Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2013年 1月 31日更新

第11回 : アドバイザーから皆様へ

看護師を目指す方々のお役に立てば、と思い書き続けてきましたが、このコラム連載もとうとう11回目となりました。 今回は、看護師の卵として頑張っている生徒と身近に接していたアドバイザーの立場から皆様へ伝えたいことを書き綴ってみたいと思います。

そもそも看護師の役割とは何なのでしょうか?

病気やケガで苦しんでいる人に対して献身的なケアをするのはもちろんのこと、自立できるような環境を整え、患者が健康に回復したり社会復帰ができるようにする。 これが一般的かと思いますが、その他にも、第1回目のコラムでお伝えしたように、看護師とは アドボカシー * をもとに、安全な環境促進と健康増進・病気の予防、そして病気障害者等の世話をする専門家です。

看護学校には、語学留学を経て 「アメリカで看護師になる」 という夢を持つ沢山の人が世界中から集まってきます。 私は入学前に生徒さんに 「なぜ看護師になりたいと思ったのか?」 という質問を必ず投げかけるようにしています。 「人助けの出来るやりがいのある仕事だと思ったから」 「家族が看護師さんに支えられて病と闘った経験を目の当たりにして、自分もそんな人になりたいと思った」 「シングルマザーとして自立した生活をしたい」 「将来のために自立できるような職を探していた」 など、皆さん理由は様々ですが、強い決意と希望を胸に最初は入学すると思うのです。 しかし、実際にクラスの授業や実習に参加すると、沢山の課題や慣れない医療現場での実習など、精神的にも肉体的にも大変なことばかりで、途中で挫折してしまう人も少なからずいます。 そんな中で心が折れそうな生徒さんを見かけたらそっと手を差し伸べてあげたいと常に思っています。 つらいときこそ、初心に戻り自分自身をみつめることが必要なのではないでしょうか? 今はつらくても、一度は決めた自分の将来への道。 あきらめずに突き進んでほしいといつも願っています。

命を授かりこの世に生まれてから死ぬまで、どんなに健康であっても、必ずお世話になるのは、医者、看護師、病院の存在であると思っています。 なかでも精神的に一番お世話になるのは、看護師さんであると感じています。 人の命を預かる大変な職業ですから、容易になれるものでもありません。 看護師として、しっかりとした理念を持ち、取り巻く環境にも臨機応変に対応できる強い精神力が必要なのです。 特に生死をわける現場では、看護師の一瞬の判断や発言の一つ一つに責任がのしかかってきます。 病院は死と隣り合わせの場所でもあります。 重病・重傷の患者さんをケアしなければならない時もあり、場合によっては死に直面することも少なくありません。

では、死と直面するとき、看護師はどのように乗り越えているのでしょうか?

卒業した看護師からの声

命には寿命があると理解はしているし、仕事は仕事として割りきっているつもりです。 しかし、やはり人間なので感情がある事は確かです。 患者さんが痛みに耐えられずナースコールしてきた際は、マッサージを施したり、ドクターからシップ等のオーダーをもらうようにと、まずは身体的にも精神的にも痛みを和らげられるように対処しています。

病気で最後まで苦しむ姿を沢山見てきてはいますが、本人の意思次第で、今よりも回復することもあるので的確な患者ケアを提供するように心掛けています。

看護師なりたての時は、自然に涙が出たこともありました。 しかし経験を重ねるごとに、その自分の涙が患者をもっと傷つけていることに気がつきました。 それ以降、涙を見せずに看護師として気丈に行動しようと決意しました。

死に直面している患者の多くは、その事実をどうやって受け止めるか、受け止められず苦しんだり、また受け止める事が出来てもその日が来る日まで、どうやって過ごすか、と心を痛めています。 まして、身体に痛みがある患者へのケアは最大の課題でもあります。 少しでもその痛みを和らげるようにするのが看護師の役目です。 患者への助言や精神的援助は看護師としての最大の仕事だと思っています。

私自身は、看護師の経験もなければ看護師を目指そうとしたこともありませんので、同じような立場 (看護師や看護学生) からのアドバイスはできません。 しかしながら、常に患者さんの立場としてどう考えるかを生徒さんに伝えるようにしています。 私が考える理想の看護師とは 「この人にだったら自分の看護を任せられる」 と思えるような信頼できる人です。 患者さんの声にならない思いを汲み取って必要なケアを提供することだったり、医学的な専門用語をわかりやすく伝えることであったり、または私情をはさまずに正しい情報を提供することかもしれません。 患者の要望に合わせて臨機応変に対応できる柔軟な姿勢が必要かと思います。

最後に、私が考える看護師として大切なことをお伝えして結びたいと思います。

「誠実であれ」

これは私のモットーであります。 これをいつも念頭に置き、どんな状況に立たされても誠実さを忘れずに判断し行動してきました。 その誠実さ故に学生時代のバスケ部では同級生にいじめられたり、教員時代には 「誠実だけでは生きていけない、自分の首を絞めるだけだよ」 とたしなめられたりした時もありました。 理解してもらえず悲しい思いをすることが沢山ありましたが、それでも私はルールや法律を基に行動しつづけました。

そこで、生死に関わる医療従事者達は、どうなのかな? と思い、弊社の卒業生や現役の医療従事者に何度か聞いた事があります。

「仕事は仕事!」 あくまで個人の感情とは切り離して仕事をしている、という回答が殆どでした。 この回答を聞いた時、立場としてやらなければいけない行動や判断をしているプロフェッショナル達だと感じました。 もし私が相手の状況や言動を把握・理解していたら、その相手の感情的な言動に対しても、「仕事は仕事!」 と感情を入れずに、対応できてきたのかもしれないと思いました。 ただ誠実に行動することは、医療現場であろうと教育現場であろうと、大切且つ重要な事であると思いますし、この気持ちは生涯変わらないでしょう。

特に生死をわける医療現場では、患者さんとの信頼関係が一番大切です。 その信頼を築くのに最も大切なことは 「誠実」 という2文字に凝縮されているのではないかと確信している毎日です。

今後当コラムでは、ロサンゼルスにある看護学校を順にご紹介していきます。 おかげさまで、私がこれまでお世話させていただいた生徒さんは、卒業後100%の就職率を達成しています。 これからも気持ちを新たに、看護留学アドバイザーとして自身のモットーを常に念頭に置き、お問合せいただくみなさんのことを十分に把握しながら、的確なアドバイスできるように努めさせていただきます。 学校選びから入学まで、夢実現に向けて一緒に頑張りましょう!

* アドボカシー/advocacy : 本来 「擁護」 や 「支持」 「唱道」 などの意味を持つ言葉

2013年 1月 31日更新

【締切迫る!】 NCLEX書類申請受け付け開始!
期間延長! 2019/11/22まで (※)

ご存じの通り、近年は海外からNCLEX受験申請書類を提出しても、受験許可証が却下されて、アメリカで看護師になることができない方が増えています。また、書類申請後の待ち時間も1~2年と非常に長いです。

そこで、弊社では専門家による「ステップ①書類査定」および「ステップ②NCLEX パッケージ作成」までのサービスを開始いたしました。ステップ①のみを依頼し、書類申請できる州の有無や可能性を検討する方もいらっしゃいます。

書類を申請する際は、申請者の学歴、職歴、希望する学校のタイプや州などによって、準備期間や必要書類などが大きく異なります。また、渡米前・渡米後の生活を念頭に、さまざまな観点から進める必要があります。

※ 2020年度は、州によって提出する書類が増える可能性があります。今年中のお申し込みをお勧めします!

「アメリカ看護サポート」詳細はこちら

それぞれの状況に最も適したアドバイスを行うためにも、事前に個別カウンセリングをお勧めしています。

NCLEX合格したら、やっぱり合法的にアメリカで働きたい!
アメリカの看護師永住権について相談するなら、アメリカ看護留学エージェントにしよう!

詳細はこちら

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES