Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第67回 : update
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~

アメリカで看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2018年 1月 5日更新

第67回 : LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~

「第28回 : LAで頑張る看護師の卵たちの“つぶやき”」に登場していただいたM.Kさんに再びお話しを伺いました。

M.Kさん(42歳)
《プロフィール》

京都市出身。現在サンフランシスコ在住。短大卒業後、ホテルや旅行業界で働いた後、英語を学ぶため、カナダ・バンクーバーに半年間語学留学。カナダ留学中に韓国語に興味を持ち、帰国後すぐに韓国ソウルへ留学。日本に帰国後は、韓国語通訳などを含め、約6年間にわたりOLとして勤務する。2006年に渡米。語学学校とカレッジを経て、今年2月に看護学校を卒業、7月にNCLEX合格。現在、LVN/チャージナースとして勤務。

Q...
現在、サンフランシスコでLVN/チャージナースとして勤務されているそうですね。さまざまな人種が入り混じる環境で気をつけていることはありますか?
A...

現在、LVN/チャージナースとして働いています。私の働いている施設では、LVNはRNと同じ扱いです。ただしIV(点滴)やアセスメントはRNのチェックが必要です。サンフランシスコという場所柄、いろんな人種の患者さんがいます。アメリカ人以外では、ロシア人や中国人の割合が最も多いのですが、その中でも、ロシア人の家族との関係は特殊というか…。というのも、家族からの要求が半端じゃないんです。その理由のひとつに、患者さんの多くは高齢のため、英語が話せない人がほとんど。そうなると彼らは、家族に不平や不満を言うんですね。例えば患者さんが「今すぐシャワーに入りたい!」と言えば、即家族が飛んできて、私たちに「今すぐ、父をシャワーに入れろ!」とせかしてくるのです。とにかく待てない(笑)。 CNAたちは今昼食に行ってるからあと30分待ってくださいと説明しても無駄。こっちがどれだけ忙しかろうとお構い無しで、自分たちの要求を言ってきます。というわけで、家族からとやかく言われる前に、私は何事もロシア人の患者から始めることにしています(笑)。

Q...
医師や他の看護師とのコミュニケーションで苦労したことはありますか?
A...

今の施設には、契約医が5名ほどいるのですが、普段は皆各々のクリニックにいるため、施設内には常駐していません。何かあれば、ほとんどの業務は電話でのやりとりになります。働き始めた当初は、簡単なやりとりでさえ、全く理解できないことがしばしば。例えば、医師から新しい薬を始めるように指示されても、その薬の名前が理解できなくて、何度も名前を聞いてしまい、挙句の果てに、呆れて電話を切られたこともありました。ですが、やっぱり“石の上にも三年”じゃないけど、慣れてくるものです。今では、医師たちと電話で冗談も言えるほどの仲になってます。

Q...
現在の施設で働くようになるまでの経緯を教えてください。
A...

私は、2014年の7月にLVNの資格を取ったのですが、当時、就活でいくつかSNF(Skilled Nursing Facility)を受けたものの、やはり新卒プラス未経験者という理由で就職先がなかなか決まらず、それでも学校の就職課の方の紹介で、何とかホームヘルスの会社に雇用してもらうことができました。そこで約1年ほど働いた後、看護学校時代のインストラクターから現在の施設を紹介していただき、すぐに応募したところ、話がどんどん決まって雇用となりました。気付けば、勤務してもう2年以上になります。

Q...
アメリカで看護師になろうと思ったきっかけは何ですか?
A...

前回のコラムでも書いたように、カレッジを卒業してOPTも終わり、日本に帰国しようか、それとも就活すべきかと迷っていた時に、知人から看護師になれと強く勧められたんです。日本ではホテルや旅行業界で働き、その後も韓国語の通訳をするなどOL生活も長かったので、まさにキャリアチェンジでした。けれど当時、自分にもっと自信をつけるために、看護師になろうと決めたんです。

Q...
日本、韓国、アメリカで学生生活を送った経験をお持ちですが、大きな違いなどはありますか?
A...

日本で大学生だった頃は、バイトに励んでました。入試前に勉強を頑張りましたが、入学後は、勉強という勉強はしてなかったように思います。韓国で学生をしていた1年間は、勉強も多少はしていましたが、もっぱらクラスメートや現地の友人と遊んでた気がします。そしてアメリカでは、語学学校に通ってた時は、それこそ観光に毛が生えただけのような生活を送ってました。しかし、カレッジに入学した瞬間から生活は一変。毎日宿題をこなすだけでも、すごい勉強をしていました。看護学生だった14カ月間は、人生でこれほど勉強したことも、おそらくこれからすることもないだろうっていうぐらいのガリ勉生活(笑)。勉強はしたくないけど、しないとついていけないというのが実情でした。3つの国の違いはというと、これはあくまでの私の見解ですが、韓国人は、自分たちの国に誇りを持っていて、常に日本と比べたがるようです。アメリカ人は、人は人、自分は自分。まったく他人と比較しません。そして本音と建前がなく、言いたいことは隠さず言いますよね。そして日本人は、とても謙虚で他人を思いやることができるなと思います。

Q...
日本では就職での年齢の壁が大きいですが、アメリカではどうでしょうか?
A...

全くありません。むしろ、日本とは逆で、アメリカは何の経験もない若者よりも経験豊富な60代の方が好まれたりします。

Q...
アメリカの医療現場で働いてよかったなと思えることはありますか?
A...

日々新しいことの連続で、常に向上心を磨いていけること。最初は、戸惑うこと、分からないこと、悔しいことばっかりで、肉体的にも精神的にも、毎日ヘトヘトになってました。ですが、努力は必ず認められます。頑張った分、必ず自分に返ってきます。

Q...
今後の目標を教えてください。
A...

先日、星さんと何年かぶりにスカイプでお話しさせていただいたのですが、その時に“目からウロコ”の情報を頂いたので、今度はRNの資格取得を考え始めたところです!

Q...
これからアメリカ看護師を目指す方にメッセージをお願いします。
A...

私が、看護師になろうと決めたのは37歳の時。実際に資格が取れたのは39歳です!親には「今から新米看護師って…。定年まであと半分じゃない!」と言われました。確かに母の言う通り、日本で40代の看護師となると、もう婦長クラスなのではと思います。でも、アメリカでは年齢は一切関係ありません。私も37歳当時「今から看護学校に行って、私の人生大丈夫なの?」と相当悩みました。実際、学校に入学したら、私よりも年上の学生は2人しかいなかったです。しかも、その2人は途中で学校を辞めていきました(笑)。大切なのは、強い意思と努力だと思います。

星さんへ

先日は、スカイプで久しぶりにお話できて、本当に良かったです!星さん、全くお変わりないですね。相変わらず、エネルギーに溢れた声と太陽のような笑顔で、またまた励まされました。ありがとうございます!不思議なもので、いつも私が壁にぶち当たっていると、星さんと連絡がとれて、壁を壊す術を教えていただく…そんな気がします。今回も、私のような境遇にいる方が、他にも9人もいらっしゃると聞いて、正直かなりホッとしたと言うか、私もまだ頑張ろうと、モチベーションを上げることができました。またお会いしたいです。ぜひぜひサンフランシスコにいらしてください!

写真1 :
職場で隠撮りされたものです(笑)。
写真2 :
中央の黒いスクラブを着ているのが私です(写真2)。
写真3 :
数カ月前にバケーションで行ったオアフ。一番綺麗なビーチ(名前は覚えてません)で撮った写真です。夕陽がとても綺麗でした。
星宣子から

Mさんは、日本・韓国・アメリカの三カ国でさまざまな経験をし、アメリカでの看護留学まで成功させましたね。今思えば、Mさんは自力で看護学校探しをして、入学まで果たしたので、弊社とは、渡航前からのサポートではなく、現地でしかも卒業間近にお問い合わせをいただいてからのお付き合いとなります。

Mさんからご相談を受けた日のことは、今でもはっきりと覚えています。卒業を控え、将来のことを看護学校の留学アドバイザーに相談したところ「私は、留学生の就活のことについてはよく知らないの。あなたの知り合いのアメリカ看護留学エージェント(私のことです)に相談してくれる?私はその通りするわ」と言われたのですよね。

あの時、やはり看護留学生の対応に慣れていない看護学校が多いことを、改めて私も確信しました。けれど、Mさんの留学アドバイザーは、その言葉通り、私の指示に沿ってOPT申請とNCLEX書類作成などに迅速に対応してくれました。おかげで、無事にMさんはOPT、SSN、ATTナンバーを取得し、そしてNCLEX合格までできて本当によかったなと思います。アメリカのコミュニティーカレッジを修了してもなかなか看護学校に編入できない、またはたとえ看護学校に編入・入学できても、前述のように、特に留学生には適切な対応ができない学校がほとんどで、困り果てて相談してくる方が多いのが現状です。つまり、Mさんのように、卒業間際になって弊社にご相談いただくケースは決して少なくはないのです。

現在、MさんはLVNとして働いていますが、次はRN学校への編入を目指すことになりました。日本をはじめ、アジア社会では、年齢の壁でキャリアチェンジの第一歩を踏み出す勇気が出てこないことが多いです。Mさんのように37歳でアメリカで看護師を目指し、現地の看護学校へ入学して就職まで辿り着けることができるのは、アメリカ社会の良いところですね。Mさんの体験談は、年齢のことが気になって…という皆さんにとって、勇気を与えてくれると思います。

「RNになったあかつきには、もちろんまた体験談を書きますよ!」と明るい笑顔を見せてくれたMさん。私もその日を楽しみにしています。いつでも相談に乗りますので、またご連絡ください。

2018年 1月 5日更新

お知らせ
医療英語クラス開講in Hawaii決定!

場所: Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815 (→マップを見る

4週間コース

2018年1月8日(月) ~ 2月2日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年4月2日(月) ~ 4月27日(金)
2018年7月2日(月) ~ 7月27日(金)
2018年10月1日(月) ~ 10月26日(金)

10~11週間コース

2018年1月8日(月) ~ 3月23日(金) 定員に達したため、締切りました。
2018年4月2日(月) ~ 6月15日(金)
2018年7月2日(月) ~ 9月 7日(金)
2018年10月1日(月) ~ 12月8日(金)

時間: 1日2-3時間受講

内容
医療英語(Medical Terminology)
コースに含まれるもの:オリエンテーション、テキスト

* 午前のみのESL受講希望可能
* 午前・午後 少人数制医療英語受講
* 宿泊所・航空券手配可能

ハワイ開講第1期生スペシャル早割!

お申込み締め切り
2018年1月25日まで (お得な早割料金適用)

http://hoshius.com
http://americakango.com

詳細は「医療英語受講 in Hawaii係」までどうぞ。

アメリカでナースを目指したい方、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES