Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第90回 : update
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!アメリカで看護師になりたい!

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2012年 3月 5日更新

第3回 : 生徒さんの例1

予定では 「アメリカの看護師資格と日本の看護師資格」 の違いについてお話しようと思いましたが、私が長々と説明するより、実際に看護師としてがんばっている日本人の方の体験談をご紹介したいと思います。 今回は、RNを目指して勉強中のLVN、K.Kさんの体験。

日本での正看護師時代

私は、日本で正看護師として大学病院や私立病院などで約15年勤務していました。 看護師の本質的な役割や専門職としての独立した機能が確立されておらず、看護師としての立場があいまいに感じることが多々ありました。 実際に行う看護の領域が広いために、多忙な日々の繰り返しで、専門的な知識を発展させる機会に乏しい環境でした。 病院からのサポートも全面的に少なく、研修の希望やその為の休暇さえ取る権利が尊重されていない状況でした。 もっと看護師が専門的な知識と経験を生かし、チームの一員として、医師らとより対等に扱われるべきではないか? と疑問に感じていたのです。 そんな悶々とした日々を繰り返している中で、改めて 「看護」 とは何かを考えるようになりました。

日本以外の国の看護制度について調べているうちに、アメリカでは看護師が専門職としてより確立され立場的に認められているということを知りました。 徐々にリサーチを重ねていく上で、制度が整っているアメリカで実際に看護師として働いてみたいという夢を描くようになりました。 米国看護師資格試験 (NCLEX) という試験があることを知り、まずはNCLEX試験に合格する! という明確な目標が生まれました。

アメリカに渡米して

ここロサンゼルスには多くの大学や語学学校があり、沢山の留学生が自分の夢や希望をもって渡米し勉学に励んでいます。 語学学校に通いながらもその人達のエネルギーを感じる事で触発され、自分の可能性と夢に向かって前進する勇気が湧いてきました。

しかし、現実は思い描いていたよりずっと厳しく、日本で英会話の勉強をしていくら準備万端だったとしても、実際はアメリカに住んでみないとわからなかったことが沢山ありました。 自分の情報不足や英語でのコミュニケーション不足により苦い体験もしました。 アメリカで合法的に働くためにどのような条件が必要なのかを人づてに聞き、そのまま鵜呑みにしたり、偽りの情報を自分で確かめもせずに正しいと思い込んだり、英文での理解を十分にしないまま、大事な情報に気づかずにいたりしました。

特にビザや試験に関しての情報は曖昧な事が多々あり、確かな情報を得ることが難しく、どこで誰に相談したらいいかもわからない状態でした。 また、どれだけ自分が努力を重ねても、移民であることやビザの問題で乗り越えられない壁があることを痛感し、正直あきらめかけていたときもありました。 それでも諦めずに多くの学校に足を運び納得するまで十分に話を聞いてまわりました。 そんな経験があってこそ得たものもあります。 嘘の情報を見分けれるようになったり、人から聞いた情報は必ず自分で (学校のカウンセラーに聞いたりして) 確かめること、そして誤って違法のステータスにならないために十分注意する事などです。

結局、アメリカに来て強く感じたことは、他力本願では確実なチャンスはつかめないということ。 自分ですべての責任を持って、経済面でも精神面でも自身の生活を支えていかなければならないし、遊学にならないように気をひきしめて勉学に励むことも必要です。

特に医療系への進学はお金がかかります。 自分の責任は自分で取るという責任感をもっていないと、周りや環境に流されてしまうので、それを十分理解した上で留学に臨んでほしいと、これから来る看護留学する方へのエールとして記しておきます。

私は幸運にも某ロサンゼルスの看護専門学校で勉強し、キャリアの道を開くことができたのですが、この学校に通うと決めた理由は、 「必要な情報、正確な情報をきちんと伝えてもらえたこと」 でした。 「きちんとした証明や確かな実績のある学校に行く」 という安心があってこそ、試験勉強にも集中して取り組むことができました。 また、学校で地元の学生達と一緒に学んだり、病院での実習体験を積むことができたのは、それまでに自己学習してきた時よりも、もっとNCLEX試験や実際の仕事への自信につながりました。

卒業後とこれから

留学生なので、英語での勉学は相当な努力が必要でした。 日々の勉学にも人並み以上の努力をし、きちんと授業・実習に出席し試験の成績を落とさずキープするようにしました。 それにより、試験に必要なSSN (ソーシャルセキュリティナンバー)、そして労働許可証をもらえた事は自分の努力による達成感や試験合格への確信につながりました。 昨年学校を卒業し、念願のNCLEX試験を受験、3週間後NCLEX試験合格の通知をもらった時の感動と喜びは、言葉では言い表すことができない程のものでした。

今はLVNの資格を得て、看護師として働いています。 看護師や医師などの役割がしっかり区別されているアメリカの看護は、医師と対等な役割として働く分、責任重大ではありますが、それ以上にやりがいを感じています。

今後は、LVNとして採用されたHome Health CareにてOPTを使って働き、アメリカでの看護師の経験を積んでいきたいと思います。 この経験こそ自分にとって重要であり今後のキャリアアップへのステップになると確信しています。 これからRNの試験を受ける為にも働きながら試験勉強も続けていく予定です。 日本人の看護師としてよりきめ細やかで献身的な看護をここアメリカで活かしていきたいです。 今まで支えてくれた学校の先生、クラスメート、家族、友人に感謝しながら、自分が学んだことを世のために継承していきます。

K.K, LVN

いかがでしたでしょうか?
日本での看護師経験を生かしながら、アメリカで活躍している彼女、とても頼もしいです。 先日、念願のビザスポンサーも見つかり、計画的にNCLEX-RNの学習も進めています。 「夢実現までもう一歩、かおりさんを応援し続けたいです!」

さて、上記の体験にもありましたが、日本から看護留学する場合、(特にアメリカでナースとして働くことをゴールとする場合)、学校選びが重要なポイントになってきます。 看護学校を選ぶ際に、重要なポイントをいくつかまとめましたので参考にしてください。

【看護学校を選ぶ際のチェックポイント】

入学前、看護留学プログラムに申し込む前に、以下のことに注意して学校を選びましょう!

  1. 学校が公的機関で認可を受けた学校であるか。
  2. 留学生に必須な I-20を発行してくれるか。
  3. カウンセラーと直接話ができる環境が整っているか。
  4. OPT申請までの説明は的確か。
  5. 就職率はどうか。

日本から留学する前の段階では、事前に確認する手段が少ないため、つい言われたことを鵜呑みにしてしまいがちです。 不安要素があるのであれば、その学校と十分に話し英文書類等をしっかり理解したうえで、プログラムに申し込む必要があると思います。

次回も生徒さんの例をご紹介します。 お楽しみに!

2012年 3月 5日更新

アメリカ看護/Hoshi World では、このたび、新たに英会話レッスンを開講いたします。

お申し込み期間:12/15(日) まで 先着順

日本時間(JST)早朝からお昼前(5:00-11:55)深夜(21:00-24:55)

  • レッスン時間:一律25分
  • 土日や祝日も対応可能
初回無料オンライン英会話レッスン!レッスン期間 12/1-12/20!
主な特徴
  • スカイプ(無料)を用いたオンライン・レッスンですので、自宅にいながら快適に受講できます。
  • 看護コースと日常会話コースの2コースを提供。
  • 看護コースは、4つのパターンおよび5つのレベルに分かれており、生徒の英語力に応じた英会話が可能です。各レベルには、理解度テストも含まれています。
  • 日常会話コースは、買い物や自己紹介などの「日常的な、あるある」シチュエーションを想定した、30にもおよぶ会話のロール・プレイから選ぶことができます。実際の英会話ですぐに使える実践的なものばかりです。英会話が苦手な方にも向いてます。
  • 25分のレッスンタイム。短時間で集中的に、効率良く、密度濃く、英語を学べます。
  • 日本時間の早朝および夜間に開講しますので、日中が忙しい方にも最適。週末や祝日も対応いたします。
  • さまざまな業種に携わった経験豊富な講師陣が揃っています。日本語が理解できるアメリカ人講師もいますので、ネイティブ・スピーカーと会話するのに自信がない方も安心!
  • レッスン前には、レベルやコースに合わせた、PDF形式のデジタル・テキストを配布。予習をしっかり行えば、一度のレッスンで多くの情報を得ることができます。
  • 英語圏で通用する英語を本格的に学びたいという方に最適のプログラムです。
受講希望の場合は、以下の情報を明記して、下記ウェブサイト(看護留学を目指している方/美容・バスケ留学を目指している方)の「お問い合わせ」にメールをお送りください。
  1. 受講希望複数日時
  2. 英語レベル(あれば)
  3. 職業、学生、主婦
  4. Skype ID
  5. 渡米予定時期(おおよそ)
  6. 英語力をつけたい理由など
看護留学ならアメリカ看護!
アメリカ看護では、こんな方々からのご連絡をお待ちしております。
  • アメリカで看護師として働きたい!
  • アメリカ留学したいけれど、いったい何から始めればよいか分からない!
  • アメリカ看護師試験のNCLEX書類を申請したい!
  • アメリカの看護科は入学に待ち時間があるというけど、どのくらいかかるの?
  • アメリカで看護師として永住したい!

などなど

弊社では、ロサンゼルス現地留学会社の強みを活かし、アメリカ看護大学との提携や医療機関との提携により、看護留学生の就職斡旋までのトータルサポートを展開しております。

アメリカで看護師になるために避けては通れないNCLEX書類代行作成、看護学校選びなど、渡航前の準備から現地サポートにいたるまで、しっかりサポートいたします。

体験談
アメリカ看護師情報交換サイト

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES