Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第106回 : update
コロナ禍で母の入院・介護。日本に緊急帰国しました!

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル
第97回 : 
コロナ感染者爆増!アメリカの医療業界最新事情
第98回 : 
~体験談Vol.20~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第99回 : 
2020:日本「Zoom」セミナー レポート第1弾
第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾
第101回 : 
アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~
第102回 : 
~永住権を取得するまで~ アメリカで働く日本人看護師シリーズ①
第103回 : 
2021年。コロナ禍のアメリカ医療、そして看護留学はどうなる?
第104回 : 
~永住権を取得するまで~ アメリカで働く日本人看護師シリーズ②
第105回 : 
気になるコロナ禍でのアメリカ看護留学・医療業界最新事情
第106回 : 
コロナ禍で母の入院・介護。日本に緊急帰国しました!

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2021年 4月 1日更新

第106回 : コロナ禍で母の入院・介護。日本に緊急帰国しました!

皆さんがこのコラムを読んでいる頃、私はアメリカに一旦戻るためにLAX行きの飛行機に乗っているはずです。実は、2月17日に母が緊急入院することなり、約1カ月間、日本に帰国していました。仕事柄、アメリカでの医療事情や病院のシステムについての知識はあるものの、日本では経験がなく苦労の連続でした。今回は、コロナ禍での緊急帰国、そして入院や介護事情などについてお届けします。

3月初旬に緊急帰国。PCR検査や準備でてんてこ舞い

とにかく突然のことだったので、準備が大変でした。わずか10日ほどの間に、まず毎年お世話になっている会計士さんに無理やりお願いし、4月15日までに確定申告をするための準備(現在、5月17日に締め切りが延長されました)と税務関係の手続き、そして3月末に渡航してくる看護留学生のサポートは、空港出迎えの手配や銀行口座開設、滞在する寮の案内などを含め、Zoomセミナーに現役看護師として質疑応答コーナーに参加していただいている弊社新スタッフのAzusaさんにお願いしました。コロナ禍で多忙を極める中、快く引き受けてくれたAzusaさんには本当に感謝しています。また、医療英語受講クラスも3月半ばから2クラスが開講するため、全てスタッフにお願いしました。そして帰国2日前に、カリフォルニアの看護大学に編入予定の生徒たちの入学手配をメールのやり取りしていたのですがなかなか思うように進まず、結局車で往復5時間をかけて看護大学2校を訪問し、全てできるだけのことは済ませてから、ようやく帰国の日を迎えました。

コロナ禍の帰国で、最も気になるのがPCR検査です。まずは、厚生労働省のウェブサイトで質問票に回答し、PCR検査を72時間前に受けます。検査を受ける場合、陰性証明書が必要になるのですが、厚生労働省の指定フォーマットのほかに、検査を行う医院や各機関でも独自の証明書を発行して欲しいと言えば作成してくれます。費用は、証明書発行が無料のところもあれば、有料(225ドル)のところもあります。

以下は、LAX(ロサンゼルス国際空港)の受付カウンターでももらうことができます。

出発当日、LAXのトム・ブラッドリー国際ターミナルはガラガラで、私が乗った日系の航空会社は、真ん中の4席に乗客1人という状態だったので、機内ではずっと横になって眠ることができました。乗客数はたったの18人でした。羽田空港に到着後、係員の指示に従って検査を進めていきました。PCR検査証明書を見せたのはLAXのカウンターと羽田空港内のみです。私は到着後、入国審査前にガムを噛んでしまったため、唾液検査の際10分間待ち、それから検査をしました。結果待ちには1時間を要しました。検査が終わり、ようやくスーツケースを取りにいこうと思ったら、既に乗客者全員の名前が貼ってあったカートが用意されており、それに荷物が載っていて、そこからは本当にスムーズでした。

税関を通り空港の外に出たところで、栃木県の実家から車で迎えが来ていました。現在、空港から自宅などに行く場合、公共機関を利用しなればならない人は、ホテルで2週間の滞在を余儀なくされます。私にも2週間の待機期間はありますが、実家で過ごすことができました。その後2週間の間、毎日午前11時ごろに厚生労働者からメールが届き、午後2時までに返信する必要があります。

質問事項は、以下の2つです。

  • ① 37.5℃以上熱がありますか?
  • ② 濃厚接触者はいますか?

いずれも回答して送信するとそれで終わりです。

母の入院そして介護準備。激動の1カ月

今回、母の病気の知らせを受け急きょ帰国した私は、到着後、母の検査結果を聞くために、医師の承諾を得て、病院と実家で行ったFace Timeミーティングに参加させてもらいました。母は「難病」と診断されました。

驚きと悲しみ、そして焦りなどさまざまな感情が入り混じる中、偶然にも母が検査入院していた時の担当看護師の1人が、弊社に1年ほど前にお問い合わせ頂いた看護師さんだということが分かりました。あまりの偶然にとても驚きましたが、気持ち的にとても楽になったのを覚えています。また、担当主治医や自治医大の看護師、そしてソーシャルワーカーもとても熱心で素晴らしい方ばかりでした。

2週間が過ぎて自宅待機が解除となった際、担当医より、自治医大大学で直接顔を合わせて説明したいと言われていたので、時間を合わせて向かいました。そこで、担当医と看護師、地域のソーシャルワーカー、そして担当医の補佐の5人から説明を受けました。こちらが用意していた23にもおよぶ質問に対しても、できる範囲で回答して頂きました。アメリカでは医療ミスの訴訟が多いことを担当医も知っていたせいか、とても慎重に一つ一つ検査結果の数字を基に説明してくれました。

驚いたのは、大学病院だというのに、英語での表記が無いことです。医師に聞くと外国人患者はほとんどおらず、必要であれば通訳同行で来院するということでした。これでは外国人は簡単に病院に行くこともできないと思いました。そうこうしているうちに、あっという間に介護/医療保険、訪問看護、難病申請、介護器具、保健所、市役所など、母の退院後の生活を円滑に進めるための手続きを完了することができました。また、週3回の食事配達も予約しました。

滞在中の個人カウンセリングと、今後の予定について

病院に通いながら、3月半ばからは、事前に予約をして頂いた皆さんとの個人カウンセリングを開始しました。相談内容は多岐にわたり、国家試験発表を待たずして自己採点で合格という方、現在アメリカで主婦業に専念しているが、コロナ禍でまた看護師として働きたいため書類を作成したいという方、そして永住権を取得し15年以上住んでいるがキャリアチェンジして看護師になりたい方、語学留学しているがコロナ禍で帰国せざるをえない方など、本当にさまざまで、忙しい毎日を送りました。実は4、5月にZoomセミナーと質疑応答の開催を予定していましたが、このたび急きょ家族の都合もあり、延期しようと考えています。今のところ、6~7月をめどに日時を調整中で、決まり次第、本コラムでもお伝えします。

私の両親は共に80歳を超えていますが、これから恐ろしい病気と闘う日々が待っています。日に日に衰えていく母は、夜になると痰が切れにくくなり、苦しいのだろうと思うと私も眠れません。父のことも気にかかります。80近くまで洗濯も食事の支度もしてこなかった典型的な昭和の父親です。昨年9月に帯状疱疹を発症し、先日知り合いの看護師に頼んでワクチンを接種してきました。医療に関することは、医師や看護師に頼るしかありません。私たち家族ができることは、精神面のサポートだと思っています。私は6月にまた日本に帰る予定ですが、私がいない間は、父が1人で家事をやることになるので心配は残ります。しかし、今の私ができることを最大限にそしてベターではなく、ベストを尽くしていきます!しばらくは、訪問看護とケアマネも全て看護師に依頼することにしました。24時間体制でEメールでもやり取りしてもらえるようになり、私も父も少し気持ちが軽くなりました。

いつまでも両親には長生きして欲しいので、ここは踏ん張りどころ。頑張ります!

※日本帰国時の規定や情報は、2月下旬のものです。

写真1
写真2
写真3
写真4
写真1:
2月下旬に緊急帰国しました。
写真2 :
人影もまばらなLAX国際ターミナル。
写真3 :
日本入国前に、厚生労働省の質問表Webにアクセスできます。
写真4 :
羽田空港到着後も、検査を行いました。
写真5
写真6
写真7
写真8
写真5 :
実家に到着。自宅待機中は、楽しみにしていたコンビニスイーツでストレス解消!
写真6 :
母の病気で訪れた自治医科大学付属病院。
写真7 :
今後、母の本格的な治療が始まります。鍼灸治療の様子です。
写真8 :
弊社日本スタッフの斎藤と宇都宮大学を訪問した際に、桜の下で記念撮影。きれいです!
写真9
写真10
写真11
写真12
写真9 :
私の教職時代の同僚と久しぶりに再会。以前本コラムにも登場していただきました。
写真10 :
趣味でハチミツを作っている父。絶滅が危惧されているニホンミツバチのハチミツは最高に美味しいです!
写真11 :
現役看護師で弊社スタッフのAzusaさんが、留学生の対応を行ってくれました。LAXお出迎えの様子です。入国時にも全く問題はありませんでした。
写真12 :
生活のインフラを整えるため、銀行に同行し口座開設のサポートを行いました。

2021年 4月 1日更新

アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
「医療英会話オンラインクラス」開催
詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。
アメリカ看護資格取得 ~看護留学を成功させるには!~
アメリカで看護師を目指すなら!信頼できる留学コンサル・留学カウンセラーに相談しよう!

全米教育査定認可とは、留学生にI-20を発行する看護学校・語学学校・専門学校・短大・大学全教育機関が、適正に教育プログラムを提供しているかどうかを査定するAccreditationsのことです。政府公認の一つである「ACCET=アセット」でも各学校の査定結果を公表しています。これによると、看護留学生が多いニューヨーク州やワシントン州、カリフォルニア州では、警告や処分、保留中である学校が多いことが分かります。留学生であれば、この認可が審査却下されるとI-20発行校ではなくなり、学生としての滞在資格を失います。

突然のアメリカの看護学校閉鎖により転校を余儀なくされ、また授業料返還も一切なく滞在資格を失う危険性が伴います。

これからアメリカへ看護留学を考えている方、既に看護学校在学中の方、知り合いから学校紹介された方も、信頼できる看護留学コンサルを受けてから学校選択することをお勧めします。

アメリカ看護留学が提案する「アメリカ看護トータルサポート」
  • 日本の看護師資格をアメリカで生かせる?
  • あなたの留学は看護留学?それとも医療留学?
  • キャリアチェンジ看護留学を実現できる?
  • 看護師として永住権取得ができる?
  • アメリカで合法的に働く資格取得ができる?

「アメリカ看護トータルサポート」についてこちらから

アメリカ看護留学のことなら何でもご相談ください。
初回無料カウンセリングは随時受け付け中です。 (ホームページ

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES