Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1

アメリカで看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2018年 6月 1日更新

第72回 : 「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1

日本で、毎年定期的にセミナー/個人カウセリングを開催するようになって、今年で6年目。夢を叶えアメリカに看護留学を実現する方も次第に増えてきました。今回は、2016年のセミナーに参加していただいたM.S.さんとM.F.さんに、留学のきっかけや準備期間などについてお話しをお伺いしました。

M.S.さん
《プロフィール》

東京都出身。32歳。大学4年時に進路変更し、看護師になることを決意。看護学校卒業後、手術室をはじめ、外科・耳鼻科・泌尿器科混合病棟、内科外来、救急外来で勤務している。

Q...
海外での看護学校入学を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
A...

看護学校時代の友人と(右側中央)。

私の母が外国人ということもあり、常に二か国語が飛び交う環境のもとで育ったためか、もともと物心ついた時から「海外で働きたい」という気持ちがありました。ですが、大学時代は別の進路を希望しており、さらに経済的な理由も相まって、海外で働くことなんて夢のまた夢状態でした。大学4年時に進路変更してからは、とりあえず資格を取って看護師として働くということを目標に生活していました。しかし、無事看護師として働き始めてからも「海外で働きたい」という気持ちは残り続け、3年目で大学の奨学金を完済し、肩の荷が下りた時、また沸々とその気持ちが沸き上がってきたのです。看護師はやりがいもあり経済的にも困窮することはないでしょうから、このまま働き続ければ、きっと10年、20年はあっという間。「海外で働きたい」という気持ちを持ったまま、私はこの先も生きていくのだろうかとモヤモヤしていたころ、私の姉が結婚を機にアメリカに移住することが決まったのです。アメリカを行われた姉の結婚式で渡米したとき、私は一体今まで何をそんなに恐れて一歩踏み出せずにいたのかと、とてもばかばかしく思えたのを覚えています(笑)。それからは、海外留学・就職について情報収集し、星さんのところに行きついたのです。もちろん、NCLEXだけ受けて働くことも考えましたが、早く確実に海外で働くために看護学校への入学を決意しました。

アメリカへの看護留学を決めた理由は、正直なところ、ずばり将来的な収入を予測してのことです。ワーキングホリデーにはあまり興味がなく、初めからアメリカに行くなら卒業後に就職できるような留学が理想でした。私が調べた結果、オーストラリアやニュージーランドは介護職での就職が多いような印象を受けました。カナダも含めて看護師の平均年収は日本と同じくらい、もしくはそれ以下でした。日本では初任給こそ高いかもしれませんが、それ以降は主任、師長、認定看護師にならなければあまり収入は上がりません。上がるといってもたかが知れてます。その点、アメリカならば、自分のスキル次第でお給料が上がると聞いています。夢があるなと(笑)。

Q...
アメリカ看護留学の情報収集にかかった期間はどのくらいでしょうか?
A...

大体半年くらいでしょうか。インターネットで「アメリカ看護」と検索し、HWI(Hoshi World Inc.)には、早い段階で行き当たっていましたが、ほかにも他社や渡米した方、アメリカ看護師などのブログを読み漁っていました。

実は、新人の頃に一度大手留学エージェントに相談したことがあります。そこでは、オーストラリアやニュージーランドでのワーキングホリデーを勧められました。アメリカへの留学を決意してからは、アメリカを拠点にする他のエージェントの資料も請求したこともあります。パンフレットの最後に「アメリカではビザ取得が大変厳しく就職も難しい」とあったのが印象的でした。絶望的な気持ちのまま、インターネットで情報収集しているなか、HWIに行きついたのです。軽い気持ちでメールしたところ、無料相談を案内され、疑心暗鬼のまま、星さんに相談しました。どんづまりだった私の夢を、なんて具体的に、なんて的確に、なんて明るく導いてくれるんだろうこの人は!と相談終了時には自然と涙ぐんでいました。今思えば安心したんですね、きっと(笑)。そのあとも情報収集を続けながら、やっぱり星さんがいいと思い、サポートを依頼しました。

星さんは、看護師としてアメリカで働くこと、何よりもそれにこだわってサポートしてくださっていると感じます。ゴールはアメリカへ行くことではない、だからこそ、より具体的なプロセスとアドバイスを提供してくれます。実際にサポートをお願いしたのは、星さんのところが初めてでしたので、他社さんのことはよくわかりませんが、HWIを選んで正解だったと思っています。

Q...
渡航直前の気持ちを聞かせて下さい。
A...

内科外来の先輩方と撮影!(前列右端)

2017年12月に交通事故で脛骨を骨折してしまって、今まで健康だけが取り柄だったのに、どうしてこのタイミングなのかと、かなりメンタルをやられてしまいました。星さんとのカウンセリング前に、まずは骨折のことをメールで知らせて、渡米の延期も考えましたが「治る、いや治す」と気持ちを奮い立たせました。星さんは、私のビザ面接前や渡米直前のカウンセリングで足のことを気遣い、寮も学校近くのところにしてくれました。これには本当に感動しましたね(笑)。おかげで絶対予定通り渡米する!という気持ちが強まりました。特に渡米直前のカウンセリングでは、9割に膨らんだ不安を減らしてもらったので、落ち着いて渡米できそうです。

Q...
NCLEX書類申請代行を依頼した経緯と感想を教えて下さい。
A...

私の場合、留学資金がカツカツなので、NCLEX書類申請代行依頼は、かなり迷い星さんにも相談しました。もちろん依頼の強制はされていませんし、結局は自分自身で決めること。とにかく悩んで悩んで…正式にお願いすることにしました。結果は、費用を支払ってでもお願いして良かったと思っています。NCLEXの書類申請の苦労は、実際にやってみなければ分からないことなんです。どれだけ煩雑で、複雑で、面倒くさいか…。書類申請のことで、時間と労力を無駄にせず過ごせてよかったと感じています。

星さんへ

実をいうと、星さんにサポートを依頼してからしばらくは「もしかして巧妙な詐欺なのかもしれない…」と思っていたことを、この場を借りてお詫びさせてください。ようやく実感が湧いたのは、NCLEX書類申請に追われていたころでした。毎回、星さんの明るい笑顔と、初回から一貫性のあるアドバイスで元気をいただいてます。今は、星さんのアドバイス通り、怪我のリハビリと日本食を謳歌しています。アメリカでお会いするのがとても楽しみ!アメリカでもよろしくお願いします!

星宣子から

情報収集はあまりしていないとおっしゃっているMさんですが、初めて彼女とお話をした日から渡航準備までの経緯を見ても、きちんと自分で調べているし、さらに行動力のある人だなと思っていました。その行動力を武器にこれからも前進して下さい。応援しております。

M.F.さん
《プロフィール》

大阪府出身。34歳。看護学校卒業後、転職を繰り返す。29歳の時、念願であった海外語学留学(ワーキングホリデー/行き先:カナダ・トロント、期間:15カ月間)を経験。帰国後、救命センターの病棟に4年間勤める。現在は、整形外科病棟勤務中。

Q...
海外での看護学校入学を目指そうと思ったきっかけは何ですか?
A...

ワーキングホリデーから帰国した後も、海外にもう一度行きたいという思いが頭から離れず、また看護師として、今後どうするかを考えていた矢先に、海外への看護留学を果たした人の投稿を思い出しました。けれどその時点では「アメリカへの看護留学は不可能だ」と、私の選択肢には入らなかったことを思い出します。なぜなら、HWI(Hoshi World Inc.)以外の留学エージェントは、アメリカへの看護留学そのもののプランさえ中止していたからです。今はそんな時代なのだと思っていました。しかし、数年間かけて看護留学情報を集めた結果、やはり「アメリカの看護師のレベルの高さ」に憧れる自分がいました。そして、アメリカで勉強したいと強く思うようになりました。

アメリカの看護師になることへの憧れとともに、アメリカ看護留学への道を作るため、数年間あらゆる留学エージェントや看護留学会社に連絡を取りましたが、どの会社からも正確な情報は得られず、“とりあえず行ってみたら?”と、無謀な提案をする方が多かったのが印象的です。もし私がお金持ちで若ければ、直ぐにそうしたかもしれないません。しかし常々、目標達成は十分な準備なしにはつまづくものだ、と思っていました。日々、インターネットで、何か糸口になるものはないかと探している時、HWIを見つけたのです!毎年開催されている夏の看護留学セミナーと個別相談会に参加を決め、でもきっと留学への具体的な動きにはつながらないだろうと、ダメもとで申し込んだものの、星さんが“本物のエージェント”であることを実感しました。星さんに数多くの実績があること、これまでさまざまなバッググランドを持つ看護師たちが、アメリカで看護師と働くことができるためにサポートしていることなどを知り、サポート依頼をHWIさんに決めたのです!

HWIさんは他社とは全く違っていました。正確な情報提供、実際に活躍されている方々の功績、私をここまでリードしてくれたHWIの皆さまのサポートの厚さ、そして私が不安につぶされそうな時に、幾度と助けられた「やるしかない!焦らずに大丈夫!!」という星さんの言葉と、親身なカウンセリングは、頼もしくとても心強かったです(涙)。

渡航後も、ぜひ星さんにカウンセリングをお願いしたいです!夢への一歩として、渡米もそうですが、セミナー以来お会いしていない星さんに、アメリカで再会できるのが楽しみです!この時代に、これほどにまでに親身になって相談に乗ってくれる方に出会えて、私はラッキーです(*^-^*)

Q...
NCLEX書類申請代行を依頼した経緯と感想を教えて下さい。
A...

説明会に参加した翌月に、アメリカ看護アシスタントのりかさんから、NCLEX書類申請代行は渡航の時期に限らず、留学前しかも早期に申し込みできることを聞き、お願いするならHWIさんしかないと決断しました。

渡航前のこんな早い時期に、NCLEX書類申請が通って受験資格が与えられたところです。それもこれも、HWIさんのおかげです。正直、書類作成は一人では不可能だと思います。多大なエネルギーと時間がかかる作業です。卒業校や個人についての書類を用意するにあたり、不明なことがたくさん出てきました。そのたびに、HWIさんの書類作成担当者の方が、どれほど細かく一枚一枚の書類に目を通し、さまざまな調査やシラバス内容に関してサポートして頂いたか…。それを思い出すだけでも、いかに書類作成が大事であるかを学ぶことができました。担当の方が迅速な返答でリードしてくたおかげで、わずか9カ月間で受験許可証がNYSEDより届きました。りかさん、Emilyさん、ありがとうございました!

アメリカへの看護留学を決めてから1年半。渡米を9月に控えています。目標に向かって進む準備期間が、こんなにも有意義な時間と感じられるのも、星さんとの皆さまのおかげでNCLEX書類申請許可がすんなりと下りたからです。本当に心から感謝しています。ありがとうございました!あとは、私の努力次第。これから、すべきことが山積みですが、RN資格取得後に、どんなふうに働くかを楽しみにイメージしながら、目標達成に近づきたいと思っています。

星さんへ

星さんの頼もしいサポートに、いつも甘えてしまいます。何度「焦らずに。大丈夫!ノープロブレム!」という言葉に救われたことか。現在、留学で必要とされる膨大な勉強量に圧倒されておりますが、これも贅沢なプレッシャーであると考えるようにしています(汗)(^-^; “備え”こそ、不安と恐怖に打ち勝つ唯一の方法だと、肝に銘じてやるしかありません!星さん、いつもありがとうございます。感謝。

星宣子から

大阪で開催されたセミナー後にNCLEX申請許可証を受理し、そしてついに渡航の時期が迫ってきましたね。「英語での授業についていけるか不安です」とおっしゃるのは、英語圏でのワーホリ経験者だから身をもって感じていることですよね。私もよ~く理解していますよ。在米20年になる私だって100%の自信なんてありません。日本語で考えていることも多いので“急に英語で声かけないでモード”は今も常に発令中です(笑)。渡米の日を、心待ちにしています!

2018年 6月 1日更新

お知らせ
毎年夏恒例!アメリカ看護留学セミナー開催! (参加無料)

年に1度のこの機会に、一般的な情報ではなく、個々のバックグラウンドや渡航希望に合ったルートを、看護留学専門家の星にご相談ください。面談で直接ご質問にお答えします。セミナーのご参加は無料です。個別面談(有料)をご希望の方は、お問い合わせください。 info@ameriakango.com

◆ 6月30日(土) 午後1時~2時

~大阪会場~
主催:ディーサイド留学情報センター
場所:大阪府大阪市北区梅田2-5-6桜橋八千代ビル4F
お問い合わせ:06-6131-6622 「高野宛」

◆ 7月 7日(土)午後1時~午後2時

~東京会場~ 「看護留学」
主催:ディーサイド留学情報センター http://www.d-sidejp.com
場所:東京都新宿区新宿3-2-1新宿三丁目ビル7F
お問い合わせ:03-5341-4620 「鶴巻宛」

~大阪会場~(スカイプ同時中継) https://www.d-sidejp.com/c-info-maptokyo.html
場所:大阪府大阪市北区梅田2-5-6桜橋八千代ビル4F
お問い合わせ:06-6131-6622 「高野宛」

◆ 7月14日(土)午前10時~午後1時

〜栃木会場~(個別面談のみ受付)
info@ameriakango.com 「斎藤宛」

◆ 無料セミナーにお申込みをご希望の方は、下記内容をinfo@ameriakango.comまでご送信下さい。

氏名:漢字/ローマ字
電話番号:
希望日:
□6/30 大阪
□7/ 7 □東京 □大阪
□7/14 栃木

ご本人様について
□キャリアチェンジ
□看護学生 □正看護師
□その他

渡米予定時期:
渡航希望州:

日米看護師が教授する看護英語コミュニケーション講座開講!

リスニングとスピーキングに特化し、「明日すぐ使える」実践的な英語コミュニケーション能力を強化する内容となっています。「問診聴取」「バイタル測定」の模擬体験は、受講者と患者役の日本人アメリカ看護師教師の「一対一」で行います。外国人患者の対応が必要な看護師・医療従事者、英語学習初心者にお勧めです。

医療英語クラス開講in Hawaii決定!

場所: Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815 (→マップを見る

4週間コース

2018年1月8日(月) ~ 2月2日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年4月2日(月) ~ 4月27日(金) 定員に達したため、締切りました。
22018年7月2日(月) ~ 7月27日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年10月1日(月) ~ 10月26日(金)

10~11週間コース

2018年1月8日(月) ~ 3月23日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年4月2日(月) ~ 6月15日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年7月2日(月) ~ 9月7日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年10月1日(月) ~ 12月8日(金)

時間: 1日2-3時間受講

内容
医療英語(Medical Terminology)
コースに含まれるもの:オリエンテーション、テキスト

* 午前のみのESL受講希望可能
* 午前・午後 少人数制医療英語受講
* 宿泊所・航空券手配可能

ハワイ開講第1期生スペシャル早割!

お申し込みは以下まで

http://hoshius.com
http://americakango.com
https://www.facebook.com/

詳細は「医療英語受講 in Hawaii係」までどうぞ。

アメリカでナースを目指したい方、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

Facebook: America Kango

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES