Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第101回 : 
アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル
第97回 : 
コロナ感染者爆増!アメリカの医療業界最新事情
第98回 : 
~体験談Vol.20~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第99回 : 
2020:日本「Zoom」セミナー レポート第1弾
第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾
第101回 : 
アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2020年11月 1日更新

第101回 : アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~

「留学」と「就職」は叶えられるの?

夏に開催した「Zoom」セミナー「第99回:2020 日本「Zoom 」レポート第1弾」 と「第100回:2020 日本「Zoom 」レポート第2弾」を通じ、改めて、アメリカで看護師になりたいというご相談者のほとんどが、将来的に永住権などの就労ビザの取得を希望しているということが分かりました。看護留学は、語学や学位を取得するという一般的な留学とは異なり、アメリカの医療業界で働くための資格を取得するということです。そうなると、やはり最終的な目標は、アメリカで合法的に働きたいとなるのも当然のことだと私は思っています。

しかし、現実には、就労ビザを取得することは容易ではありません。それでも以下のような謳い文句を信じてしまう人が後を絶ちません。

「アメリカの看護師資格を取得すれば、スポンサー探しは簡単です!」
「高いお金を払えば永住権を取得できますよ!」
「アメリカで働くためにはエージェントは必要ありません!」

今もなお、SNSに載っているこのような情報を信じて渡航してきた日本人看護学生から相談を受けることが多々あり、特にコロナ禍では増える一方です。ご相談をいただくたび、私はとても悲しくなります。せっかく夢を叶えるために準備をして渡米してきたのに、謳い文句とはかけ離れた厳しい現実にぶち当たり、とても後悔している人たちが大勢いるのです。

看護職は、アメリカでもベスト5位に入るような高収入で安定した職の一つですが、その分、資格取得までの道のりも長く、アメリカ人でも何年もかかってようやく資格が取得できるほどです。そんな状況下で、病院や医療施設が、海外の看護師だけ、しかもビザスポンサーというとても厳しい審査を承知の上で簡単にスポンサーしますなどと、虫の良いことをいうことがあるのでしょうか? 時間をかけてまで、書類提出や雇用に関する書類など全ての手続きをしてくれるのでしょうか?病院や医療施設は、時には経営のリスクを負ってまでビザスポンサーをしなければならないこともあるのですから、普通に考えれば、就労ビザ取得は簡単にはいかないことが分かるはずなのです。しかし、多くの日本人留学生が、看護師資格を取った後、ようやく就労ビザについて考え始める人が多く、そしてそれを取得することが難しいことを知って驚きます、もし、OPT期間は勤めることができても、期限が切れてしまえばそこで終わりというケースがほとんどです。

永住権取得のために必要なこととは?

永住権取得に重要なことは、学校に通い看護師の資格を取得することはもちろんですが、その際に必要な「書類申請を正しく行うこと」そして「病院や医療施設などのスポンサーシップを探すこと」です。せっかく看護師の資格を取っても、「書類申請を正しく行うこと」ができず申請すらできないケースも多く、中には日本に帰国する人も少なくありません。そして、「病院や医療施設などのスポンサーシップを探すこと」は、実際に現地で働くために必要不可欠です。例え、良い学歴や資格を持っていても、日本で看護職を長年経験していても、果たしてその人材が本当に良いかどうかは、実際に働いてみるまで分かりません。どの業界でも言えることですが、特に命を預かる現場では、看護的な技術よりもその人の人間性を大切にしているからです。看護師資格を持っていても、働けずに別の仕事に就いたり転職を繰り返したりしている人もいます。周りより優れた技術や能力があろうと、永住権スポンサーして貰えるだけの素晴らしい人材で能力があると自負していても、それを判断し決定するのは、病院や医療施設、そして永住権をスポンサーする側なのです。

また、看護師として永住権スポンサーを得るためには、ビザスクリーニング *などの条件なども多く、同時にペナルティーもあるので、事前に知っておかなければならないことがたくさんあります。さらに、雇用されるには病院や医療施設とのコネクションが必要となるのですが、インターンシップやOPT期間中も、重要な機会となります。そして、就職先を紹介してもらった場合も、推薦状を書いてもらったり、永住権申請のための移民弁護士を雇ったりすることも必要で、さまざまな手続きがあります。

弊社では、数年前から「永住権スポンサーシップ・プログラム」を行っていますが、私は、事前のコンサルテーションで、全ての人が永住権を取得できるわけではないとはっきりお伝えしています。理想を言えば、アメリカで働くということを視野に入れて、看護留学準備の時点で就労ビザなどについても調べておくことですが、留学してからでも決して遅くはありません。そして、書類を申請する際は、事前に十分なリサーチを行うこと、そして個人のブログやサービス会社のウェブサイトからの情報をうのみにせずに、きちんと納得できるまで聞いたり調べたりすることも重要です。

次回は、弊社の「永住権スポンサーシップ・プログラム」について、そして実際に就労ビザを取得した人たちのケースをご紹介いたします。

* ビザスクリーニングについて: 海外で看護教育を受けた看護師達が必ず通らなければならないのが「ビザスクリーニング」です。以下のサイトで細かくその要綱が示されています。 CGFNS FOR VISA SCREEN

知らなきゃ絶対損をする!看護留学の落とし穴に注意! ~各書類申請時の注意事項、医療留学と看護留学の違い~

前回のコラム「第100回: 2020 日本「Zoom 」レポート第2弾」でも、少し触れていますが、8月よりNCLEXの書類申請方法が大幅に変更になっています。そのせいか、これまでは、日本在住者からの書類作成代行相談などがメインでしたが、8月以降は、アメリカやオーストラリア在住者からの相談がほとんど。相談の内容の多くが、自分でNCLEX書類申請を試みたがうまくいかないという方ばかりで、アカウントを作成したものの、そのまま放りっぱなしというものです。

NCLEXやCGFNS(Commission on Graduates of Foreign Nursing Schools)への書類申請、他州へライセンスを異動する際、そして永住権申請時など、注意事項を言えばきりがないのですが、覚えていてほしい点がいくつかあります。

1. NCLEX書類:申請時に誤った内容を記入すると、最悪アカウント凍結に!

NCLEXのアカウントを作成していなくても、一度でも入力したことがあると、その人の過去の履歴や書類の内容は、サイト内で全て記録され残っています。しかも、誤った情報を記載したり、情報が漏れていたりすると、アカウント作成の続きをしようと思っても、再度開くことができず、最悪ブロックが掛かってしまいます。途中までアカウントを作成したものの分からなくなり放棄、またはアカウントを作成したけれどエラーが起こり困り果てて、弊社に書類作成代行を希望される人が多いのですが、こうなってしまうと、アカウントを再作成どころか、書類申請も非常に困難となります。弊社でも、過去に数名ですが、やむなく書類作成代行をお断りしたケースもあります。

2. 他州へのライセンス移行:最初の書類申請内容が鍵に!

他州で取得したアメリカ看護師資格の移行(エンドースメント)をする際も、最初に書類申請の情報の全てが記録されているため、後から内容を変更することはできません。必要事項や注意点を理解した上で、書類を作成する必要があります。

3. 永住権申請:書類に不備があれば申請が不可になることも!

看護師永住権スポンサーが見つかった場合にも、就労ビザの書類申請が鍵となります。書類申請が正しく行われていないと、就労ビザが下りるまで膨大な時間がかかったり、書類自体に問題があれば申請が不可能になったりするという結果になります。

4. 医療留学と看護留学は違う?

そもそも、公衆衛生学(The Master of Public Health)や医療管理学(The Master of Healthcare Administration)は、通常の正規看護師(R.N.)やフィジカル・セラピストなどの永住権申請とはカテゴリーが異なります。例え、NCLEXに合格しても、“アメリカの看護師”として永住権書類申請はできませんのでご注意を!

個々によって、注意すべき事項は変わります。詳細は、カウンセリングでお問い合わせください。

2020年11月 1日更新

アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
「医療英会話オンラインクラス」開催
詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。
2021年に向けて。アメリカ看護資格取得 ~看護留学を成功させるには!~
アメリカで看護師を目指すなら!信頼できる留学コンサル・留学カウンセラーに相談しよう!

全米教育査定認可とは、留学生にI-20を発行する看護学校・語学学校・専門学校・短大・大学全教育機関が、適正に教育プログラムを提供しているかどうかを査定するAccreditationsのことです。政府公認の一つである「ACCET=アセット」でも各学校の査定結果を公表しています。これによると、看護留学生が多いニューヨーク州やワシントン州、カリフォルニア州では、警告や処分、保留中である学校が多いことが分かります。留学生であれば、この認可が審査却下されるとI-20発行校ではなくなり、学生としての滞在資格を失います。

突然のアメリカの看護学校閉鎖により転校を余儀なくされ、また授業料返還も一切なく滞在資格を失う危険性が伴います。

これからアメリカへ看護留学を考えている方、既に看護学校在学中の方、知り合いから学校紹介された方も、信頼できる看護留学コンサルを受けてから学校選択することをお勧めします。

アメリカ看護留学が提案する「アメリカ看護トータルサポート」
  • 日本の看護師資格をアメリカで生かせる?
  • あなたの留学は看護留学?それとも医療留学?
  • キャリアチェンジ看護留学を実現できる?
  • 看護師として永住権取得ができる?
  • アメリカで合法的に働く資格取得ができる?

「アメリカ看護トータルサポート」についてこちらから

アメリカ看護留学のことなら何でもご相談ください。
初回無料カウンセリングは随時受け付け中です。 (ホームページ

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES