Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル
第97回 : 
コロナ感染者爆増!アメリカの医療業界最新事情
第98回 : 
~体験談Vol.20~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第99回 : 
2020:日本「Zoom」セミナー レポート第1弾
第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2014年11月 24日更新

第30回 : ~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!

ここロサンゼルスには、看護師を目指す日本人学生がたくさんいます。このコラムでは、そんな彼らの体験談を定期的にご紹介しています。はじめてのアメリカ生活にとまどいながらも、勉強に励み、精一杯夢に向かっていく姿は、現在看護師になるために頑張っている方、または将来看護師になりたいと思っている方にもきっと参考になるはずです。

第5回は、日本で看護師として勤務経験を持ち、現在看護学校(看護大学)で学んでいるA.Mさんです。

看護師を目指して - LAで頑張る看護師の卵たちの体験談
【第5回】 A.Mさん(31歳)
《プロフィール》

日本では病棟に2年間勤務。その後訪問看護ステーションで1年経験を積んだのち、管理者として2年半勤務し渡米。 9月から看護学校(看護大学)に在学中。

Q...
アメリカで看護師を目指した理由は何ですか?
A...

語学が好きで海外で仕事をしたいという夢が18歳の頃からありました。11年前に英文科を卒業し、アメリカ・ロサンゼルスでの就職を探しました。しかし就職を希望する会社へ研修に行った時、専門性を持ち働いているスタッフを見て、英語だけを勉強してきた自分はアメリカで何もできないと感じ、アメリカでの就職を諦め帰国し、日本で福祉の会社に就職しました。専門性を持つ資格を取るため、1年会社に勤務して貯金をし、翌年看護学校に入学。その後看護師の免許を取得し、病院を経て、念願の訪問看護ステーショ ンに勤務しました。そこでは所長を務めていたのですが、24時間のオンコールをできるスタッフが少ないという問題点やターミナルケア、医療ニーズの高い患者さんの増加、また経験の少ない看護師の入職に対し短い期間での退職者が多い(看護師数のうち3%しか訪問看護師になる人がいない現状)など、日本の訪問看護の現状を変えたいと 思うようになりました。さらに「在院日数が短く、訪問看護を利用する人が多いアメリカのシステムはどうなのか」と考えるうちに、10年前アメリカでの就職を諦めたことを思い出し、また当時の研修先が、医療のコンサルティングや在宅介護と看護を運営していたこともあって、アメリカで看護師免許を取得したいと思ったのです。

Q...
アメリカでの看護留学の情報収集および学校選びはどうしましたか?
A...

America Kangoの星さんに、日本にいる時はスカイプで、渡米してからはお会いしてカウンセリングをして頂き学校を決めました。

Q...
試験勉強で心掛けていることは何ですか?
A...

日本にいても勉強する内容が明確であれば、確実に英語力を上げ、看護学校の入試に備えることができま す。看護学校の入試に関しては、星さんをはじめ、同社日本支店のリカさんからも情報を頂きました。現在、私が通う看護学校(看護大学)での試験勉強では授業が終わっても、時間をあけずに復習をしています。

Q...
テスト結果等を知らせたい人物の順序を教えて下さい。
A...

1番:家族、2番:星さん

Q...
America Kango代表・星さんとの出会いは?
A...

日本で訪問看護ステーションの管理者が集まる会議があった時に、仲良くなった女性でアメリカで看護師免許を取得した人がおり「NCLEXの願書を自分で作成したが、手続きがすごく大変で星さんに手伝ってもらった。もう少し早くから星さんに相談すれば良かった」という話を聞き、星さんに相談することを決めました。日本で仕事をしながら半年かけてNCLEXの願書を自分で準備しましたが、どう書いたらよいのかわからず、願書が却下されてはいけないと不安は募るばかりで した。NCLEXの願書を書く際に、日本の准看護学校や正看護学校を卒業したために、アメリカ4年生看護大学を卒業していない状況で単位が認められるのか?認められなかったらどう したらよいのか?など、数えきれない疑問が湧き上がりました。そんな時、NCLEX願書の準備から短期間で英語力を上げ、アメリカの看護学校への入学まで確実な道のりを星さんに教えていただきました。星さんは「日本にいる間に英語力をつけ、渡米して一週間後に看護学校を見学し、その日に入試を受けよう」と提案してくれました。日本とアメリカ間の時差はあってもスカイプでカウンセリングをして頂き、看護学校入試に向け勉強するべき内容までメールで送って頂きました。9月に渡米し、現在は看護学士を取るために週3回看護学校(看護大学)に通い、週2回はAmerica Kango主催のNCLEX対策の医療英語クラスに通っています。アメリカで語学学校に行かず看護学校(看護大学)に入学することができた反面、授業についていくのは必死です。辛い時は星さんに話を聞いて頂くとモチベーションがあがり、頑張ろうと思えます。アメリカでは、色んな国の看護師との出逢いがあり視野が広がります。アメリカで看護師免許を取るという目標に向け、一歩一歩前進できているのは星さんとの出逢いがなくてはできなかったと感じています。

Q...
看護学校(看護大学)でクラスを受講した際の感想を教えてください。
A...

最初の一ヶ月はリスニングが上手くできず、先生の言っていることが聞き取れませんでし た。初めての看護のクラスのミニテストの試験範囲が100ページもあり読みきれず、ミニテストの問題も理解できず落ち込みました。まだ誰よりもリーディン グに時間がかかってます。授業は毎週プレゼンテーションもしくはミニテストがあります。大変ですが、人前で話す訓練はとても大切であり、この大変な勉強も楽しみながら乗り越えようと思ってます。またクラスメートがわからないところはわかりやすい英語で説明をしてくれ、自分一人ではないので頑張ろうと思 えます。さらに医療英語のクラスは先生が素晴らしい方で、初めのオリエンテーションでは「24時間質問があればメールくださいね」と声をかけてくれました。 医療英語を暗記するのは大変なことであり、1人で勉強するのは私にとって苦痛でしたが、このクラスを受講し、毎日の宿題をこなすことで自然と医療英語を覚えているように思います。先生は「最低毎日3時間は医療英語を勉強しましょう」と笑顔で言います。一緒に勉強する仲間もいるので、大変ですが楽しく何より自分の語彙力が増えていると実感できます。大学では中国人のクラスメートが「大変なことも今の状況を楽しもう」と励ましてくれ、テストの点数が悪いと “Azusa, hug!”と声をかけてくれます。アメリカでの看護師を目指す道は勉強量が多く決して楽ではありません。しかし一つ一つの経験が自分の自信となっています。

Q...
看護留学をする上で気をつけるべきことを教えて下さい。
A...

NCLEXの書類作成は卒業校によって時間数が違いますし、州によってもカリキュラムが違います。手探りで自分で準備するよりは専門知識のある人に作成をお願いした方がよいと思います。

Q...
将来の夢を教えて下さい。
A...

まずは看護師試験合格、そして看護学校(看護大学)卒業に向け、楽しみながら頑張ろうと思います。いずれはアメリカで訪問看護師として経験を積んだ後に、訪問看護と介護の会社を作りたいです。日本と行き来をして、日本の訪問看護や介護ステーションに何かアメリカの良いところを伝え、またアメリカでは日本の良さである細かな気配りや質の高いケアを伝えたいです。

Q...
これからアメリカ看護留学を検討している方達にメッセージをどうぞ。
A...

アメリカ留学を決めることは大きな決意だと思います。悩んでいる方はもし機会があればアメリカに旅行に来て、その時に星さんと直接会いカウンセリングをしてもらうとよいと思います。私は渡米をする前に短期間でアメリカに来て、語学学校の体験やNCLEX願書の相談、看護学校(看護大学)入試の日取りを決めまし た。旅行に来るのはお金はかかりますが、悩んでいたことの答えが明確になり、日本に帰国してからも勉強するべきことがはっきりします。その結果、看護学校(看護大学)に渡米後 2週間で入学できました。今では看護学校(看護大学)で一緒に看護師を目指す仲間ができ、確実に一歩を踏み出せたことに本当に感謝しています。

写真1 :
クラスメートとジャズバーにてガールズトーク
写真2 :
サンタモニカの図書館。勉強後の息抜き
写真3 :
週末はサンタモニカのオイスターバーでランチ
写真4 :
講師や同級生とともに健康診断のボランティア。バイタルサインチェックを行いました!
写真5 :
祖母、叔母と日舞の新年会にて
写真6 :
“ガラス教会”で母とのツーショット
写真7 :
12年前、名取の襲名披露にて『鷺娘』を踊った時の写真です
星宣子から

A.Mさんとの出会いは、NCLEX書類提出に関しての相談が最初でした。しかし実は、彼女の友人で以前ロサンゼルスに滞在していた同僚看護師のなかで、色々な事情があって日本へ帰国された方から「A.Mさんというとても熱心な訪問看護師でマネージメントしている方から連絡が来るかもしれません。その際はよろしくお願いします!」と連絡が来ていたんです。スカイプで何度かカウンセリングを重ね、将来の夢をお聞きし、書類作成、医療英語NCLEX受験対策、アメリカでの看護学士としての計画を念入りに立ててきました。ご自身で NCLEX書類作成にトライし、NCLEXの勉強を開始し、手当たり次第看護学校を探してきた彼女です。どのくらい時間が必要で困難かを経験されているので、個人でアメリカ看護、医療従事者としての確かな情報を得るのがいかに大変だということを骨身にしみて知っている方でした。A.Mさんの立派なところは、常に前向きなところと感謝の気持ちを素直に相手に伝えられるところです。わかっていても言えない言葉。「ありがとうございます」「本当に嬉しいです」「〇〇のように考えてしまっていました。ごめんなさい」と言葉に出して 言えることは、このアメリカ社会では特に、コミュニケーションのカギです。ですからいつもA.Mさんと話した後は気持ちが落ち着き良い気分 になります。早くアメリカで看護師として、皆にその優しさを伝えられるフィールドに入り込んで欲しいと強く心の中で願っています。倒れそうになった時こそ、力を出せる人間であり、今後看護師として活躍することを願っています。応援しています!!

星 宣子

星さんへ

いつもいつも励ましの言葉ありがとうございます。やる気がでます。星さんの言葉は魔法の言葉ですね。私は先日お気に入りのスパを見つけました。安くはないですが、朝10時までに入れば時間制限なく20ドルで利用でき、レストランやWi-Fi、パソコンもあり、サウナは5種類あります。珈琲はおかわり自由です。今朝は朝風呂に入り、気分すっきり、リフレッシュし屋上で勉強します。疲れたらお風呂に入りに行きます。アメリカのカフェや図書館は冷え性の私にはかなり辛く、このスパが気に入りました。朝は屋上はほぼ人がいません。林檎を食べ、健康ドリンク(ヨモギジュース)を飲んで勉強します。変な人もいないですし荷物の心配もなく、スパの部屋着で過ごせるのもとても良いです。これからも宜しくお願いします。

A.M

2014年11月 24日更新

アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
「医療英会話オンラインクラス」開催
詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。
2021年に向けて。アメリカ看護資格取得 ~看護留学を成功させるには!~
アメリカで看護師を目指すなら!信頼できる留学コンサル・留学カウンセラーに相談しよう!

全米教育査定認可とは、留学生にI-20を発行する看護学校・語学学校・専門学校・短大・大学全教育機関が、適正に教育プログラムを提供しているかどうかを査定するAccreditationsのことです。政府公認の一つである「ACCET=アセット」でも各学校の査定結果を公表しています。これによると、看護留学生が多いニューヨーク州やワシントン州、カリフォルニア州では、警告や処分、保留中である学校が多いことが分かります。留学生であれば、この認可が審査却下されるとI-20発行校ではなくなり、学生としての滞在資格を失います。

突然のアメリカの看護学校閉鎖により転校を余儀なくされ、また授業料返還も一切なく滞在資格を失う危険性が伴います。

これからアメリカへ看護留学を考えている方、既に看護学校在学中の方、知り合いから学校紹介された方も、信頼できる看護留学コンサルを受けてから学校選択することをお勧めします。

アメリカ看護留学が提案する「アメリカ看護トータルサポート」
  • 日本の看護師資格をアメリカで生かせる?
  • あなたの留学は看護留学?それとも医療留学?
  • キャリアチェンジ看護留学を実現できる?
  • 看護師として永住権取得ができる?
  • アメリカで合法的に働く資格取得ができる?

「アメリカ看護トータルサポート」についてこちらから

アメリカ看護留学のことなら何でもご相談ください。
初回無料カウンセリングは随時受け付け中です。 (ホームページ

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES