Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第84回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

アメリカ看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2018年10月 2日更新

第76回 : LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

ここロサンゼルスには、看護師を目指す日本人学生がたくさんいます。このコラムでは、そんな彼らの “つぶやき” を定期的にご紹介していきます。はじめてのアメリカ生活にとまどいながらも、勉強に励み、精一杯夢に向かっていく姿は、現在看護師になるために頑張っている方、または将来看護師になりたいと思っている方にもきっと参考になるはずです。

第13回は、州立大学から看護師を目指し、現在OPT中のMさんです。

Mさん
《プロフィール》

2013年3月に高校を卒業。同年8月に渡米し、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校公衆衛生プログラム( Public Health Program)で学ぶ。2018年6月、カレッジ・オブ・ザ・キャニオンズ( College of the Canyons)卒業。専攻は社会行動学(Social Behavior)。現在、ドクターオフィスでOPT中。

州立大学から看護学を学ぶため転校。現在、夢を目指して邁進中!

私が、アメリカ留学を決意したのは中学2年生のとき。当時14歳でした。アメリカの医療ドラマ『ER』を観ていて、看護師が挿管をしていたシーンがとても印象的でした。そして、何と言っても、日本ではありえないことだと思いますが、治療方法や薬の選択に関して、看護師が医者と言い争っていた場面で、アメリカの看護師は知識が高いなと感じたのを、今でも覚えています。その後、自分なりにネットで調べて、アメリカの看護はレベルが高く、その上、日本と比べて、医療や看護師の資格などに違いがたくさんあることが分かり、アメリカでの看護師を決意しました。

実は、母の勧めで5歳のころから英会話をずっと続けていたこともあり「アメリカ大学入学」という夢のために、中学3年生からひたすらTOEFLの勉強を頑張ってきました。渡米前また現地でも、一切留学斡旋会社に依頼することなく、ちょっとウェブサイトなどを見たりしましたが、どこもあまり信用できそうもなく、話するだけお金の無駄だなと毎回思っていたので、自分で検索していました。

そして、高校卒業に先駆け、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校(CSUN:California State University, Northridge)の公衆衛生プログラムに願書を提出。まずは一般教養を取ってから看護の勉強をした方がよいと、大学の総務(Admission and Record)担当者(その方は日本人でした)にメールでアドバイスされたからです。願書は看護科で提出しましたが、一般教養を取るためには、最初は公衆衛生プログラムで学び、専攻はその後、簡単に変えられるということでした。つまり、学校に問い合わせしたところ、私の将来の希望の職種を考えると、学校側は先に公衆衛生を取ることを勧めてくれた形です。余談ですが、アメリカで看護プログラムに入るには、一般教養とは別に、看護プログラム用の必須科目を取る必要があります。科目は、基本的に理系で、例えば、基礎生物学(Basic Biology)、解剖学( Anatomy)、微生物学(Microbiology)、生理学(Physiology)、発達心理学(Developmental Psychology)、統計学(Statistics)など。看護を勉強する前に取らないといけない授業がたくさんあるのです。私の場合は、公衆衛生を学んだ後に、一般教養と必須科目プラスで、心理学系の認定証(Certification)などを取るようにしました。そして、その後、カレッジ・オブ・ザ・キャニオンズという大学に移り、心理学の一つである社会行動学(Social Behavior)専攻で卒業したのですが、学んだ内容は心理学がメインとなっています。

話しが少しそれましたが、学校からのアドバイスもあり、まず私は、カリフォルニア州立大学ノースリッジ校入学に向けて頑張ることにしました(カリフォルニア州立大学ノースリッジ校 ヘルスサイエンス)。今でも忘れられないのは、入学審査が終わって合格通知を頂いたときのことです。「高校卒業して直ぐに州立大学に入っちゃった!いいのかな?信じられない」という、嬉しいような不安な気持ちでいっぱいでした。しかし、入学して直ぐの頃から、私は経済的に予想もしなかったさまざまなことがありました。家族も落ち着かず、結構大変でした。でも、高校の時の担任の先生や周りの反対を押し切って、アメリカで看護を学ぶと啖呵を切ったこともあり、自身の発言や行動に責任を感じていたので、意地でもあきらめるという選択はなかったんです。意地でここまできているような感じです(笑)。あの頃、周りにサポートしてもらったことは一度もなく、励ましの言葉すらなかったです…。何とか踏ん張り頑張って無事入学できたものの、最初のセメスターでは、州立大学での英語レベルについていくのがとても難しく、言語という面で壁にぶつかりました。またこれ以上の英語力を求められると、看護学科に入ったらもっとついていけなくなってしまうのではないかという不安にかられました。いっそ転校(Transfer)するか、このまま看護の道を諦めるか…。そもそも、もし看護学科に編入できたとしても、実際に看護学の単位を取るまでの待ち時間(Waiting List)が2年間。そして、常にオールAの成績を取る、つまりよっぽど良いGPAを取っていないとアメリカ人でも入学は不可能。まして私のような留学生では壁が高すぎるとあって「アメリカで看護を学ぶなんて無理かも?」と迷い日々を過ごしました。

そんな折、初めて星さんの「アメリカ看護」のサイトを見つけたのです。ちょうど留学してから1年ほどが経った頃でした。そこでは、数々のアメリカ看護留学経験者をアメリカ看護師として永住権取得までサポートし、バックグランドが異なる人たちの体験談を何度も読みました。 星さんと初めてのカウンセリングをして頂いたとき、「安心」という気持ちを一番に感じました。看護学科というのは特別な学科であることを、渡米後に気づいたのですが、それまで私は誰にも責任を持ってとことん進路カウンセリングをして頂いたことがありませんでした。CSUNですら、カウンセラーに相談をしに行くと、「現時点では、違う学校へ転校しないと看護科は無理だよ」で会話は終了させられたのですから…。

そういった点でも、星さんとのカウンセリングは「こういう道がある」「こんな風にしていく必要がある」などと、さまざまな進路(レール)を提案してくれて、私の状況を把握しながらしっかりと導いていってくれる方だと信頼することができました。これまで星さんがサポートして来た方々の中でも、最も印象に残っているのは、益吉克典さんのアメリカ看護留学体験談です(America Kangoオフィシャルサイト)。彼もこちらのカレッジで学び、看護学科(Nursing)入学という進路を、自分なりに考えて選んだ1人です。私もちょうどその時、一般教養を取っているときでした。自分と少し似た道を進むため、益吉さんは星さんに相談し、准看護士、正看護師を経て、現在はアメリカ看護師として永住権取得までした方でしたので、とても印象深かったのです。

私が、星さんにお会いして、ほかの留学斡旋会社と大きく違う点、また一番びっくりした点は、アメリカ看護師事情(LVN、RN、BSNの違い)を、しっかりと詳細を理解していること、そして医療従事者に関する最新情報をきちんと説明してくれたことです。医療従事者として永住権を申請するといった話は、ほかでは一切聞いたことがありません。「アメリカ看護」のサポートに心を動かされた要因はほかにもあって、Eメールで問い合わせをしたときも、話がとてもスムーズで、私の状況を瞬時に理解してくれたことでした。私は、州立大学進学のために1人でぽつんと渡米してしまったので、周りに日本人の友達はおらず、唯一アメリカ人のルームメイトがいたぐらいです…。また、クラスメイトでも、ルームメイトでも、ルームメイトの友達でも、周りにいるアメリカ人でも、看護を視野に入れている人は誰一人いませんでした。みんな口を揃えて「看護は難しすぎるから」と言っていました。

今後の目標ですが、私は看護の経験は全くないものの、ケアの仕事からしっかり経験・実績を積んでいこうと思っています。母からは「小さな夢をたくさん持ち、大きな夢を1つ持っていきなさい」といつも言われているので、私の大きな夢(BSN RNになってERで働くこと)を目指して、少しずつですが経験を積んでいきたいと思っています。やってみたいことは、たくさんあるので、一歩ずつ前進し楽しみながら勉強していきます!!「アメリカ看護」の星さんは、私の次のステップに必要なアドバイスをしてくれる、現地アメリカの良きアドバイザーです!これからも宜しくお願い致します。

写真1 :
8歳下の妹が遊びに来た時に、一緒にユニバーサルスタジオに行きました!
写真2 :
大学の卒業式。ルームメイト2人と妹と撮影。
星宣子から

Mさんへ

大学ご卒業おめでとうございます。現在OPT中ということで、ようやくアメリカで夢を叶えるための一歩を踏み出しましたね。Mさんから弊社に初めてご連絡を頂いたのは、2014年でしょうか。既に米国滞在が1年を過ぎていた頃で、今後の進路についてご相談を受けたと思います。当時は19歳で、しかも日本にいるお母さまともスカイプでお話をしましたね。あれから、あっという間に4年もの歳月が過ぎ、先日弊社でご紹介したドクターオフィスに採用が決まりました。雇用者側からは「英語ができる方を紹介してくれてありがとう!」というお褒めの言葉を頂きました。CNAのライセンス取得に向けた準備と、OPTのドクターオフィスでの雇用と両立するのは大変かもしれませんが、ぜひご自分が目指す医療への道を突き進んでください。陰ながら応援しております。

星 宣子

2018年10月 2日更新

お知らせ
〜アメリカで看護師になりたい!!看護留学〜 無料セミナーのご案内

★★【現地スタッフ来日】★★

毎年恒例のHoshi World Inc アメリカ看護留学セミナーを日米留学会社提携での開催のお知らせです。
アメリカ看護留学希望者向けに、現地最新情報を元に渡米対策についてお話しします。
漠然と不安を持っている人や個別に相談をしたい方は個別面談をお勧めします。

この機会に最新アメリカ看護留学情報を視野にいれている方、本セミナーの内容に興味がある方、ぜひ足をお運びくだ下さい。

毎年夏恒例!アメリカ看護留学セミナー開催!

年に1度のこの機会に、一般的な情報ではなく、個々のバックグランドや渡航希望に合ったルートを、
看護留学専門家のカウンセラー星にご相談ください。
面談で直接ご質問にお答えします。

東京会場

日程: 【7月6日(土)】セミナー:午前10:30~12時、個別面談:午後1時~
主催ディーサイド留学情報センター
場所: 新宿区新宿3-2-1新宿三丁目ビル7F (→マップを見る
お問い合わせ: 03-5341-4620

大阪会場

日程: 【7月13日(土)】セミナー:午後1時~2:30、個別面談:午後2時45分~
主催ディーサイド留学情報センター
場所: 大阪市北区梅田2-5-6桜橋八千代ビル4F (→マップを見る
お問い合わせ: 06-6131-6622 「高野宛」

栃木会場

日程: 【7月20日(土)】午前10時~午後1時 ※個別面談のみ受付
https://www.americakango.com/「斎藤宛」

韓国ソウル会場

日程: 【7月27日(土)】午前10:30~12時 ※午後1時~個別面談
主催: 韓国語学堂にて

個別看護留学カウンセリングは直ぐ予約が埋まってしまいますので、お早めにご連絡下さい!

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES