Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2019年10月 1日更新

第88回 : ~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

ここロサンゼルスには、看護師を目指す日本人学生がたくさんいます。このコラムでは、そんな彼らの体験談を定期的にご紹介しています。はじめてのアメリカ生活にとまどいながらも、勉強に励み、精一杯夢に向かっていく姿は、現在看護師になるために頑張っている方、または将来看護師になりたいと思っている方にもきっと参考になるはずです。

第17回は、昨年看護学校を卒業したA.C.さんです。

看護師を目指して - LAで頑張る看護師の卵たちの体験談
A.Cさん
《プロフィール》

東京都出身。大学のフィールドスタディーを行ったタイで、不衛生な上に、充分な医療を受けられない現実を目の当たりにし、医療従事者になることを決意。卒業後は、保育園で働きながら英語を学ぶ。留学を決意し、2011年にロサンゼルスに留学するも、2か月で帰国。その後、再び保育園での仕事に従事するが、諦めきれずに2015年2月に再渡米した。現在、ロサンゼルスの看護大学看護学部に通学中。2018年10月に卒業。

第44回コラムに続き、ターム3から卒業までをつづっていきます。ターム3は、OBGYN(産科婦人科)、Pediatric(小児科)について学びました。私は将来、小児科の看護師になりたいと思っていますので、このタームで勉強できることをとても楽しみにしていました。

クリニックでの実習

各タームの最後には、必ずATI(Assessment Technologies Instituteの略。看護系の学校に入学したとき、もしくは入学してから卒業までの間、学生はパソコンを使ってテストを行います。スコアはすべて%で表示され、75%が合格ラインです。)の試験があるので、実習と試験勉強の両立は大変でした。OBGYNの実習は2週間に渡り、実習先は、その大半が、ヒスパニック系が多く住み、かつ低所得者の地域にあるクリニックでした。

最初の1週間は小児科の医師に付いて、診療の見学をしました。私が付いた医師は、アルメニア系の医師でしたが、このクリニックで働くためにスペイン語を勉強したそうです。なぜなら、ヒスパニック系移民の患者さんの中にはスペイン語しか話さない方が多く、通訳をつける余裕がないのと、医療用語が理解できる通訳がなかなか見つからないのが現実だと教えてくれました。

また、このクリニックでは、子供を出産しても、低所得のために十分な栄養が母親も子供も摂れなかったり、周りに頼る親類がいなかったり、英語を読んだり話したりすることができないために、かなり厳しい健康状態になっている患者さんが多いことを知りました。低所得者の人でも加入できる保険があっても、カバーされる範囲は限られていて、日本のように誰もが十分な医療が受けられるわけではないことに、とても衝撃を受けました。そのために、子供達は成長過程に問題が生じたりしているそうです。私も幼い頃に体が弱かったので、看護師の母は必死な思いで病院に連れて行ってくれたと記憶していますが、厳しい経済状態で、さらに移民という社会的な立場ではそれが簡単でないことにショックを受けました。

週の後半は、MA(メディカル・アシスタントMedical Assistant)、LVN(Learning Vocational Nurseで日本の准看護師にあたります)。アシスタントとして、患者さんの名前を呼んで部屋までエスコートしたり、視力検査、バイタルチェックを行いました。小児科ですので、新生児から18歳までの患者さんです。患者さんの大半は、Annual Check Upと呼ばれる健康診断を受けに来ていましたが、みな不安のせいか泣いていました。一緒に実習に行ったクラスメイトがヒスパニック系アメリカ人だったので、彼女に簡単なスペイン語を教えてもらって、少しでも不安が少なくなるようにコミュニケーションをとることを心がけていました。

次の1週間はMaternity&Newborn(産科と新生児)でした。そこではDeliver(出産)は行われませんが、3rd trimesters(妊娠後期/臨月)、Post partum(産後)、Newborn Care(新生児ケア)がメインに行われていました。初日にUltra Sound(超音波検査)担当の方から声をかけてもらい、日本が好きで何度も行っているなどの話で盛り上がり、毎日挨拶するようにしていたら、ある日「よかったら、赤ちゃんの検査をやってみない?」と、患者さんの超音波検査をすることができました。胎内の赤ちゃんの大きさを測ったり、性別まで見ることができ、超音波の写真の撮り方を教えてもらったりと、とても貴重な経験となりました。このクリニックのMaternity&Newbornの棟には、ドクターはおらず、ナース・プラクティショナーが診断を行なっていました。そのナース・プラクティショナーが、私に、せっかく実習に来ているのだから、最大限に学んでほしいと言ってくれ、患者さんの許可をもらい、できる限り彼女と一緒に部屋に入り、患者さんへの接し方や妊娠や産後のお母さん達がどのような不安を抱えているかを伺い知ることができました。また、ドップラー心音計で赤ちゃんの心臓の音を聞き、実際に心音計を使わせてもらえたり、妊婦さんが目の前で破水し、救急で運ばれていくのを目の当たりにしたり、実習中は、実際の医療現場を体験させてもらうことができました。

こうして、ターム3の実習は無事に終わりました。

学校の授業には、産科婦人科や新生児に加え小児科が加わり、小児特有の病気や検査数値があるため、覚えるのがとにかく大変でした。さらに、成長過程も覚えなければならず、将来進みたい道だったものの、厳しい現実を目の当たりにしました。タームの中で一番大変でしたが、いつも将来のためと言い聞かせて乗り越えました。

ターム4から卒業

いよいよターム4。実習は最後となります。

ターム4はComprehensive(総合科)といって、ターム1から学んだ全てのことを、チャージナースの監修の下で行わなければなりませんでした。

そんな中、学校生活に大きな変化がありました。それは、些細なことがきっかけで友達とケンカしてしまい、翌日にはクラスの半分以上からの無視が始まりました。私は以前にも同じようなことがあり、もうこれ以上もめ事は嫌だったのと、あと少しで卒業だったので、このまま独りでいよう。辛いのはあと数カ月だけ、卒業までは精一杯頑張ろうと心に決めました。ですが、クラス半分以上からの無視となれば、実習はどうしようかととても不安でした。実習は、チャージナース1人につき生徒2人というのは分かっていたので、どうしようか悩んでいました。実習1日目、先生がパートナーを決める際、公平になるように、クジで決めようと提案したのですが、同じ実習グループのクラスメイト達から「Aとはパートナーになりたくない」と目の前で言われ、悔しくて悔しくて、涙が出そうになりましたが、グッとこらえ私も負けずに「パートナーはいりません。もし可能なら1人でチャージナースのところに行かせてください」と彼女達の目の前で先生にお願いし、許可をもらってチャージナースの中でも厳しいと言われているナースのところに自ら行きました。

最後の実習

チャージナースの彼女は、最初はニコリとも笑いもせず、厳しい眼差しでした。私は少し意地をはったことを後悔しましたが、今から考えると、このことが後に私に自信を与えてくれました。でも彼女は患者さんの前でとても丁寧に接していて、患者さんからの信頼も厚く、どんなお願いも素晴らしい話術で対応していました。しかし、仕事に対してはとても厳しかったです。まず、遅刻は厳禁。日本人である私達には遅刻をしないことは当たり前ですが、アメリカでは当たり前ではないようです。また、わからないことを知ったふりをして曖昧にしないこと。投薬(Med Pass)は命にかかわるので、自分が少しでも疑問に思ったら必ず質問をするように、それだけ責任を持って仕事するように、と何回も言われました。私たちに、できるだけ現実の世界を知って欲しいと、とにかく投薬やWound Care(術後や褥瘡の手当など)を患者さんの許可の下で行いました。

患者さんから信頼されている彼女に付いたおかげで、私も患者さんから顔を覚えてもらい声をかけられることも増えました。実習先や学校では、相変わらず無視され、嫌な思いもたくさんしましたが、ナースになるために、今学ぶ機会を無駄にしないで、いつか無視したクラスメート達より上にいけるように頑張ろうと思いました。ある日、チャージナースの彼女とWound Careをしていた時、初日にできなかった包帯がうまく巻けて、ちょっと安心していたら、“You did it! You already deserve to be a great nurse.”と患者さんから褒めてもらったのです。

看護学校は辛いことの連続で、何度も何度も諦めて辞めようかなと思っていましたが、この言葉で全てが救われました。また、最終日には厳しいと言われていたチャージナースから「あなたは絶対に良いナースになれるから!しっかり勉強してナースになってここに戻ってきて、また私とチームになりましょう」と素敵な笑顔でハグをしてもらいました。今、思い出しても涙が出るほど、本当に本当に嬉しかったのを覚えています。この時少しだけ、クラスメートよりも勝てた気がしました。そしてターム4の実習が終わりました。

学校生活では、ターム4から卒業までは先生が教えるという形ではなく、卒業試験の準備とターム1の基礎看護から今まで学んだ総合テストの日々です。ですから、実習がない日や、実習がなくなった後は毎日、学校のパソコン室で1日の課題をこなしていくような日々でした。

ターム1からの知識をすっかり忘れてしまい、また一から勉強し直し、サブジェクト毎にテストがあり、一定の点数を取らなければ、宿題が課されるために、テストをパスするのにとにかく必死でした。

学校で、朝8時から午後2時までパソコン室にこもり、その後も、家や公共の図書館で毎日勉強していました。それでも時間が足らずに課題は増え本当に心が折れそうになりました…。不安とストレスで体調も崩し、情緒も不安定になりました。

その度に、星さんにお会いして元気を頂いていました。いつも「ここまで来たし、LVNでここまでやってきたなんて本当にすごいことなんだよ!だから自信を持って頑張って!」と、いつも私の一番近くで見守ってくれ、まるで家族のような言葉をかけてくれました。卒業式までの2カ月間は、とにかく総合テストを合格して卒業できたら、もっと自分に自信が持てるからと自分を元気づけていました。

学校生活、苦しいこと悲しいことばかりでしたが、絶対に報われることを信じてとにかく勉強勉強の日々を過ごし、無事に総合テストにパスし卒業式に出られることになったのです!

次回の体験談(※掲載日は未定)では、卒業はしたものの卒業試験に受からずに苦しんだ約7カ月間から、NCLEX合格までの道のりを書いていこうと思います。

私が卒業した学校は、この卒業試験に合格しないとNon-Graduateの扱いになり、今後RN進学に関わるほど大きなもので、多くの学生が苦しみ退学するほどでした。この7カ月間の闘いと、学校のスタッフの温かい応援の日々を書いていこうと思っています。

実習先のビバリーヒルズのクリニックにて。
小児タッチセラピーの資格を取りにいきました。小児タッチセラピーとして、とても有名なティナ・アレン先生と。日本でも長年、講習会をしているので日本が大好きとおっしゃっていました。
友人とソーテルで開催された日本のお祭りに出かけ盆踊りに参加しました。

2019年10月 1日更新

【締切迫る!】 NCLEX書類申請受け付け開始!
期間延長! 2019/11/22まで (※)

ご存じの通り、近年は海外からNCLEX受験申請書類を提出しても、受験許可証が却下されて、アメリカで看護師になることができない方が増えています。また、書類申請後の待ち時間も1~2年と非常に長いです。

そこで、弊社では専門家による「ステップ①書類査定」および「ステップ②NCLEX パッケージ作成」までのサービスを開始いたしました。ステップ①のみを依頼し、書類申請できる州の有無や可能性を検討する方もいらっしゃいます。

書類を申請する際は、申請者の学歴、職歴、希望する学校のタイプや州などによって、準備期間や必要書類などが大きく異なります。また、渡米前・渡米後の生活を念頭に、さまざまな観点から進める必要があります。

※ 2020年度は、州によって提出する書類が増える可能性があります。今年中のお申し込みをお勧めします!

「アメリカ看護サポート」詳細はこちら

それぞれの状況に最も適したアドバイスを行うためにも、事前に個別カウンセリングをお勧めしています。

NCLEX合格したら、やっぱり合法的にアメリカで働きたい!
アメリカの看護師永住権について相談するなら、アメリカ看護留学エージェントにしよう!

詳細はこちら

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES