Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第89回 : update
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2012年11月 8日更新

第8回 : 看護留学 これだけは知っておきたい

前回のコラムで NCLEX についてご説明しました。
この試験以外にも、外国人がアメリカで看護師として働くために、避けて通れない関門があります。

  1. ソーシャルセキュリティーナンバー (SSN) の取得
  2. アメリカでの実務経験

試験に合格するだけで、自動的に看護師として働けるワケではありません。 具体的にはどういうことなのか、下記、小野寺幸恵さんの体験談を交えながらご紹介していきます。

ナイチンゲールに憧れて

私が看護師を目指すきっかけになったのは、小学3年生の時に読んだナイチンゲールの本でした。 もともと人の世話をするのが好きだった私は看護師という職業に憧れ、それ以来、看護師になることだけを目指してきました。 看護師とはいえ医師と同様のスキルを求められる救急救命は、難しいけれどもとてもやりがいのある仕事だと思い救命救急の看護師を目指しました。 いずれは認定救急看護師の資格を取り、救命の第一線で仕事をするのが私の夢でした。

アメリカでの看護師を目指したきっかけ

看護学生として勉強に勤しんでいた時に、アメリカを旅行した際、体調を崩し、病院にかかったのがきっかけでした。 使っている器具は、日本では見たことがなく、薬も新しいものがどんどん認可されている状況を目の当たりにしました。 そのときから日米の看護体制の違いについて自分でリサーチをするようになりました。 そこでわかったこともいくつかありました。 例えば、日本の看護師免許は一度取得してしまえば永久ライセンスですが、アメリカは1~2年ごとの更新があること。 自分の看護師としてのスキルも常に向上していかなければならないですが、逆に言えば自分が頑張った分だけ認めてもらえるということ。 「とてもやりがいがあるのではないか、チャレンジしてみたい!」 と思うようになりました。 それ以来、アメリカの病院のサイトを見たり、海外の医療ドラマ ( ERなど ) を毎日のように見たりしました。 私の中でいつしか、日本で救急救命の看護師になるという夢が、アメリカで救急救命の看護師になりたいに変わっていました。

その後、日本の看護師国家試験に合格すると同時に、アメリカでの看護師を目指し渡米しました。 午前中は語学学校、午後はRNのための学校に通いました。 言葉もわからず、全く違う環境での生活はとても大変で、問題1問解くのに30分以上かかり、毎日寝る時間もありませんでした。 その努力が実り、念願かなって NCLEX-RN に合格することが出来ました。 しかし、喜びもつかの間、試験に合格することにばかり意識がいってしまっていたため、SSNを取得しなければ、看護師として働けないということを知らず、このままでは就職ができないという厳しい現実に直面してしまいました。 また SSN を取得し、ライセンスをもらえたとしても、言葉の壁、アメリカでの経験がないなどの理由で就職出来ないのが現状です。 医療系の学校は学費がとても高いので、もっとちゃんと正しい情報を調べて学校選びをすればよかったと反省しました。

やっと取得できたRNライセンス

試験には合格したものの、SSN を持っておらず、そのままアメリカで仕事を探すにも困難を極めていました。 さらに実務の経験もなかったため一度日本で臨床の経験を積むため帰国することにしました。 日本で二年ほど臨床経験を積み、資金も貯めて再度渡米しました。 語学学校に通いながらなんとか夢を叶えようと、いくつか履歴書を出したりもしましたがSSNのない私には、仕事はおろかRNの免許を取得することさえ難しい状況でした。 途方にくれながらも、今現在通っている学校を見つけカウンセラーに自分の現状を相談しました。 LVNの学校で勉強し、SSN取得とアメリカでの実務経験を積むステップを踏んだほうがいいとアドバイスを受けました。 とても学費を払える状況ではなかったので、また日本に帰り、学費を工面してから再度渡米しました。 NCLEX-RN の合格が無効になるぎりぎり前に、なんとか資金を工面し学校に通いつつ、ついにRNのライセンスを取得することができました! RNのライセンスを持ちながらLVNのクラスに通っていますが、講師や実習場所では私が持っているRNライセンスが力を発揮する場面が沢山あります。 本来なら学生の立場だけですが、現場ではプラス日本での臨床経験が役に立ち、米国看護師と対等に仕事が出来る自分を感じることがあり、とても励みになっています。

日本での看護師の資格や経験があってもここアメリカでは、言葉が分からないと患者や同僚の言っていることが理解できずに、日本でなら簡単に出来ることや絶対にしないような小さいミスをしたりなどして、自分の看護師としてのプライドが傷ついたと感じることも少なくありませんでした。 それでも、つたない英語でも患者を思ってのケアをすれば気持ちは伝わるんだと感じる喜びも多々あります。 これは国や環境が違ってもどこでも一緒なんだと思い嬉しくなったりもしました。 ここまでの道のりは色々ありましたが、看護師という仕事が大好きですし、それを選んだ自分を誇りに思います。 今後はLVNの資格も取って、さらに自分のフィールドを広げ、自分の希望する病院でER看護師として働きたいと思っています。 そしていずれは、アメリカで救急救命の認定看護師の資格も取り、救急の第一線で働くことが私の目標です。

これからアメリカで看護師を目指す人には、アメリカで看護留学するための情報収集だけでなく、試験に合格した後のこともきちんと踏まえた上での事前の情報収集、自分に合った学校選び、何があっても挫折しない強い意志を持つことはとても大事だと思います。 試験に合格するのも、夢を叶えるのも、自分の努力次第です。 頑張って下さい!

小野寺さんとのお付き合いは、入学から1年半前にさかのぼります。 1年ぐらい前から全く連絡が取れなくなり心配をしていました。 まさか、授業料を工面するため、また臨床経験を積む為に日本に一時帰省していたとは思いもしませんでした。 現在は、自主的に学習を進めクラス内ではトップ成績を維持しています。 臨床現場では、日本での看護師経験とRNとしての自覚を持ち積極的に臨床実習を受けている様子を現場看護師や講師達から話しを聞く事があります。 夢実現へ向けて必死に学習、行動する姿は誰が見ても心を打たれるものです。 夢実現まで、もう少し!! 応援してます。

【SSNの申請ステップ】

通常、語学学校などでは、SSN の発行が難しいのが現実です。 看護師専門学校の中には各病院などで実習する期間があるためSSNの申請が可能な学校もあります。 下記が主な流れです。

  1. 学校入学後9ヶ月目にはOPT申請可能
  2. USCIS よりOPTが許可されると、EAD *カードが届く。
  3. その後、EADカードを持って SSCへ申請する。

* EAD... Employment Authorization Document の略

* EADとは

EAD とは就労許可証のことです。 "Document" と名前はついていますが、実際はカード状のものです。 学生は USCIS がプラクティカル・トレーニングプログラムを許可したこと、もしくは申請中であることをの証明として、許可された Employment Authorization Card (EADカード) を提示してOPTプログラムを開始できます。

《参考ウェブサイト》
U.S. Citizenship and Immigration Services (Employment Authorization Document)

次回は、私がアドバイザーとして活動しているロサンゼルスの通学環境についてお話します。

2012年11月 8日更新

【締切迫る!】 NCLEX書類申請受け付け開始!
期間延長! 2019/11/22まで (※)

ご存じの通り、近年は海外からNCLEX受験申請書類を提出しても、受験許可証が却下されて、アメリカで看護師になることができない方が増えています。また、書類申請後の待ち時間も1~2年と非常に長いです。

そこで、弊社では専門家による「ステップ①書類査定」および「ステップ②NCLEX パッケージ作成」までのサービスを開始いたしました。ステップ①のみを依頼し、書類申請できる州の有無や可能性を検討する方もいらっしゃいます。

書類を申請する際は、申請者の学歴、職歴、希望する学校のタイプや州などによって、準備期間や必要書類などが大きく異なります。また、渡米前・渡米後の生活を念頭に、さまざまな観点から進める必要があります。

※ 2020年度は、州によって提出する書類が増える可能性があります。今年中のお申し込みをお勧めします!

「アメリカ看護サポート」詳細はこちら

それぞれの状況に最も適したアドバイスを行うためにも、事前に個別カウンセリングをお勧めしています。

NCLEX合格したら、やっぱり合法的にアメリカで働きたい!
アメリカの看護師永住権について相談するなら、アメリカ看護留学エージェントにしよう!

詳細はこちら

看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES