Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第101回 : update
アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル
第97回 : 
コロナ感染者爆増!アメリカの医療業界最新事情
第98回 : 
~体験談Vol.20~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第99回 : 
2020:日本「Zoom」セミナー レポート第1弾
第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾
第101回 : 
アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2018年 2月 2日更新

第68回 : LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~

Katsunoriさん(29歳)
《プロフィール》

広島県生まれ。 高校3年生の時に、テニス留学でオーストラリアに渡る。 卒業後、1年半ほどワーキングホリデーで働きながらバックパッカーとして国内を周る。 その後日本に一旦帰国し、約1年働いたのちF1ビザでアメリカ留学を果たす。LVN(Licensed Vocational Nurse)として勤務後、2016年にRN(Registered Nurse)の資格を取得。趣味はテニス、旅行、食べること。

Q...
現在の仕事について教えてください。
A...

相変わらずRNチャージナースをしています。今の職場は「Long Term Care」と、急性期を終えた患者さんたちがリハビリや長期の点滴のため送られてくる「リハビリ」のステーションに分かれています。僕はリハビリのステーションにいて、毎日、点滴や病院のAdmission手続き、そしてアポイントメント管理や患者さんの家族およびドクターとのコミュニケーションなど、一通りの業務をしています。かなり忙しい施設で、16時間ぶっ続けでまともに休憩も取れないこともよくありますが、同僚たちのヘルプでなんとかやっています。まだRNになって初めての医療の仕事ですので、一体自分に何ができるのか、何がしたいのかなど模索中です。次は病院でMedical-Surgicalのフロアで仕事をし、基本をもう少し学んで、ICU(集中治療室)かER(緊急救命室)での仕事に挑戦してみたいと思います。

Q...
アメリカで看護師として働こうと思ったきっかけを教えてください。
A...

日本での看護経験は全くなかったので、まずはLVNで基本的なことを経験していこうと思い、准看護師の資格取得を選択しました。看護師になろうと思った理由としては、今後、アメリカで安定した生活をするためにはこの道が一番自分に合っているような気がし、以前から医療に興味もあったからです。准看護師、そしていずれは正看護師になりたいと思っていました。

Q...
看護学校卒業から、病院で働くまでの経緯を教えてください。
A...

まず准看護学校でNCLEX-LVNのライセンスを取った後、准看護師として学生が合法的に働くことができるOPTという資格を取得しました。でもLVN留学生というだけでは、なかなか仕事探しに苦労したため、まずは星さんから紹介して頂いたホームヘルスの仕事に就きました。その後、患者さんや同僚、上司からの紹介でホスピスの仕事も並行して始めることに。さらに仕事をしながら、LVNからRNのプログラムに編入し、RN学校を終了しました。そして、自力で何とか見つけた治験のリサーチ会社で働き始めましたが、半年後に星さんの紹介で、前職である医療施設の正社員となりました。

Q...
アメリカの医療施設で仕事をして、患者さんやそのご家族とのやりとりで苦労したことはありましたか?
A...

私は日本生まれ・日本育ちなのですが、勤務先の患者さんのほとんどが白人のアメリカ人で、自分とは育った環境や宗教が違うので理解するのが大変でした。特に宗教のことは理解できないことがたくさんありましたね。またジョークも分からなかったので、テレビを観て勉強もしましたが、幸い自分では解決できないほど大変なことはまだありませんでした。一番苦労したことと言えば、看護師やドクターとの電話対応でしょうか。電話は相手の顔が見えない状況でのやりとりです。相手が置かれている環境や状況も全く分からないので、対応は非常に難しく感じましたね。特に、ドクターは、アメリカ以外の国から来ている人たちが多く、英語にアクセントが強い方が大多数でした。さらに、医療用語でのやりとりも大変だし、まだ薬の名前等を全て把握できていない状況でした。特に、勤務して最初の1カ月間は本当に苦労しました。ナースステーションでひとりきりで電話対応していると大変でしたが、良い意味で「開き直る」ことでしょうか。また、緊急時では、ゆっくり、丁寧に、簡潔に、短く話すのがベストですね。そして大事なことだけを話したら、あとは聞くこと。現場で最も嬉しかったことと言えば、患者さんから退院時に「ありがとう」という言葉をいただいたときでしょうか。

Q...
アメリカ社会で生活していく上で、大切なことや心がけていることはありますか?
A...

当たり前ですが、人種、性別、年齢を問わず、分け隔てなく接すること、フレンドリーに接することが大事ですね。アメリカで仕事を始めてから、コミュニケーションの大切さを改めて感じています。本当に多種多様人種の方が多く共存しているという現実を、前職でも日々感じましたし、日本にいた時の感覚とは全く違い、アメリカ大国ならではの、独特の感覚を多く学んだと思います。

Q...
弊社サポートの「永住権申請」の経緯を教えてください。
A...

実は、OPT期間中に勤めていた医療施設で、永住権の申請をしようという話を人事から頂いていましたが、全く話が進まず、あっという間に半年が経ってしまいました。困り果てて「帰国しようか?」それとも「進学しようか?」と考えていた時に、星さんをご存じだというトーランス在住の女性にお会いしたんです。その方の知り合いには、看護師としてではなく、宗教関係者から永住権申請してもらい、無事永住権取得した人もいると聞いていました。また、その方からも永住権のサポートの話をしてもらいましたが、それも一向に進まずでした。そんな折、星さんから、アメリカ看護永住権プログラムのサポートの話を頂いたんです。星さんにはLVNの頃からずっとお世話になってきたので、迷わずすぐアメリカ看護永住権プログラムに申し込みをしました。現在は、指紋接種を終えて、就労許可証も無事取得し、あとは永住権カードを待っている状態です。 星さんから永住権プログラムについて教えて頂いてから、この2月で9カ月が経ちます。看護大学を卒業した看護留学生の仲間たちは、スポンサーがいないため、進学した人や日本に帰国した人が多く、自分だけが看護師として永住権取得までできたことが信じられないです。本当に星さんには感謝してます。

Q...
今後の目標を教えてください。
A...

RNとして、実際に現場で働き続けるうちに、将来の目標も変わってきました。職場には医師がいないので、何かあったらその都度連絡して指示を受けます。しかしナースのほうが患者さんや家族と過ごす時間も多い分、たまにもっと自分に自主性(Autonomy)あれば、より患者さんが望むケアができるかな…と思う場面が何度かありました。なのでナース・プラクティショナーを視野に入れて大学院を探しています。薬の処方もできますし、看護師のバックグラウンドがある分、ドクターにはできない自分にしかできないことがあるのかなと思っています。

Q...
これからアメリカで看護師を目指される方にメッセージをお願いします。
A...

アメリカで看護師になるということは、もしかすると、9割は辛いことがあるかもしれません。しかし、あきらめずに耐えて耐えて続けていくことが大切だと思います。そうすれば、自分が目指すアメリカ看護師という目標に辿り着けると思います。

星さんへ

星さんとは、オレンジカウンティーのコミュニティーカレッジ時代にご相談し、その後LVNの学校に進学したときからの付き合いで、初めにお会いした時から、こうして永住権取得までいつも親身になって話を聞いて頂いています。星さんのヘルプなしでは、おそらくここまでは来れなかったと思うし、周りにいた看護留学の仲間たち同様に、帰国を余儀なくされていたかもしれません。本当に感謝しています。ありがとうございます。

写真1 :
職場での一枚です。みんなフレンドリーで助け合ってシフトを乗り切っています。
写真2 :
食べるのが好きで、オフの日はよくいろんなものを食べに行きます。食後は必ずデザートも食べ ます。食べても太らない体質なので、その恩恵を最大限生かしています(笑)。
写真3 :
友達の猫ですが、飼い主以上に溺愛しています。毎回、おもちゃや猫缶を貢いでいます。
写真4 :
自宅でよく料理をします。お酒が好きなので、いつも時間があればおつまみを作っています。今回は、刺身、もつ煮、あさり の酒蒸しを作りました。
星宣子から

Katsunoriさんは、苦難が来ると迷わず立ち向かっていける男性です。迷ったり困ったりした時、多くの人が誰かのせいにしたり事実と異なる嘘の話をしたりする人が多い中、彼はそんな話を聞いても、自分の意志や行動はぶれることなく前進してきました。
LVNになって初めて頂いたお給料でごちそうになったスタバのコールドブリュー。あれからすっかりお気に入りになって、今ではVentiサイズを週1回は飲んでいます($3.75もするんです!)。また、RNチャージナースになって最初のお給料の明細を見せて頂いたときは、見たこともない高額の給料明細書に私は驚きました。「看護師ってこんなに給料がもらえるんですね」と、Katsunoriさんの喜びの声を聞くと同時に、私はさすがアメリカの看護師って凄い!と驚いたのを今でも覚えています。永住権カードが届いたら「まずは日本に数カ月帰国して、家族や友達に会いたいです」と話していましたよね。ようやくその時が来ましたね。
ここまで、アメリカ社会生活でいろいろな戸惑いもありながら、直感を信じ前進してこれたことは本当に素晴らしいです。この成果はひとえにKatsunoriさんの努力のたまものだと思っています。
また、アメリカ看護留学の講師の件も、大いに期待しています。こちらこそ、これからも末永くよろしくお願いいたします。

2018年 2月 2日更新

アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
「医療英会話オンラインクラス」開催
詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。
2021年に向けて。アメリカ看護資格取得 ~看護留学を成功させるには!~
アメリカで看護師を目指すなら!信頼できる留学コンサル・留学カウンセラーに相談しよう!

全米教育査定認可とは、留学生にI-20を発行する看護学校・語学学校・専門学校・短大・大学全教育機関が、適正に教育プログラムを提供しているかどうかを査定するAccreditationsのことです。政府公認の一つである「ACCET=アセット」でも各学校の査定結果を公表しています。これによると、看護留学生が多いニューヨーク州やワシントン州、カリフォルニア州では、警告や処分、保留中である学校が多いことが分かります。留学生であれば、この認可が審査却下されるとI-20発行校ではなくなり、学生としての滞在資格を失います。

突然のアメリカの看護学校閉鎖により転校を余儀なくされ、また授業料返還も一切なく滞在資格を失う危険性が伴います。

これからアメリカへ看護留学を考えている方、既に看護学校在学中の方、知り合いから学校紹介された方も、信頼できる看護留学コンサルを受けてから学校選択することをお勧めします。

アメリカ看護留学が提案する「アメリカ看護トータルサポート」
  • 日本の看護師資格をアメリカで生かせる?
  • あなたの留学は看護留学?それとも医療留学?
  • キャリアチェンジ看護留学を実現できる?
  • 看護師として永住権取得ができる?
  • アメリカで合法的に働く資格取得ができる?

「アメリカ看護トータルサポート」についてこちらから

アメリカ看護留学のことなら何でもご相談ください。
初回無料カウンセリングは随時受け付け中です。 (ホームページ

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES