Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第90回 : update
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2012年11月 30日更新

第10回 : 病院での実習について

いよいよ看護の現場にて実習コースが始まると、生徒は各提携クリニックや病院で実習を受けることになります。 この実習期間は、アメリカで実務経験を積む経験となるため、とても重要なコース内容の一つになっています。 某ロサンゼルスの看護師専門学校の実習過程をサンプルとしてご紹介いたします。

実習のスケジュール例
デイタイムクラス 実習 (水・木) 6:30 AM ~ 7:00 PM
イブニングクラス 実習 (土・日) 7:30 AM ~ 3:00 PM
実習内容例

受講するクラスの期間 (Term) によって実習内容は異なります。 Term1 では、看護助手 (CAN) の仕事 (ベットメイキング、入浴、様々な介助) をします。 Term2 では、包交、尿カーテル挿入、清拭や更衣などの基本的な患者ケアの提供。 Term3,4 では、患者の健康状態の記録、尿・便・痰等の検体の収集と基礎的な検査や、皮下注射、末梢静脈内続点滴、セフルケアに関する患者指導などをします。

実習所の紹介
  • Hollywood community Hospital
    Term3 の実習場所。 医療外科疾患状態の患者のケアを実します。
  • Crest Healthcarea
    Term4 の実習場所。学生自身が医療外科疾患状態の患者のケアを明確にし、実地研修することができます。
  • Hollywood Community Hospital Lounge
    研修生2~8人ぐらいが同じ場所で研修をします。

※ 実習所への移動はカープール

病院実習先は、学校から25マイル (30分以内) の場所にあります。 学生用の駐車場は用意されていないのに加え、有料駐車場でも学生は駐車出来ないことが殆どなので、みんな一台の車に乗り合わせたり、バスなどの公共交通機関を使ったりします。 夜間は危ないので、実習が夜まである時はバスなどを使うのは避けたほうが良いです。

実習に関してのQ&A
Q...
実習場所はずっと同じですか?
A...

Term3ヶ月毎に実習場所が変わります。 最後のTermでは、指定されたクリニック、ドクターズオフィス等へ2人組のローテーションで実習先へ行きます。

Q...
一番最初の実習ではどんなことをするのですか?
A...

実習初日は、学校内にて行く病院独自のオリエンテーションを講師が行います。 その病院からの指示で必須事項、ルールの確認、資格、健康診断結果と注射カードの提出義務があります。 オリエンテーションが終了し簡単な試験をし、次の日から実際に病院での実習が始まります。

Q...
具体的にどんな風に実習が始まるのですか?
A...

Term1では看護師に付いてまわる事が多いです。 Term2以降になるとペアになって各病室を割り当てられます。 病棟、病室ごとに決められた人数しか、看護師、介助アシスタント、医者、看護学生が入る事が出来ません。 毎朝、申し送りの伝達や注意事項等の指示があります。 場合におって看護学生も立ちあいます。 殆どの場合、講師と担当看護師からの指示伝達と指導になります。

では、実習とはどのようなものか、現在実習に行っている生徒さんにお話を伺ってみましょう!

実習日初日の感想
  • 人生の中で初めて経験した空間に戸惑いました。いきなり始まった実習でも、患者さんは待ってはくれないので、ただただ忙しかったです。 やっと取れた昼休みに、クラスメートの一人が 「泳ぎ方もわからないのに、広い海にポンと放り出された気持ちだ!」 と言ったのを覚えています。
  • 日本で実習は経験がありましたが、人種やカルチャー、そして英語でのやり取りに患者の言っている事に気がついてあげれず、返答に困りました。
うれしかったこと
  • 自分が看護師のメンバーとして少しずつ役に立って行くことがうれしかったです。
  • Term毎に与えられる仕事内容が少しずつ医療現場の仕事に変わって行くのが分かり、責任感が増すと共に任せてもらえることが嬉しかったです。
英語が出来ずに困ったこと
  • 英語もそうですが、スペイン語、中国語の患者さんばかりの施設では、コミュニケーションができず困りました。
  • 看護師からの指示が聞き取れず、それを一緒に聞いていた患者から 「○○を用意して、と言っているよ。」 と言われ恥ずかしかった覚えがあります。
  • 実習中、CNAの仕事を手伝ったりLVNが仕事の説明をしてくれるのですが、言ってることがよくわからないことがあったり、何か物を取ってきてと言われたときに、違ったものをとってきたりしてしまいました。
机上で習っていたことを生かせたエピソード
  • CNAの試験が一発で受かった。
  • 講師が授業中に話していた、救急患者への対応が目の前で行われ (本来は学生は立ち遭えない) 実際に看護師やスタッフと共に医療関係者の一員として焦らずに対処できたこと。
学習不足だと感じたこと
  • 何かに付けて自信がなく、先生やクラスメートに何度も確認していたこと。
  • 同じ事を 2・3回と英語で指示をされても、その意味が理解できなかったこと。
  • 患者にジョークを言われていてもそれが分からず、もっと教科書だけでの英語ではなく、スラングも臨機応変に学習することが必要だと感じました。
  • 精神科の施設にいったとき、たくさん薬を内服している人が多かったので、薬の名前や作用、そして副作用はしっかり覚えるとこが大事だと思いました。
失敗したこと
  • 失敗という失敗は無かったのですが、自分の日本名がアメリカ人には発音しにくい名前だったようで、間違えて呼ばれてたりと言うことが何処の実習先でもありました。 英語名のようなのを考えた方が良かったのかも?と思いました。
  • 英語力不足により、LVNから指示された内容と違うことをしてしまった事。
患者さんとのふれあいで気をつけたこと
  • 日本からきた日本人というより、アメリカに来た日本人という気持ちで臨機応変に対応しました。
  • 言葉も発することも出来ない患者に対して、のどの動きやわずかに表現している目の動きでコミュニケーションを取るように努めました。 セラピストから褒められた時は嬉しかったです。
  • 94歳になる老婆に懐かしい日本の歌を歌った時、涙を流して喜んでくれました。
  • 英語が出来ないので、患者さんの言いたいことを理解すること、自分の気持ちを伝えることが大変でしたが、日を重ねるにつれて患者さんも私の顔を覚えてくれるようになり、笑顔で会話できたことがとてもうれしかったです。
自分が日本人としての特性を生かせたエピソード
  • 常に笑顔を忘れないことと、どんな状況でも冷静な態度で対処することを心がけました。 クラスメイトが、講師やオフィススタッフの対応に動揺したり怒りを抑えられず、見ていて驚くような行動を取っている時、私は冷静に行動し判断をする事が出来たので、午後の試験にも無事合格する事もできました。
  • チャージナースから直接指示を受けた時。チャージナースが担当している患者の一人が日本人で、日本語を話せる看護学生としてお役に立つことができた。
  • 介助の仕方が丁寧だと患者から褒められたこと。
苦労したこと
  • 実習開始当時は、先生の言っている事が分からなかった。
  • 実習先によって先生のやり方が違かったので臨機応変に対応しなければならず、最初は少し戸惑った。
  • 率先して実習中も行動したいが、いつも看護師からの指示が正確に理解できるか不安だったのでクラスメイトの様子を見てからの行動だった。
  • 12時間での実習時間が辛かった。
  • 実習病院までの、交通渋滞が困った。 看護師は遅刻は厳禁! 15分遅刻したら、家に帰りなさいといわれていたので、間に合うようにといつも朝、イライラしていた自分が居る。
  • 英語がわからないので、患者さんから何か頼まれたとき自分がその内容を理解できなかったら、ナースにそれを伝えたり、患者の訴えが曖昧にならないようにしました。

いかがでしたか? 私がお世話させて頂いた卒業生達も今はプロフェッショナルなLVNとして働いていますが、最初はいろんな苦労や失敗を重ねているのです。

次のコラムでは、看護師としての就職について、現在の就職状況も併せてお話します。

2012年11月 30日更新

アメリカ看護/Hoshi World では、このたび、新たに英会話レッスンを開講いたします。

お申し込み期間:12/15(日) まで 先着順

日本時間(JST)早朝からお昼前(5:00-11:55)深夜(21:00-24:55)

  • レッスン時間:一律25分
  • 土日や祝日も対応可能
初回無料オンライン英会話レッスン!レッスン期間 12/1-12/20!
主な特徴
  • スカイプ(無料)を用いたオンライン・レッスンですので、自宅にいながら快適に受講できます。
  • 看護コースと日常会話コースの2コースを提供。
  • 看護コースは、4つのパターンおよび5つのレベルに分かれており、生徒の英語力に応じた英会話が可能です。各レベルには、理解度テストも含まれています。
  • 日常会話コースは、買い物や自己紹介などの「日常的な、あるある」シチュエーションを想定した、30にもおよぶ会話のロール・プレイから選ぶことができます。実際の英会話ですぐに使える実践的なものばかりです。英会話が苦手な方にも向いてます。
  • 25分のレッスンタイム。短時間で集中的に、効率良く、密度濃く、英語を学べます。
  • 日本時間の早朝および夜間に開講しますので、日中が忙しい方にも最適。週末や祝日も対応いたします。
  • さまざまな業種に携わった経験豊富な講師陣が揃っています。日本語が理解できるアメリカ人講師もいますので、ネイティブ・スピーカーと会話するのに自信がない方も安心!
  • レッスン前には、レベルやコースに合わせた、PDF形式のデジタル・テキストを配布。予習をしっかり行えば、一度のレッスンで多くの情報を得ることができます。
  • 英語圏で通用する英語を本格的に学びたいという方に最適のプログラムです。
受講希望の場合は、以下の情報を明記して、下記ウェブサイト(看護留学を目指している方/美容・バスケ留学を目指している方)の「お問い合わせ」にメールをお送りください。
  1. 受講希望複数日時
  2. 英語レベル(あれば)
  3. 職業、学生、主婦
  4. Skype ID
  5. 渡米予定時期(おおよそ)
  6. 英語力をつけたい理由など
看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES