Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第88回 : update
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2019年 7月 15日更新

第85回 : 2019夏 日本滞在レポート

第8弾セミナー/個人カウセリングを実施

現在、毎年夏恒例の「アメリカ看護留学セミナー」と「個人カ面談」の真っ最中です!2014年から開始したセミナーと面談は、今回で第8回目を迎えました。今年は、東京、大阪、栃木、名古屋、福岡、そして韓国ソウルでの開催を予定しています。本コラムでは、7月6日に開催した東京セミナーの様子をお伝えいたします。

個人面談の必要性

今年の予約状況は、告知してからわずか2週間で個別面談枠がすべて埋まりました。年々セミナー参加者も増えていますが、例年に比べ、今年は個別面談だけを希望する人が増えたように思います。もはや、一般的な情報だけでは物足りず、「私の場合はどうなるのか?」「この情報は私に当てはまるのか?」と、個々によって異なる留学事情を詳しく知りたいと考える人が多くなってきたのでしょう。

個別面談で受けた質問の内容は以下の通りです。

  • Q.日本の看護師資格を持っていれば、アメリカで看護師になるための書類作成費用は10万円以下だと聞いたのですが本当ですか?
  • Q.カリフォルニア州に書類申請すれば簡単に通るのですか?
  • Q.ニューヨーク州であれば、CGFNSだけで書類審査できるのですか?
  • Q.アメリカ看護師資格を取ってNPになれば、アメリカの永住権が取得できるのですか?
  • Q.アメリカ人と結婚し、アメリカに今年年末に渡米ですが、永住権やフィアンセビザがあって、アメリカ看護師の資格があれば、すぐ病院で働けるのですか?
  • Q.アメリカの看護師の給与は、日本の看護師の2倍って本当ですか?
  • Q.日本の看護大学卒でも、アメリカの看護大学に編入しなければいけませんか?
  • Q.アメリカ看護師資格を取得しても、TOEFLやIELTSスコアを取得しなければ永住権を取得できないというのは本当ですか?
  • Q.セブ島で医療英語クラスを受講してきたのですが、アメリカの看護大学に編入できますか?

などなど…。

要するに、インターネット上で得た情報や、個人ブログでつながった在米邦人看護師からの情報など、それらは果たして正しいのか、また自分の場合はどうなるのか?と相談してくる人が多いのです。今回も改めて、山のような情報は得られても、それが自分に当てはまるかわからずに、一歩を踏み出せない人がたくさんいると感じました。

アメリカで看護師になりたい!という夢があっても、単なる思いつきでは叶えることは難しいでしょう。その理由は留学資金をはじめ、渡米に向けた念入りな準備が必要だからです。例えば、日本の正規看護師の資格を持っていても、その人のバックグランドや渡航後の看護師像を視野に入れた、1人1人に合った、個別のアドバイスが必要なのです。

実は、今回、日本での個別面談に申し込んできたのは、全員私との初回無料カウンセリングをこれまでに受けたことがある人ばかり。中には5年前にお会いした人もいます。みな、少しずつしかし着実に、最新情報を得ながら、渡米に向けて準備してきています。日本での活動を開始して8年ほど経ち、ようやく個別面談の重要性を理解している人が増えてきたことを、個人的にとてもうれしく思っています。

個々で変わる正看護師資格の取得方法

日本人だけでなく、海外で看護師資格を取得した場合、アメリカで正式に正看護師になるためには、いろんな方法があります。職歴の有無や内容、貯金はいくらあるのかなど、個人のバックグランドによって、その方法は変わるのです。例えば、日本の正看護師資格を生かす方法でアメリカ看護師を目指すのであれば、各州の看護協会が認めた書類作成をしなければなりません。ちなみに、NCLEX書類審査は、今年2月に入って多くの州で、州の審査規定、提出書類が大きく異なりました。つまり、この書類審査が通らなければ、アメリカで看護師になることは不可能といえます。あの州なら書類審査が通りやすいとか、通らないといった根も葉もないウワサが飛び交っているようですが、大切なことは「自分の場合はどうなのか?」ということを知ることです。

日本で看護師になるには、①高専3年卒業から正看護師資格取得、②准看護師2年から正看護師資格取得、③看護専門学校3年から正看護師資格取得、④看護大学4年からの正看護師資格取得、⑤他の専門学校から正看護師資格取得、⑥他の専門学科からの正看護師資格取得といった方法がありますが、他国では、選択肢も、カリキュラムも、時間数も、教科名も、同じではないことを知っておきましょう。

さて、大阪セミナーも無事に終了いたしましたが、滞在中はスカイプやラインでのカウンセリングのご予約(日本時間:月~木 10時~14時)をお受けすることが可能ですのでご連絡ください(8月7日まで)。

みなさまに直接お会いしてお話ができるセミナーや面談は、私も毎回とても楽しみにしています。ぜひ会場にお越しくださいね!

写真1
写真2
写真3
写真4
写真5
写真6
写真7
写真8
写真9
写真10
写真11
写真12
写真13
写真1・2 :
日本に到着!羽田モノレールで都内に向かいます。駅弁がおいしそう!
写真3~6 :
東京セミナーの様子。新宿にあるディーサイド留学情報センターにて。
写真7~11 :
個別面談参加者のみなさまと!
写真12 :
一時帰国のたびに、驚くことばかり!ユニクロでセルフレジ発見!
写真13 :
日本に来たらやっぱここ。大好きな「いきなりステーキ」!

2019年 7月 15日更新

【締切迫る!】 NCLEX書類申請受け付け開始!
期間延長! 2019/11/22まで (※)

ご存じの通り、近年は海外からNCLEX受験申請書類を提出しても、受験許可証が却下されて、アメリカで看護師になることができない方が増えています。また、書類申請後の待ち時間も1~2年と非常に長いです。

そこで、弊社では専門家による「ステップ①書類査定」および「ステップ②NCLEX パッケージ作成」までのサービスを開始いたしました。ステップ①のみを依頼し、書類申請できる州の有無や可能性を検討する方もいらっしゃいます。

書類を申請する際は、申請者の学歴、職歴、希望する学校のタイプや州などによって、準備期間や必要書類などが大きく異なります。また、渡米前・渡米後の生活を念頭に、さまざまな観点から進める必要があります。

※ 2020年度は、州によって提出する書類が増える可能性があります。今年中のお申し込みをお勧めします!

「アメリカ看護サポート」詳細はこちら

それぞれの状況に最も適したアドバイスを行うためにも、事前に個別カウンセリングをお勧めしています。

NCLEX合格したら、やっぱり合法的にアメリカで働きたい!
アメリカの看護師永住権について相談するなら、アメリカ看護留学エージェントにしよう!

詳細はこちら

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES