Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について

アメリカ看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2016年 3月 11日更新

第45回 : アメリカの看護教育

勉強したい人をサポートする : アメリカの教育制度

看護教育に限らず、アメリカの教育制度は、勉強したい人に対するさまざまなサポートが充実していると思います。

例えば、弊社で提携している看護学校のRN to BSN(学士取得コース)やRN to MSN(博士取得コース)には、指定の病院で看護師としてフルタイムで2年間働くと、学費が全額免除されたり、奨学金プラス給与支給があるプログラムがあります。もちろん“誰でも”ではありませんが、経済サポートがあるというのは、勉強したい人にとって大きなチャンスです。

またアメリカの学生は、どの学科に進んでも、ほとんど自分で学生ローンを組み、働きながら学費を支払うというのが一般的です。准看護師の場合、卒業して6か月経ってからローンの返済が開始します。そういった意味でも、アメリカの教育システムは日本のそれより、年齢や性別に関係なく、勉強したい人が勉強したい時期にいつでも学べるという点で、無限にチャンスがあると思っています。

アセスメント授業が徹底 : アメリカの看護教育制度

では、看護教育に関してはどうでしょう。専門基礎やフィジカルアセスメントの授業体制が徹底しているのがアメリカ看護教育です。ほとんどの看護学校で、2年目という早い時期にフィジカルアセスメントの授業がしっかり組まれています。

これは、患者一人ひとりの状態を、正確に系統的にアセスメントできるようになれば、そこからさまざまな看護上の問題点やケアプランを、より明確に導き出すことができるからです。そして、緊急時の患者の状態を看護師が判断することができるのです。このフィジカルアセスメントの授業は、大学院に進む看護留学生にとって、必須ともいわれるほど重要視されていることです。

また看護学校に限らず、授業以外に毎日5~10時間も勉強し予習をします。これはアメリカ人にとって幼い時期から当然のことです。つまり予習していることが前提なのは、アメリカの教育では当たり前のことなのです。

週に一度しか授業日のないアメリカの日本語補習校は、もっと大変です。かつて私が教鞭を執っていた頃、日本人保護者に“授業だけではカバーできないことが普通です”とよく説明していました。日本では、学校で習っていないことを宿題に出したら保護者からクレームが来るのは当然のことでした。しかしここアメリカでは、たった週に1度の授業で全てをカバーできないことは当たり前なので予習が必要なのです。これもアメリカ教育方針の一部と言えるでしょう。

そもそも、アメリカの小学校に通う子ども達の教科書の分厚さを見れば、看護教育を受ける者が、どのくらいの量を覚え、知っておくべきことが膨大で無限とも言えることが理解できると思います。またアメリカで教壇に立つ教授陣たちが、分野を問わず凄いと思う点は、生徒たちに学んで欲しい、勉強して欲しいという考えと強い信念です。

ちなみに、看護学校在籍中の学生や卒業生が口を揃えていうことは「寝る暇がない!勉強しても勉強しても時間が足りない!」です。その理由の一部を挙げてみましょう。

「ケーススタディーの多さ」

大体の概要について予習済みであるというのが前提なので、日々の授業では、さまざなケースを実際のデータやラボ詳細を基に、各個人が問題点や治療方法、それに必要であると考えられるケアについて意見を述べ、ディスカッションし、プレゼンテーションをする形式が多いのです。

「実習での徹底」

アメリカのラボは、看護学生同士が注射をし合ったり、実習先ではインストラクターや実習現場看護師の監督下であれば、IV(点滴)以外のほとんどの注射をしたりすることは当然のことです。実習なのだから、技術的に学べということです。卒業したら看護師として専門家であるべき。だから注射もプロでなければならないのです。これは最低条件なのです。

看護師とは、責任ある専門職の一つで素晴らしい職種です。アメリカで看護師をしている方と話をしていると、彼らが自信と誇りを持って仕事に臨んでいるのを強く感じます。しかし、ここ数年、私は日本で正看護師を目指す看護学生や、現在正看護師として働いている方、そして将来的にアメリカで医療従事者としてキャリアチェンジしたいと考えているという方とカウンセリングをしてきて、アメリカの看護留学の現状を伝える必要があると非常に強く感じています。

次回のコラムでは、看護留学カウンセラーとしての立場から「アメリカで専門職に就くための心得」についてお伝えします。これから看護留学カウンセリングを受ける方、そして既に他社でカウンセリングを受けた方にも、ぜひその心得を知って欲しいと思います。

2016年 3月 11日更新

お知らせ
〜アメリカで看護師になりたい!!看護留学〜 無料セミナーのご案内

★★【現地スタッフ来日】★★

毎年恒例のHoshi World Inc アメリカ看護留学セミナーを日米留学会社提携での開催のお知らせです。
アメリカ看護留学希望者向けに、現地最新情報を元に渡米対策についてお話しします。
漠然と不安を持っている人や個別に相談をしたい方は個別面談をお勧めします。

この機会に最新アメリカ看護留学情報を視野にいれている方、本セミナーの内容に興味がある方、ぜひ足をお運びくだ下さい。

毎年夏恒例!アメリカ看護留学セミナー開催!

年に1度のこの機会に、一般的な情報ではなく、個々のバックグランドや渡航希望に合ったルートを、
看護留学専門家のカウンセラー星にご相談ください。
面談で直接ご質問にお答えします。

東京会場

日程: 【7月6日(土)】セミナー:午前10:30~12時、個別面談:午後1時~
主催ディーサイド留学情報センター
場所: 新宿区新宿3-2-1新宿三丁目ビル7F (→マップを見る
お問い合わせ: 03-5341-4620

大阪会場

日程: 【7月13日(土)】セミナー:午後1時~2:30、個別面談:午後2時45分~
主催ディーサイド留学情報センター
場所: 大阪市北区梅田2-5-6桜橋八千代ビル4F (→マップを見る
お問い合わせ: 06-6131-6622 「高野宛」

栃木会場

日程: 【7月20日(土)】午前10時~午後1時 ※個別面談のみ受付
https://www.americakango.com/「斎藤宛」

韓国ソウル会場

日程: 【7月27日(土)】午前10:30~12時 ※午後1時~個別面談
主催: 韓国語学堂にて

個別看護留学カウンセリングは直ぐ予約が埋まってしまいますので、お早めにご連絡下さい!

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES