Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき" 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第44回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
LAで頑張る看護師の卵たちの"つぶやき"

アメリカで看護師資格取得 「天使の街で天使のお仕事」

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2015年 7月 28日更新

第38回 : ER体験!アメリカで入院するということ③

昨年末と今年4月に、旦那が突然体調を崩し、ER(Emergency Room)と入院を経験しました。私は仕事柄、病院には足繁く通っていますが、患者の家族として接する現場は、普段とはまったく違った印象でした。私が体験した救急医療の模様をお届けします。

あれから4か月。悪夢再び。

旦那の側で、注射後の状態を見守る5歳の息子

2015年4月26日 11:45pm

「胸が痛い!」「苦しい!」

旦那が胸を押さえて叫ぶ。以前と同じような痛みに苦しむ旦那の姿を見て、私はとっさに入院の用意をした。持ち物は、歯ブラシ、歯磨き粉、スリッパ、下着、小タオル、前回の処方箋の用紙、携帯電話の充電器、メガネなど。寝ている息子に「パパがまた心臓痛いって言ってるから病院へ行くよ!」と伝えると、息子はパッとベッドから起きあがり、パジャマから洋服に着替え靴下をはいて玄関で待っていてくれた。「パパの心臓が痛いのは、コーラばかり飲んでいるからだよ…」とポツリ。

2015年4月27日 12:05am

病院へ到着するまでの間、そしてER到着後も、前回のような焦りはなく比較的落ち着いた行動をしていた。慣れた?のかどうかは分からないが、私も手順が分かっていたので、到着後セキュリティーに話をし、受付で昨年末にもERに来たことと入院した事を伝えると、直ぐに奥のERへ運ばれ、前回とは反対側の医師から患者のベッドが見える所に寝かされた。夜中の12時を過ぎた時点で診察が開始したため、退院は4月29日あたり、おそらく2泊3日程度だろうと予想できた。ただ、気になるのは手術の有無だった。

しばらくすると男性のチャージナースが前回同様、個人情報を口頭で確認しながら注射をする。心臓に白いパットが貼られた。今回は、旦那も比較的落ち着いていたのか、呼吸が苦しくないので酸素マスクを付けずに開始された。書類にも既に前回の記録があり「今回はどんな様子なのか、何時頃から痛みがあったのか?」などの質問を受けた。前回のチャージナースより患者の対応が慣れていたように感じるのは、血液検査する注射針が一発で入り、旦那も注射された箇所を痛がる事なく、5本接種した後も、うとうとしている様子だった。

その後、チャージナースに検査室に行く旨を伝えられた際、注射の技術も高くきっと経験があるなあと感じていたので、彼にいくつか質問してみた。

Q...
どこの看護学校をいつ卒業したのか?
A...

2014年7月にWest Coast Collegeを卒業した。

Q...
NCLEXは何題で終了して合格したのか?
A...

全部で85問。1回で合格した。

Q...
注射が上手だが経験が豊富なのか?
A...

LVNをまず取得した後、働きながらRNの資格を取ったので、それもあるかも?

Q...
看護学校は高額だが、どうやってローン返済したのか?
A...

1年間ERで働いてきたので返済できた。

Q...
卒業後1年目でどうやってERで採用されたか?
A...

条件の良い所で働くには、GPA とクレジットヒストリーの点数が大切だと聞いていたので、常に意識してきた。

Q...
ERで働いていて満足度は?
A...

95%。理由は彼女と過ごせる時間が少ないから…というかスケジュールを合わせるのが難しい。

写真を撮ってよいかと聞くと、患者と撮ると移動の対象になるので避けたいと、断られてしまった。私は名刺を差し出し、今度彼が大好きだという寿司屋に行こうと誘って質問を終えた。

午前3時半。検査結果で入院決定。明日改めて来ることをチャージナースに伝えてその場を去った。考えたら、前回医者が来たのはホンの数分で、落ち着いた状態を見て念のために入院を決定したようにも思った。

2015年4月28日 7:30am

入院病棟に入ると「入院パッケージ」を貰う

いつも通り息子と起床。前回、病院には早く着いても搬送されていないことを知っていたので、息子を幼稚園に送ってからその足で「ERにもすっかり慣れたもんだな」と思いながら受付に向かった。病室を確認して部屋まで行く。息子に「マミー、今日はお昼寝の後、直ぐに迎えに来てね(昼寝の時間終了が午後1時45分なので、いつもの夕方ではなく、早く迎えに来てねという意味)」と言われていたのを思い出していた。

9時過ぎになって、今日は前回担当の医師が午後にならないと来ないとわかり、ただただ寝て待つのみ。旦那がチャージナースに「コーヒー飲んでいいですか?」と聞くと、「1杯だけにしてください」と返答があった。また私にも「先生が来たら検査や診察がありますから、心配しないで下さい」と言ってくれる。とても感じのよいチャージナースで、私達も前回に比べてとても安心した。

その後、近くにあるスタバまで歩いて、自分用にカフェラテを、そして旦那にはコーヒーを買い、お腹が空いていたのでパンも買って病室へ戻った。昼前になると、旦那の病室にランチが届き、私達も近場でランチを摂って自宅へ戻る。

午後2時過ぎに、約束通り息子を早めに迎えに行くと“I will pray for your husband”と息子の担任から言われて、息子が先生に事の次第を話していたことが分かった。車の中に乗ると直ぐに「パパは今日帰れる?まだ痛いっ?」と心配している。病室に入ってすぐ「死ぬのは構わないけど、残される子供の事も考えなよ!」と…言ってしまった。病人に対し、随分厳しいことを言っているのは重々承知だが、1月に退院したばかりなのに、4月下旬にまた再入院。少し沈黙があり息子が韓国語で、旦那に何か言っている。その後、私に「パパ、コーラ飲まないって」「チェックアップするだけだから、大丈夫だって」と言ってきた。

しばらくして医師が登場。ここからは韓国語なので何も分からない。その後、今夜8時以降は水も飲まないこと。そして明日の昼前に検査する事を伝えられた。今回は、放射脳治療のためなのか、腕に何か巻かれている。検査をして、その場で手術するか決めると医師に言われた。手術と書類についての説明を受け、チャージナースにも再確認の意味で説明してもらい、署名した。

帰る前に、ナース室へ寄り、手術後の最悪な事も考え「医師からの病院証明書」を書いて貰うように頼んで帰宅。帰宅後は、息子と私はいつものスケジュールで時間を過ごした。

2015年4月29日 9:00am

これから血液検査開始

息子を幼稚園に送り病室に向かった。昨夜8時から何の飲み食いもできない旦那は寝ていた。起こして今日の手術に関して確認すると、11時には先生が来ると言う。大丈夫なら夕方には退院。最悪は手術をするので今日も泊りとなる。

昨日のチャージナースが今日も担当と分かり、どんな状態なのか聞いてみることにした。検査は、手首から検査機を入れて、光で血の流れを見るのだという。詰まっている箇所をかなりの確率で探せる検査だが、詰まっている場所の状態により、手術が必要になるかもしれないとのことだった。何が原因なのか?と聞くと、先生が本人にも言っていたので直接旦那さんに聞いてくださいと返答された。多分、私に詳しく説明しなかった理由は、私がさきほど旦那に食って掛かった言葉の意味は理解できなくとも、その態度で何かを察知したからに違いないと直ぐに思った。

午前11時。私はランチミーティングがあったので、旦那に午後3時ごろにまた来ることを伝える。検査が終了したら直ぐにLineしてと言って病室を後にした。正午過ぎに「今から検査してくる、また連絡するね」と旦那からメッセージが入る。

ランチミーティング後、Lineをしたが返事がないので、まだリカバリー室にいるのだろうと予想し、息子を迎えに行くまで家で仕事をして、時間になったので病室に向かった。午後3時を過ぎていたが、病室にはまだ戻っておらず、チャージナースに聞くと、リカバリー室にいるのであと30分後に戻ると言われた。息子と2人でテレビを見て待つこと1時間。

午後4時になって、朦朧とした状態なのか、疲れ切った顔で旦那が戻って来た。チャージナースにいつ退院できるかどうか聞くと、夜には退院できると言う。その後、医師から退院指示が出て、薬剤師が薬の説明をしてくれた。今回は先の経験を活かし、退院後に通院する先生のアポも取ってもらい無事退院。

2015年6月

そして現在、旦那の体調はすこぶる良好。処方してもらった薬を欠かすことなく飲み続けている。職場での夕食では「ピザやハンバーガー類」は食べることを止め、肉食から野菜食に挑戦している。また運動するとまではいかないが、子どもを連れて月2回ほどジムや運動施設に出掛けている。

退院時に貰った情報をもとに、2日後には通院予約も完了。前回の保険請求を含め、今回の分もまだなんの連絡も来ていない。高額なことは予測しており不安だが、心配していてもしょうがない。

2度の検査入院を振り返って

退院後、自宅で家族3人揃って「ハイ、チーズ!」

身内じゃなくても、ER体験は正直もう2度としたくないと思う。あれからというもの、5歳になる息子は独りでベッドで眠れなくなった。寝る時も添い寝を要求するようになり、何かあればいつも預ってもらっていた義姉の所に行くのも渋っている。「マミーは暗くなったら来る?それとも朝になるの?朝は嫌だよ」という感じなのだ。2度にわたる父親の入院が、子供心にも衝撃だったのだろうと思う。

また今回、看護師とは、常に患者やその患者の前で多くを語る事なく、守秘義務に徹するのだなと思ったが、同時に昨年末のER看護師の嫌な体験も思い出してしまった。書いてよいか随分迷ったけれど、正直に書こうと思う。

その看護師2人は、救急車で運ばれてくる患者のお尻を自分のスマホでパシャパシャ撮影していた。周りで見ている看護師も医者も全く知らん顔で、誰もその看護師に仕事を頼むことはしていなかったことを思い出す。職務を遂行する真面目な看護師がいる一方で、受付で働く看護師と一緒にケーキを食べながら、来るすべての患者の写真を撮る姿を見た時、日本の看護師にはいないなとつくづく思った。その光景を一緒に見ていた息子が「マミー、あの人お尻を写真で撮ってるよ、何で?」と聞いてくる。「あれはダメだよね、痛いから寝ているんだよね」「僕ああいう人嫌い」という息子の言葉に、私は何も返すことができなかった。

大人として、そして何よりも医療従事者である人間が、こんな態度をとったことに失望したのと同時に、現場で誰1人として、その女性看護師たちを注意することもなく、知らん顔していたことに怒りを覚えたのを思い出す。長年アメリカに住んでいるが、医療費が高額で、自分の言語で100%医者に伝えられないこと、その看護師たちの醜態を見て、将来はやっぱり日本で生活かな?と思ってしまう。とても考えさせられた。

「どこでもいつでも自分のやりたい事ができるのは、家族のおかげ」。私が尊敬している恩師の十河先生の言葉を、ふと思い出す。なんだかんだと私がアメリカで幸せな生活を送れているのは、日本にいる両親、弟家族、そして日米の友達のおかげだとつくづく思う。1人ではできないことも、2、3人と集まれば、より良い方向へ前向きに行動できる。私は常々、迷った時は一旦立ち止まり、自分が考えて納得してから進むようにしている。何が良いか悪いかよりも、自分がどうしたいのか、自分がどうしてあげたいか…。

私の母は、年を取ると5年、10年後のことなんて本当に考えられなくなると言っている。私はこの言葉を聞くたびに、心の中で、たとえ年を取らずとも「明日何を食べるか、明日何が起こるかすら分かんないよ」と思う。

今回の出来事は、毎日ただ働いて食べて寝ての忙しい生活を振りかえる、また一番近い旦那や家族に対していろいろと考える機会になった。旦那が退院して、いつもランチを一緒にしている友人から、日本語で書かれた薬の説明文をメールで送ってもらった。彼女の父親が心臓の手術をし、現在服用している処方箋の説明書だったが、日本語で書いてあったので、早速私は旦那の薬と照らし合わせてみた。その結果、旦那のコレステロール値が高いことがわかり、やはり食事を改善するべきだと思った。年齢と共に、考え直さなければいけない食生活と運動のバランス。まだまだ大丈夫と思っているのは旦那だけでなく、実は私自身なのだと、反省してます。

2015年 7月 28日更新

お知らせ
【正看護師限定イベント】
12月26日開催!星宣子 看護留学お話し会 in 新宿

アメリカ看護留学セミナー代表の星宣子が、12月に緊急訪日いたします。今回はいつものセミナーではなく、ざっくばらんにグループ形式でお話し会を開催します。

日時: 12月26日(水) 10:00am-11:30am

場所: 新宿駅近辺(詳細は参加者に後日ご連絡いたします)

参加者: 正看護師限定

<せっかくアメリカ看護試験に受かっても、アメリカで働けない!?>

アメリカで看護師として働くにはNCLEXという試験に合格し、ビザスポンサーを見つけるというプロセスが必要になります。しかし、試験に受かっても、医療関係のコネクションがなければ、現地での就職はおろか、ビザスポンサー探し・永住権取得のサポートも難しいのが現状です。

<ビザサポートの可能性は皆無!?>

アメリカの看護師の区分は3つに分かれており、①RN(看護師)、②LVN(準看護師)、③CAN(介護士)に分かれています。

【~Hoshi World,Incの看護師サポートプログラム~】

・各病院や各施設ごと、または各ポジションごとに求人者を推薦できます。
・アメリカ人と同じように求人者も雇用契約することが可能です。
・RN(正看護師)のビザサポートをいたします。

Hoshi World Inc.は、数々の人材を看護師として送り出してきた実績があります。長年築き上げてきた信頼と、広いコネクションがこれらのサポートを可能にいたしました。RNの場合、永住権書類申請後の待ち時間は最長でも1年半ほど、ビザスクリーニングが済んだ方なら4カ月後から看護師としてアメリカで合法的に働くことができます。アメリカで看護師として働き永住したい方はもちろん、アメリカで学び看護師になりたい方もサポートの対象です。

【~お話し会参加希望者は、以下にご回答下さい〜】

※個別面談(有料)希望者は、履歴書を添付し希望日時をご記載ください。

1. お名前(姓名を漢字とひらがなでご入力ください)例:山田花子(やまだはなこ)
2. Eメールアドレス(コンピューターで使用しているメールアドレスをご記入ください。スマートフォン専用のメールアドレスは不可)
3. 電話番号
4. 英語のレベル(英検、TOEFLまたは日常会話、ビジネス英語、ネイティブスピーカーなど、具体的にご記載ください)。
5. 最終学歴(看護専門学校・大学看護学部・その他)
6. NCLEX書類代行希望の有無。
7. 渡米予定

8. カウンセリングご希望の方は、下記①~⑤より選択してください。
①12:15-13:00
②13:00-13:45 予約済
③13:50-14:35 予約済
④14:40-15:25
⑤15:30-16:15 予約済
※キャンセル待ち希望者は、その旨お伝えください。

9.お問い合わせ、ご質問内容

\いつまでも悩んでいても前進はしません!/

今、これからどうしようか悩んでいる人、どうしたらよいのか分からない人、ぜひご相談ください。

アメリカで看護師として働くには、現地の医療関係者との強いコネクションと、個人の努力なくしては不可能と言えます。それでも強い気持ちと、夢を持ってやりがいのある仕事に就きたいと願うあなたに負けない情熱を持って、的確なアドバイスと、正確な情報を提供いたします。

New 2019年 HAWAII医療英語受講生募集
4週間コース

2019年1月7日(月) ~ 1月31日(金) 満席
2019年3月25日(月) ~ 4月19日(金)
2019年4月29日(月) ~ 4月24日(金)
2019年7月22日(月) ~ 8月16日(金)
2019年8月19日(月) ~ 9月13日(金) 満席

10~11週間コース

2019年1月7日(月) ~ 3月15日(金)
2019年3月25日(月) ~ 5月31日(金)
2019年7月22日(月) ~ 9月27日(金)
2019年9月30日(月) ~ 12月6日(金)

時間: 1日2~3時間受講

場所: Royal Hawaiian Ave, Honolulu, HI 96815 (→マップを見る

内容: 医療英語(Medical Terminology)

コースに含まれるもの: オリエンテーション、テキスト

* 午前のみのESL受講希望可能
* 午前・午後 少人数制医療英語受講
* 宿泊所・航空券手配可能

お申し込みはこちらまで(受講期日前より3カ月前にお申込みください)

http://americakango.com/contacts/
https://www.facebook.com/americakango

詳細は「医療英語受講 in Hawaii係」までどうぞ。

アメリカでナースを目指したい方、お気軽にご連絡ください!

お問い合わせはこちらから

Facebook: America Kango

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES