心療内科医
久賀谷 亮 TransHope Medical TEL: 424-247-9642

最新コラム

第94回 : 
「こうあるべき」

バックナンバー

第1回 : 
被災地の「こころ」
第2回 : 
被災地の「こころ」 2
第3回 : 
被災地の「こころ」 3
第4回 : 
夏目漱石の 『こころ』 と三島由紀夫
第5回 : 
M.I.T. Media Lab
第6回 : 
被災地の 『こころ』 一年
第7回 : 
「こころ」 はユニバーサル
第8回 : 
「新型うつ」 というのが話題らしい
第9回 : 
自分のことが嫌いな人へ ~自尊心について~
第10回 : 
ブレイン・フィットネス
第11回 : 
脳の錯覚とポジティブ思考
第12回 : 
不確実性とつきあう — 不安克服法 —
第13回 : 
フェイスブックの心理学 【1.フェイスブック依存】
第14回 : 
薬をつかわない 「うつ」 の治療最前線
第15回 : 
フェイスブックの心理学 【2.つながるほど孤独】
第16回 : 
「うつ」 今注目の最新治療 『TMS』
第17回 : 
「リンカーン」のメランコリー
第18回 : 
眠れませんか?
第19回 : 
フェイスブックの心理学 【3.コミュニケーションの変容】
第20回 : 
アンチエイジングの心理学 1
第21回 : 
アンチエイジングの心理学 2
第22回 : 
子育ての流儀
第23回 : 
私の 「こころ」 について
第24回 : 
「物忘れ、お困りですか? 外付け『記憶』ハードドライブをお買い上げください」。 —脳科学最前線:脳を補う、創る—
第25回 : 
ゴルフの心理学
第26回 : 
ゴルフの心理学2
第27回 : 
ひとのこころは読めるのか
第28回 : 
ADHDについて深く知る
第29回 : 
「幸せ」 の心理学
第30回 : 
結婚の心理学
第31回 : 
スピリチュアリティとこころ
第32回 : 
Future of the Mind
第33回 : 
The Secret Life of Walter Mitty ~自尊心について 2~
第34回 : 
パニックって? その1
第35回 : 
パニックって? その2
第36回 : 
アートとこころ
第37回 : 
耐久レースとこころ
第38回 : 
スピリチュアリティとこころ2
第39回 : 
スピリチュアリティとこころ3
第40回 : 
自律神経失調症とは
第41回 : 
怒りのコントロール
第42回 : 
あがり症
第43回 : 
「Dr.倫太郎」
第44回 : 
学校では教えない人生の叡智
第45回 : 
マインドフルネス
第46回 : 
旅薬
第47回 : 
ペットロス症候群
第48回 : 
マインドフルネス 2 - 比較文化論
第49回 : 
マインドフルネス 3
第50回 : 
セックスレスの心理学
第51回 : 
あなたの脳を知る
第52回 : 
最新「こころ」の研究
第53回 : 
Deep TMS
第54回 : 
認められるということ
第55回 : 
APPSとメンタルヘルス
第56回 : 
「夜と霧」
第57回 : 
成功の実現
第58回 : 
レジリエンス
第59回 : 
脳の休め方
第60回 : 
脳の休め方2
第61回 : 
世界にひろがるマインドフルネス(マインドフルネス4)
第62回 : 
「過労死」
第63回 : 
人工知能(AI)―人間が引退する日―
第64回 : 
「フェデラーと老いの心理学」
第65回 : 
自己肯定感と承認欲
第66回 : 
「まかない食」
第67回 : 
「脳休」
第68回 : 
小林麻央さんのこと
第69回 : 
醜形恐怖
第70回 : 
黒い犬
第71回 : 
親業とこころ
第72回 : 
弓と禅
第73回 : 
究極の「怖れ」克服法
第74回 : 
自然と脳
第75回 : 
脳から身体を治す
第76回 : 
非日常との境界
第77回 : 
「戦争と平和」
第78回 : 
日本の開国
第79回 : 
自尊心について5
第80回 : 
滝のうら
第81回 : 
「食」と「旅」
第82回 : 
「セリーナ・ウィリアムズと怒りの心理学」(怒りとこころ2)
第83回 : 
「東洋化グローバライゼーション」
第84回 : 
「日日是好日」
第85回 : 
OCD
第86回 : 
プロのホームレス
第87回 : 
偏愛の力
第88回 : 
多様性の教科書
第89回 : 
ゆるすということ
第90回 : 
黒い犬の正体
第91回 : 
自然と脳2
第92回 : 
「ライフ・スペース」という概念
第93回 : 
マインドフルネスと科学
第94回 : 
「こうあるべき」

『こころにまつわるおはなし。』

「こころ」 をキーワードに、様々な話題を提供します。

2011年10月 21日更新

第2回 : 被災地の「こころ」 2

また、6月派遣時、現地からの日記で始めます。

6月9日 Day 6

被災した某病院へ立ち寄る。 一階浸水、周囲は全壊。 ここの看護士さんは自分の車で内陸 (つまり高台のあるところ) へと逃げる。 水が達してきて、それを避け、選んだ進路で幸い一命をとりとめた。 生死の分かれ目はそこかしこにあり、しかも紙一重である。

朝4時からは、被害のひどかった地域を見学。 魚市場の上に車がまだ乗っかっている。 惨状をみたあと、朝刊を読んでいた女医さんは急に泣き始める。 記事は、某病院で津波で浸水した4階の病室から入院患者を救おうとした医療者について。 引き潮で流されていく人間たちを、「みるなー。」

復路の車内ラジオからは青葉城恋唄。 避難所で入所者から、この歌を歌うよう何度もリクエストされる。 「あの人はもういない。」

6月11日 Day 8

震災後、3ヶ月、100日という節目は近い。 トイレのフラッシュの際、水の満ち引きの音で記憶がよみがえるという女性。 寝室をあけると、目線より高い波が、トラックなどをまきこみながら向かってきた、という、災害時記憶。

* この方には、この場所を去る際、豚のこっけいな顔の布でできた小さな人形を手渡す。 「トイレへ行く際は、これをお持ちください。こちらへ注意を向けられたらよいかもしれませんよ。」 (その後、「お守り」 としてトイレへ持参されているようだ。)

今回の震災の一つの特徴は、生と死がくっきり分かれた事だといわれている。 DMATと呼ばれる負傷者を救援する部隊には、あまり役割がなかったという。

それを象徴するかのような以下の写真をみていただきたい。

これは私が、宮城県石巻市を訪れた際に撮影したものである。 市街地からやや内陸には高台がある。 ほぼ海面レベルの市街地と、高台の境界を写したものだ。 これをみた時、その境界が何とはっきりしているかと思った。 言ってみれば、生と死の境界である。

紙一重である。

片や焼け野原のような惨状、片や限りなく平常を維持している。 今、避難所—仮設住宅へと避難生活をしている人々は、言ってみればこの紙一重の差で戻る場所を失った。 あるいは身近な生を失った。 そして、それまで同じコミュニティーで過していた者同志は、永遠に分たれたようだ。 つまり、避難生活をしている人々は、おそらく、この住み慣れたコミュニティーへ帰ることはないだろう。 そのかわり、全く異なったコミュニティー、環境へと入っていく事になる。 この紙一重の差でだ。 彼らの蹂躙された人生の一部が垣間見れるかと思う。

そして、この境界は普段我々が目にしない、生と死の境も表している。

三島由紀夫は、死はダイアモンドのようだと例えた。 その極めて硬質な 「死」 に、我々が何かの拍子に接近した時、我々の 「生」 の強さが試されるのだという。 「生」 がサファイアほどの強さでしかないなら、「死」 に砕かれてしまう。

被災者の 「こころ」 は、いま、様々な意味で挑戦をうけている。

□データ

東北大学・厚生労働省による石巻市雄勝・牡鹿両地区1400人対象の健康調査結果が9月23日付けで発表されている。
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1071/20110923_01.htm

結果、被災者の4割余りに 「眠れない」、「早く目が覚めてしまう」 などの睡眠障害の疑いがあり、一部には 「絶望的だと感じる」 という強いうつ状態がみられた。 被災のショックとの関わりは 「震災の記憶を思い出してしまう・夢に見る」 「思い出すと動揺する」 の割合は35%を超え、うち60%以上に不眠の症状があった。

一方、“周囲との人間関係が保たれている”人ほど、不眠や抑うつの割合が少ない傾向が示されている。

Kokoro Wellness Networkでは、
東日本大震災の被災地へこころのケア・ボランティアを継続的に派遣しています。
このプロジェクトのサポートに興味のある方は、www.KokoroWellnessNetwork.org をご覧ください。
また、被災地でのこころのケアについては、 こちらの映像 をご参照ください。

2011年10月 21日更新

くがやこころとからだのクリニックでは、
「こころ」 にまつわる様々なご相談や、こころの健康チェック、ケアを提供しています。

▼ドクター久賀谷による「マインドフルネスx脳科学」ホームページを開設しました!

https://www.beinamoment.org

ドクター久賀谷によるマインドフルネス 著書・旅企画・コーチングをまとめて紹介。クリニックと合わせてよろしくお願いします!

▼「患者さまの声」ページ 随時更新中!

https://thmedical.org/diagnosis/testimonials/

クリニックホームページ内で診療を受けられた方の動画・音声、そして寄せられたお手紙などをご覧いただけます。
診療セミナーやマインドフルネス・TMS治療に関する患者さまの声。

▼心療内科専門医による各種プログラム
不安/パニック より早い改善をカウンセリングとお薬またはTMS治療を必要に応じて組み合わせることで実現
うつ
そううつ
睡眠改善
ADHD
OCD
慢性痛
マインドフルネス認知療法
認知行動療法カウンセリング
こころとからだ・プログラム → ストレスによる身体の症状の緩和
トラウマ治療 (EMDR)
禁煙プログラム
仕事ストレス
体重マネージメント
こころの健康相談

※ 当クリニックでは、カウンセリングのみも可能です。

Columnist's Profile

心療内科医久賀谷 亮(TransHope Medical)

イェール大学医学部神経精神科卒。日米医師免許。趣味 : トライアスロン。TransHope Medical / くがやこころとからだのクリニック院長。「TransHope」 は、Transglobally (国境を越えて)、Transculturally (文化を超えて) に、Hopeを手渡していくことを意味します。

眠れない、疲れやすい、集中できない、気分が晴れない、ストレスによるこころとからだの反応、ライフスタイル改善(体重、仕事パフォーマンス、喫煙)、うつ、パニック、ADHDなどに医学的診察とケアを提供します。

TransHope Medical

24050 Madison St Ste 113 Torrance CA 90505
TEL:
424-247-9642
FAX:
424-247-9643

TransHope Medical について詳しくはこちらをご覧ください。

バックナンバー

BACK ISSUES