Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第82回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

アメリカ看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2018年11月 1日更新

第77回 : アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」

アメリカで看護師として働きたい人は必読!アメリカ医療における規定やシステムなど、さまざまなトピックについてQ&A形式でお届けします。第1回は「マグネットホスピタル」です。

聞き手: アメリカ看護代表 星宣子
回答: Yukoさん(RN)カリフォルニア州サンノゼ在住

Yukoさん
《プロフィール》

東京都出身。34歳。2006年、短大卒業後すぐに「オペアプログラム」参加のため渡米。直後に永住権抽選プログラムに応募し当選。2008年永住権取得。2010年に再渡米。ワシントン州タコマで、ナーシングアシスタントの資格を取得し、訪問介助・介護を中心に5年間働く。2016年RNライセンス取得。地元の病院で、心臓疾患や血管系の疾患のある患者を治療する科に就職。その後、婚約を機にカリフォルニア州に移住。カリフォルニア州のRNライセンスを取得し、現在、サンノゼにある病院で「ステップダウン・ユニット(Stepdown Unit:集中治療室から出てきた患者や、手術を終えた患者、点滴の薬によって頻繁に容体を確認する必要がある患者などがいる科)に勤務している。

星:
「マグネットホスピタル」「マグネットナース」という言葉をよく聞きますが何ですか?
Yuko: 

マグネットホスピタル(Magnet Hospital)とは、アメリカ看護資格認定センター*から提示されているマグネットプログラムの条件を満たし、マグネットホスピタルとして名乗る権利を認められた病院のことです。このプログラムは、看護師の患者治療における優秀さを最大限に引き出すもので、看護師が医療現場でリーダーシップを図り、患者の病気回復や最善の処置していくこと、また看護師の教育課程や経験、経歴、それぞれどの段階においても、臨床現場にて自主性を高めていくことを目的にしています。そして、マグネットナースは、そのホスピタルで働いている看護師を指します。このマグネットホスピタルは、評価をされて与えられる称号や賞ではありません。資格や証明のようなもので、条件を満たさなければならず、またマグネットの資格を維持するために義務も生じます。ですから、患者にとってはより良い病院を選ぶ上での基準になると思います。

星:
マグネットホスピタルの条件は何でしょうか?
Yuko: 

マグネットホスピタルと認証されるには、まず、病院がプログラムの入会費、参加費をアメリカ看護資格認定センターに支払わなければなりません。同センターのホームページを見てみると、入会費だけでも5750ドル(2018年現在)、参加費は病院のベッド数により変動するようですが、3万1500ドル~6万8250ドルです。加えて、管理協会用の費用や書類チェック費用までかかるようです。プログラム入会の条件ですが、看護師の学歴を重点にしているように感じます。看護師の職で最もトップの地位にあるチーフ・ナーシング・オフィス(Chief Nursing Office)は、最低でも修士号(Master’s Degree)を取得している者とし、部署(Unit)のナース・マネジャー(Nurse Manager)は、100%の割合で修士号を保持している看護師で、ナース・リーダー(Nurse Leaders)も、学士号(Bachelor Degree)を持っている看護師に限るようです。さらに、マグネットプログラムの指導書があるので、その概念に基づいて組織を形成していきます。このような条件を病院が満たし、4年に一度の更新制で内容の見直されて、マグネットの資格を維持していくようです。

星:
マグネットホスピタルの利点は何でしょうか?
Yuko: 

マグネットホスピタルでは、病院側、患者側、また看護師側にも利点があるという結果が出ています。病院は、品質の高い患者へのケアが行われ、利益率も高く、そして従業員の満足度も高いという成果を上げており、患者の死亡率、感染症率、転倒率が他のホスピタルよりも低いという功績があるため、患者側も安心です。そして看護師にとっても、仕事の満足度が高い、離職率が低い、また仕事上のミスも少ないという利点があります。私は実際にマグネットホスピタルで働いたことはないのですが、個人的な見解では、たとえマグネットホスピタルでない病院でも、看護師がリーダーシップを発揮して、患者の病状回復に最善を努めていたり、他の医療のプロフェッションの人たち(医者、薬剤師、呼吸療法士、理学療法士、作業療法士、社会福祉士等)と対等に看護師の意思を述べて、患者の処置をしていくのは同じです。ただし、高学歴な看護師がいる病院は死亡率や感染症率が低いという結果が出ているので、看護師の学業向上を基にしているマグネットプログラムに参加している病院は、病院と看護師両方に利点が多いといえると思います。看護師の学歴の傾向は、人それぞれだとは思いますが、全般的に高学歴志向だと言えます。マグネットホスピタルでなくても、病院によっては、多くの準学士号(短大卒)の看護師が学士号(大学卒)を目指して、働きながら勉強しているというところもあります。中には、準学士号を最終学歴として退職をする年配の看護師の方もいますので、それぞれの目標や信念があり、ひとつの概念に縛られることはないと思います。

* アメリカ看護資格認定センター(ANCC:American Nurses Credentialing Center) とは、アメリカ看護協会の傘下にある看護師の資格に特化した機関。

参考: American Nurses Credentialing Center(n.d.) ANCC Magnet Recognition Program. Retrieved October 8, 2018 from,

写真1 :
同僚が私の結婚式前に開いてくれた夜勤明けの朝食パーティーの様子です。
写真2 :
友人とサンフランシスコに観光旅行!
写真3 :
看護師の同僚の家でクリスマスパーティーを開いたときの写真です。
アメリカ看護オフィシャルサイト
Yukoさんインタビュー記事

「アメリカ病院での就職と病院現場で働くということ/アメリカ看護留学体験談」

2018年11月 1日更新

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES