験談。 彼女は津波が近づくのを見た。 その中にはトラックが漂っている。 私は感情的に揺さ振られ、こう思う。 「こんなこと起きなくてよかったのに」。

4.別の出来事が浮かぶ。 女性医師が新聞記事を読んで泣き始める。 記事は、病院の患者を救おうとして苦闘する医師について。

5.最初のイメージである建物は骨組みのみ見える。 その他は消えている。

6.海岸沿いの人々。 波は小さくなっているようだ。 人々を襲っているかは定かでない。

7.人々はどうやら子供達のよう。 前より幸せそうな映像。 波は低くなっていっている。

8.ボランティアがいる。 避難所はもう閉まっている。 暗さが柔ぎ、人間の生活が戻ってきている。

9.人々が仕事へ行き、ラッシュアワー、より多くの人々。 より日常生活に近づいている。

10.視界のコーナーには暗い枠組み部分。 一方、明るさと人々のスペースが広がっていっている。

11.明かりが暗い部分を侵食していっている。 境界は曖昧になっていく。

12.最初のイメージは、車がディスク型の机に乗っかったような形に変わっている。 それに付随した感情も特になく、形があるのみ。

13.自分は大丈夫、と感じる。

絵に描いたような展開に聞こえますが、実際に私のこころの中で起きた変化です。 この後、随分身体が軽くなったのを憶えています。 こころに関わる全般に言える傾向ですが、自分ではそれが 「こころ」 から来ているつらさ、現象だとは人間気づきにくい。 鍛えられた (自衛官など) 支援者であれば、よりその可能性を排除したいでしょう (弱さととられがちでしょうから)。 何ものにも変えがたい支援という貴重な仕事を提供する彼らに、このような助けはあるのですよ、と伝えたい気持ちです。

Kokoro Wellness Networkでは、
東日本大震災の被災地へこころのケア・ボランティアを継続的に派遣しています。
このプロジェクトのサポートに興味のある方は、www.KokoroWellnessNetwork.org をご覧ください。
また、被災地でのこころのケアについては、 こちらの映像 をご参照ください。

2011年12月 6日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES