Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

アメリカで看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2017年 2月 7日更新

第56回 : LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~

2012年に掲載された第5回コラム「生徒さんの例」に登場していただいたYoshimiさん。昨年RNの資格を取得し、現在、アメリカの病院で働いています。今回は職場での様子をお伺いしました。

Yoshimiさん
《プロフィール》

愛知県出身。日本で看護師として勤務していたが、アメリカでの病院見学を機に、5年前に留学を決意。看護学校で学んだ後、LVNとしてアメリカの病院で経験を積み、今年RNの資格を取得した。

念願の正規看護婦に!アメリカの病院で働くということ

《 日々奮闘!チャージナースとして任される現場 》

RNを取得後、私は成人を対象とした障害者施設に採用され、チャージナースとして働いています。ここで、重大なそしてとても苦い経験をしました。それは、ある患者さんに小さな青いあざがあるのを発見し、レポートに記載したときのことでした。その日は何の問題もなく勤務が終了し帰宅したのですが、次の朝早くに「今すぐ病院へ来て!患者が骨折している!」という緊急連絡が入ったのです。

私が勤務している間は、患者さんは着替えも身体を動かすことにも何の問題もなく、病室できちんと休んでいました。また患者さんにはCNAとLVNが対応しており、私はレポートが提出されるたびに確認し、その様子を監督していたのです。骨折にいたるまでの原因を究明するため、結局、私は72時間に及ぶ患者さんの様子を記したレポートと、その対応の内容を報告書として提出することになりました。

このレポートの内容次第で、私の正看護師のライセンス剥奪はもちろん、病院にとって最悪な影響を与えてしまうため、CAN/LVNにもお願いをして、とにかく状況を事細かく書いて貰いました。何度も経過観察としてレントゲン技師からの報告書に「骨がもろい、弱い可能性がある」という記載と、日々の患者の行動全てが記載されているレポートから、結局その青あざは虐待ではなく、どこかに自分がぶつけた可能性が高い、そしてその時にもろくなっている骨が折れた疑いが高いと判断され、ようやく一件落着しました。

本来、レポートは毎日提出しなくてもよいのですが、この件以降、私はCNAやLVNに「どんな細かいことでもよいからメモにしておいて」と伝えるようになりました。私のいる病院では、3箇所のステーションに3交代でRNが常駐しています。そのほかにも、15~20人のLVN、20~30人のCNAがフルタイムまたはパートタイムで勤務しています。私がすべての患者の対応をすることは不可能ですから、LVN/CNAのサポートなしでは、全くRNとして役目を果たすことができません。また私はその病院では新人になるので、働き始めたばかりのころはRNという立場で仕事をマネージメントする立場であっても、誰一人話を聞いてくれないこともありました。そもそもRNというタイトルがあってもなくても、小柄な私が200ポンド(約91キロ)もある体格の良い患者さんを1人で動かすことはできません。患者さんによっては、私の話に耳を傾けてくれることもありませんでした。その時に、私が思ったことは「チームワーク」でした。

《 分業制がもたらすジレンマ。チームワークを要に 》

仕事で着用する“スクラブ”です。キュートなデザインでお気に入りです!

「私のライセンスじゃこの仕事は受けることはできません!」と叫ぶLVN。片や「これは私の仕事じゃない」と言い放つRN。彼らの言い争いを聞いて、私は、RNの資格を持ってはいるけれど、この病院の患者さんのことも、システムもまだ分からないから教えて下さい!という謙虚な気持ちになりました。「これは私の仕事じゃない」と平気で言うベテランのRNもいますが、私がまず行ったのは、初めの1か月間で患者さんの名前とシステムを覚えることでした。そして翌月はレポートやカルテを理解し、1人でできるように努めました。そして3か月間でマネージメントとして、チームワークを第一に、RN/LVN/CNAそれぞれがやるべきことに責任を持ってやれるように、そして私がRNとしてLVN/CNAの仕事を確実に把握し、互い協力し合える環境を作ることを目標にしました。

私の働く職場では、日本でいう「労災」を防ぐための、Safety Contestという取り組みがあります。これは、1人で体格の良い患者さんに対応するのではなく、看護師や病院の職員が協力し合う“バディシステム”です。怪我をせずに100日間続けて病院での勤務が達成できると、1人につき100ドルの報奨金が貰えるというボーナスプログラムがあり、先日、仕事をスタートしてひと月目を迎えた私もチームの一員として、そのお金を貰うことができました。

《 留学を通じて得た仲間たち 》

プロフィール写真と、写真3で着ているスクラブは、私のお気に入りで、実は2枚とも看護大学時代のクラスメイトのMinaさんにお礼としてプレゼントしたものです。彼女にはビザ申請書類の件で大変お世話になったのでプレゼントしたのですが、自分用にお揃いで購入し現場で着用しています。Minaさんは、ロサンゼルスに3年ほど滞在し、アメリカの看護師資格を取得後、再び日本で看護大学の講師として現役で活躍されてます。こうして日米と離れていても、以前と変わることなくお付き合いさせていただいています。

アメリカで正看護師として仕事を始めてから、現場で感じることは、自分に与えられた「責任」は何かということです。直ぐにドクターに答えを求めるのではなく、まず現場にいる患者さんの様子を把握し、さまざまな手立てを考え、それを的確にドクターに伝えることが、私の責任であると考えています。日本人である私には英語という大きな壁があるので、本当に日々苦労しています。でも言い訳はできません。渡米後すぐに医療英語のクラスを取りましたが、今年夏には、看護師として資質を高めるためにも、星さんにお願いしてクラスを再受講しようと思っています。RNとなると、予想していない医療英語や医療用語、そしてマネージメントという立場のため、与えられるタスクが非常に多いのが現実です。今よりももっと、プロの正看護師として、自分自身に教養をつけていかなければならないと、常日頃考えています。

星宣子から

前回に引き続き、アメリカで現役の正看護師として働くYoshimiさんにお話しを伺いました。「日米での看護師職としての仕事に対する責任感の重さの違いは、昔と比べると変わったかもしれません」という彼女の言葉に、専門職としてのプロ意識を持ち、現場でさまざまな経験もしているのだろうなと感じました。

看護留学で苦労するのは、まず英語スコアを上げること、次に米国看護師国家試験に合格(NCLEX試験合格)すること、そして最後に、就活をしてスポンサーを得ることです。Yoshimiさんは、現地の友達から看護師としてのアメリカ就労ビザを取得するより、違う分野で就労ビザを目指してはどうか?と常に言われてきたそうです。しかし、アメリカに来た理由は「アメリカで看護師になること!」だったので、最後まであきらめず、遂に夢を実現させました。

強い意志と、誰にも負けないくらいの努力、そして相手を思いやる優しさで勝ち取った正看護師の仕事です。永住権を取得する頃には、日本に帰ってもよいかなと思う時が来るかもしれません(かつて私がそうだったように)。今後も、日米で活躍できる看護師としてこれからも頑張ってください。応援しております!

2017年 2月 7日更新

お知らせ
【正看護師限定イベント】
12月26日開催!星宣子 看護留学お話し会 in 新宿

アメリカ看護留学セミナー代表の星宣子が、12月に緊急訪日いたします。今回はいつものセミナーではなく、ざっくばらんにグループ形式でお話し会を開催します。

日時: 12月26日(水) 10:00am-11:30am

場所: 新宿駅近辺(詳細は参加者に後日ご連絡いたします)

参加者: 正看護師限定

<せっかくアメリカ看護試験に受かっても、アメリカで働けない!?>

アメリカで看護師として働くにはNCLEXという試験に合格し、ビザスポンサーを見つけるというプロセスが必要になります。しかし、試験に受かっても、医療関係のコネクションがなければ、現地での就職はおろか、ビザスポンサー探し・永住権取得のサポートも難しいのが現状です。

<ビザサポートの可能性は皆無!?>

アメリカの看護師の区分は3つに分かれており、①RN(看護師)、②LVN(準看護師)、③CAN(介護士)に分かれています。

【~Hoshi World,Incの看護師サポートプログラム~】

・各病院や各施設ごと、または各ポジションごとに求人者を推薦できます。
・アメリカ人と同じように求人者も雇用契約することが可能です。
・RN(正看護師)のビザサポートをいたします。

Hoshi World Inc.は、数々の人材を看護師として送り出してきた実績があります。長年築き上げてきた信頼と、広いコネクションがこれらのサポートを可能にいたしました。RNの場合、永住権書類申請後の待ち時間は最長でも1年半ほど、ビザスクリーニングが済んだ方なら4カ月後から看護師としてアメリカで合法的に働くことができます。アメリカで看護師として働き永住したい方はもちろん、アメリカで学び看護師になりたい方もサポートの対象です。

【~お話し会参加希望者は、以下にご回答下さい〜】

※個別面談(有料)希望者は、履歴書を添付し希望日時をご記載ください。

1. お名前(姓名を漢字とひらがなでご入力ください)例:山田花子(やまだはなこ)
2. Eメールアドレス(コンピューターで使用しているメールアドレスをご記入ください。スマートフォン専用のメールアドレスは不可)
3. 電話番号
4. 英語のレベル(英検、TOEFLまたは日常会話、ビジネス英語、ネイティブスピーカーなど、具体的にご記載ください)。
5. 最終学歴(看護専門学校・大学看護学部・その他)
6. NCLEX書類代行希望の有無。
7. 渡米予定

8. カウンセリングご希望の方は、下記①~⑤より選択してください。
①12:15-13:00
②13:00-13:45 予約済
③13:50-14:35 予約済
④14:40-15:25
⑤15:30-16:15 予約済
※キャンセル待ち希望者は、その旨お伝えください。

9.お問い合わせ、ご質問内容

\いつまでも悩んでいても前進はしません!/

今、これからどうしようか悩んでいる人、どうしたらよいのか分からない人、ぜひご相談ください。

アメリカで看護師として働くには、現地の医療関係者との強いコネクションと、個人の努力なくしては不可能と言えます。それでも強い気持ちと、夢を持ってやりがいのある仕事に就きたいと願うあなたに負けない情熱を持って、的確なアドバイスと、正確な情報を提供いたします。

New 2019年 HAWAII医療英語受講生募集
4週間コース

2019年1月7日(月) ~ 1月31日(金) 満席
2019年3月25日(月) ~ 4月19日(金)
2019年4月29日(月) ~ 4月24日(金)
2019年7月22日(月) ~ 8月16日(金)
2019年8月19日(月) ~ 9月13日(金) 満席

10~11週間コース

2019年1月7日(月) ~ 3月15日(金)
2019年3月25日(月) ~ 5月31日(金)
2019年7月22日(月) ~ 9月27日(金)
2019年9月30日(月) ~ 12月6日(金)

時間: 1日2~3時間受講

場所: Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815 (→マップを見る

内容: 医療英語(Medical Terminology)

コースに含まれるもの: オリエンテーション、テキスト

* 午前のみのESL受講希望可能
* 午前・午後 少人数制医療英語受講
* 宿泊所・航空券手配可能

お申し込みはこちらまで(受講期日前より3カ月前にお申込みください)

http://americakango.com/contacts/
https://www.facebook.com/americakango

詳細は「医療英語受講 in Hawaii係」までどうぞ。

アメリカでナースを目指したい方、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

Facebook: America Kango

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES